• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

借金の保証人のことについてお聞きしたいことがあります!困っているのでお手を貸して下さい!!

質問させていただきます。よろしくお願いします。彼氏(23歳、会社員)に消費者金融からの借金があることが判明しました。 本人が借金したのではなく友達の姉の旦那の保証人となってしまっているようです。 連帯保証人ではなく、借金は利子含めて120万円、ずっと払ってきたようですが(いつからの借金なのかは私自身まだ彼から聞いておりません)今回支払いが出来ず滞納してしまったようです。主債務者の連絡先はわからず、1人で抱え込んできたようです。 弁護士や司法書士にも相談したようですが債務整理で自分で払っていくしかないと言われたようです。 私なりにいろいろと調べてもたのですが保証人には(1)検索の抗弁権 (2)催告の抗弁権 (3)分別の利益 があることが分かりました。彼氏本人はこのことを知らなかったようなのですが… それでは質問します。 1.上記のような権利を使用すると彼の借金は軽減できるのでしょうか 2.またこれらの権利を使用する場合、弁護士や司法書士などの手を借りなければならないのでしょうか。 (その場合費用はどれくらいかかりますか?) 3.これらの権利は主債務者本人につきつけるのですか?それとも消費者金融会社に言い渡すのですか? 4.彼は連帯保証人ではないといっているのですが、消費者金融の保証人であれば大抵は連帯保証人であるということが調べていて判明しました。保証人か連帯保証人かの事実確認をしたいのですがどのように事実確認をしたらいいのでしょうか? 自己破産や個人債務者再生などの措置も考えたのですが額もそんなに大きくないので彼にとって1番いい方法で解決してあげたいと思っています。 これらに関して知識の多い方、経験者また専門職の方にぜひご意見をお聞きしたいと思います。 よろしくお願いします。 質問者の私自身も色々と調べてはいるのですが知識がないため分かりやすい言葉で返答いただけたら幸いです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数228
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • coco1701
  • ベストアンサー率51% (5323/10242)

>4.彼は連帯保証人ではないといっているのですが、消費者金融の保証人であれば大抵は連帯保証人であるということが調べていて判明しました。保証人か連帯保証人かの事実確認をしたいのですがどのように事実確認をしたらいいのでしょうか?  ・消費者金融会社から送られてきた書類があるはずですから、それを確認して下さい  ・それを見れば、本人と消費者金融会社との関係がわかると思いますが(債務者本人・保証人・連帯保証人か)  ・事実確認が最初になります・・書類・文書で確認する事 参考:保証人には(1)検索の抗弁権 (2)催告の抗弁権 (3)分別の利益 に付いて  (2)消費者金融会社に債務者(友達の姉の旦那)に請求してくれと言えるだけ・・債務者が支払えば減額になる  (1)消費者金融会社に債務者はこれだけの財産があるから、そこから回収してくれという事は出来ます・・相手の財産状況が把握できればですが    (○○銀行の○○口座に預金が100万あるのでそこから回収してくれ等)    (回収出来れば、保証人の負担は、未回収金額に減ります)     ・・・・回収金額により減額になる  (3)保証人が複数居る場合に適用、3人いれば、負担は1/3になります     ・・・・保証人の人数により減額になる ・・以上簡単に記載、詳細は各項目をネット検索して下さい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 保証人について教えてください。

    債務者が破産して行方をくらませてしまい、保証人になっている叔父が債権者から 請求されて債務を払ったんです。 債務保証をしたときに、叔父とは別に債務者の取引先が保証人になっていたようで すが、もう一人の方は商売がうまくいっていなくて目ぼしい資産も無かったために 叔父の方に請求がきたようで。 叔父の方は普通の保証人でしたが、叔父が債務を払った後にもう一人の保証人は連 帯保証人だったことを知ったんです。 保証人が債務を払った場合、叔父からもう一人の保証人に分担を請求できると聞き ましたが、「連帯保証人なら、債務者本人と同じ」という話も聞きます。叔父はも う一人の保証人に全額を請求できるのでしょうか? それとも半分なんでしょうか? それとも、行方をくらませた債務者に請求するしかないんですか?

