• ベストアンサー
  • 困ってます

POPサーバ(dovecot) が5時に止まります!

http://centossrv.com/を参考に自宅サーバを立てました。 OS: centos5.1 メールソフト:postfix+Dovecot(SRPM)+qmail+vpopmail (http://centossrv.com/postfix-vpopmail.shtml を参考に) クライアントは、IMAPでなくPOPで接続してます。 症状としましては、 毎朝5:00頃にDovecotがrestartしているのですが、 その再起動に失敗してしまいます。 ■/var/log/maillog を見ると Jan 1 04:59:25 sv01 dovecot: Killed with signal 15 Jan 1 04:59:28 sv01 dovecot: Dovecot v1.0.rc15 starting up Jan 1 04:59:29 sv01 dovecot: Auth process died too early - shutting down Jan 1 04:59:29 sv01 dovecot: auth(default): Unknown passdb driver 'vpopmail' (typo, or Dovecot was built without support for it? Check with dovecot --build-options) Jan 1 04:59:29 sv01 dovecot: child 9137 (auth) returned error 89 Jan 1 04:59:29 sv01 dovecot: Temporary failure in creating login processes, slowing down for now となっています。driverがないよとなってます。 ■ビルドオプションを確認すると、 [root@sv01 ~]# dovecot --build-options Build options: ioloop=poll notify=dnotify ipv6 openssl SQL drivers: mysql postgresql Passdb: checkpassword ldap pam passwd passwd-file shadow sql Userdb: checkpassword ldap passwd prefetch passwd-file sql static あれ?認証方法がsqlになってる?vpopmail認証になっていない??? ■dovecot(SRPM)を再インストールして確認すると、 [root@sv01 ~]# dovecot --build-options Build options: ioloop=poll notify=inotify ipv6 openssl SQL drivers: Passdb: checkpassword ldap pam passwd passwd-file shadow vpopmail Userdb: checkpassword ldap passwd prefetch passwd-file static vpopmail vpopmail認証になったので、問題解消・・・・・・ と思ったのですが、次の日の朝、同様にエラーが発生して、 ビルドオプション見るとsql認証に戻ってしまってました…。 ということで、どうやら再起動時に認証方法が変わってしまうようです。 /etc/dovecot.conf を見ても設定が変わってませんので、 原因が分からず、どうしようもなく、毎朝dovecotの再インストールしてます・・・ どこかに古いファイルが残ったりしてるのでしょうか? ここを見ろ!というところぜひ教えて下さい! 新年早々みなさん忙しいと思いますが、お願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • Linux系OS
  • 回答数2
  • 閲覧数744
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • entree
  • ベストアンサー率55% (405/735)

Build option がどのようなルーチンで出力されるか、確認されましたか? 私が確認した限りではコンパイルされた時点でハード・コーディングされているように見受けられました。(ref. src/master/main.c) つまり、バイナリが置換されない限り Build option の値が変わることはあり得ないということです。 もっと言えば、パッケージの自動更新などの機能が有効になっていませんか? なっているのであれば、無効にすることを検討ください。 余談ですが、カスタマイズしたパッケージを /usr にインストールすることはお勧めしません。SRPM の spec ファイルを修正し、prefix を /usr/local や /opt/dovecot などに変更することをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 パッケージの更新にDovecotは除外にしてあります。 バイナリが変わってないということですか、確認してみます。 本当は、確認してからお返事しようと思ったのですが、 時間がかかりそうでしたので先にお礼を…ありがとうございます!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • uki629
  • ベストアンサー率23% (40/172)

サーバがらみ自己解決できないような能力不足な人がサーバを立てるべきではありません。 理由は http://tmaeda.s45.xrea.com/20041101.html このサイトを読めばわかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あなたはすべての事象を自分一人で解決できるのですか?すばらしいですね。 サーバに限らずネットに接続することだって危険だと思います。 本で学ぶも、人に聞くも、ネットで探す(聞く)も、 自己解決の一手段だと思ってました・・・。失礼しました。

