• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

うつ。簡単に病院に行って本当にいいのか

うつについてなのですが、私は前から一つの思いがあります。 それは「簡単に病院に行って良いのだろうか」という思いです。 私は数年前うつになり心療内科で「中うつ」と診断されました。 この病気が原因で仕事を辞めてしまうという事態に陥ったこともあり あの時は大変でした。 先生にお薬を頂き通院を重ね、次第にではありますが社会復帰でき、本来の明るく元気な自分を取り戻せました。 ですが、回復した今も頓服ですが薬とは完全に縁が切れません。 先生にこのことを伝えると「薬を無理に止めることはない。そのうち自然といらなくなるから」と言うのです。 保険の点数稼ぎかよ?と思うのですが、自分でも以前とまったく変わらず生活できているのに、あの「薬の安心感」が忘れられないのです。 うつの診断は言葉は悪いですが「アンケート」のようなものでほぼ決まります。そして病院側も一人ひとりのメンタルヘルスケアを充分に行なうのは時間的に難しく、どうしても投薬治療に偏ってしまう傾向にあると思います。 よくこのサイトでも「心療内科を一度受診してみては」という回答を見ます。 私はうつというものは単なる「心の悩み」ではなく完全に「病気」として「心がつぶれた」ような感覚に陥る状態であることを実体験しています。 しかし、簡単に心療内科を受診するのは危険ではないかとあえて思うのです。 誤解を承知で言うと「すべてうつに診断されてしまう恐れはないのか」ということと 「投薬の恐ろしさ」について抵抗があるのです。 皆様は心療内科への受診についてどのように考えておられるのか教えてくれませんか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数130
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
noname#77304

私もそのような疑問を持っています。 私は妊娠中にウツと診断されましたが、 薬を飲む気になれず、通院もしませんでした。 妊娠中はつわりもあり、調子が悪かったのですが、 出産するころにはすっかり元気になっていました。 そのあと、2年後ぐらいに、また軽ウツと診断されました。 (自然治癒したあとに再発したということ?) 今度はキッチリお薬を飲んだのですが、 ますます悪くなりました。 もう2年たつのに、治りません。 薬を減らそうとすると、不安になり、 また増やすの繰り返しです。 薬が減ることへの不安があるのです。 ウツはお薬で治ります、と良く言われることだけど、 そんな簡単なものではないんではないかと思うようになりました。 最初の診断のときに、一切薬を飲まなくても治ったものが なぜ今回は治らないのだろう?? 私のいとこも軽くウツっぽくなったので、 通院を勧めたのですが、 ますます悪化して、今は薬を8種類も処方されています。 薬を飲んだほうが良かったのか、悪かったのか、わかりかねますが、 もしかしたら、病院にいかなかったほうが良かったのかな? とも思ってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>私は妊娠中にウツと診断されましたが 怖いですよね。ホント怖いです。 そうなんです。 「うつは心の風邪」と医師に言われましたが そんなの大うそだと思ってます。 とても胡散臭いです。 風邪は治すのに何年もかかりません。 回答者様の話を聞いて、私もやはり改めて心療内科に不信感を持ちました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • うつの病院

    うつは心療内科で受診しないとダメなんでしょうか?内科じゃダメですか?

  • うつの薬について

    先日、心療内科でうつと診断されました。 父を亡くしてから約3年、ほぼ引き篭もって寝てばかりいました。 最近になって、ちゃんとした服に着替えたり、少し外出できるようになったりしたので、母に連れられて心療内科へ行ったのですが、うつと診断されました。 そこでジェイゾロフトとメイラックス、デパスを処方されたのですが、その帰りに、母に「薬は飲んではいけない」と言われました。 母は「頭痛薬とは訳が違う、そんな精神の薬を飲むとひどくなるんじゃないか、何か弊害が起きるのでは」と心配するのですが、病院の先生には「薬なしでも治らないということはないですが、飲んだほうがいいです」と言われて、どうしていいかわからない状況です。 母は「父が亡くなってからは確かに引き篭もったりもしたけれど、3年かかって出歩けるようにはなったのだから、薬を飲まなくても治るのではないか」と言い、確かにそういわれるとそんな気にもなるのですが、じゃあどうして病院の先生は薬を出したのだろう、と色々考えると、自分に病名がついたことなどの不安と一緒になって、どうしていいかわからなくなりました。 片親の家庭で、成人した私が結果的に家で遊んでいる状態であることを許してくれている母にすごく迷惑をかけている分、心配を裏切りたくないのですが、薬を飲んでくださいと仰っていた病院の先生に、次会ったときに薬を飲んでいないことを隠さないといけない状況で、果たして自分がきちんと治療に取り組めるのか考えると不安でたまりません。 うつは薬なしでも本当に治るのでしょうか。

