• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

耕運機のキャブレター掃除について

アグリップ社のVAR545のキャブレターの掃除をしました。 掃除をした部品は以下の通りです。 ■パイロットエアスクリュ ■メインノズル ■メインジェット ■パイロットジェット 作業手順としては、エアークリーナーを外して、燃料タンクからキャブレターに繋がってる燃料ホースを外して、キャブレター本体を外して、一番下付いているお椀のようなものを外して、フロートを外してメインノズルを外してキャブクリーナーに浸して、通路穴を荷札の針金の部分で掃除をしました。その他の部品もきちんと掃除をして、パイロットエアスクリュについては、取付け後、一回転ドライバーで戻しました。 ここまでは、問題は無かったのですがメインノズルを外そうと思い、フロートを外したときに、フロートバルブだと思うのですが、(画像を参照してみてください。)外れてしまい、元の位置に戻し最終的に掃除も終わり、全て取り付けも終わり、燃料コックを開けたところキャブレターの一番下のお椀のような下から、ガソリンが漏れてきてしまいました。もしかしたらフロートバルブの取り付け方が悪かったのかとも思い、もう一度おわんのようなものを外して、フロートを外してフロートバルブだと思いますが、取り付けの位置と言うのでしょうか?それを変えてみました。そうした所今度は燃料ホースからキャブレターに燃料が行かなくなってしまいました。そのため今一度お椀のようなものを外して、フロートを外してフロートバルブだと思いますが、位置というか角度というか?変えた所燃料はキャブレターに行きますが やはりお椀のようなしたから漏れてきます。 お椀の下はパッキンを入れて、ボルトで締め付けるようになっていますが締め付けはしっかりとしています。原因が分からずに困っています。どなた様かご教示の程お願いします。 フロートバルブと思われる画像を添付しますのでご確認頂けましたら幸いで御座います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数7198
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

図が分かりにくいかもしれませんが、AかBかという事でしょうか? バイクのキャブとかの分解図とかあれば良いのですが、 手元になかったので当方も確認するすべがありませんが、 フロートバルブが収まる穴にフロートバルブのデッパリ(筋)の 摩擦痕があれば、それにあわせましょう。 分からなければ、金具というより、フロートバルブの側面の 出っ張り(筋)の方向でAのように、2本の筋がフロートの軸側に 向くように(私なら)つけます。 (これが、正しいかどうかは不明です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

LargeDog様。 この度はありがとう御座いました。、確かにお察しのとおりフロートに引っ掛ける金具のことです。結論としては金具の向きはどっちでも良いみたいですね。 分かりやすくご教示くださいましてありがとう御座いました。 また、ご縁がありましたときはよろしくお願いいたします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

>フロートバルブの金属の部分の向きはあるのでしょうか? フロートの爪に引っかける部分の事でしたら私は気にしたことはありません、それよりもその上に小さい突起が有り押し込むとスプリングが効いて居ると思いますがその当たり面がきちんとフロートが浮いたら爪の部分に当たるか(きちんと作用するか)は確認していますが(小さい突起のスプリングの無い物も見ていますが)引っかける部分の針金の枠の様な部分なら私は気にしていません。 質問者の画像にも写っていますがここがスムースに動くか(動く構造の物なら)確認してから使用してください(動きが良くない場合私は交換します)理由は少しでもオーバーフローの恐れを減らすことと多少は油面にも影響すると考えれる為。 なお、フロートをキャブ本体と止めているピンには向きがありますよ・・・ヨーーク見ないと解らない程度の差ですが多分差し込むだけのピンだと思うから逆に入れると途中で入らなくなり無理して穴の部分が破損すれば本体交換になります(間に合わせ的修理する物も有るけど一般的でないため私は所持もしてません)アルミや鉄の部分の破損したところに塗り込んで応急処置をして持たせる物(鉄の物は持っていますけどね) 分解するときに今度からはじっくりと観察しながらまたは一つづつデジカメで撮影などすると手間は掛かりますが間違えて組み立てることも減ると思います(まさかフロートを逆にくんでいるとは思わなかったけど)車のミッションなどでもプロが経験で分解して組めなくなったのも見ていますから次は良く注意しましょう(人が分解した物を組むほど難しい物は無いと思い知らされているはずなのに)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