関連するQ&A

  • Dovecot ログインできない

    Dovecotを用いてメールサーバーを構築したのですが、ログインすることができません。 メールクライアントからログインすると、 Jan 14 02:22:38 USER dovecot: imap-login: Disconnected (auth failed, 1 attempts in 2 secs): user=<UserName>, method=CRAM-MD5, rip=ClientIP, lip=ServerIP, session=<SessionID> とのエラーのみがmail.logに記録され、接続することができません。 dovecot.confのauth部分は以下のようになっています。 passdb { driver = passwd-file args = /etc/dovecot/passwd } userdb { driver = passwd-file args = /etc/dovecot/passwd # Default fields that can be overridden by passwd-file #default_fields = quota_rule=*:storage=1G # Override fields from passwd-file #override_fields = home=/home/virtual/%u } passwdファイルには UserName:生成したCRAM-MD5 と記述してあります。 以上、よろしくお願いします。

  • dovecot環境でのメール受信ができない

    質問初心者ですが、よろしくお願い致します。 現在、postfixとdovecotを利用したメールサーバーを構築中ですが、 pop3でのメール受信ができない状況になっています。 ■環境 dovecot-2.0.9 x86_64 postfix-2.6.6 x86_64 CentOS 6.3 1)今後、サーバ上で3つのドメインを並行運用するため、バーチャルドメイン化しています。 2)そのため、メールサーバーの設定もバーチャルドメイン運用を視野に入れた設定にしています。 3)メールポート(25,110,143,587)は空いている状態です。 4)メール送信は外部に対して正常に実施できます。 5)受信メールは、設定したディレクトリ上にスプールされている事を確認しました。 6)メールクライアント上は、受信時の認証は正常に行われている模様です。 7)Linux側のメールログも正常なように見えます www dovecot: pop3-login: Login: user=<user@domain.com>, method=PLAIN, rip=xx.xx.xx.xx, lip=xx.xx.xx.xx, mpid=xxxx www dovecot: pop3(user@domain.com): Disconnected: Logged out top=0/0, retr=0/0, del=0/0, size=0 8)一方で、以下のようなログも吐いています。 www dovecot: auth: Error: passwd-file /etc/dovecot/passwd: User user/Maildir is missing userdb info 9)[missing userdb info]が気になり色々調べているのですが、  dovecotの認証関係ファイルは /etc/dovecot/passwd を参照するように設定しているため、  どこが問題なのか追い切れない状態になっています。 10)/etc/dovecot/dovecot.conf は特に設定していません。 11)/etc/dovecot/conf.d/10-auth.confでは[!include auth-passwdfile.conf.ext]のみ有効にしています。 12)include auth-passwdfile.conf.extではuserdb {driver=passwd-file args=/etc/dovecot/passwd}と設定しています。 認証が上手く動作していないのだと思うのですが、私の力量ではここまで整理するのが限界でした。 どなたか、ヒントを頂けると助かります。よろしくお願い致します。 また、足りない情報等あるようでしたらご指摘下さい。

  • dovecotでPOP受信が出来ません

    centos5+postfix+dovecotにてメールサーバの構築に挑んでおりますが postfixの設定は多分うまくいき、送信が出来るのですが dovecotにてPOPサーバ設定後、受信をしてくれません。 サーバ初心者のため何が悪いのかさっぱりわかりません。。 どなたかわかる方アドバイスを宜しくお願い申し上げます。 ・dovecotはインストールされている # rpm -q dovecot →  dovecot-1.0.7-2.el5 ・dovecotは動作している # netstat -at → tcp 0 0 *:pop3 *:* LISTEN tcp 0 0 *:imap *:* LISTEN ここで、admin(centos user)@mydomain.jpにメールを送る 外部gmailとyahooメールでテスト ・telnetにて受信メールを見てみる # telnet localhost 110 → Trying 127.0.0.1... Connected to localhost.localdomain (127.0.0.1). Escape character is '^]'. +OK Dovecot ready. # user admin → +OK # pass mypassword → +OK #list → +OK 0 messages: 受信していません。。。 なにが原因か、この材料で分かりますでしょうか? dovecot.confの中身は以下です。変更していません(#の行削除) protocols = imap imaps pop3 pop3s protocol imap { } protocol pop3 { } protocol lda { postmaster_address = postmaster@example.com } auth default { mechanisms = plain passdb pam { } userdb passwd { } user = root } dict { } plugin { }

