• ベストアンサー

明治安田生命のライフアカウントL.A.Doubleについて

こんにちは 子どもの出産にともなって、保険の見直しを考えているのですが主人が契約している『明治安田生命のライフアカウントL.A.Doublel』の仕組みがいまいち解りません(主人も契約しっぱなしで内容はうろ覚えなのです…。) 保険を解約して掛け捨てで今より安い保険に加入することを検討していましたが、若い時に加入した保険のために毎月の保険料が長い目でみるとお得のようなきがするのです。そこで、他の保険と比較するために色々契約内容を見ていて疑問に思ったことがありましたので質問させていただきます。 疑問(1)『明治安田生命のライフアカウントL.A.Doublel』のとらえかたは『生命保険+医療保険』のようなとらえ方でいいのでしょうか? 疑問(2)65歳払い込みの終身保険のようなのですが、医療保障の特約の欄に書いてある保険期間とは何でしょうか?その保険期間が終わったら、その特約は消滅するということでしょうか? 初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.4

(1)生命保険と医療保険です。しかし特徴としては 以前どこの会社にも主力商品だった定期付終身保険と下記の点が違います。 (1)保険料がある範囲内で自分で選べる 今の保険料が10000円だったとしましょう。生命保険と医療保険に必要な 保険料が8000円だとします。差額の2000円はアカウントという貯蓄に回り運用されています。これは将来のために積み立てて保険料払込後の終身保険にもなりますし、必要があれば途中引出しも可能です。また収入のあるうちに保険料を15000円にしておいて、そうすると7000円が貯蓄になりますよね。いつか支払いが厳しいなと思った時に保険料を5000円に変更できる。3000円 不足しますよね。今までのアカウントから補うのです。 (2)一年に一度保障見直しができる。 どんどん新しい特約が発売になります。解約して加入してを繰り返すので 損な場合もありますよ。若い健康な時に加入した保険を見直して続けると いうことができる生涯一契約を売りにしていますね。もちろん減額もできますよ。必要ない特約や補償は下げたり解約し、必要なもので試算してもらいましょう。 (3)年に一度ハッピーレポートという分かりやすい冊子が届いているはずです。どんな特約が付加されているのか?(例えば入院が5日目から出るのか1日目から出るのか) またアカウントには毎月いくら積み立てられているのか? 一度あれば見てください。やはり会社に問い合わせが一番ですけどね。 (2)65歳払込=終身(死亡保険)に対する払込が65歳で終わる   医療特約の払込期間=医療特約に対する保険料を払込む期間(仮に80)   医療特約の保険期間=医療特約の保障する期間(仮に80) おそらく80歳とかではないですか?つまり65歳から80歳までの15年分 医療特約の保険料は払う必要があります。保障されるのも80歳までですね。 その場合81歳で入院しても非該当です。つまり医療特約は消滅し 終身(死亡保険)のみになります。 65歳の時点で医療特約が必要ない、支払えない場合は払わなければ 終身(死亡保険)のみ残ります。 80歳以降の医療も必要ということであれば もしかしたら医療を終身に変更できるかもしれません。 まあこれは先なので考えなくてもいいでしょう。 しかし契約によっていろいろありますのでよく見てくださいね。 医療特約の払込期間がまれに65歳のもあります。 しかし保険期間は80歳。この場合は終身も医療も払込は65歳で終了。 医療の保障されるのは80歳ということもあります。 保険は難しいと思います。何かあれば会社に質問という のが一番だと思いますよ。 長くなりましたがもし違っている点があればご了承願います。

demihan
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 すべて参考になりました!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (3)

  • satozz
  • ベストアンサー率34% (9/26)
回答No.3

若い時に加入とありますが、LAダブルって割と最近できた保険ではないですか? 転換して、変わったとか・・・ お得なような気がするのは気のせいだと思います・・・・ 今でも充分掛け捨ての保険になっていませんか?