  • 自律神経失調症と診断され、うつの薬も飲んでます。

    自律神経失調症と診断され、うつの薬も飲んでます。 昔から小児科にかかりつけであって、そこの先生から同じ、小児科の心療内科医の先生を紹介され、受診してもらってます。 大人ですが、30過ぎ 小児科に通うのはあり得るでしょうか(^_^;)

その他の回答 (10)

  • 回答No.11

私も現在うつ病治療で、抗うつ剤、抗不安剤をのんでいます。 大変考えさせられる問題ですね・・ 一般的に心の問題と思われがちですが、そもそも心なんてない、考えているのは脳なのだから、脳の情報伝達の治療だと自分に言い聞かせ、薬を飲んでいます。 ただ、自分のことはまだいいのですが、将来的に妊娠を考えたときが心配です。 もう全く薬を飲んでいない状態だったとしても、何か子供に影響が出たりしないのだろうかと。 私の担当医師に治療を開始するときに、そのことを質問すると、全く問題ありません。と言われたので、投薬治療に踏み切れたのだと思います。 (いろいろなサイトなど調べましたが、影響が出ると書かれてるサイトはありませんでした。しかし、影響が全くないと書かれているサイト見つけられず、本当は少々不安です) しかし、いくつかの病院にかかった方のサイトなど拝見していると、医師によって全然違う見解だったりするので、 その見解から処方される薬って本当に治療に合った薬なのか・・・とどうしても考えてしまいます。 そう意味では安易に薬を飲むのは怖いことだと考えます。 栄養療法も調べましたが、本当に経済的に困難な料金でした・・・ 完治して、薬を飲まなくてもよい日がくればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

同感です。去年、原因不明の体調不良に悩まされ、心療内科に行きました。 そこでは「うつ状態」といわれ、精神安定剤を処方されました。 はじめに行った内科で精神安定剤を出され、仕事に差し支えるほどの 眠気がありました。 医師にそのことを伝えると、「眠気のないものをだすから」といわれ もらいましたが、眠気がでるものでした(うそをつかれたと思いました)。 心療内科で出される薬は依存性はない、と医師はいいますが大きな ウソです。 「薬を飲んで生活できるならそれでいいじゃないか」という人もいますが、 薬を飲み続けないと生活できなくなる自分が怖いんです。 そのあと別の病気(体の病気)で1ヶ月会社を休んだらすっかり軽快し ました。 会社休んでゆっくり寝てストレスをためなければそのうち治るもの だったのにうつ状態と診断され薬を出されていました。 誰にでもある疲れた、何となく気分が重いといった軽い気持ちでは いってはいけないと思います。 ところで、今でも頓服の薬が手放せません。 心療内科にかかる前までは気の持ちようだ、と思いそのうち忘れていた 症状でも薬に頼ってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なんだか自分の心境ととても似ています。 正直ここでのスタンスとして心療内科は「すべてが悪くない」「医師に見てもらう事自体は悪くない」という形をとっていましたが 「とても胡散臭い」という思いが増してきています。 この手の意見というか、質問はあまり無かったと思いますので ここであえて書いてみてよかったと思います。 そうなんですよね。 うつで悩んでいる人がいるとともに このような苦しみを持っている人がいることも知って欲しいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.9
  • obusan
  • ベストアンサー率36% (136/373)

