• ベストアンサー
  • 困ってます

EDTAによる抗体賦活化を行うと切片がはがれてしまうのですが…

現在、免疫染色を行っています。 私はパラフィン切片を用いているのですが、EDTAによる抗体賦活化を行うと切片がはがれてしまいます。 クエン酸バッファーではシグナルが出ず、EDTAの方が自分の染めたいものに関しては感度がいいようなのでどうしてもEDTAで行いたいのですが。。 方法は、薄切後、37℃インキュベーターでover nightしたパラフィン切片を脱パラ、流水水洗後、1mM EDTA中に入れ、オートクレーブで120℃15分加熱処理しています。 スライドガラスはMASコートを用いています。 どこか悪いところがあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2185
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

抗原賦活化ですよね。抗体賦活化ではなく。 色々原因は考えられますけど、多分、スライドグラスへの切片の接着が 足らないんじゃないでしょうかね。 37度→50度でオーバーナイト、で、何とかなるんじゃあないでしょうか。

参考URL:
http://www.kenkyuu.net/cgi-biotech/biotechforum.cgi?mode=view;Code=1506

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 薄切後のインキュベート温度は関係ありそうですね。 試してみようと思うのですが、今まで37℃でインキュベートしてきた切片をもう一度60℃でインキュベートしても効果はないんでしょうか? あと、参考URLも非常に参考になりました。ありがとうございます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

今まで37℃でインキュベートしてきた切片をもう一度60℃でインキュベートしても効果はないんでしょうか? ↑ 大丈夫です。要するに、切片をベターッと、ガッチリと、ガラスにくっつけるのが目的です。ただ温度ですが、50度位が良いと思います。 60度はパラフィンの融点なので、切片も一緒に溶けて、形が変わっちゃいますよ。 pH8の強アルカリEDTA処理は、蛋白を強力に溶かすので、ガッチリ接着させる必要があるということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解決しました!助かりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • パラフィンブロックを1μ前後に、薄切出来ず困っています

    パラフィンブロックを1μ前後に、薄切出来ず困っています  いつも切片が厚くて、注意されるのですがなかなか上手くいきません。    コツがあったら教えて下さい 初心者なので、ミクリトーム刃からうまく切片をスライドガラスにうつすコツもお願いします。

  • 蛍光抗体法でホルマリン固定の組織を見ることは可能か?

    一般的に蛍光抗体法で観察できる組織というのは凍結切片だと思いますが、抗原賦活化を行ったホルマリン固定のパラフィン切片で観察することは可能でしょうか?免疫染色・イメージングのコツという本にはホルマリン固定だと、バックグラウンドが出やすいが蛍光抗体法で観察することができないことはなさそうに書いていたので質問させていただきました。

  • ゴルジ染色の方法

    サンプルは、マウス脳(4%パラホルムアルデヒド灌流固定)の脳を用いてデンドライトやスパインを観察する目的です。「新染色法のすべて」に書かれている手順に従ってやってみようとしているのですが、セロイジンの取り扱い方が解りません。 1)クロロホルム・70%アルコールで硬化させる方法がわかりません。 2)硬化するとパラフィンのような固さになるのですか? 3)そのときの容器は何を使うのですか。 4)包埋された物体をどのようにして滑走式のマイクロスライサー(ミクローム HM430)に固定するのですか。 5)70%アルコールを付けながら切片を作製するとはどういう事でしょうか。 6)切片作製用の刃は、パラフィン切片作製に用いている品番(FEATHER S35)でいいのでしょうか。 7)切片が切れたとして、いつの時点でスライドガラスに張りつけるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 皮膚 凍結切片の作り方