参考URL:
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0571.htm
demihan
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 >若い時に加入とありますが、LAダブルって割と最近できた保険ではないですか? 若い頃…えっと、5年前です(笑) >今でも充分掛け捨ての保険になっていませんか? そうなんです…みなさんに教えて頂いたように、お得だというのは錯覚のようなので、早急に保険の見直しをしたいと思います

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.2

demihanさん >若い時に加入した保険のために毎月の保険料が長い目でみると >お得のようなきがするのです。 気がするだけです。長い目で見ると、おそらくおトクではありません。なぜなら、特約部分は一定年数(10年or15年毎)に自動更新され、更新時には、その時の年齢で計算された保険料になるからです。 特約部分(生活サポート特約、遺族保障特約、医療特約など)は掛け捨て保険(定期保険=一定期間の保障をする保険)です。 払込総額保険料で見れば、若い年齢から加入するほど、より多額の保険料を払うことになります。 65歳の払込満了時までの総額保険料を計算してみてください。きっと恐ろしい数字になると思いますよ。 もしかしたら、保険加入時のパンフレットには、次回更新時の保険料しか書いておらず、次々回の更新時の保険料は、特約を全て解約した想定で書かれているため、やけに安く記載されているかもしれませんが。 >疑問(1)『明治安田生命のライフアカウントL.A. >Doublel』のとらえかたは『生命保険+医療保険』 >のようなとらえ方でいいのでしょうか? おおむね間違いではないと思います。(保障内容がわからないのでハッキリしたことは言えません。) おそらく、 ・機能障害状態になったときに、年金形式で保険金が出る保障  (生活サポート特約) ・万一のことがあった時に、遺族に保険金が支払われる特約(遺族保障特約) ・入院したときに入院給付金が支払われる特約(医療保障特約) ・それに主契約(契約の本体)として「アカウント」というものがあり、一種の「貯蓄」部分です。払込満了時に、貯まったお金で、終身保険を買うというものです。 などがあるのではないでしょうか。 >疑問(2)65歳払い込みの終身保険のようなのですが、医療保障の >特約の欄に書いてある保険期間とは何でしょうか?その保険期間が >終わったら、その特約は消滅するということでしょうか? 保険期間とは、その特約で保障してくれる期間(10年or15年)です。 その保険期間が満了すると、自動更新してさらに保障を続けることができます。しかし、保険料は更新時の年齢で計算されますので、高くなります。 特約が消滅するのは、65歳の払込満了時だと思います。 ライフアカウントL.Aダブルについて詳しくは、 http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0787.htm#name  をご覧ください。

demihan
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 >気がするだけです。長い目で見ると、おそらくおトクではありません。 ありゃりゃ…そうなんですか! 特約部分は定期保険のようなものなのですね(O.O;) 15年契約のようですが、主人が独身時代に加入したものなので、いらない特約がテンコ盛りなのです…。 そう考えると今は、特約のないシンプルな掛け捨ての生命保険のほうがいいのかもしれませんね 詳しいお答えありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • red-bronx
  • ベストアンサー率36% (13/36)
回答No.1

疑問(2)については、普通は自動更新されるはずです。 保険期間の終了時点での年齢で保険料が計算されるので、加入時の保険料よりは高くなります。 疑問(1)については、生命保険+医療保険のほかにも貯蓄機能とかがあるみたいですが、詳しくはわかりません。

demihan
質問者

お礼

ありがとうございました。 貯蓄機能のことを規約で調べてみたのですが、なんだか複雑でわかりませんでした(契約したのが私ならば専門用語?も理解できるのでしょうが…) 参考にさせていただきます

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?

    明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか? 保険超初心者です。保険屋さんに聞いても正直30%くらいしか理解できてません・・・。 医療と生命保険がついた保険ですよね? 掛け捨てでしょうか? シュミレーションしてもらった所、35歳の主人は80歳で払込期間満了という事ですが、それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も終身保障されるという認識で間違いないでしょうか? あと今の歳だと月々15000円らしいんですが、45歳から55歳までは22519円となります。という事は79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか?

