• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

長期保管車(TW200)の始動について。その後

TW200(2000年式)長期保管車の始動について以前質問させてもらいました。 先日までにキャブレターの掃除が終わり(ガソリンが腐ってジェット類がつまっていました)、近所を走り回れるくらいまでにはなりました。 基本中の基本であるガソリンの入れ替えをせず古いガソリンのままです。 エアクリーナーは綺麗でしたのでそのままです。 キャブレターも初期設定のまま何も変えてありません。従ってまだ本来の調子には戻ってないです。昨日はチョークを引いたままでないとエンジンが止まってしまう様な状態でした。チョークを引いた状態だとアクセルの動きにエンジン回転はついてきていました。(始めの内はマフラーから黒い煙も出ていましたが、暫く走った後には出なくなりました。=マフラー内の煤!?) キャブレターは一応掃除をしてガソリン通路の穴という穴は貫通していますが、フロートやキャブのケース内側はガソリンが腐った緑色が完全には除去できていません。新しいガソリンを入れ使用していれば綺麗になるものでしょうか!?キャブクリーナー等のケミカル製品を使えば効果があるでしょうか!?ガソリンのみの場合もハイオクを入れた方がいい等の経験談やアドバイスをよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7943)

フロートやキャブのケース内側にちょっとキャブクリーナを付けてみましょう。 あっという間にガムがとれるのがわかります。 逆に腐食して粉を吹いているところは簡単に取れないことが理解できます。 その要領と時間を把握してから、ジェット類にチャレンジします。 TWのキャブはCVタイプとVMタイプの両方が存在しますね、どっちですか? ゴム、プラスチック類はしっかりはずしてから真鍮部品のみ クリーナー漬けにして、カシメのジェット類の掃除は最小限ですばやくガムを溶かし、 エアガンがなければ、速やかにCRCなどで、吹き飛ばしましょう。 ガソリンに洗浄効果を期待しても、効果が薄いですが、 新しいガソリンを使わないとキャブの調子は読めません。 調子がもどるまで、4L缶にでも保存しておかれたら? (危険のない冷暗所があればですが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 取説や資料がないですが構造からCVタイプと思われます。 汚れを落すケミカル(強力)なので、ゴムや樹脂パーツは外した方が良いのですね。エアーガンの代わりにスプレーを使う裏技があったのですね、参考になりました。 もう一度掃除をし、新しいガソリンで始動して様子を見てみます。洗浄、組立だけで元に戻ればラッキーですが.....。 社外品マフラー/スーパート○ッ○に交換してありますが、キャブレターはノーマルのままです。走行3000キロで調子良く走っていたかも不明です。( 前所有者女性 )時間をかけて少しずついじっていこうと思います。 今回の疑問点についてはほぼ解決しましたが、もう少し開いておいて多くの方の意見が聞ければと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#60563
noname#60563

今の状態はとても完調とは言えないので、私なら薬局で燃料用のアルコールを買ってきてそのアルコールの中に一晩付けてから、コンプレッサーを使い掃除します(もちろんブラシなどもその前に使います) 問題はゴムなどのパーツはアルコールで溶けるのでパッキン類は絶対にアルコールで洗ったり漬けないように、ちょっとでも駄目です。 その後組み付ければOKでしょうがタンク内や燃料ホースなどもチェックしておきましょう。 ガソリンについてはハイオクを入れなくても良いです、元々指定が無ければ、ただし古いガソリンはすべて抜いて処分する(変質しているので本来の調子は出ないと思います)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ゴム類はアルコールに弱いのですね。キャブレター専用のケミカルならゴムごと浸けても大丈夫なのでしょうか。。 キャブレター洗浄ケミカルの購入を考えます。※きっと取説が書いてあると思いますのでしっかり読んで作業します。 タンク、燃料ホースのチェックは済んでいます。タンク内にサビは出ていませんでした。 ハイオク使用の件は、エンジンの洗浄効果がある(燃焼、爆発させた時にですよね!)というのを勘違いして、キャブレターの中を流れればキャブレターが綺麗になるかも。。と早合点して質問してしまいました。 バイクは他にも数台所有しているので、メンテナンスのためにコンプレッサーが欲しいと思っていますが持っていません。 新しいガソリンを注入し、常に動かしていても汚れは取れないのですね。 ※メインになるバイクは他にあり、一旦調子が良くなっても乗らない期間があるため、今回しっかり完調になるまで綺麗にしようと思います。

  • 回答No.1
  • taikon3
  • ベストアンサー率22% (803/3613)

キャブを外してケミカルで洗ってください ガソリンは棄ててください(ガソリンスタンドで引き取ってもらってください) ガソリンの経路を全てキレイにすること、このままだとまた止まりますよ(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはりもう一度クリーニングしたほうが良いのですね。 ガソリンはガソリンスタンドで引き取ってもらえるのですか。。 処分をどうしようかと迷っていたので(質問には書きませんでしたが)、 参考になりました。