baikuoyagi様 この度はありがとう御座いました。、確かにお察しのとおりフロートに引っ掛ける金具のことです。結論としては金具の向きはどっちでも良いみたいですね。 確かにフロートを逆に取り付けるなんて初歩的なミスでした。 分かりやすくご教示くださいましてありがとう御座いました。 また、ご縁がありましたときはよろしくお願いいたします

  • 回答No.4

昔のキャブのフロートは、上下逆でも組み付けできたりするので、 フロートを上下逆に組み付けてませんか? あと、原付バイクのプラスチックフロートで経験した事があるのが、フロート を組んで、おわんで閉じる前に一度フロートを持ち上げないと、フロート が下がった状態で引っかかったままになって、ガソリンが漏れた事があります。 お椀の下はパッキンを入れて、ボルトで締め付けるようになっていますとの ことですが、これは、おわんの下のドレンネジのことでしょうか? ここが緩んでいると、確かにガソリンがもれてきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

LargeDog様。 この度は、ありがとう御座いました。更には分かりやすく絵まで描いて下さいまして素人の私には良く理解できました。結論としてはフロートの向きが逆でした。 フロートを正常な位置に付け直したところフロートが手で動かすと、上下しました しかい、ひとつ気になったのですが、フロートバルブの向きです。もちろん円錐になっている部分(とがっていてゴム上のもの)はキャブ側の穴に入れて、金属の部分をフロートに引っ掛けると思うのですが、フロートに引っ掛ける際にフロートバルブの金属の部分の向きはあるのでしょうか? よろしければ、再度ご教示いただけませんでしょうか? 現在、困っておりまして失礼とは存じますが、他の方へ同じ内容の補足をさせていただいております。 失礼とは存じますが、ご理解頂けましたら幸いで御座います。

  • 回答No.3
noname#161268
noname#161268

症状の原因としてはNo.1さんの回答のとおりだと思います。 正しく組んでガソリンが止まらない、でも変な組み方ではガソリンが落ちてこないとなると、フロートバルブとその当たり面は正常かもしれません。となるとダメなのはフロートかな。真鍮製だと、いわゆるパンクっていう症状で、ハンダがはがれて中にガソリンが入って浮かないことがあります。フロートの取り付けといっしょにフロートを軽く振ってみて中が空っぽかどうか確認してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tyagayu
  • ベストアンサー率24% (488/1996)

オーバーフローの場合、フロートバルブに異物が噛みこんでいる場合が多いです。 特に今回の様な展開の場合には。 キャブの掃除をする場合は、基本コンプレッサー等からの高圧エアをつかって、ジェット類や通路を掃除しないといけません。 針金では完全に役不足です。 下手をすると、穴が広がってしまう危険性もありますので。 できれば、もう一度エアブローして組みなおす事をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

画像はフロートバルブです、おそらくガソリンがキャブに来ないときはゴムが付いている部分の反対に針金状の物の外にフロートバルブの爪を合わせたのだと思う(組めるか疑問ですが)組め他としたら最初からフロートがバルブを押していればガソリンがフロート室に来ないのが当たり前、基本的にはあの針金状の物が四角に成っているところにフロートの爪が入ることになります。 もしそれでオーバーフローするなら先のゴムの部分が経年劣化で痛んでいたり段付きなどしている、もしくはゴミがその部分に有る場合で(フロートが正常として)その状態でタンクから繋がるホースの部分を口で噴いてみてください(フロートが手で触れる状態で)フロートが下がる位置だと吹くことも可能ですがフロートが浮いた状態ならバルブが働いて一切吹くことは出来ない(吹くと言うか空気が通かどうか)もちろんこの時に異常が出なくても少しでも痛んでいたりすればオーバーフローはしますよ(簡易的に昨日の確認をしているだけです) もしどうしてもオーバーフローが止まらなければフロートの浮力も確認したりバルブの雌も交換可能なら交換、バルブは当然鋼管です(バルブのキャブ側は交換できる物と一体の物が有るのでもしバルブやフロートが正常ならキャブ本体の交換を考えることになります。 またフロート部分が最近はプラスチックの物が(正式な材質は知りませんが)多いので油面調整なども出来ないと思いますがフロートの爪の部分を触ることで過去の物は簡単に油面調整も出来ました(微妙に曲げることで) 文章にしたら上手く説明できませんが解るでしょうか・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