  • 明治安田生命の保険に入ったものの不安です。

    明治安田生命保険の【ライフアカウントL.A】の分で【3年ごと利差配当不利率変動型積立終身保険】と言う保険に入った。 この保険は僕は今丁度40歳なので、40歳から50歳の10年間は保険料の支払い金額が毎月1万936円です。 今度、50歳で更新の時期になっていて更新後50歳から60歳の10年間の保険料の支払いが毎月1万9247円となっている。 この保険は【医療保険】として付加される特約。 この【ライフアカウントL.A】の分で【3年ごと利差配当不利率変動型積立終身保険】と言う保険を契約した時に付加してもらった特約が【新・手術特約】と言う分に入ったのだ。 別にこの金額だとそんなにしんどくは無い金額なので僕の場合、仕事柄毎日危険な仕事をする事が多いので、そして医療保険にはまだ入っていなかったので一つ入っておこうと思って入ったのだ。 明治安田生命保険の保険会社自体は時々テレビのCMでもやっているし、別に悪くないと思うし信頼出来ると思うので明治安田生命保険に入ったのだ。 そして【ライフアカウントL.A】の分で【3年ごと利差配当不利率変動型積立終身保険】と言う保険は途中で解約をした場合は積立の分は戻ってくるけど、その他は無効だそうです。 保険に契約したけど安心していて良いものだろうか?。 保険の保証とかちゃんとしてくれるのだろうか?。 契約してしまったけど大丈夫だろうか?。 不安になってきました。 この明治安田生命の保険会社のことに詳しい方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい。 ヨロシクお願いします。

  • 明治安田生命ライフアカウント… わかりません…(長文ですが宜しくお願い致します)

    仕事上のお付き合いで、主人が明治安田生命のライフアカウントに加入しました。35歳で加入し、払込期間80歳(主契約)、月払保険料\12,753です。契約内容は、お付き合いということもあり、ほぼ、薦められるままの内容となりましたが、“契約者貸付が利用できる”“随時、見直しができる”など、良いことばかり言われておりましたものの、いざ証券を見ると次のように記載されていました。 月払保険料は\12,753円で、 色々な特約(定期保険:1,000万、新・介護保障定期保険特約、6大疾病保障定期保険特約、がん治療保障定期特約他、いずれも10年満了です)が付帯されており、 うちアカウント積立金額1,008円、 毎回のアカウント積立金額\168円、 特約に充当する保険料\12,585、と記載されています。 素人考えですが、この内訳ですと、見直しができるファンドになる積立部分は、わずか月\168で、他は全て掛捨て部分の特約保険料に充当されているように見えます。すると、10年の更新時には、特約を更新するにはその時の年齢相応の割高な保険料となるばかりか、貯蓄部分が少ないので、契約者貸付や終身保険として確保できる額とても少なく感じられます。 主人の仕事関連のお付き合いで加入しているだけに、ケチをつけたくないのですが、実質上、ただの掛捨てで、特約更新時に保険料は上がり、加えて、終身保険に変えるにも、契約者貸付を受けるにも積立部分が不足していて、現実的に不可能なら、解約したいのですが、私の見方は間違っているでしょうか?  どうかアドバイスをいただけますようお願い申し上げます。  長文を読んでいただき、感謝申し上げます。

  • 明治安田生命のアカウントについて

    明治安田生命のライフアカウントLAに加入しているのですが、アカウントを増やしたいと思っています。 まだ24歳で調べても不安なことが多く、担当さんに聞いてもまだまだ必要ないと言われるのですが、特約を解約して同額ほどのアカウントを増やすことは出来るのでしょうか。払い込み額に不満はありませんが特約分は社会保障や会社の健保でもまかなえる部分もあります。 先走ってしまい何より将来の事が心配です。 払い終わり以降の終身も今から考える必要があるというか、考えてしまいます。 解る方がいましたらお願いします!

