DENONとONKYOのアンプとスピーカーについて

はじめまして。 現在5年ほど前に購入したケンウッドのスピーカーセットで売られていたミニコンポにオンキョーのサブウーファ...

Yorkminster さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2008-01-31 12:28:59
  • 回答No.2
Yorkminster レベル14

ベストアンサー率 65% (1921/2927)

>> アナログ接続はデジタル接続に比べて劣っているのでしょうか? //

ノイズに対する耐性、という意味では、アナログよりデジタルの方が優れています。また、伝送できる情報量も、デジタルの方が優れています。その意味で、CD等に刻まれた情報を、より忠実に「伝送」するという点では、デジタル接続の方が優れています。

問題は、デジタル信号はいったんアナログ化しないと人間には音として認識できないということです(これをD/A変換という)。そして、このD/A変換の部分が音に大きな影響を与えます。つまり、「伝送方法として」優れていたとしても、「変換回路」がチープでは意味がないということです。

また、アンプ自体も、同じ値段で2つの増幅回路を作るのと、5つ作るのとでは、1回路当たりにかけられるコストが倍以上に違います。ゆえに、同じ値段で比較すればAVアンプの方が音が悪いと断定しても、乱暴過ぎるとはいえません。

であれば、「CDプレーヤーからD/A変換回路を抜き出してプリメインアンプに内蔵すれば?」という疑問があるかと思います。実際、CDが出始めた1980年代の高級機種には、そういう製品が多くありました。そして、1990年代に入って廃れていったという歴史的な事実があります。

もちろん、時代は変わったので、「スピーカー直前までデジタル」という日もいずれ来るとは考えられますが、ともかく現状では、デジタル入力のあるアンプ=AVアンプ=ステレオ再生では音が悪い=ステレオ再生ならデジタル接続は不要、ということです(高級機種はこの限りではありませんが、5万円とか10万円とかのレベルであれば、ほぼこの通りといえます)。

TX-SA605自体は良い製品だと思いますが、それはあくまで「AVアンプとしては」という話で、プリメインと比べるのは酷です。その意味では、PMA-1500AEの方が良いでしょう(しかし、なぜ別のメーカーのAVアンプとプリメインアンプを比較されているのかは疑問です。ONKYO同士、DENON同士なら分かるのですが。メーカーが違えば明らかに音の傾向は変わるので、違うメーカーの、違うコンセプトの製品を比べても、あまり比較の意義はないように思われます)。サラウンド再生をしたいというこだわりがないのなら、なおのことAVアンプを選ぶ意味はありません。
お礼コメント
RacePaul

お礼率 80% (4/5)

増幅回路1つ自体のコストでかんがえると、確かにその通りですよね。
結局は伝送手段よりもD/A変換が音の良し悪しのほとんどをしめるわけですね。
勉強になりました。
確かにメーカーの違う2機種を比べているのでそれぞれのメーカー特色などを先に考慮するべきと思います。
なにぶんオーディオ初心者なものですいません。
ありがとうございました!
投稿日時 - 2008-01-31 15:16:28
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