  • さくらVPS 認証が通らない

    たびたび申し訳ありません。 先日、こちらで別のことで質問させていただき解決することはできたのですが、 ■前回質問内容 http://okwave.jp/qa/q7758038.html では、送受信が thinderbird では可能になったのですが、windows live mail で認証がとおりませんでした。 それから、設定を変更したのですが、それからというもの、認証が通りません。 変更点 CRAM-MD5 から PLAIN に変更 conf.d/auth-passwdfile.conf.ext に passdb { driver = passwd-file args = scheme=CRAM-MD5 username_format=%u /etc/dovecot/passwd } と書いていたものを args = の一行を args = scheme=PLAIN username_format=%u /etc/dovecot/passwd にしています。 -------------------------------------------- ▼直近の maillog -------------------------------------------- Oct 22 16:38:24 www0000ug(仮) dovecot: master: Error: service(auth): command startup failed, throttling Oct 22 16:38:24 www0000ug(仮) dovecot: log: Error: service(auth): child 2527 returned error 89 (Fatal failure) Oct 22 16:38:42 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Disconnected: Inactivity (no auth attempts): rip=58.191.178.163, lip=xxx.xxx.xxx.xxx Oct 22 16:38:44 www0000ug(仮) postfix/anvil[2521]: statistics: max connection rate 2/60s for (submission:xxx.xxx.xxx.xxx) at Oct 22 16:35:24 Oct 22 16:38:44 www0000ug(仮) postfix/anvil[2521]: statistics: max connection count 2 for (submission:xxx.xxx.xxx.xxx) at Oct 22 16:35:24 Oct 22 16:38:44 www0000ug(仮) postfix/anvil[2521]: statistics: max cache size 2 at Oct 22 16:35:24 Oct 22 16:38:54 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2526, input bytes=0 Oct 22 16:39:24 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2526, input bytes=0 Oct 22 16:39:24 www0000ug(仮) dovecot: auth: Error: passwd-file /etc/dovecot/passwd: open(/etc/dovecot/passwd) failed: Permission denied (euid=97(dovecot) egid=97(dovecot) missing +r perm: /etc/dovecot/passwd, euid is not dir owner) Oct 22 16:39:24 www0000ug(仮) dovecot: master: Error: service(auth): command startup failed, throttling Oct 22 16:39:24 www0000ug(仮) dovecot: log: Error: service(auth): child 2530 returned error 89 (Fatal failure) Oct 22 16:39:59 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2526, input bytes=0 Oct 22 16:40:15 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2531, input bytes=0 Oct 22 16:40:24 www0000ug(仮) dovecot: auth: Error: passwd-file /etc/dovecot/passwd: open(/etc/dovecot/passwd) failed: Permission denied (euid=97(dovecot) egid=97(dovecot) missing +r perm: /etc/dovecot/passwd, euid is not dir owner) Oct 22 16:40:24 www0000ug(仮) dovecot: master: Error: service(auth): command startup failed, throttling Oct 22 16:40:24 www0000ug(仮) dovecot: log: Error: service(auth): child 2534 returned error 89 (Fatal failure) Oct 22 16:40:45 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Disconnected: Inactivity (no auth attempts): rip=58.191.178.163, lip=xxx.xxx.xxx.xxx Oct 22 16:40:54 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2531, input bytes=0 以上になりますが、ご教授いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。

  • Postfix+Dovecot メールが届かない

    自宅サーバー(Ubuntu 16.04)でPostfixとDovecotを用いてメールサーバーを構築しています。 外部のGmailから自宅サーバーにメールを送信しましたが、メールが届かず、/var/log/mail.logにも何も残りません。自宅サーバーから自宅サーバーにメールを送った場合は正常に届きました。 テストのためポートは全て開放しています。 dovecot -nで出力した設定は以下の通りです。 # OS: Linux 4.4.0-81-generic x86_64 Ubuntu 16.04.2 LTS ext4 auth_mechanisms = plain login digest-md5 listen = * mail_location = maildir:/home/vmail/%d/%n/Maildir namespace inbox { inbox = yes location = mailbox Drafts { special_use = \Drafts } mailbox Junk { special_use = \Junk } mailbox Sent { special_use = \Sent } mailbox "Sent Messages" { special_use = \Sent } mailbox Trash { special_use = \Trash } prefix = } passdb { args = scheme=CRYPT username_format=%u /etc/dovecot/users driver = passwd-file } protocols = " imap pop3" service auth { unix_listener /var/spool/postfix/private/auth { group = postfix mode = 0666 user = postfix } } service imap-login { inet_listener imap { port = 0 } inet_listener imaps { port = 993 ssl = yes } } service pop3-login { inet_listener pop3 { port = 0 } inet_listener pop3s { port = 995 ssl = yes } } ssl_cert = </usr/lib/ssl/certs/***.crt ssl_key = </usr/lib/ssl/private/***.key ssl_key_password = # hidden, use -P to show it userdb { args = uid=vmail gid=vmail home=/home/vmail/%d/%n driver = static } valid_chroot_dirs = /home/vmail/%d/ よろしくお願いします。