 私の書いた文書で気分を害されたということで、申し訳ありません。失礼いたしました。  私の妻が、気分障害からパニック障害などを発症し、うつ病で数年来苦しんできました。自殺念慮も経てきました。薬も色々飲んでいました。服用後の副作用による行動に注意するよう言われて緊張した日々も過ごしてまいりました。  今も精神系の薬がほしいと考えることもあるようですが、何とか薬を飲むことなくやっています。  精神科の先生といろんな話をしてきて、二人でたくさん話をいてきた中で、今のままの自分を肯定して暮らしていけることができるようになりたいと考えたことでした。うつは心の風邪ということを言いますが、風邪で人は死にません。うつは薬では治らないと考えています。  お薬については、『しんどい時にはお世話になってもいいじゃないか。でも、できるだけ使わないようにやっていこうよ。』と考えるようにしています。漢方薬も副作用は怖いものがあります。  ご質問の趣旨と外れたことを書いてしまったかもしれません。精神科系のお薬は薬そのものが依存性が強いものがありますが、持っていると安心という精神的に頼ってしまう場合もあります。  お薬の良い面と悪い面をよく知って、うまく付き合っていけば良いと思っています。時間はかかっても、いつかお世話になることが無くなればそれでいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いえいえ。 正直「いじわる」で書かれたのかとこちらが錯覚してしまったようです。 こちらこそすみません。 夫婦でこういった問題をクリアしていくのは大変なことは痛いほどよくわかります。 わたしも自分がうつになって、妻と2人で乗り越えましたから。 薬に対し「いつかお世話になることが無くなれば」というお言葉、 心から共感いたします。 再度の回答ありがとうございました。

  • 回答No.7

私も薬物療法メインでうつ病が寛解した者です。 この問題が難しいのは、日本における精神科医療の根本的なあり方や 環境にかかわるからですね。 心の問題の中には、病院での投薬治療よりもカウンセリングや 特定の心理療法など「心理臨床」の視点から思考や行動パターンの 訓練・リハビリ、または自己解決能力が促されることで 投薬でフォローしきれないトラウマなどが克服するなど、 根本的な原因にアプローチしたほうがいいと考えられるものもあります。 しかし、現状では患者個人の状態を正確に「見立て」ができる人材が 医師や臨床心理士以外にいないこと、臨床心理士の活動領域や需要が 広がる可能性はあるものの「受け皿」が満足に整備されていない (満足に食べられるフルタイムの仕事が少ない)、 人材育成のための教育環境の問題、法制度が整っておらず 無資格でもカウンセリングルームを開業できるため、 カウンセラーの粗製乱造・玉石混交が発生し、間違った療法や カウンセリングの「被害者」が出ているといった、 お粗末な現状もあります。 理想は医師による薬物の処方と心理臨床両方からのアプローチが あればいいのでしょうが、カウンセリングルームを併設している 病院でも、心理療法やカウンセリングは法律上「医療行為」と みなされていないため、医師が治療計画をたてて、 カウンセラー(臨床心理士)が医師の「見立て」に添った アプローチをするというやり方になってますね。 よって正しい「見立て」を得るために最初は病院へ 「つなげざるを得ないと」私は考えます。精神医学の知識に乏しい、 あるいは誤った知識で「見立て」がいい加減に行われ、 治療方針にも間違いが生じ、それで当事者が苦しむのを防ぐためですね。 全てが「うつ」と見立てられることはありえませんので。 ただし、できれば治療の過程において医師との信頼関係を見直すこと、 薬は「万能」ではなくストレスを軽減する「道具」でしかないことへの気づき、 うつ状態が軽くなって自己の内面を冷静に見られるようになってきたときに、 思考パターンや生活パターンを心理臨床のアプローチから見直す視点を、 当事者の方々に持っていただきたいと願っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>薬は「万能」ではなくストレスを軽減する「道具」 とてもうなずけます。 私が思っていた以上に皆様心療内科や精神科にはいろいろな意見を持たれていることに気づかされました。 ありがとうございました。

