• ベストアンサー
  • 困ってます

ウーファーの接続方法について

現在既に完成しているシステム(メーカー設計)のスピーカーシステムのウーファーユニットをシングルボイスコイル(SBC)から、デュアルボイスコイルタイプ(DBC)に変更したいと考えています。 今回変更するウーファーは交換前のウーファーと全く同じ特性の物で、変更前は8Ωのもで、交換後は8Ω×2です。 すでに現在のシステム(SBC)で設計されたネットワークに対して、DVCのウーファーをどのように接続するのが良いでしょうか? 抵抗を用いてインピーダンス補正しようと思ったんですけど、やめた方が言いという意見を頂いたんで、補正無しで接続しようと思ったんですが、やはりシリアル接続するにしてもパラレル接続するにしてもインピーダンスが変わってしまうため、ネットワークやアンプ、音に影響が心配です。もし補正なして接続した場合どのような影響が考えられるでしょうか? ちなみに低音を増やそうとは思っていません。 変わった質問で申し訳ありません。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2878
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

その状況で「シングルVCからデュアルVCへ交換」というのが、まだよく分からないのですが...(もしかして、「デュアルVCのユニットのうち1本だけ使っているのを、2本パラにして良いか」という意味ですか?) 結論としては、いずれにせよ、AM-033の2つのVCをシングルで使ってもパラレルで使っても特に問題はないと思われます。先の回答の通り、音量は変わりますから(その分アンプの出力も変わるわけですが)、好みに応じて使えば良いのではないかと思います。 >> 実際はフルレンジになるんですかね?同メーカーの111ADです。 // フルレンジですね。 >> 付属のネットワークは111ADに直列で100μFのコンデンサが入ってました。カットオフは265Hz,18dB/octになるのかな…? // コンデンサ1個なので、-6dB/octのハイパスです。カットオフは200Hz前後になります(メインスピーカーのインピーダンスによって変わる。111ADは公称6オームなので、260Hz前後です)。AM-033の再生周波数の上限が200Hzとあるので、これと合わせるためです(メインスピーカーが8オームなら、ぴったり200Hzでクロス)。 この場合、クロスオーバー周波数以下ではAM-033のみ、以上ではメインスピーカーのみに電流が流れることになります。AM-033のVCをパラレルにした場合、低域側(~200Hzまで)では公称4オーム、高域側(200~以上)では公称6オームとなるので、全体としては公称4オームで通る、というわけです(より正確にいえば、クロスしている部分ではアンプから見ると並列接続になりますから、その範囲ではアンプから見たインピーダンスが下がります。しかし、VCのインダクタンスによってインピーダンスの上昇があるので、実際にはあまり問題になりません)。 ネットワークに紛れ込んでいる電球は、その筋ではちょっと有名なもので、保護回路の一種です。低域での過大入力(=振幅が大き過ぎてユニットの可動範囲を超える)に対して、音声信号を光と熱に変換してユニットを守るというわけです。コンデンサ(111ADの10uF)は、ハイパスフィルタでしょう(コイルと電球はインダクタンスによって高域を遮断するから)。抵抗器はインピーダンス補正用と思われます(AM-033の方はよく分かりません...)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます!! >> もしかして、「デュアルVCのユニットのうち1本だけ使っているのを、2本パラにして良いか」という意味ですか? そうです!一つのユニットで、片チャンネル辺りのコイル数をこのように数えると勘違いしてました。勉強不足ですいません(>_<) >>メインスピーカーのインピーダンスによって変わる。 やはり、このような場合でもカットオフはユニットのインピーダンスによって変化するんですね! 詳しく説明いただき、スピーカーのインピーダンス計算方法が理解できました。インピーダンスは実際にその周波数帯域で駆動しているユニットのインピーダンスに依存するんですね! >>ネットワークに紛れ込んでいる電球は、その筋ではちょっと有名なもので、保護回路の一種です。 なるほど!PA用に使用される可能性の高いスピーカーですからね!このような対策がされているのは納得できます! この回路もBOSEサウンドの一つの要因かも知れないですね! しばらくパラの状態で聞いていて、ソースによってはちょっと低音が強すぎるかなと感じる物もありますが、自分が気になる楽器(ギター)に関しては、とてもいい感じに聞こえるようになりました インピーダンスの問題も解決でき、安心して気持ちよく音楽を楽しんでいます! 今回、こんな素人にわかりやすく説明していただいて本当にありがとうございました。 今回でさらにオーディオという分野に対しての興味が大きくなりました。 本当にありがとうございました!!m(_ _)m