  • pukiwikiのユーザ認証の設定で困っています・・・。

    初めまして。 現在、自宅のサーバーでpukiwikiを使ってHPを構築しているのですが、 ユーザ認証の設定が中々うまくいかずに困っているのです。 今、下記のように設定してトップページからユーザ認証するのには 成功致しました。 ///////////////////////////////////////////////// // User definition $auth_users = array( // Username => password 'ユーザID' => 'パスワード', // Cleartext 'bar' => '{x-php-md5}f53ae779077e987718cc285b14dfbe86', // PHP md5() 'bar_passwd' 'hoge' => '{SMD5}OzJo/boHwM4q5R+g7LCOx2xGMkFKRVEx', // LDAP SMD5 'hoge_passwd' ); ///////////////////////////////////////////////// // Authentication method $auth_method_type = 'pagename'; // By Page name //$auth_method_type = 'contents'; // By Page contents ///////////////////////////////////////////////// // Read auth (0:Disable, 1:Enable) $read_auth = 1; $read_auth_pages = array( // Regex Username '##' => 'ユーザID', '#HogeHoge#' => 'hoge', ); ///////////////////////////////////////////////// // Edit auth (0:Disable, 1:Enable) $edit_auth = 1; $edit_auth_pages = array( // Regex Username '##' => 'ユーザID', '#HogeHoge#' => 'hoge', ); しかし、ユーザ定義でユーザを追加して認証をかけたいページ名を指定 しても認証が動いてくれません。 トップページに認証を付けると他は動かなくなってしまったりするの でしょうか? できれば、一部のページを一部のユーザのみが編集できるように、 認証をかけたいのです。 どうか、こんな無知な私にご指導頂いてもよろしいでしょうか? 自宅サーバーには、 Active Perl 5.8.8 Build 822 Apache HTTP Server 2.0.63 pukiwiki1.4.7 をインストールして動かしています。