  • ■借金を完済しても、保証人の抵当権を抹消してくれない場合・・

    ■借金を完済しても、保証人の抵当権を抹消してくれない場合・・ 今ある業者から連帯保証人の不動産を担保に融資を受ける段階です。 審査も通りました。 ただ、この業者は銀行などでなく、あまり有名でもありません。 基本的に連帯保証でもきちんと返済をしていれば、保証人に請求はいくことはないと思うのですが、 法律上、連帯保証人には抗弁権がありません。 その為、主債務者が滞りなくきちんと返済していても、いきなり、担保権の実行で不動産をとられる・・ なんてことはありますでしょうか? それと、借金を完済した場合でも、悪質であった場合、抵当権の抹消をしてくれない場合など あるのでしょうか? またもし、そのようなことになれば、債務者から債務が0を理由に抵当権の抹消請求はできるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 保証人と連帯保証人の違いについて

    債務者が返済できない場合に保障人、連帯保障人が返済すると思うのですが、 保証人はその本人だけに返済義務があり、 連帯保証人はその家族(親兄弟)も返済義務があると聞いたのですが、 本当の所はどうなのでしょうか? よろしくお願いします. 友人に頼まれ金銭借用証書を作成し 債務者に友人名が 連帯保証人に兄貴の名前が記載されています.

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#107982

調べても行き着く事は = 連帯保証人が返済する事を変えられる方法は無いです。 結婚を考えてる相手でしたら、興信所にご相談ください。 空気読めますので 彼氏本人が負債抱えてるハズです。 結婚されても住宅ローンすら通らない人物だと思われます。  まあ年収以下の返済出来ない場合 だいたい正直に話さない訳を判ってあげてください。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 友人蒸発 / 連帯保証人による借金 / 探偵

    知人の借金の連帯保証人になり、債務者が蒸発して多額の負債を背負うことになってしまった友人がいます。どうにか力になりたくてここで質問させていただきます。 理不尽ではありますが保証人になってる以上は払う義務があることは理解しています。そこで私が友人に提案したいのは、探偵を雇って債務者を探し出すことです。探偵事務所からの請求もそれなりの額でしょうけど、被ることになった借金よりもはるかに安いはずだからです。 そこで質問なのですが、もし債務者を発見できたとして、連帯保証人を降りることはできるんでしょうか?債務者には連帯保証人の「降りる」という意思を拒否する権利があるのでしょうか? また、もし債務者を見つけられた時に、私の友人が借金から逃れる為の有効な手段はどんなものがあるでしょうか? 探偵前提で書いてしまいましたが、その他のアドバイスももしあればご教授願います。 ※なお、友人は家族や私以外の知人には一切知られたくないと言っています。

  • 保証人の求償権について

    100万円の債務に対して、主たる債務者と保証人(委託を受けた保証人)がいる場合に、 通常の保証人が90万円弁済した場合 連帯保証人が90万円弁済した場合 いずれの場合も主たる債務者に対して弁済した分を求償をすることは可能でしょうか? それとも、通常の保証人の場合は負担部分全額を、連帯保証人の場合は債務全額を弁済した上でないと求償はできないのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 連帯保証人と債務者について

    連帯保証人には、催告の抗弁権や検索の抗弁権がないというのは知っています。では実際のところ、借金を連帯保証人に押し付けて逃げた債務者に対し (1)借金取りは、債務者本人を追い込みにかける努力は、全くしないのでしょうか?連帯保証人がいると分かれば、債務者が逃げたが最後、連帯保証人だけを追い込みにかけるものでしょうか? (2)連帯保証人に借金を押し付けて逃げた債務者が、後でひどい目に遭ったとかいう話を、聞いたことがありません。連帯保証人というのは、債務者が借金の返済を放棄したが最後、貧乏くじを徹頭徹尾100%押し付けられ、債務者にも何一つ追求できず、食い物にされて終わるのが確定しているものなのでしょうか?

  • 連帯債務・保証人・連帯保証人の求償権について

    債権者Aに対して、1000万円の債務をBとCが平等に負担する下記のような関係におきまして、Bが1~6のような弁済をしたときにCに対して求償できますでしょうか?また、いくら求償できますでしょうか? 1)BとCは連帯債務者でBが200万円をAに払った場合 2)BとCは連帯債務者でBが600万円をAに払った場合 3)BとCは主たる債務者Xの普通保証人でBが200万円をAに払った場合 4)BとCは主たる債務者Xの普通保証人でBが600万円をAに払った場合 5)BとCは主たる債務者Xの連帯保証人でBが200万円をAに払った場合 6)BとCは主たる債務者Xの連帯保証人でBが600万円をAに払った場合 いずれの場合も、もし全額払っていれば500万をCへ求償できるかと思います。しかし、全額に満たない場合に「負担部分を越えて」「負担部分の範囲で」といった適用の範囲が、連帯債務・保証人・連帯保証人で整理できずに混乱しております。 お手数ですが、どうか宜しくお願い致します。

  • 連帯保証人、保証人について

     親族である債務者が借入金の返済能力がなく、自己破産寸前の状況で、私が保証人になっている場合ですが、債務者が自己破産した場合に私はどのような被害を被るのでしょうか?また、連帯保証人と保証人とはどう違うのでしょうか?ちなみに、私も個人事業をしており、融資を受けている場合、なにか影響がありますでしょうか?