baikuoyagi様。 この度は、ありがとう御座いました。素人の私には良く理解できました。結論としてはフロートの向きが逆でした。 フロートを正常な位置に付け直したところフロートが手で動かすと、上下しました しかい、ひとつ気になったのですが、フロートバルブの向きです。もちろん円錐になっている部分(とがっていてゴム上のもの)はキャブ側の穴に入れて、金属の部分をフロートに引っ掛けると思うのですが、フロートに引っ掛ける際にフロートバルブの金属の部分の向きはあるのでしょうか? よろしければ、再度ご教示いただけませんでしょうか? 現在、困っておりまして失礼とは存じますが、他の方へ同じ内容の補足をさせていただいております。 失礼とは存じますが、ご理解頂けましたら幸いで御座います。

関連するQ&A

  • 耕運機のキャブレター掃除

    耕運機のキャブレター掃除について質問をしたいのでよろしくお願いします。 VAR545という耕運機ですが、エンジンをかけて低速にすると、エンジンが止まってしまいます。 色々と調べてみると、エアーフィルターを外して、その奥に入っているのがキャブレターであることがわかったのですが、キャブレターの■パイロットエアスクリュ■メインノズル■メインジェット■パイロットジェットという部品を外して、キャブクリーナーで掃除をすれば良いようなのですが、キャブレターを見ても、どの箇所がどの部品に当たるのか良くわかりません。何か画像付きで説明いただいているようなサイトでもあると良いのですが、検索をしても出てきません。このような場合はどのようにすれば良いでしょうか? また、オイル交換をした際にエンジンオイルを入れすぎてしまったようですが、そのような場合エアーフィルターからエンジンオイルが逆流してくることはありますでしょうか? エアーフィルターを外したところ、ガソリンだかオイルだかわかりませんが、垂れていました。 どなた様か、ご教示の程よろしくお願いします。

  • gx400とxs400のキャブレターについて

    gx400のキャブレターのパイロットスクリューの折れと穴がでかくなり壊れてしまってgx400のキャブレターは入手が困難なので代替品としてxs400のキャブレターを手に入れようかと考えています。 gx400に取り付けが可能、フロートがgx400と違うとゆうことは自分で調べたのですが、 他にgx400のキャブレターとの違い(ジェットニードルやバキュームピストン、ダイヤフラム、フロートバルブなど)と、gx400から流用できる物はありますでしょうか? やはりgx400にxs400のキャブレターだとパワーは落ちてしまいますでしょうか? ご回答宜しくお願い致します。

  • ミクニのsuキャブレターの構造について。

     今回83年のインパルスのキャブをO/Hしようと思っているのですが、解らない事があるので、書き込みさせてもらいました。 自分でいろいろ調べたり、マニュアルを買ってきたりしましたが、自分のバイクのキャブと調べたキャブに違う点がありました。 83年のインパルス 1、マニュアルを見ると、パイロットジェットに吸われるガソリンが、メインジェット吸われてからパイロットジェットに吸われていっている。 この場合、パイロットジェットは、外せるのでしょうか? 2、マニュアルを見ると、パイロットスクリュの記載がなく、かわりに『パイロットジェット又はエアスクリュ 40』と記載されていました。パイロットジェットは、燃料を測る所で、エアスクリュは、アイドリングのエアーを測るところではないのでしょうか?それにエアスクリュは、ピストンバルブ型のキャブに使われる物ではないのでしょうか? 以上ですが、ミクニの4連キャブのいいサイトや本が有ればおしえてください。 長くなり御手数かけますが、何とぞ宜しくお願いします。 

