-PR-
締切済み

統計ってむずかしい・・

  • 困ってます
  • 質問No.32544
  • 閲覧数135
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 41% (5/12)

統計はどうやって勉強すれば出来るようになりますか?

統計学に関する分かりやすい(理解しやすい)本があったら教えて欲しい
のですが、よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 100% (2/2)

どのようなレベルの本が必要なのかはわかりませんが(^_^;),私の場合は 人文・社会科学の統計学(東京大学出版会,ISBN:4130420666) を読みました.某資格試験に備えて統計の勉強をするのに使いました.かなりわかりやすかったと思います. # 大学は数学科を出ているので,隠れて読みましたが(^_^;). 姉妹本で,「自然科学の統計学」というのもあります.
どのようなレベルの本が必要なのかはわかりませんが(^_^;),私の場合は

人文・社会科学の統計学(東京大学出版会,ISBN:4130420666)

を読みました.某資格試験に備えて統計の勉強をするのに使いました.かなりわかりやすかったと思います.

# 大学は数学科を出ているので,隠れて読みましたが(^_^;).

姉妹本で,「自然科学の統計学」というのもあります.
関連するQ&A


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 39% (64/164)

私の場合は「パソコン楽々統計学」BLUEBACKSなんか、楽しく勉強できていいと思います。 STATISTICAという結構有名なソフトの機能限定版がCD-ROMで付いていますので、かなり、実践的で、基本的なことから検定や、重回帰分析まで学べます。これで、1500円はかなりお得ですよ。 ...続きを読む
私の場合は「パソコン楽々統計学」BLUEBACKSなんか、楽しく勉強できていいと思います。
STATISTICAという結構有名なソフトの機能限定版がCD-ROMで付いていますので、かなり、実践的で、基本的なことから検定や、重回帰分析まで学べます。これで、1500円はかなりお得ですよ。
お礼コメント
mathmath

お礼率 41% (5/12)

ありがとうございます。
早速、探してみようと思います。
1500円ってすごいですね~。
投稿日時 - 2001-01-25 21:22:50
  • 回答No.3

蓑谷千凰彦『統計学のはなし 改訂新版』(東京図書)なんかはお薦めです。文章も「です・ます」体で書かれていますし。 あとはホーエル『初等統計学 改訂第4版』(浅井・村上共訳)は古典的。 松原望『わかりやすい統計学』(丸善)なんてのもあります。 最終的に判断はmathmathさんのテイスト次第ですから、ここの回答はあくまで一例と思って下さい。 (もしかして、ニックネームからして理系の方ですか? ...続きを読む
蓑谷千凰彦『統計学のはなし 改訂新版』(東京図書)なんかはお薦めです。文章も「です・ます」体で書かれていますし。
あとはホーエル『初等統計学 改訂第4版』(浅井・村上共訳)は古典的。
松原望『わかりやすい統計学』(丸善)なんてのもあります。

最終的に判断はmathmathさんのテイスト次第ですから、ここの回答はあくまで一例と思って下さい。
(もしかして、ニックネームからして理系の方ですか? 文系の者がしゃしゃり出たことをお許し下さい)
お礼コメント
mathmath

お礼率 41% (5/12)

たくさん紹介頂いて感謝致します。
ほんとにありがとうございます。

統計学の本ってほんといっぱいありますねー。
早速、見に行ってみます。

P.S.私は一応・・理系ですが、統計はほんと分からないんです。
統計って文系の方もよく勉強をされているというのを聞きます。
全くしゃしゃり出た・・なんて事はないですから!
投稿日時 - 2001-01-26 19:34:26
  • 回答No.4
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/0)

統計は、論理的思考とともに、直観的思考やイメージが すごく重要だと感じています。 僕の経験では、授業がさっぱりわからなくて悩んだ挙げ句、 大学生にもかかわらず中学校の教科書を徹底的に読み直しました。 次に、駿大受験シリーズ(漢字まちがいかも)「高校数学ハンドブック」 を読み、 岩波書店 理工系数学入門コース7「確率・統計」薩摩順吉著 を読みました。 しかし、この本を読むには、微分積分 ...続きを読む
統計は、論理的思考とともに、直観的思考やイメージが
すごく重要だと感じています。

僕の経験では、授業がさっぱりわからなくて悩んだ挙げ句、
大学生にもかかわらず中学校の教科書を徹底的に読み直しました。
次に、駿大受験シリーズ(漢字まちがいかも)「高校数学ハンドブック」
を読み、
岩波書店
理工系数学入門コース7「確率・統計」薩摩順吉著
を読みました。
しかし、この本を読むには、微分積分の知識をふんだんに使います。
そこで、
同シリーズ1「微分積分」和達三樹著
を読むといいです。
要領よく暗記して単位をとるのも一つの手ではありますが、
僕はあえて留年を覚悟し、基礎に戻る道を選びました。
焦ってやっても駄目なんですよね。
ただ、今の道筋で勉強すれば、
絶対にすごい力がつくし、人間性も高まると思います。
頑張ってください。
これらの本を読んでいて疑問があったら、質問してください。
最近参加しはじめたばかりですが、これからもよろしくお願いします。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