  • 回答No.6

私もうつで、現在病院に通っています。 ここでの質問で、精神科受診を薦めることもあります。 なぜならうつ病は、脳の神経回路の異常によって引き起こされる病気だと考えられているからです。 それは、脳の神経伝達物質を増やす働きをする薬が、うつ状態などに効くからですけど。 脳の中の物質の異常で正常な思考力を失っているから、まずは薬でバランスをとる、というのが必要だと思います。 だから、症状がうつっぽい人には精神科受診を薦めています。 ただ、世の中には色んな精神科医や心療内科医の方がいて、不安があればすぐ薬、薬と、薬を増量して患者を薬漬けになるんじゃないかと不安にさせる医者がいることは事実みたいですね。 そこら辺から、安易な精神科の利用や心療内科の利用は…という意見が出てくるのかな、と思います。 これは医者の質や考え方の問題なので、なんとも素人にはいえないのですが…。 慎重に患者の様子を見ながら、必要より少なすぎず、多すぎず、的確に薬を出すというのは、経験も必要でしょうし、医師不足の問題から見てもなかなか難しいのかもしれません。 だから、精神科や心療内科で薬をもらうことが良い悪いではなく、良い医者も良くない医者もいるから(医者と患者の相性もありますね)、その事実を踏まえた上で、慎重に病院選びをすることが大切なのかもしれません。 ちなみに、最初病院に行きだしたころは、カウンセリングも十分にしてくれなくて薬だけ出されたという不満を持つうつ病の方が多い(私もそうでした)ようですが、うつ病の人は病的に考え方がネガティブになっているから、カウンセリングなどでその人の内面を引き出すと、却って自分の欠点ばかり浮かんできて症状が悪くなることもあるようです。 なので、薬で落ち着かせる→メンタルヘルスケア(カウンセリング・心理療法など)を行うほうがいいみたいです。 でも現状では、薬は出てもメンタルヘルスケアは不足している感じがします。やはり、最後まできちんとケアしてくれる、良い病院を探すことが重要になってくるのかな…と思います。 その辺の知識を患者側がきちんと持つ必要はあるかなと思います。 まとまらない文章で失礼しました。参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いえいえ、非常によく理解できます。 なるほど。投薬によって心を安定させ、カウンセリングを施す・・。 よくわかります。 医師への相談を勧められる方の意見もわかってきた気がします。 ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • offRR2
  • ベストアンサー率42% (12/28)

私もうつ経験者で、今も心療内科に通院しています。通院してからもう1年が過ぎました。最近はだいぶ気分も安定しているので、薬はもういらないのではないかという質問者様のお気持ちは良くわかります。 私の場合は処方される薬についてそれはどういう薬なのかを医師に聞き、自分でも薬について勉強しました。特に薬の依存性や耐性(薬がだんだん効かなくなること)については注意していました。うつの場合、抗不安剤を処方されることがよくありますが、私が服用する抗不安剤には依存性、耐性があるようです。ですから、私は本当に抗不安剤が必要な時だけ飲むようにしています。通常であれば、医師は抗不安剤も1日何回というような機械的な処方をします。私は主治医に自分の希望を話して、必要な量だけそのつど抗不安剤を出してもらうようにしています。ちなみに私が抗不安剤を飲むのは月に1,2度程度です。 以前通院していたクリニックの医師はどうして信頼できず、現在のクリニックに変わりました。現在の主治医はまだ若い人ですが、良心的なほうだと私は思っています。 病気になったからといってすべてを医者任せにせず、自分でも病気や薬について素人なりに勉強したほうがいいのではないでしょうか。医者は生半可な知識をふりかざす患者を一番嫌います。でも、それは何も知らない患者の方が扱いやすいからではないでしょうか。真剣に自分の病気に向き合っていると感じられれば、医者も耳を傾けてくれると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。あらゆる病気がそうなのかもしれませんが 医者任せにするのではなく、あくまで治すのは自分で、医師はそれを助けてくれるものだという認識は大切かもしれませんね。 実際行きつけの内科の医師は私に「医者は手助けするだけ。本人に治す意志がなければ治らない」と言われたことがあります。 まあ、心の病ですので「本人に治す意志」を問うのは少し大変で酷かもしれませんが・・。