  • GSX400FSインパルスのSUキャブレター(ミクニ)について(BS28)

     今回キャブをO/Hしようと思っているのですが、解らない事があるので、書き込みさせてもらいました。 自分でいろいろ調べたり、マニュアルを買ってきたりしましたが、自分のバイクのキャブと調べたキャブに違う点がありました。 1、マニュアルを見ると、パイロットジェットに吸われるガソリンが、メインジェット吸われてからパイロットジェットに吸われていっている。 この場合、パイロットジェットは、外せるのでしょうか? 2、マニュアルを見ると、パイロットスクリュの記載がなく、かわりに『パイロットジェット又はエアスクリュ 40』と記載されていました。パイロットジェットは、燃料を測る所で、エアスクリュは、アイドリングのエアーを測るところではないのでしょうか?それにエアスクリュは、ピストンバルブ型のキャブに使われる物ではないのでしょうか? 3、同調調整をやるときに、パイロットジェットのもどし回転数や負圧の規定値などマニュアルに載ってなかつたのですが、どこで調べれば良いのですか? 4、同調スクリュとは、パイロットスクリュのことですか? 5、マニュアルのメインジェットの欄に『LH、RH>90 ML、MR>92,5』と記載されていました。ML,MRはミドル(真中の左右)だと思うのですが、LH,RHは、両端の左右ですか? 以上ですが、ミクニの4連キャブのいいサイトや本が有ればおしえてください。 長くなり御手数かけますが、何とぞ宜しくお願いします。 

  • キャブレターのオーバーフロー

    TS125Rなんですが、キャブレターを分解清掃した時、バルブのワッカにフロートの先端を輪に通して取り付けするのでしょうか?それとも通さずにバルブに乗せて取り付けするのでしょうか?

  • キャブレターのパーツですが

    キャブレターのメインジェットを取り付けるこのパーツの側面に空いている穴はなんの為のものなのでしょうか フロート室からニードルに燃料送る途中に穴開いてると漏れないの?と ここが詰まってエンジン不調とか起きたりするので重要な部分かとは思うのですが  それとキャブの種類や大きさで穴の大きさも異なりますけど何故違うのかな 普段気にも留めず弄ってたのですが突然何故だろう?とそんな事思ってしまいましたもので くだらない質問かと思いますが宜しくおねがいします。

  • キャブレターのオーバーフローについて

    XL250Rのキャブレターを4-5回ほど分解し再度組み付け後ガソリンコックを開けるとガソリンがホース2箇所から流れてきます。一定量で止まりその後は流れてきません。勿論キックをしても流れてきませんがどこかが詰まっているのでしょうか?それとも油面がおかしいのでしょうか?空のキャブレターにガソリンが入るとキャブレターの中の空気が押し出されてそういう状態になるのでしょうか?XL250Rの場合メインジェットとパイロットジェットは終わりまで締め込んでいいのでしょうか? このカテゴリーでMJ1/2-全開 PJ全閉-1/2 PS 全閉-1/4 JN 1/4-3/4締め付ける という解答欄がありましたが本当でしょうか?キャブレターを分解するほど段々調子が悪くなります。お知恵を拝借します。