関連するQ&A

  • ダブルウーファーのインピーダンス及び能率についての質問です。

    ダブルウーファーのインピーダンス及び能率についての質問です。 自作スピーカーでダブルウーファーを使用しているのですが、その場合のネットワーク設計で困ってしまいました。 当初6Ωのウーファーの並列駆動ならインピーダンスは3Ωに、直列駆動なら12Ωになると考え、また、能率も並列駆動なら+3dB、直列駆動なら-3dBになると考えていました。 しかし聴覚上ではそうではないようで、f特を測定してみるとやはり違うみたいです。 聴覚上、並列接続より直列接続の方がウーファーの音圧がツィーターより低かったので能率は変わるようですが精密な測定ができるわけではないので実際のところどうなのかはわかりません。 高いツィーターの音圧はアッテネータで落とすとして、ウーファーは直列接続にすることにしました。 クロスの決定ですが、ウーファーにハイカット0.1mHのコイルを繋いで測定してみたところ、6~7kHzあたりでハイカットが見られました。 ここから逆算していくと6kHzの場合、ウーファーのインピーダンスは4.52Ω、7kHzの場合は5.28Ωとなってしまい、直列なら6+6=12Ωという計算から大きく離れてしまっています。 インピーダンス補正回路で3Ωを並列接続しているのですが、これの影響もあるかもしれません。。 これはまた補正回路を抜いて測定したいと思いますが、ダブルウーファーの直列、並列接続とインピーダンス、能率の関係はどうなるのでしょうか?

  • AVレシーバーへのウーファー接続について

    いつもお世話になります。 現在7.1chホームシアター構築中なのですが、ウーファー接続について教えて下さい。 AVレシーバー(ONKYO:TX-NR616)、フロントSP、フロントハイSP、リアSP、センターSP (共にONKYO製:6Ω)計7台接続しています。今回新たにウーファー(SKW-305)を追加しようと 思うのですが、前のスピーカのインピーダンスが全て、6Ωにしているのに対して、このウーファー を接続して良いのかどうか迷っています。(聞いた話によると、接続スピーカのインピーダンスは 揃えた方が良いとのことで)設定は、レシーバー附属の自動設定機能にて設定するつもりです。 以上、ご指導宜しくお願い致します。

  • 車でのウーファー2台接続は可能ですか。

    車にウーファー2台接続したいと思っていますが、可能かどうか知りたいです。 状況は... オーディオ     RCA端子、R1本、L1本。 仕様-総体 抵抗 4Ω         最大パワー出力 45W×2         音調制御 ±8dB(低音100Hz、高音10KHz)          音声部分 最大出力 600Ω(2チャンネル2.0Vrms)            SN比 85dB            分離度 80dB ウーファー 仕様-インピーダンス 4Ω     最大入出力 ウーハ-:150W アンプ:100W      出力音圧レベル 90dB このウーファーを2台を単純にRCAを分岐して接続できないかと。 質問内容 RCAを分岐して接続した場合の可否とデメリット。        上記で無理な場合の正しい接続方法。 よろしくお願いしますm(__)m