    ヘアレスマウスの皮膚凍結切片を作りたいと思っています。調べたり試行錯誤することにより、一応は皮膚の構造がある程度観察できる様にはなったのですが、なかなか綺麗な切片を作ることができません。今、私が従っている大まかなプロトコールと困っている事について書くので何か良いアドバイスがあったらお願い致します。 プロトコール 皮膚採取(脂肪を取ろうとすると真皮を傷つける可能性があるので、脂肪は取らずに引き剥がす様に取っています)→4%パラホルムアルデヒドで一晩固定(そのまま固定すると皮膚が丸まってしまうのでホチキスで大きめな皮膚片を濾紙に張り付けあとで必要な大きさにしてます)→10%ショ糖PBS(一晩)→20%ショ糖PBS(一晩)→30%ショ糖PBS(一晩)→OCTコンパウンドに置換(4℃で4時間程行った物の方が30分のものに比べ良かった気がします)→ドライアイスアセトンで凍結(空気による冷却むらをなくすために小刻みに揺らしながら)→クリオスタット内で20分ほど放置し、クリオスタット内の温度と一緒にする→表皮側から刃を入れ薄切りに(-18℃、厚さ5マイクロm)→張り付け→冷風で乾燥→PBSで水和→染色 困っている点 ・皮膚の採取方に自信がありません。 ・固定、ショ糖置換により皮膚が薄くなっているように感じるのですが、これで良いのでしょうか? ・薄切りすると、表皮を境に裂けます。一応、これをスライドガラスに付け観察するとちゃんと皮膚がいるのですが高確率でねじれたりしてなかなか綺麗な切片を作れません ・マウスには皮筋という物が存在していると聞いており、確かに真皮の下のあたりにフィラメント状の構造を確認したのですがこれが皮筋ですか? 以上です。まとまりがなく長い文章になってしまってすいません。答えられる範囲で良いので答えてもらえると非常に助かります。

  • 【免疫組織化学】同じ一次抗体、組織について複数の検出法を用いましたが結果が統一されません

     はじめまして。  現在、私はマウス小腸の神経内分泌細胞に発現する【とある神経伝達物質(以後SやGと略)】を検出するべく、免疫組織化学的実験法(IHC)を複数種類検討しています。  そして、この実験中に問題が発生しました。  検体、一次抗体が同一であれば、どのような検出法を用いても染まり方は同じですよね??  しかし検体、一次抗体等の条件が統一されているのにも関わらず、染まる細胞数や染まる細胞の部位が統一されません。  検出法には、  (1)【Alexa488標識二次抗体を用いた蛍光抗体法】  (2)【SABC法を用いたCy3による蛍光抗体法】  (3)【LSAB法によるDAB染色】  をそれぞれ用いています。  一次抗体を添加しないといったようなネガティブコントロールを確認してみても、内因性ペルオキシダーゼやビオチンによる非特異的な染色は見られません。  私自身のIHCの技術獲得の為にも、それぞれの結果が統一できなければ、実験が先に進みません。  IHCにお詳しい方、どうか御知恵を拝借させて下さい。  どうかよろしくお願いいたします。  以下、備考 ・パラフィン切片 ・賦活化にマイクロウェーブ ・一次抗体の濃度は一定(濃度条件検討済)

  • EDTAについて

    EDTA溶液とCu-EDTAキレート錯体のUV吸収波長が知りたいのですが、UV検出器を使用してもうまく測定できません。吸収波長を教えてください。

  • EDTA

    EDTAのpH は8.0以上だと使えないのですか?

  • EDTAについて

    こんにちは。 EDTA(エチレンジアミン四酢酸)の市況などはあるんでしょうか? また、EDTA中に含有されるEDA(エチレンジアミン)はどのくらいの割合でしょうか? 直近の価格(市況)などを知っておられる方がいましたら教えてください。

  • EDTAについて。

    学校でキレート滴定の実験を行ったのですが、どうして試料溶液にシアン化カリウム溶液を加えた後にEDTA標準液で滴定するのですか?

  • EDTAの問題

    錯化していないEDTAのpH7での水溶液中のY4-濃度分率は10-3.3である。EDTAの全濃度が0.010M、Caの全濃度が10-3.0M,pH7であるような水溶液中のCa2+濃度はいくらか。Ca-EDTA錯体の安定度定数はlogK=10.7とする。という問題なのですがまったく手も足も出ないのでどなたか教えてください。お願いします。