  • 回答No.4

私は心療内科への受診を勧めたことがあります。 hotcakemanさんの仰ることもよく分かります。 確かに薬には副作用もあり、依存性があるものもあります。 ですが、私の周りでは未だ心療内科や精神科への偏見を根強く持っている方が結構いらっしゃいます。 その為、私は心療内科にも行けずツライ状態を長く味わった経験があり、他の方にそのような思いをして欲しくないという気持ちで書き込みをしています。 心療内科へ行き、話しを聞いてもらえるだけでもラクになるだろうし、本当に病気なら投薬も必要なんだと思います。 現在の心療内科ではアロマテラピーやマッサージなどのリラックスを目的としたことをやっているところもありますし、それで少しでも気持ちが落ち着くならばとも思います。 基本的には自分が病気かもしれないと思うのであれば、一人で悩まず病院へ行って医師に診断してもらうべきだと思っています。 しかしながら、hotcakemanさんの仰ることもごもっともであり、私は多少無責任だったのかとも反省するところもあります。 こういうご意見がなければ気付かなかったことなので、自分自身を見つめなおすきっかけにしたいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>私は心療内科にも行けずツライ状態を長く味わった経験があり、他の方にそのような思いをして欲しくないという気持ちで書き込みをしています。 その気持ちわかります。 私も行くまで相当の勇気と覚悟が要りました。 ですが、私の感想は、あくまで投薬治療がメインで心のメカニズムを解き明かしてくれるようなことは一切ないなと思いました。 正直医師には、薬をくれたことのよる感謝のみで(やはりうつには投薬が効果的でしょうから)、 むしろこのようなサイトや相談センター等のほうが心をラクにしてくれた気がします。 ただ、回答者様の意見は理解できますし、否定することではないと思います。 苦しいときは、医師に相談することも必要です。 手遅れになってはいけません。プロに見てもらうのは当然必要です。 当然それは認識しています。

  • 回答No.3
noname#86241

私は転勤族なんですが。 私も心療内科ってカウンセリングと投薬だと思ったんですが、 今、住んでいる地域ではちょっと違いました。 神経内科ってご存知ですか? 精神科というより神経そのものの病気を治療する科です。 パーキンソンやリュウマチ、帯状疱疹後の神経痛など。 本来は精神科とは別個。脳外科や麻酔科のペインクリニックの領域に近いようです。 ところが、メンタルクリニックでもやってるところがあるんですね・・ 「○○メンタルクリニック」の看板を掲げている個人病院に行ったんですが。 とにかく建物がやたらにきれいで。 不思議だなあと思って問診室に入ったら患者さんがずら~っと寝ている。ほとんどが太い注射や点滴治療。 どう見ても神経ブロック用の注射器なんですよね・・・ メンタルクリニックで神経ブロックをやっていいのかどうかわかりませんが・・・ 私もめまいがあり目の奥が痛むと言ったら「頭部のCT」を撮るように言われ、「顔面神経痛の疑いがあるから頸部の検査」と言われました。 思わず、その日は時間がないことを理由に逃げ帰りましたが・・・ そういうメンタルクリニックもあるんだと驚きました・・・・ 確かにカウンセリングで投薬治療だけだと儲かりませんよね・・・ 心がバランスを崩して自律神経の不調だったのが、いつのまにか顔面神経痛、三叉神経痛という診断にされて、神経ブロックされて・・・ なんか恐ろしくなってしまいました。 あ、回答になってませんけど、投薬程度ならまだ良心的なんじゃないかなと思ったもんで・・・ 薬には依存性がありますよね。タバコやお酒と同じで。 やめようとしてすっぱりやめるわけにはいかないと思います。 少しずつ、薬のせいで気分が安定しているわけじゃないと思わせるというか、自分をだましながらやめる必要があるのかもって思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。別に心療内科やその他の病院がすべて悪いとは思いませんが、信用できない医者がいるのは確かですよね。 ましてや、目に見える病気ではなく、あくまで心の病なので 医師のさじ加減ひとつでどうにでもなってしまう恐ろしさは認識しておいたほうがよいのでしょうね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#62235

私も経験者ですが、基本的には同感です。 精神科・心療内科で使う薬は依存性のあるものですので、安易な処方は避けるべきです。長期的な使用は脳にダメージを与えるとの指摘もあります(立証はされていないが、逆に脳にダメージを与えないとの立証もされてない)。 しかしながら、精神科・心療内科を受診すれば、ほぼ確実に薬が処方されます。「それくらい、栄養とってゆっくり寝て、会社休めば治るよ」といって帰されることはないのではないでしょうか? 私自身は、抗うつ剤の害に気づき脱却を図るため、栄養療法をはじめ現在では薬は取っていません。真人間になったようで、とても気分がよいです。 栄養療法は、できればすべてのうつ病の方に勧めたいのですが、治療を受けられる病院が少ないこと、費用がかなり高額になることが欠点です。 栄養療法が保険治療の適用になり、全国で簡単に受けられるようになる日を心待ちにしていますが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