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

少しずつ状況が飲み込めてきましたが、この際なので分かる限りの情報を出して下さい。特に、以下の点が分かると回答しやすいです。 1. そもそも何のスピーカーなのか (ホームユース? カーオーディオ? 等) 2. それぞれのスピーカーの型番等 (検索してスペックが分かる場合。ネット検索ではスペックが分からない場合は、カタログから転記して下さい。カタログスペックが分からない場合は口径や形式(ドーム型、コーン型など)、最低共振周波数などを分かる範囲で。) 3. ネットワークの構成(コンデンサ1個ならその値) >> シリアルではウーファーの音量が更に減ってしまったように感じたので(以下略) // これは、当然そうなります。8オームに2.83Vを印可すると、オームの法則(I=E/R)より0.35A流れますから、P=I*Eより1.0Wとなります。したがって、アンプの出力は1.0Wです。スピーカーの能率が90dB/W/mと仮定すると、1W消費させているので90dBの音圧が得られます。 直列にすると16オームですから、2.83Vを印可すると電流は0.18Aとなり、消費電力は0.5Wとなります。電力が半分になるということは、デシベルでいえば-3dBという意味なので、87dBの音圧が得られます(音圧が3dB下がると半分の音量に聴こえる)。 並列にすると4オームですから、2.83Vを印可すると電流は0.71Aとなり、消費電力は2.0Wとなります。電力が倍になるということは、+3dBという意味なので、93dBの音圧が得られます(倍の音量に聴こえる)。 つまり、シングルに比べて、シリアルだと半分の電力で半分の音量(同じ音量を得るにはアンプの出力電圧を2倍にしなければならない)、パラレルだと倍の電力で倍の音量(同じ音量を得るには半分の電圧で良い。反面、同じ電圧をかけると電流が2倍に増えるので、アンプの負担が増える)、ということです。これは純抵抗の場合であって、スピーカーに直接当てはまるわけではありませんが、基本的にはこう理解して間違いありません。 (ちなみに、2.83Vに固定しているのは、一般的なアンプが定電圧方式だからです。定電圧方式とは、増幅率は入力電圧に対する出力電圧の比率(たとえば10mVを1Vに増幅するなら100倍)で決めてしまい、「その結果電流が何アンペア流れようが知ったことではない=アンプから取り出せる電流の上限を超えると壊れる」という増幅方式です) >> この場合スピーカ全体のインピーダンスって何Ωになるんでしょう??コンデンサ無視の合成抵抗で2.4Ω?? // そうはなりません。公称4オームで通るはずです。上記2、3を補足していただければ、もう少し正確に回答できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます! とってもわかり易い説明を頂いて、大変勉強になり感謝しています! スピーカーはホームユースというかPA用というのか、BOSEのAM-033です。自分が言っていたネットワークとは、このAM-033付属の専用ネットワークの事です。また前回ツィーターと書いてしまったんですが、実際はフルレンジになるんですかね?同メーカーの111ADです。 付属ネットワークとユニットの接続ケーブルは自作して、1つのネットワークで左右のチャンネル1台ずつAM-033を鳴らしています。ケーブルはカナレ製で、ちょっと長さは測れないんですが、ケーブル両端のインピーダンスは0.1Ω以下でした。 次にスペックですが、現在ホームページに載っているものはマイナーチェンジ後らしく、自分の使用しているAM-033は インピーダンス:8Ω(各チャンネル) 最大入力:50W(rms),150W(peak) 周波数特性:40~200Hz ユニット:13cmドライバー(デュアルボイスコイル) 能率:メーカー発表が無く不明です 最低共振周波数:メーカー発表が無く不明です 111ADは インピーダンス:6Ω 最大入力:45W(rms),150W(peak) 周波数特性:65Hz~17kHz ユニット:11.5cmフルレンジドライバー 能率:86dB SPL、1W、1m 最低共振周波数:メーカー発表が無く不明です 付属のネットワークは111ADに直列で100μFのコンデンサが入ってました。カットオフは265Hz,18dB/octになるのかな…? その他AM-033内にはLANPという電球のような素子とコンデンサ(容量不明。ピコオーダー程度)がユニットに直列に入ってました。 また111AD内には10μFのコンデンサと、9.1Ωの抵抗、容量不明のコイルとAM-033同様のLANPが直列に繋がったものの3つが並列接続されたものがユニットに直列に接続されていました。 なるほど!スピーカーのスペックで能率ってのがあるのは知っていたんですけど、コレがインピーダンスに関係していることをはじめて知りました。能率ってのはアンプのボリュームの位置で判断するのではなく、実際に出力されている電流で判断する物なんですね! 本当に勉強になります!! >>公称4オーム アンプの適応内に納まっててとりあえずホッとしています。