    • 締切済み
    • PHP
  • メールサーバ構築後、メールが受信できない

    CentOS 5.5 sendmail+dovecot で、社内のイントラネット環境専用のメールサーバを構築しようとしています。送信サーバおよび受信サーバへの接続ができるまでにはなったのですが、送信テストを行うと、受信ボックスにメールが入ってこず、どこかへ消えてしまいます。 以下が作業概要です。 ■送信メールサーバ構築 【sendmail 構成ファイルの編集】 /etc/mail/sendmail.mc を以下のように編集する --------------------------------------------------- TRUST_AUTH_MECH(`EXTERNAL DIGEST-MD5 CRAM-MD5 LOGIN PLAIN')dnl define(`confAUTH_MECHANISMS', `EXTERNAL GSSAPI DIGEST-MD5 CRAM-MD5 LOGIN PLAIN')dnl dhl EXPOSED_USER(`root')dnl DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp, Name=MTA')dnl MASQUERADE_AS(`masudaq.com')dnl FEATURE(masquerade_envelope)dnl --------------------------------------------------- m4 /etc/mail/sendmail.mc > /etc/mail/sendmail.cf 【saslauthd デーモンの停止】 service saslauthd stop 【ユーザ認証方式の変更】 /usr/lib/sasl2/Sendmail.conf を以下のように編集する。 --------------------------------------------------- pwcheck_method:auxprop --------------------------------------------------- 【sendmail 再起動】 service sendmail restart 【新規メールアカウント作成】 saslpasswd2 -u test.com -c tanaka.ichirou Password: tanakapass ※ system-config-securitylevel で[メール(SMTP)]のポートを開放 ■受信メールサーバ構築 【dovecot グループ・ユーザ確認】 cat /etc/group | grep dovecot cat /etc/passwd | grep dovecot 【vmail グループ・ユーザ作成】 groupadd -g 511 vmail useradd -u 511 -g vmail -s /sbin/nologin vmail 【dovecot 用ログファイル作成】 touch /var/log/dovecot.log /var/log/dovecot-info.log chown -R vmail:vmail /var/log/dovecot.log /var/log/dovecot-info.log 【メールボックス用ディレクトリの作成】 mkdir /usr/local/mbox chmod 777 /user/local/mbox mkdir /var/spoll/mail/inbox chmod 777 /var/spoll/mail/inbox 【dovecot 構成ファイルの編集】 /etc/dovecot.conf を以下のように編集する。 --------------------------------------------------- log_path = /var/log/dovecot.log info_log_path = /var/log/dovecot-info.log protocols = imap pop3 mail_location = mbox:/usr/local/mbox/%n:INBOX=/var/spool/mail/inbox/%n "auth default" 内に以下の内容を定義する。 auth default { mechanisms = plain passdb passwd-file { args = /etc/dovecot.passwd } userdb static { args = uid=vmail gid=vmail home=/home/vmail/%u } } --------------------------------------------------- 【パスワードファイルの作成】 /etc/dovecot.passwd ファイルを以下の内容で作成する。 --------------------------------------------------- tanaka.ichirou@test.com:{PLAIN}tanakapass --------------------------------------------------- 【dovecot 再起動】 service dovecot restart ※ system-config-securitylevel で 110:tcp 143:tcp のポートを開放 【クライアントPC メール設定】 Outlookを起動し、以下の設定を行う。 --------------------------------------------------- [名前]: tanaka.ichirou [電子メールアドレス]: tanaka.ichirou@tis.com [受信メールサーバー]: 192.168.1.25 [送信メールサーバー]: 192.168.1.25 [アカウント名]: tanaka.ichirou@tis.com [パスワード]: tanakapass [パスワードを保存する]を選択 [詳細設定]-[送信サーバー]で、 [送信サーバー(SMTP)は認証が必要]を選択 [受信メール サーバーと同じ設定を使用する]を選択 上記設定後、[アカウント設定のテスト]を行うと、送信サーバにも受信サーバにも接続でき、 テストメールの送信も問題なく行われるのですが、テストメールが受信されません。 自分から自分のアカウント宛に新規メールを送っても、メールが届かず、どこかへ消えてしまいます。 どこに問題があるのでしょうか? dovecot のメールボックスの設定周りが怪しいかなと思っているのですが、どう対処していいかわかりません。 どのように対処したらいいか、ご教示願います。 ※参考にしたサイト http://www.masudaq.com/blogger/Pinpoint_a58c2efc-38a8-4d45-965f-f15af2ea15c0.htm http://www.masudaq.com/blogger/Pinpoint_136fe151-d960-4989-928a-e47ec77ad955.htm http://www.masudaq.com/blogger/Pinpoint_26f4173c-fe92-4a33-ba63-5df3dd168fb6.htm http://www.masudaq.com/blogger/Pinpoint_8c0efd95-1bee-4183-a378-3fce0a954ec5.htm