正直同感していただいてうれしいです。 そうなんですよね、依存性が怖いんです。 どう考えても必要でないのに、「飲んだほうがより落ち着くのではないか」と考えてしまう。 私もその害に嫌気がさしてます。 社会復帰できたことに関してはお医者様に感謝していますが それでもやはり薬物の恐ろしさには嫌悪感も持っています。 栄養療法については詳しい知識を持ち合わせてはいませんが 現在薬物に依存されてないというのは大変すばららしいことだと思います。

  • 回答No.1
  • obusan
  • ベストアンサー率36% (136/373)

 私は、敷居が低いと思うからと安易に心療内科を受診することは反対です。どうしても精神的につらいということであれば、精神科をお勧めします。精神領域というのは専門性に特化していますし、精神神経系のお薬は副作用など命に関わるような事態も招きます。ですから、どうしてもというならば中途半端に心療内科という選択はお勧めしたくないのです。  一人ひとりが抱える精神的負担は違います。また精神構造もしかりです。アンケートのようなチャートで推し量れるはずも無いと思います。  治療対象者を拡大させるために、いろんな病名や症候群を付けるようになりましたが、これら多くは昔からあったもので『個性』として社会の中にありました。  いくら精神系のお薬を飲んでも、根本的な原因の解決にはなりません。補助をするだけです。自分自身が、そのストレッサーを割り切ることや折り合いがつかなければ、解決しないことです。器質的なものは除きます。  あなたの場合「本来の明るく元気な自分を取り戻せました。」とのことですが、今も頓服が手放せないとのこと。『本来の明るく元気な自分』というのが、あなたの本来の姿なのか疑問を感じます。知らず知らずのうちに、『あなた』を演じているのではないかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答者様のご意見は私の考えてる思いと近いものがあります。 とても共感できます。 ただ、最後の私の「本来の自分」うんぬんの話ですが 質問の文を構成する上で「充分辛い日々は脱したのにまだ薬が手放せないのは怖い」という表現をこういう書き方でしたまでで 私自身が「本当に明るく元気なのかどうか」は私自身にもわかりません(笑) つらいことも悲しいこともありますし。 でも、今の私の心境が「知らず知らずに演じてる」のであれば もう何が「本来の自分」で何が「演技」かなんてわかりません。 回答者様の心療内科等に対する意見はとてもすばらしく論理的ですが 最後の私への一文はちょっと「いじわる」に感じます。 私も苦痛を乗り越えて「元気になれた」と感じているのですから そのような言葉は「うつを乗り越えた」と言っている人に対して失礼で軽率です。 この質問は私が回復したかどうかなんてどうでもよく、心療内科への受診についての質問ですので私のことはそっとしておいてくださいな。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 疾病手当金の申請について

    職場で上司からのセクハラ行為によって、うつ状態になってしまい、長期間休職中です。 心療内科で、抗うつ状態と診断され、投薬治療をしてきました。最近、疾病手当金のことを知り、病院の先生に相談したら、病院にいく前の約1ヶ月間と外出不可能状態にまで陥り、なかなか病院に行く事が出来ずいた中1ヶ月間は、診療していないとみなすため証明は出来ないと言われました。 私としては、現在も通院しているし、先生も職場復帰はまだ無理と判断しているのに納得がいきません。  11/6~休職  12/6 心療内科受診 抗うつ状態と診断され、2週間分の薬を処方される   1/6 心療内科受診 2週間分の薬を処方される  2/19 心療内科受診 2週間分の薬を処方される 疾病手当金は、どのように支給されるのでしょうか。

  • 心療内科でうつチェックはできる?

    友人にうつのような症状があります。 本人は心療内科に行くことを考えているようなのですが、心療内科でうつチェックみたいなことはやってもらえるのでしょうか? 心療内科に限らず、病院で初診の時は問診表みたいなのを書きますが、その問診表みたいなのがそれにあたるのでしょうか? 心療内科には初めて行くのですが、薬無しで診察だけと言うのは可能なのでしょうか?

  • 軽いうつかも?病院に行くべき?