  • 回答No.2

>> もし、どうしても2つを使って駆動したい場合、最適な方法はあるのでしょうか? // そもそも、「特性がまったく変わらない上に、デュアルボイスコイルである必要のない用途で、デュアルボイスコイルのユニットに入れ替える」ということ自体が理解に苦しみます。「ウーファーが壊れたが同じものがなくて、同じ特性のデュアルボイスコイル版はまだ在庫があった」ということですか? なぜ片方を開放しておくといけないのか不勉強ゆえに分かりませんが、シリアルでもパラレルでもインピーダンスは変わるので、「ネットワークを変更したくないが2本とも使いたい」というのは無理です。 どうしてもやるなら、シリアルで公称16オームのユニットにして、16オームの無誘導抵抗器をパラレルに噛ませるくらいです(が、インピーダンス特性が純抵抗と同じはずがないので、カットオフが多少ずれる可能性はあります)。ただし、同じ音圧を得るのに、アンプの出力は4倍必要になります(ユニットのインピーダンスが倍になるので-3dB、抵抗器が半分を熱に変えるのでさらに-3dB)。したがって、ウーファーとツイーターが別アンプでない場合には、けっきょくネットワークの変更が必要です。 よって、「何も変えたくないがボイスコイルだけはもう1本増やしたい」なら、開放しておく以外に方法はありません。「開放しておくのがダメだ」というなら、ネットワークやアンプをいじるしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 そして、お礼が遅くなり大変申し訳ありませんでした。 最初左右のチャンネルをDVCのウーファー1発で鳴らしていたのを、左右それぞれにウーファーを接続したくて、全く同じウーファーをもう一台購入し左右1台ずつ接続しようとしていました。 わかり易いように余計なことを省いて質問させて頂いたのが、逆にわかり難くなってしまって、本当に申し訳ありません。 アドバイスを頂いて、やはり発熱等を考えて抵抗無しで組んでみました。最初はアドバイスどおりSVCで動作させていたのですが、どうも音が変わった気がして気に入らなかったので、とりあえず、ネットワークを分解して調べたところ、ウーファーにはフィルターが入っておらず、入力がそのまま出力されている状態でした(ツィーター側にはハイパイスが入ってました)ので、カットオフへ影響が無いと判断し、バランス無視でパラレルとシリアル接続を試しました。 シリアルではウーファーの音量が更に減ってしまったように感じたので、パラレル接続したところ、多少ウーファーの音量は上がりましたが、もともと低音の少なかったシステムだったので、割とバランスがいい音になって、とりあえずパラレルで使用してみようと思います。 現在、DVCのウーファーのパラレル接続(4Ω)とコンデンサーを直列に接続しただけのツィーター(6Ω)のパラレル接続です。 この場合スピーカ全体のインピーダンスって何Ωになるんでしょう??コンデンサ無視の合成抵抗で2.4Ω?? とりあえず通常音量では保護回路は働かないんで、大丈夫でよね・・・ ちなみにアンプは4Ωまで対応なんですが(>_<)

  • 回答No.1

同じ特性なら、片方のVCだけを繋いで、もう片方のVCは開放しておけば問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 やはり、その方法一番ですかね? あるホームページで片方のみの接続はダメと書いてあったので、その方法は外していたんですよね。 勝手なことを言ってすいませんが、もし、どうしても2つを使って駆動したい場合、最適な方法はあるのでしょうか? なんか片方を解放しているのが、どうも気持ち悪くて… すいません。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • アンプとウーファーの接続でのスピーカケーブルのサイズ

    先日友人からウーファーKICKERのCVR10(4ΩDVC)とアンプ BOSS製AVA-600TR MAX 600W (定格出力不明)を譲ってもらったのですが、アンプからウーファーに接続する際にシリアス接続で接続しようと思ってます。ですが、ヘッド(カロ FH-P077MD)からアンプ迄の電源ケーブル、アンプからウーファー迄のスピーカーケーブルのサイズがわかりません。どういう風に考えたら宜しいのでしょうか?