  • メールサーバ構築

    OS:CentOS5 SMTPサーバ:postfix POP3:dovecot にてメールサーバ環境を構築してみたのですが、設定がうまくいかず 不具合が多々あり、困っております。 【やりたいこと】 やりたいことは、SMTP-Auth認証を有効にし クライアントマシンにて送受信できるようにすること。 だけなのですが、おもいっきり初歩的なところで躓いております。 一般的な導入方法(?)にそって導入し、メーラーで送受信を確認したところでうまくいきませんでした。 どなたかお助けください。 【環境】 ◆マシンの環境 OS=CentOS5 [root@hidetarou ~]# uname -a Linux hoge.com 2.6.18-92.1.6.el5 #1 SMP Wed Jun 25 13:49:24 EDT 2008 i686 i686 i386 GNU/Linux 【やってみたこと】 ◆メールサーバパッケージのインストールおよび確認 [root@hidetarou ~]# rpm -qa | grep postfix postfix-2.3.3-2 [root@hidetarou ~]# rpm -qa | grep cyrus-sasl cyrus-sasl-plain-2.1.22-4 cyrus-sasl-lib-2.1.22-4 cyrus-sasl-2.1.22-4 [root@hidetarou ~]# rpm -qa | grep system-switch-mail-gnome system-switch-mail-gnome-0.5.25-12 [root@hidetarou ~]# rpm -qa | grep dovecot dovecot-1.0.7-2.el5 [root@hidetarou ~]# rpm -qa | grep mysql mysql-5.0.45-7.el5 [root@hidetarou ~]# rpm -qa | grep perl-DBI perl-DBI-1.52-1.fc6 ◆ポート開放確認 tcp 0 0 :::110 :::* LISTEN tcp 0 0 :::143 :::* LISTEN tcp 0 0 :::993 :::* LISTEN tcp 0 0 :::995 :::* LISTEN tcp 0 0 0.0.0.0:25 0.0.0.0:* LISTEN ◆SELinux : OFF ◆dovecot.conf の設定:デフォルト インストールし、サービスを起動後、特に設定を変更していません。 (調べた解説書には特に変更しなくても大丈夫とありました。) ◆プロセス実行確認 OK 【設定したはずのところ】 設定ファイル:/etc/postfix/main.cf # 一般的な設定項目の編集後、以下を追加記入 # Enable SMTP Auth smtpd_sasl_auth_enable = yes smtpd_sasl_security_options = noanonymous broken_sasl_auth_clients = yes smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks, permit_auth_destination, permit_sasl_authenticated, reject これで、SMTP auth を有効にしたつもりなのですが。。どこか間違っているでしょうか? マシンをリブートし、起動確認後、メーラで確認・・・ 【かろうじてうまくいっているところ】 本来はSMTP auth 認証で接続してもらいたいのですが、 どうもうまく設定が反映されていないようです。。。(これが本来の目標地点なのですが。。。) そのためか、メーラ側でAUTH認証を無効にした状態でなら、送信はできています。(有効になっていなかったていうことですよね?) 【うまくいかないところ】 かろうじて送信はいったようで /var/mail/username にファイルができていました。 (内容も送信した内容のようです) ですが、thunderbird メール受信ボックスにて、受信ボックスを開こうとして 開けません。 エラーとして以下のようなメッセージが出ます。 「Internal login failure .Refer to server log for more information 」 ここらへん初歩的なところだと思いますが、そもそもメーラの受信ボックスの物理パスをどこで設定しているのでしょうか? thunderbirdの設定方法になるかと思いますが 受信メールボックスの指定の仕方がいまいちわかりません。 メールサーバを立てるのは初回なので、あまり手の込んだ設定はまだするつもりはないのですが、メーラの設定をいじるだけで直るものでしょうか?それとも dovecotのコンフをいじらないといけませんか? それ以前に、thunderbird の受信設定をなんとかしたいです。 どうかよろしくお願いいたします!

  • 【Samba】初回アクセス時にホームディレクリが作

    【Samba】初回アクセス時にホームディレクリが作成されない。 CentOS 5 + Sambaで共有ファイルサーバーの構築を行っています。ユーザー管理はLDAPを使用しています。 一通りの設定が何とか終わり、Windowsクライアントからアクセス出来るようになりました。 LDAPに登録済みのユーザーがWindowsから始めてアクセスした際にそのユーザーのホームディレクトが自動作成される設定にしています(しているつもりです)。 Windowsからアクセスすると一見正常にユーザー名のホームディレクトリがあるのですが、 開こうとすると『\\SAMBA_SERVER\user_name にアクセスできません 名前のスペルを確認しても問題がない場合は、ネットワークに~ (診断 or キャンセル)』と表示され開く事ができません。 この時にCentOSにターミナルでログインし各ユーザーのホームディレクトリが作成される /home/ を見てみるとやはりディレクトリは作成されてないです。 繰り返しになりますがWindowsからアクセスした場合、見た目は普通にユーザー名のフォルダーが表示されてます。 /etc/samba/smb.conf の設定は以下の通りです。(文字数に限りがありますので関連があると思われる部分のみの抜粋です) -------------------------------------- [global] unix charset = UTF-8 dos charset = CP932 display charset = UTF-8 workgroup = WORKGROUP server string = Samba netbios name = MESV hosts allow = 192.168.1. 127. security = user passdb backend = ldapsam:ldap://localhost ldap passwd sync = yes obey pam restriction = yes passdb backend = ldapsam:ldap://localhost/ domain master = yes domain logons = yes local master = yes os level = 99 preferred master = yes wins support = yes ldap admin dn = cn=Manager,dc=mesv,dc=medicaledge,dc=jp ldap suffix = dc=mesv,dc=medicaledge,dc=jp ldap machine suffix = ou=Computers ldap user suffix = ou=Users ldap group suffix = ou=Groups ldap idmap suffix = ou=Idmap load printers = no disable spoolss = yes cups options = raw [homes] comment = %U's home path = %H/samba browseable = no writable = yes vfs objects = recycle recycle:repository = .recycle recycle:keeptree = no recycle:versions = yes recycle:touch = no recycle:maxsize = 0 recycle:exclude = *.tmp ~$* -------------------------------------- 以下が ホームディレクト自動作成用の /etc/pam.d/system-auth の設定です。 -------------------------------------- session required pam_mkhomedir.so skel=/etc/skel umask=0022 -------------------------------------- このような現象はどこに原因がある可能性があるのでしょうか? 困っております。詳しい方がおられたらご回答よろしくお願いします。