    こんばんは。 自分は軽いうつ病なのかもと思い始めました。 病院にかかることを考えているのですが、病院の治療(カウンセリングや薬)は、ごく普通の気晴らし(映画、買い物など)とは異なる、優れた効果が出るものなのでしょうか? 他にも色々な懸念があり、なんとなく決断できないままでいます。 ・病院はもっと症状が重い人が行くべき場所なのでは、初診で軽いうつなどはまともに取り合ってもらえるのだろうか? ・受診料のお金で映画を見たりなど気晴らしした方が効果があるのでは? ・一度病院にかかったら、なんども薬を貰いに行かなくてはいけないのだろうか、それはおっくうだ ・でも、気持ちが治っても惰性で病院に通ってしまいそう ・病気だと診断されたらそれに甘えて家事など色々怠けてしまいそう などと色々な思いが湧きます。 しかし病状(?)としては、 ・職場や通勤や起床が非常につらい(仕事の作業自体はなかなか好きだし、職場の人は皆優しいです。それでも自分には合わないと感じてしまいます) ・たくさん寝たくても朝早く起きてしまう(そして午前中ずっと眠いまま仕事をします) ・直接の理由なく、漠然と考えが後ろ向きであったり、適当に「しんだほうがましだな~」とつぶやいてみたりしている ・好きな音楽がなくなった ・ご飯を食べる喜びがなくなった などがあり、具合が簡単に治せないような気もしますので、ききめがある行動をとりたいです。 絵を描くことが大好き、というか、絵を描いている時にしか生きる価値を感じられないくらいなのですが、最近では注意力散漫すぎて絵がうまく描けず、非常につらいです。ここだけはなんとしてでも、なんとかしたいです。 なんだか散漫な文章になってしまいました、 精神科や心療内科の受診経験がある方に、病院へかかるハードルの高さやききめなど話してもらえたら嬉しいです。

  • うつではない??

    うつというのは、普通の生活をしていた人なのにストレスとかによって、別に嫌なことが起こって無くても気分が暗くなってしまう人のことを言うんですよね。 本当に自分が嫌いで、人に嫌われているから気分がめいるのは病気じゃなくて普通の人ですよね。 自分に自信が無くて、もう一年くらい毎日つらくて暗いのですが、暗くなるような環境や性格じゃぁ心療内科とかいっても薬とか飲んでも病気じゃないから直らないですよね。 そういう場合に心療内科ではなく、何かいいところはありませんでしょうか?悩みを聞いてくれるところなど。心療内科じゃ「アナタ病気じゃないよ。甘え病だよ」で終わりですかね。

  • 主人がうつを隠す

    主人のうつについて質問です。 転勤、引っ越しがあり主人はうつ状態にあります。2ヶ月前から心療内科に行くよう勧めましたが嫌がり行きませんでした。最近うつの薬を隠し持っているのがわかりました。妻としては家族で支えたいという思いが強いのですが、こういう場合薬については黙っておいて、心療内科に行ってみない?と話してみてもいいものでしょうか?会社には行っています。眠れないと言う時もありますが、わりと眠れているようにも思えます。ひとりで治そうとしているのでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 鬱病?病院選びについて

    心療内科・精神科・神経科の違いを教えてください。 私は、ここのところ、肩こりや頭痛がつづいていてます。 総合病院で一通り検査しましたが異常はなしでした。 肩こりが原因で頭痛がしてるのではとのことで薬を処方され現在は掛かりつけの内科に薬をもらいに行ってます。 掛かりつけの先生が言うには『検査で異常が見当たらないので、うちの病院ではお手上げ。薬を出すだけしか出来ない。』と言われました。 それはそれで仕方がないとして、そこの先生が言うには『原因は肩こりかもしれないけど、もしかしたらメンタル的な方から来てるかも』とのことでした。確かに会社で嫌なことあったり気分が沈んでいることもあるし。 そこで心療内科の受診を進められましたが、教えてもらった病院がかなり距離がありました。土曜日もやってないので診察を受けるには仕事を休まないといけなくなってしまいます。 自宅の近くでどこかと思って探して見ましたが心療内科はあまりなく精神科や神経科などはありました。心療内科とは何が違うのでしょうか?また、私は心療内科での受診は必要なのでしょうか?