関連するQ&A

  • FZ250のキャブを掃除したらいきなり8000回転

    FZ250の不動車を手に入れ、キャブレターを掃除しエンジンをかけたところ、いきなり8000回転まで上がってしまいすぐにエンジンを切りました。何度やっても同じです。キャブレターはそんなに汚れていませんでしたが、スロージェットがつまっていたので洋裁に使う針とCRCのキャブクリーナーで貫通させました。メインジェットはいじっていません。あとゴムのOリングやその他のゴム類はかえていません。針でスロージェットの穴が大きくなってしまう事もあるのでしょうか?みなさんよろしくお願いします。

  • CBR250RRのエンジンがかからない

    友人が6年くらい放置したCBR250RRのエンジンがかかりません、どうか知恵をお貸しください。 キャブはOH(キャブクリーナーにどぶ漬け&エアガンで掃除、メインとスロージェットの穴つまりなどの確認、バキュームピストンのゴムの劣化の確認、フロートバルブの掃除)、プラグの火花の状態は○、バッテリーは交換済みです。エンジンに注射器で直接ガソリンを入れてエンジンがかかるか試したところ、かかったので点火系&始動電装系の異常ではないようです。フロートにはガソリンが流れております。エアクリーナーをつけず直キャブですがタオルをかけ必要以上のエアーは入れないようにしているのですがかかる気配がありません。セルを回してマフラーに手を当てて匂いを確かめると微量ですがガソリンの匂いがあります。インシュレーターからエアーが入り混合が薄いのかとも思ったのですがゴム自体には劣化はありません。セル始動&チョークを引っ張ってもバキュームピストンが作動しないのでキャブの負圧系かと思ったのですがサービスマニュアルにはキャブ側のチューブはフューエルチューブとセカンドエアクリーナーチューブしかないようです‥詳しい方、どうか宜しくお願いします。

  • キャブレターのオーバーフローが止まらない

    通勤の足として中古で買ったライブDioZX(AF35)に乗っているのですが 最近キャブレターをデイトナのビックキャブキットに交換しました。(KEIHIN製のPE20+エアクリ) それ以降キャブレターのオーバーフローが止まらなくなってしまって困っています。 試したことは以下の通りです ・キャブレターの分解、掃除。(新品だったのでキレイでした) ・フロートレベルの調整 ・フューエルフィルターの追加 ・燃料タンクの掃除 一番怪しいと感じていたフロートの調整は少しフロートが浮いた程度で すぐにガソリンが止まるくらいにしましたが、一度アクセルを開けると以前と変わらず、 すぐガソリンが勢い良く溢れてきます。 最初に付いていたキャブにはオートチョーク用の配線があったのですが 新しいキャブにはそれは無く、手でレバーを上げるタイプのチョークが付いていた為 配線は宙ぶらりんです。 フロート室が空の状態からキック何回かでエンジンスタート、かぶった感じの音も無くて 普通に走りはじめますが、半開程度アクセルを開けた程度でもオーバーフローしてきます(走行距離100m位) お知恵をお貸し下さい

  • キャブレター内のフロートの補修材料を教えてください

     エンジンを止めて置いておくと,ガソリンが漏れていました。キャブレターを分解してみると,フロートに穴が開いていていました。  この穴をふさぎたいのですが,何でふさげば良いでしょうか。フロートは,プラスチック製です。  ホットボンドで穴をふさげば良いかな?と考えました。実験のためホットボンドのかけらを2個準備し,1個はガソリンに,もう1個はシンナーに半日程度浸しました。ガソリンに浸した方は,ほとんど変化なしでしたが,シンナーに浸した方は柔らかくなって,少し溶けていました。 これって,大丈夫でしょうか? また,プラスチック製のフロートの穴をふさぐのに適した材料にはどんなものがあるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • チョーク引きっぱなしで走ってしまった。

    YAMAHA BRONCO223 に乗っています。 先日、ガソリンが空になるまで走行しました。 当然だんだん走りにくくなるので最後の方はチョークを引っ張りながら走りました。 で、ガソリンを満タンにしたのですが、至極調子が悪いです。 症状としては 「アイドリングが安定しない(アクセルを戻すとエンジンが止まってしまう)」 「回転をあげて走っていても息継ぎが激しくギクシャクする」 等です。 またプラグはすすで真っ黒になっていたので磨きましたが、マフラーの排気部分(スーパートラップを付けてます)もすすで真っ黒になってしまいました。 原因はチョーク引っ張りっぱなしで走ったことだと思うのですが、すすが溜まっているのが原因でしょうか? またマフラー内部等にもかなりすすが付着していると思いますが、性能等にもかなり問題あるでしょうか? きれいにクリーニングする方法等あればお願いします。