  • NSR125F(JC20)のキャブレター

    NSR125F(JC20)のキャブレターが壊れました。 下記のような状態で、困っています。よろしくお長居します。 どうやってもオーバーフローが止まりません。 ある日、車体の下を見るとガソリンが落ちていました。漏れている場所は、キャブレターの下の部分のパイプからです。 分解して掃除をしても無理でした。何度かやっているうちに紙製のパッキンが壊れてしまいました。(メインジェットの所)仕方がないので、8ミリの銅製の平ワッシャーの穴をリーマを使って10ミリに広げて、800番の紙やすりでバリを取ってから付けました。とりあえずガソリンは漏れていないので、これでいいかな?と思っています。心配は、厚さがもとと違うので、メインジェットの場所(高さ)が違うので大丈夫かな?というところです。 でも、オーバーフローは治りません。液面が高すぎるのかなあ?と思って、フロートについている金具(フロートが上がった時にについている弁みたいなものを支える金具)を少しゆがめてみました。やはりだめです。  ガソリンのホースをつないでフロートを手で上げたときはガソリンは止まっているのですが、組み立てるとオーバーフローしてしまいます。この加工により、正しい高さがどこであるかわからなくなってしまっています。 ちなみに、この車体、ガソリンが時々漏れている状態で、約一年ほぼ毎日走っていました。ガソリン漏れがひどくなったので、分解しました。 途中で一度組み立てました。組み立て後、セル一発でエンジンがかかり、2Kmほど走行(かなり高回転でエンジンを使いました。違和感はありませんでした。)して、エンジンをOFFにしました。(ガソリンコックは停止後OFF)その翌日の朝、セルモータを回転させるとエンジンが焼け付いたような感じで回りませんでした。押し掛けでもタイヤがロックしました。(2速)もう一度セルモータを回転させてみると回転しました。しかし、エンジンはかかりません。点火している様子がありません。圧縮はあるようです。異音もしていません。やはりガソリンの関係?昨日は、調子よく動いて、そのままなのに・・・。  なぜ焼き付いたような症状になったのかは疑問です。キャブレターにつながっているガソリン以外のホースを全部正しくつないだか不安なので、これが原因で焼けたりするかどうかも知りたいです。ひょっとして、キャブレターでオイルを混ぜている?でも、キャブレターにつながっているゴムホース全部外してしばらく置いていたけど、オイルは落ちていなかったのだけど。。。。 現在、オーバーフローはしているので、再度分解した状態です。やはりオーバーフローが止まりません。  オーバーフローの原因はどこが考えられますか?もし、フロートで抑えている弁の役をしているもの(名前がわからないが、超小型の鉛筆みたいなもの)であれば、他の車種は合うのかなあ?それ以外に考えられる原因はあるのかな?  キャブレターを交換するとすると、この古いバイクのキャブレター販売しているのだろうか?  他のメーカー?社外品?等で取り付け可能なキャブレターはあるのだろうか?等々たくさんの知りたいことがあります。 どうすればベストであるかと合わせて教えていただければありがたいので、よろしくお願いします。

  • ホンダCT110 シングルキャブレターのオーバーフ

    ホンダCT110 シングルキャブレターのオーバーフローで困っています。 フロートバルブは新品に交換してキャブ側の当たり面も摺り合わせたのですがスロットを捻るとメーンジェットからガソリンが上がってきてクリーナー側に滲み出てきます。 フロートはガソリンが入ってしまって浮かないと言うことはありません。 WEB検索ではフロートとフロートバルブのことしか出てこなくて得る情報が見当たりません。 何かお知恵をいただければ幸いです。よろしくお願いします。

  • セローのキャブレター

    セローのキャブレターを調整しようと思います。 メインジェットはTZM50Rと共通だと言うのはわかりましたがパイロットジェットがわかりません(TZM50Rだとセロー純正以上のパイロットがありません) そこで下のサイトで購入しようと思うのですがセローのキャブレターのタイプがわかりません。 http://www.webike.net/cg/11745/100011601164/ 誰かご存知の方、もしくはこれが使えるよ!って情報をお持ちの方アドバイスお願いします。 私のバイクは1KHで3RW4のタイプです(3RW1~5は共通のキャブレターぽいです)。 どうぞよろしくお願いします。