  • 明治安田生命のライフアカウントを解約して他社の保険にわけて入りたいのですが分け方が合っているか不安です・・

    29歳主婦 主人は35歳 建設業です。 独身時代会社のお客様の知人の明治安田生命の外交員の方を紹介され 保険に入るようにすすめられて お客様の紹介だったので断りにくく 明治安田生命のライフアカウントに2004年頃入りました。 月1万円くらいで特約がてんこもりだったと思います。(介護とか当時の20代前半ではほど度おいような病気とかいろいろ) その後結婚したときに毎月1万円はちょっと高いので減らしてほしいと相談しながら 7000円まで減らしてもらい、それでも高いから やっぱり3000円とじょじょに減らしてもらって何とかやりくりしていました。 そして旦那はがん家系なので結婚前からアフラックの1口8000円のがん保険に2口はいっていて毎月16000円払っていたのですが、 今年2月に私の明治安田の保険料引き落とし口座を変更するのに 久々に明治安田の外交員さんを呼んだのをきっけかに 旦那も明治安田生命に変えることになりました。 その経緯は、アフラックで16000円払っているなら 同じ16000円で明治安田のライフアカウントのほうが がん以外の保障もいろいろ充実しててお得よーとすすめられたことです 旦那も保障が増えて同じ金額ならいいかということで加入しました。 それで、その後、旦那が加入しかたら新規の手続きの作業やらで忙しかったのか わたしの保険料の口座変更手続きを忘れられていました。 なんとなく不信感がわいていろいろ調べたら ライフアカウントは10年後高くなってとてもじゃないけど 払えなくなるし、将来高くなるから今安いだけか!ということに 無知ながらなんとか把握できました。 それで今は、会社も辞めているしお客様とつきあいもないので 解約しようと決意したのですが、 保険は、商品ごとに会社を分けてはいるほうがいいとおすすめしているサイトがあり ・主人 死亡保障 医療保障 がん保険 ・私 がん保険のみ と、このような形で分けて入ろうかなと思っています。 とにかく保険で損をするのが嫌になってきたので 支払った総額ぶん最終的にきっちり返ってくるような商品何かないかな・・ 選べばいいかな・・と思っているのですが・・ 保険会社が得するようにできている商品ばっかりなのでしょうか・・ そして、旦那ががん家系で心配なため こういう分け方で合っているのでしょうか? 建設業なので万一のケガや事故にも備えた保険も必要なのでしょうか? (私の医療保障は独身時代の貯金でカバーできそうなので 入らないでおこうと思っています。) 明治は16000円もするのにかけ捨てみたいなものだし 10年後は値段があがるし 死んだり、重大な病気にならないと 支払った総額のもとがとれてないといったら変な話ですが 何かすごく損している気がします。 文章がへたくそでわかりづらいかもしれないですが 保険について詳しい方、ぜひアドバイスをよろしくお願いします。 (情報として不足な部分がありましたら明治のパンフレットをみながら追記いたしますので教えてください)

  • ライフアカウントLAについて教えてください。

    明治安田生命のライフアカウントLAについて質問です。 現在35歳、加入4年目なんですが、2年前に担当者が変わり内容の変更を勧められました。色々な特約を付けて保険料が15,000円です。今まで積み立てていたアカウント部分から300円位取り崩しされている事に最近気づきました。今のアカウント残高は7万円位です。10年更新なのですが、このままだとアカウントは無くなりますよね?明治安田のHPで調べたら、払込期間満了後に終身保障を買う様な事が書いてあったのですが、医療保障はどうなるのでしょうか?一括で大金を払わないと続けられない事もあるのでしょうか?どなたか、教えてください。

  • 続 明治安田生命さん ライフアカウントLAについて

    保険素人で、新規で生命保険に加入しようと考えている者です。以前に今回の質問タイトルと同じ投稿をさせていただき、こちらでの回答を基に色々自分なりに考えてみまして、現在下記のような内容の保険に入ろうと思っています。特に何か注意しなければいけない事等ありましたらご指摘いただきたいと思います。 ☆主人の保険 ■明治安田生命 ライフアカウントLA 約17000円/月(アカウント最小限197円)終身20年更新、65歳払込 ・入院1日5000円・手術28~5万円・がん診断100万(3回まで)・生活習慣病100万・生活サポート120万円/年・死亡保障4600万円 ■損保ジャパンひまわり生命 終身保険 約6500円/月 65歳払込 ・死亡保障400万  ■アクサ生命 セルフガードタイプI 約2400円/月 終身60日型生涯支払  ・入院1日5000円・手術20~5万・先進医療上限1400万 ☆私の保険 ■アクサ生命 セルフガードタイプII 約2600円/月 終身60日型65歳払込 ・内容上に同じ ■三井住友海上きらめき生命 収入保証保険 700円/月 保障期間20年 ・死亡時5万円×12ヶ月主人に支払われる。 ---------------------------------------------------- ライフアカウントをつけれる特約は良いものが多いと思い定期保険のように考え、医療保障を最小限にしアカウントも最小限にしました。(戻ってくる事は考えていません、なので別で終身をつけました)それと個人的にはアクサさんが外資なのでどうかなぁと気にかかっています。(とても対応がよいと説明は受けました)外資といえばア○コやア○○○クさんの支払いが良くないイメージが強いです。(そこがよくないと一概に言うのも間違っていると思うのですが) 専門家の方々から見れば色々目につくかと思いますが、あくまでも素人ですので、素人として注意しなければいけない点をご指摘くださればと思います。 尚、以前投稿させていただいた時に回答を下さった方々、本当にとても参考になりました。投稿してよかったと思いました。いろんな方の意見が聞けてためになりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