  • OpenLDAPを使ったFTPについて

    OpenLDAPを使ったFTP転送について質問があります。 Solarisマシン2台の環境で、1台のマシンにOpenLDAPサーバとFTPサーバを立てています。 もう1台をクライアントとして、クライアントからはLDAP認証でログインはできます。dirコマンドを実行した所、下記のところで止まっています。 ftp> dir 200 PORT command successful 150 Opening ASCII mode data connection for file list また、WindowsからFFFTPを使用したら、ログインは出来たのですが、サーバ側の方には、なにも表示されませんでした。サーバ側には、ユーザのホームディレクトリはあります。 色々、ネットで調べて設定はしてみたのですが、結局うまくいきませんがでした。勉強不足で申し訳ありませんが、教えて頂けたら、幸いです。 FTPには、 ProFTPD 1.3.2を使用しています。 よろしくお願いします。 proftp.conf ServerType inetd DefaultServer on Port 21 UseIPv6 off Umask 022 MaxInstances 30 User nobody Group nobody AllowOverwrite on RootLogin off ListOptions "-a" DefaultRoot ~ <Limit LOGIN> Order allow, deny Allow from 127.0.0.1, 192.168.24.0/24 Deny from all </Limit LOGIN> LDAPServer "192.168.24.52" LDAPAuthBinds on LDAPDoAuth on "ou=People,dc=solaristest,dc=com" LDAPDoGIDLookups on "ou=Group,dc=solaristest,dc=com" LDAPDoUIDLookups on "ou=People,dc=solaristest,dc=com" pam.conf login auth requisite pam_authtok_get.so.1 login auth required pam_dhkeys.so.1 login auth required pam_dial_auth.so.1 login auth required pam_unix_cred.so.1 login auth sufficient pam_unix_auth.so.1 login auth required pam_ldap.so.1 # # rlogin service (explicit because of pam_rhost_auth) # rlogin auth sufficient pam_rhosts_auth.so.1 rlogin auth requisite pam_authtok_get.so.1 rlogin auth required pam_dhkeys.so.1 rlogin auth required pam_unix_cred.so.1 rlogin auth sufficient pam_unix_auth.so.1 rlogin auth required pam_ldap.so.1 # # rsh service (explicit because of pam_rhost_auth, # and pam_unix_auth for meaningful pam_setcred) # rsh auth sufficient pam_rhosts_auth.so.1 rsh auth required pam_unix_cred.so.1 # # PPP service (explicit because of pam_dial_auth) # ppp auth requisite pam_authtok_get.so.1 ppp auth required pam_dhkeys.so.1 ppp auth required pam_dial_auth.so.1 ppp auth sufficient pam_unix_auth.so.1 ppp auth required pam_ldap.so.1 # # Default definitions for Authentication management # Used when service name is not explicitly mentioned for authentication # other auth requisite pam_authtok_get.so.1 other auth required pam_dhkeys.so.1 other auth required pam_unix_cred.so.1 other auth sufficient pam_unix_auth.so.1 other auth required pam_ldap.so.1 # # passwd command (explicit because of a different authentication module) # passwd auth sufficient pam_passwd_auth.so.1 passwd auth required pam_ldap.so.1 # # cron service (explicit because of non-usage of pam_roles.so.1) # cron account required pam_unix_account.so.1 # # Default definition for Account management # Used when service name is not explicitly mentioned for account management # other account requisite pam_roles.so.1 other account required pam_unix_account.so.1 # # Default definition for Session management # Used when service name is not explicitly mentioned for session management # other session required pam_unix_session.so.1 # # Default definition for Password management # Used when service name is not explicitly mentioned for password