  • ウーハーの接続について

    ウーファーがデュアルボイスコイルで 出力50W×2、インピーダンス2Ω×2なんですが、 アンプが2ch・120W×2・2Ωまで対応の場合 ウーハーはそれぞれをステレオで繋いだ方がよいのか シリアル接続にして、ブリッジで繋いだ方がよいのか どちらがよろしいのでしょうか? 詳しい方、よろしくご教授御願い致します。

  • スピーカーのネットワークについて

    古いコンポのスピーカーなのですが、 中を見て見るとネットワークらしき基盤がありました。 ウーファーの低音が出過ぎて歪があり、 この低音を抑えたいのですが、 ウーファーをネットワークを介さずに直接繋げればどうなるでしょうか? また、インピーダンスは ウーファー:ツイーター:スーパーツイーター を繋いだ状態でのインピーダンスで、 個別のインピーダンスは違うのでしょうか? 3個のスピーカー共に記述が無く何Ωなのかわからないので 取り替えるとなればインピーダンスを測定しないとダメなのでしょうか? 中の基盤が何かもわからず、 調べてみてネットワークとわかったくらい無知な者ですが よろしくお願いします。

  • ブリッジ接続について

    ブリッジ接続とかは考えていないのですが、少し知識を得たいなと思いまして、質問させていただきます。 まず、インピーダンスについてお聞きします。 さいきん、自作スピーカーを作りました。 5ch分のミニスピーカーを作りまして、ウーファーは市販のものです。 アンプのインピーダンスが6Ωで、スピーカーは8Ωです。 基本的に、アンプのインピーダンスを上回っていれば安全なのですよね。 もし、フロントABにスピーカーを繋げて同時に鳴らせば4Ωの負担がアンプに掛かるようですが、最近のアンプでは耐久力があるようです。 もし、ブリッジ接続した場合、逆にスピーカー側の負担になるのですよね? 6Ωだとブリッジ接続で3Ωの負担がかかり、8Ωに対して3Ωの負担が掛かり危険という認識であっていますでしょうか? それとも、電流が倍になり、スピーカーの許容電流を越えないようにすればいいということでしょうか? ブリッジ接続は、パワーの必要なウーファーに効果的だというのは分かるのですが、スピーカーには明らかに効果が分かるのですか? 僕は鈍感耳なのでスピーカーの線にもこだわっていないくらいです。 パワーが多ければ安定すると思うのですが、基本的にスピーカーに対してはブリッジ接続をしなくてもパワーは充分足りるのではないでしょうか?

  • 車載用のウーファースペックに適したアンプの選び方

    車載用のBOX付きウーファーを頂きました。KENWOODの「KSC-WB2505」という商品です。 スペックは以下の様ですが、このウーファーをフルに生かせるパワーアンプの選び方を教えてください! Ωやら最大入力など、イマイチわかっていませんので! システム:ボックスタイプサブウーファーシステム 方式:シールドタイプ ウーファー:25cmパールマイカーコーン インピーダンス:4Ω 最大入力:600W 定格入力:150W 出力音圧レベル:90dB 再生周波数帯域:30~800Hz 質量:10.8kg よろしくお願いいたします。

  • オンキョーD500のウーファー交換

    オンキョースピーカーD500(IIではありません)のウーファーのエッジが破れました。 エンクロージャー、ツイーター、ネットワークはそのまま残して、 口径、電気的特性が最適なウーファーに交換することを希望しています。 それとも、フルレンジが良いでしょうか。 良い方法を教えてください。 特性:ウーファー18cm ツイーター2.5cm 6Ω 90dB/1W.1m クロスオーバー2.5KHz     エンクロージャーW255 H449 D300 11.5Kg

  • デュアルボイスコイルの接続の仕方を教えてください。

    kenwoodのKSC-SW1100のアンプ部分が壊れてしまったので、ウーファー部分をkenwoodのKAC-526に接続をしたいのですが、ウーファーがデュアルボイスコイルになっていてどのように接続したらよいかわかりません。 わかる人がいましたら教えてください。 KSC-SW1100のアンプ部分は ●最大出力:50W+50W/2Ω●定格出力:30W+30W/2Ω●周波数特性:18Hz~200Hz●電源電圧:14.4V●最大消費電流:12A となっています。 ウーファーは背面を見ても型番らしき記載がないので、どんなウーファーなのかわかりません。 よろしくお願いします。