  • うつ

    現在高2の者です。 精神的にも身体的にも異変を感じたので心療内科を受診すると うつと診断されました。 うつのせいなのか頭が回りません。 治らないと、普段の勉強はもちろんですが、学校のテストや大学入試などいろいろ 困ります。 いったい治るまでどれくらいかかるのですか。

  • うつで通っている病院を変えたほうがいいと思うのですが・・・

    つきあっているパートナーがうつ病です。 重度ではないですが、現在就職が決まっている会社への研修や卒業研究が重なっていて疲れているようで、先週の半ばに研修を2日連続で休んでしまったそうです。そして休んだ2日目に、通っている心療内科へ行っていつもよりも強い薬を2週間分もらってきて薬を飲み続けていたそうです。 ところが、また昨日と今日と、研修を2日連続で休んでしまったそうです。 本人は、薬にうつを治す効き目がないような気がすると言っているので、私は病院をかえる(セカンドオピニオンというのでしょうか)ほうがいいのではと言ったのですが、「かけもちはいけない」と言って、消極的な様子でした。 でも、いつもと違って強めの薬を処方するのに、2週間分も出す病院はどうなのだろうと私は思うのです。(私はニキビで皮膚科に通ってますが、普段の薬は2週間出してくれても、強い飲み薬は3~5日しか出さないので、彼の行っている病院はどうゆうことなのだろうと不可解に思うのです。)それとも心療内科でこういった急な深刻な状況で出す薬でも2週間くらいは普通に出すものなのですか? 彼はこのまま同じ病院で様子をみて、もらった薬の残りを一週間飲み続けるほうがいいのでしょうか? それとも、違う病院に行ってみるべきでしょうか? その場合、病院をかえることに消極的な彼を、どううまく説得すれば、積極的になってもらえるでしょうか。 いいアドバイスをいただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

  • うつ診断されると必ず投薬されるのでしょうか?

    会社の人間関係が原因でメンタルと診断され、 近いうちに心療内科を受診する予定です。 しかし、これからの妊娠なども考えると、 安易に薬を処方されたくありません。 会社の保健師さんには言えば、投薬しない方向で考えてくれると教えていただけましたが、 色々ネットを見て回ると、必ず薬を処方されている感じがしました。 こういうことを言うのはまれなのでしょうか? お医者様に妊娠なども考えて、薬を飲みたくありませんと 言ってしまって、投薬しない方向で考えてもらえるでしょうか?

  • パーキンソン病からのうつについて

    義理の父が去年の夏ごろ、パーキンソン病と診断されました。 以前から、歩き方がおかしかったり、腰が異常にいたそうではあったのですが。。最近まで趣味のゴルフにスポーツクラブに忙しくしていました。かなりやりすぎなぐらいにやっていました。 2ヶ月前に私達に病気の事を話してくれました。なぜ今まで黙っていたのに、話をしたかと言うと、大好きだったゴルフができないくらい頭が痛くなったり、ずっと立っていられないほどだるいというのです。 昼間も椅子に座っているのもつらいらしく、気持ち悪い。。頭がいたい といって、すぐ横になってしまいます。 朝も早く(4時ごろ)目が覚めて、「俺はなんで治らない病気になってしまったんだろう、このまま寝たきりになって長生きするなんてイヤだ」とか、「好きだったゴルフもできないくらいなら、生きてない方がいい。。」とか、いろいろ考えて気がくるいそうになるらしいのです。 結局パーキンソン病は、今5段階中、2段階~3段階の間くらいなので 寝たきりになったり、手が震えたり。。という事はないのですが、小刻み歩行はかなり気になります。 周りから見ると、たぶんうつだと思うのです。うつになったきっかけは、大好きなゴルフができないことだと思うのです。 心療内科にもかかってみたのですが、パーキンソン病があるとカンタンに薬は出せない、と言われてしまいました。 今通っている農協系の病院には神経内科はあるのですが、心療内科も精神科もありません。先月抗うつ剤を処方してもらったのですが、(セロクエル)本人が飲んでいると、頭がいたくなったり気持ち悪くなる。。と先生にいったらじゃぁ、飲むの辞めてくださいって 言われたらしく。。かわりの薬ももらってきていません。 結局気分はドヨーンと落ち込んだままで、リハビリする気力もありません。これから、精神科もしくは心療内科のある病院へ移った方がいいのか、家族もどうしたらいいのかわからなくて。。 誰か参考になるご意見よろしくお願いします。