  • 耕運機のキャブレター掃除について

    アグリップ社のVAR545のキャブレターの掃除をしました。 掃除をした部品は以下の通りです。 ■パイロットエアスクリュ ■メインノズル ■メインジェット ■パイロットジェット 作業手順としては、エアークリーナーを外して、燃料タンクからキャブレターに繋がってる燃料ホースを外して、キャブレター本体を外して、一番下付いているお椀のようなものを外して、フロートを外してメインノズルを外してキャブクリーナーに浸して、通路穴を荷札の針金の部分で掃除をしました。その他の部品もきちんと掃除をして、パイロットエアスクリュについては、取付け後、一回転ドライバーで戻しました。 ここまでは、問題は無かったのですがメインノズルを外そうと思い、フロートを外したときに、フロートバルブだと思うのですが、(画像を参照してみてください。)外れてしまい、元の位置に戻し最終的に掃除も終わり、全て取り付けも終わり、燃料コックを開けたところキャブレターの一番下のお椀のような下から、ガソリンが漏れてきてしまいました。もしかしたらフロートバルブの取り付け方が悪かったのかとも思い、もう一度おわんのようなものを外して、フロートを外してフロートバルブだと思いますが、取り付けの位置と言うのでしょうか?それを変えてみました。そうした所今度は燃料ホースからキャブレターに燃料が行かなくなってしまいました。そのため今一度お椀のようなものを外して、フロートを外してフロートバルブだと思いますが、位置というか角度というか?変えた所燃料はキャブレターに行きますが やはりお椀のようなしたから漏れてきます。 お椀の下はパッキンを入れて、ボルトで締め付けるようになっていますが締め付けはしっかりとしています。原因が分からずに困っています。どなた様かご教示の程お願いします。 フロートバルブと思われる画像を添付しますのでご確認頂けましたら幸いで御座います。

  • キャブレター分解後の症状

    長期間放置したスクーターのエンジンがかからないのでキャブレターを分解しました。 資料はインターネット上の情報で手探りで行いました。キャブクリーナーで掃除しましたがかかる様子がありませんでしたのでPJをみて PJが詰まっていましたので外して針金の細い物で貫通させてエンジンはかかりましたが1分くらいでガソリンが回らないような感じでエンストします。かかった時はエンジンのふき具合も大変良いのですがエンスト後セルを回しても同じ様にはエンジンがかかりません。確実では無いと思いますが時間を置けば良い様な気がします?。PJ以外は分解してはいません。他に分解して掃除する場所があれば教えて下さいませんか?ヒントでも良いので教えてください。スクーターはヤマハのシグナスsiです。

  • エンジン始動不良について

    2サイクルのバーディー50、型式FR50ですが現在エンジンが掛かりません。長期保管後ガソリンの入れ替えとジェット類、エア通路の掃除をして1度目に始動したときはエンジン掛かったのですが、2度目以降は何回キックしてもエンジンが掛からない状態です。何回もキックしているとクランクケースカバーの下側のエンジンとの境に穴が開いているのですが、そこからガソリンが少しずつ洩れてきます。プラグから火花は出ていて、圧縮は9Kあります(一人でゲージを押さえながらキックしているので多少誤差はあると思います)。燃料を直通にしておいてフロートを指で上げると燃料は止まります。マニホールドにcrcを吹き付けると爆発はおきます。現在このような状態ですが考えられる故障原因とフロートレベルの調整値が分かりましたら教えてください。

  • 原付のエンジン

    バイクに関しては素人なのでいくつか質問させてください。HONDAのTodayなのですが 1.エンジンを止めたときときどきゴツンという衝撃がケツに伝わってくる。ただしガソリンをハイオクにした場合はこの現象はありません。 2.気温が高いときエンジンが暖まった状態で信号待ちなどで停車中にアイドリングのエンジンの回転が気温が低い状態より下がる。気温が低い状態では下がってもすぐにエンジンが自動的に回転を上げる。チョークがかかったような高い回転ではありません。 3.2の状態で発進するとスロットルの位置によっては加速が途中で失速するような感じがある。ただし、わずかにスロットルをひねったり大きくひねった場合はおきません。 なお、このバイクはバイクショップで6ヶ月点検と一緒に2に関して見てもらったところキャブレターに水があったと言われ、キャブレターのオーバーホールとプラグの交換をしました。が、症状は改善されませんでした。 また、3点とも共通することはガソリンをハイオクにすると症状は出ないということです。 以上何かお分かりになる方がいらっしゃればアドバイスをお願いします。

  • ディオAF18のジェットの穴が詰まって抜けません。

    こんばんわ。 ディオAF18のキャブ掃除中です。 メインジェット、サブジェットなのですが、 センターに穴がありますが、これは共に貫通してますよね? サブジェットがテグスやマチ針でも通りません。 またフロートチャンバーにスタータージェットなるものがあると思うのですが、 これもマチ針でつついたのですが、どうしても針が通りません。 キャブクリーナーやガソリンに漬け込んだ方がよいのでしょうか? フロートチャンバーにスタータージェットなるものがあると思うのですが、 これもマチ針でつついたのですが、通りません。 ヤフオクで、「ケーエムクリーン」 なる業務用洗剤がありますが、 これを試された方いらっしゃいますか? 最後に、メインジェット、サブジェットの締め込み程度ですが、 適度に締めればいいのでしょうか? 何回転戻す等必要ですか? 経験豊富な方、アドバイスをお願いします。