  • 明治安田生命保険会社の事について相談。

    今日の夕方5時過ぎ頃に地元の営業所【明治安田生命保険】の保険会社の人が家に来られました。 僕は以前ずっと前から【明治安田生命保険】の保険で【個人年金保険】と言う保険に既に加入しているんだけど、今回訪問に来られて新しい保険を進められた保険と言うのは、今一番最新型の医療保険として流行っている【ライフアカウントL.A.】と言う保険で3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険と言うのが一番保障の良い医療保険らしい。 毎月の掛け金とかも1万円程度で加入できるそうです。 まだこの保険に加入するかは検討中で、2~3日ぐらい考えさせて貰いますと言って、その場で契約をしていませんが、今回進められた保険が良い保険なのかどうか考えている所です。 そして、明治安田生命保険会社と言う組織が安心して良いものだろうか不安が有ります。 よく保険で騙しとかが有ると聞いているので正直今既に入っている個人年金保険とかも不安になってきました。 もし、この明治安田生命保険会社の事に詳しい方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい。 アドバイスして下さい。 ヨロシクお願いします。

  • 明治安田生命さん ライフアカウントLAについて

    生命保険素人の者です。今までどの生命保険にも入っておらず、今回子供ができたので終身でどこかに入ろうと勉強中です。少しでも安い方がいいと思い、主人の会社の団体割引がきく明治安田さんの保険で検討してみることにしました。FPさんにサラリーマンで終身で代表的なものということで「ライフアカウントLA」を薦められました。色々資料を読んだり調べたりしているのですがもう一つよく分からないのでここで質問させていただきました。 ・「3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険」というサブタイトルがついていますが、ここにこの保険のポイントがあるのでしょうか?タイトルの意味もよく分かりません。教えてください。自分で調べた所2000年度頃からこの形態が出始めて他社でも似た商品を出している?との事。又、従来の形態とどう違うのでしょうか?? ・終身なのに利率?アカウント?によっては65歳の払込終了後に死亡してもお金がもらえなかったりする、というのをネットで見たのですが本当でしょうか?又、保険料払込期間でイメージは加入したら次の日から死亡しても死亡時の受取金額がもらえる、と思っているのですがこの保険は違う、というのも見たのですが本当でしょうか? ・この保険は難しい という意見をよく見かけるのですが私のような素人はやめておいた方がいいのでしょうか?又、この保険の注意する点はどこでしょうか? まだどの保険にも加入していないので月に何万円も払っていくので納得した上で加入したいと思っています。素人意見で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。ちなみに主人31歳、私29歳です。

  • 明治安田のライフアカウントLA or ソニー生命で悩んでます。

    生命保険初心者です。子どもができたので保険に入ろうと色々検討中です。主人は24歳子ども0歳で、死亡時2500万くらいの保障がほしいのですが、収入は月22万程度なので保険料はなるべく1万円前後で抑えたいと思っています。知り合いから明治安田生命のライフアカウントLAを紹介されました。 特約で、「新生活サポート特約終身型」1500万円 「遺族サポート」400万 「がん治療保障定期」400万 「6大疾病保障定期」100万 「介護保障定期」100万  で、死亡時は合計2500万円。 その他、医療保険も付け、アカウント積み立て月300円程度いれて保険料は月1万円。15年で契約した場合39歳までとなり、その後保険料は上がっていきますよね。それが不安ですし、これはほとんどが特約で終身保険の部分はかなり低いんですが・・・。 ソニー生命の方は、学資保険の契約をしようとしたらFPさんに勧められ、 積立利率変動型終身保険60歳払込、200万円 逓減定期保険特約30年 2000万円 家族収入特約定額型60歳払込 年金月額5万円 傷害特約 1000万円  で、保険料月9325円、子どもが成長してしまえばそれほどお金はいらないということで逓減型を勧められました。医療保険は他に県民共済など考え中です。 この二つで迷っています。メリットデメリットなど教えていただけると嬉しいです。お願いします。

このQ&Aのポイント
  • Webでの手続き後、即電子ファイルにて請求書の発行は可能でしょうか?
  • 12月26日火曜中に請求書の処理を実施したいため。
  • ソースネクスト株式会社の製品・サービスについての質問です。
回答を見る

専門家に質問してみよう