  • 単純保証と連帯保証の相違点について

    行政書士試験の初学者です。 単純保証(以下、保証とします)と連帯保証に関して教えていただきたいことがあります。 保証債務の範囲として、保証人について生じた事由の効力は、「主債務を消滅させる行為の他は、主債務者に影響しない。」とあります。 つまり、これは「債権者が保証人に対して裁判上の請求をした場合でも、主債務者の消滅時効は中断しない。」ということでしょうか? 一方、連帯保証人の場合、「債権者が連帯保証人に対して裁判上の請求をした場合は、主債務の消滅時効も中断することになる。」とあります。 つまり、債権者が保証人・連帯保証人に対して裁判上の請求を行った場合、 主債務者に影響する→連帯保証 主債務者に影響しない→保証 という点が相違点なのでしょうか? 分かりにくい質問で申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 親の借金の連帯保証人になる

    こんにちわ。23歳女性です。 この度、父の借金の連帯保証人になるように頼まれました。 以前は祖父(無職ですが、今住んでいる家と土地の権利者)が連帯保証人でした。 しかし、昨年祖父が亡くなり、祖父が連帯保証人のままではマズイと言われたと、私にまわってくることになりました。 借りているところは労金です。 いろんな消費者金融から借りている債務を一つにまとめてくれました。 事業とかしていたわけではなく、遊びの借金です。 毎月16万ほど返済し、ボーナスではもう少し余分に返済しているようです。 全部で500万以上はありそうです。 私は学生のとき引越しや、大学の授業料等を払うため奨学金と国の教育ローンを受けて、現在600万ほど借金があります。 現在は今年普通のメーカーに就職して年収280万くらいです。 そしてその奨学金と教育ローンを毎月5万返済しています。奨学金の方は20年ローンです。 そこで質問ですが、 (1)今は貧乏なりに真面目に返済しているようですが、もし父が倒れて働けなくなったりしたらどうなりますか?私が払うのでしょうか?母は62歳で年金をもらっています。姉は契約社員で働いていますが、借金が400万ほどあります(遊び) (2)もし私が連帯保証人になって、父が自己破産をした場合、現在父の権利となっている家と土地はなくなる上に、私には払う義務が残るんでしょうか? (3)奨学金などの借金があり、年収も少ない私がそもそも連帯保証人になれるのでしょうか? (4)労金だから、何も考えずに気軽に保証人になればいいといわれましたが、普通の消費者金融の連帯保証人とどう違うのでしょうか?

  • 借金を連帯保証人に支払わせ債務者が失跡した場合、

    借金を連帯保証人に支払わせ債務者が失跡した場合、 連帯保証人が「故意に逃げた」を証明できない限り 債務者は犯罪にはなりませんよね。 実際それをやっても連帯保証人になった人にも問題があると思うんですが

  • 借金の連帯保証人

    借金についてお聞きします。 親が親戚(主債務者)の借金の連帯保証人になっています。金額は400万くらいです。 連帯保証人は2人います。父親と別の親戚です。 主債務者は60歳を超えた夫婦で、自動車整備工場を経営しています。主債務者には子供が二人居まして、年齢も30後半で、二人とも自立し、結婚もし別居しています。 借金が返せなくなった場合、誰に返済要求がきますか?連帯保証人にきた場合は、主債務者の子供には返済の義務はありますか?また親の借金なので、他人に迷惑はかけられないという理由で、主債務者の子供が払うという事はありますか? かなり困っています。回答をよろしくお願いします。

  • 保証債務と連帯保証

    保証について質問です。 通常の保証債務の場合、主たる債務者に生じた事由は 全て保証人に生じ、また保証人に生じた事由もまた 主たる債務者に生じるとなっています。 では、連帯保証についてなのですが これは、主たる債務者に生じた事由は 連帯保証人に及びます。 1、連帯保証人に生じた事由は、主たる債務者に全て及ぶと考えていいのでしょうか? 2、また、連帯保証人に生じた事由もまた 連帯保証人間に生じるのでしょうか? 「債務の承認」をもとに考えると 1、2も生じると考えていいですか?