  • スーパーウーファーのネットワークとアンプの接続

    ステレオ真空管アンプ(6CA7PP三結、OPT:FX-40-5 8Ωタップ) からフォステクスのネットワーク(フォステクス指定だと思いましたが間違えてるかも?) を接続、それから一個のスーパーウーファー(DSW461) に接続、1か月ほど使いましたが、アンプのOPTが熱くなったので使用をやめました。確か55℃位になったと思います。 接続に問題ありましたでしょうか? 今はこのアンプをステレオのスピーカーに繋いで使ってますが、OPTはそんなに熱くありません。が、チョーク(田村A-4003) が熱いです。チョークの電圧計っても通常でした。 以前どこかで「OPTの左右chをつないではいけない」とか見た気がしましたが、そうなのでしょうか?

  • サブウファー接続

    純正オプションのサブウーファーに外部アンプ接続を考えています。 純正ウーファーの抵抗が1Ωで最大出力が100WでアンプはCarrozzeria GM-X7200 をオークションで購入しました。 GM-X7200は負荷インピーダンスが1Ω~8Ωとのことで使用可能だと思い、いざ取り付けてみるとウーファーはなっているようですが近くで耳を近づけないと聞こえない程度です(運転席からはまったく聞こえません)。 素人ながら自力でつなげてみたのですがどうしてよいのかわからない状態になってしまいました。どなたか詳しい方に教えていただきたく質問しました。よろしくお願いします。 環境は 車:モビリオスパイク ヘッド:ALPINE MDA-W770J アンプ:Carrozzeria GM-X7200(バッテリから電源確保) ウーファー:純正オプション(ギャザー) です。

  • インピーダンスの計算について

    インピーダンスについての計算なのですが、 オシロスコープなどを使い電圧などを測定したのですが、計算してみると 測定値と理論値が合いません。 というか理論値での計算があまりわかりません。 回路は交流電源に1KΩの抵抗器とL=1mHのコイルを直列に接続し、1KHzの周波数をかけた回路です。 実験では、1KΩの周波数でVpp10Vの電圧を発振機から流したときに 抵抗にかかる電圧は9.83V、コイルにかかる電圧は81.2mVという測定結果が得られました。 また抵抗器にかかる電圧を抵抗器の抵抗値(Vr/R)で割って、電流が9.8*10^-3Aという値が得られました。直列接続をしているので、コイルに流れる電流も9.8*10^-3Aということがわかりました。 ここからコイルのインピーダンスを求めるために、コイルにかかる電圧をコイルにかかる電流で割りました。(0.0812/0.0098) 計算したらコイルにかかるインピーダンスZm=8.26Ωとなりました。 ここで、理論値による計算もしてみました。 コイルのインピーダンスはZ=jωL=2πfLとかけるので、2*π*1000Hz*0.001*jと計算し、 そしたら、6.3jΩとでてきました。 しかしjという虚数がついていますので、やはり測定値から得られた8.26Ωと合いません。 どうやったらjを取り除いて計算できるのでしょうか? 一応、虚数を取り除くために次のような計算もしてみました。 抵抗の値が1KΩ、コイルのインピーダンスの値が6.3jなので 三平方の定理で、合成インピーダンスの大きさを計算してみました。 合成抵抗=√(1000^2+6.3^2)=1000.0197という値がでました。 合成抵抗から抵抗器の値を引けば、コイルのインピーダンスの値が得られるはずだと思って 計算したら19.7mΩとなりました。 しかしやはり測定値の8.26Ωとはまったく違います。 いったいどのような計算をすればよいのでしょうか。 ちなみに位相差は実験では108度という値が得られました。 位相差は実験値はだいたいあってますでしょうか? ご教授お待ちしております。

専門家に質問してみよう