• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

写像の一致とは??

f,gを位相空間SからRへの(実数値)連続写像とする。 Sが距離空間と仮定して、Sの至るところ稠密な部分集合D上でfとgが一致するなら(つまりf|_D=g|_D)、fとgはS上全体で一致する(つまり同じ写像)を示せ。また一般の位相空間に対しても成り立つことを示せ。 この問題で、写像の一致とはなにをしめせばいいか、どのように用いればいいのかわかりません。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数227
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • naruse
  • ベストアンサー率43% (13/30)

>基本近傍系の性質 >V(3):V、U∈B(a)⇒∃u∈B(a)(u⊂V∩U) >というのをつかって、 >∃uとしてu∩A=φとなるu⊂W=U∩V >となるものが取れると考えました。 間違ってはいません。それで結構です。 # 理解していることがらではなく、 # あくまでも、表記を改善すべきというのが趣旨です。 # 基本近傍系≒local base # ですが、近傍という用語には開集合に限定して用いる # ものと必ずしもそうであることを要求しない立場があるので、、、 # 実質的にはどうでもよいことなですが、、、 # n.n.o.=not necessary open # NAGATAさんの"Modern Topology"などを読むと # g-functionを用いた距離付け定理などで頻出します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 位相空間における連続写像の条件について

    (X,T),(Y,U)を位相空間とし、fをXからYへの写像とする。 このとき、Xの部分集合Aに対し、f(cl(A))⊂cl(f(A))ならば、 fが(X,T)から(Y,U)への連続写像であるといえますか? ※cl(A)はAの閉包を示す。

  • 集合と位相

    位相空間X、Yの間の2個の連続写像が稠密な部分集合の上で一致すれば2個の写像は等しい。という命題なのですがYがハウスドルフ空間という条件がないので正しくないということまではわかりました。あと反例も探しているのですがイメージがよくわかなくて反例がわかりません。X、Yと二個の連続写像それぞれに具体的なものを当てはめるのですか?助けてください

  • 集合と位相

    (問)fを集合Xから位相空間(Y,U)への全射とするとき、つぎを証明せよ。 ※Uは位相 (1)T={f^(-1)(V)|V∈U}のときTはX上の位相である (2)Tはfを(X、T)から(Y,U)への連続写像とするX上の最小の位相である。 (1)の答案 Yの任意の部分集合Bに対して、全射より f^(-1)(i(B))⊂i(f^(-1)(B)) になるので、fは連続写像である(手持ちのテキストにより)。よって題意がなりたつ。 (2)はまったくてがつけられません。 どなたか詳しい方教えてください。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • naruse
  • ベストアンサー率43% (13/30)

(解) 任意のa∈(Aの補集合)をとってくる。 # お手持ちの教科書では # A={x|f(x)=g(x)}となっているのですよね。(笑) f(a)≠g(a)より、Rはハウスドルフ空間より、 あるf(a),g(a)の開近傍U,Vが存在して、U∧V≠φ。 # f(a),g(a)のある開近傍U,Vが存在して、、、 # 自然言語(日本語)で表現する場合には、ある(=存在する)の # の表記上の位置を注意した方がよいと思われます。 # 数学的には本質的ではありませんが。。。 ここで、f(x),g(x)がS→Rへの連続写像より f^-1(U)、g^-1(V)はxの開近傍。 # xの開近傍ではなく、aの開近傍。 よってf^-1(U)∩g^-1(V)=Wもxの開近傍であり、 # 上記と同じ注意です。 # xの開近傍ではなく、aの開近傍。 ∃u:u∈B(a)かつu∩A=φ(u∈W) # B(a)は点aの(n.n.o.) local baseですよね? # ∃u:u∈B(a)は問題ないのですが後半の # u∩A=φ(u∈W)は表記が変です。 # 単に u∩A=φ とするか、または not(z∈A)(z∈u)などととすべき。 ∴u⊆(Aの補集合) よってAは閉集合。 大筋では問題ないと思いますよ。(^o^)丿

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

自分は、基本近傍系の性質、V(3):V、U∈B(a)⇒∃u∈B(a)(u⊂V∩U)というのをつかって、∃uとしてu∩A=φとなるu⊂W=U∩Vとなるものが取れると考えました。まちがっていませんでしょうか?

  • 回答No.5
  • naruse
  • ベストアンサー率43% (13/30)

ikecchiさんの納得のいかない部分を追及する姿勢はとても大切です。 その姿勢を貫くうちに(ikecchiさんとっては)"自明"と胸を張って 言える時期がくるでしょう。 (位相に関することがらはそうならなくていけない、または そうあって欲しいと私自身は思っていますが。) >いきなり、Wと{x∈S:f=g}の共通部分が空だって >いっていいんでしょうか? {x∈S:f=g}は正しくは{x∈S:f(x)=g(x)}なので訂正します。 確かにそうです。あえて補足すれば W=f^{-1}(U)∩g^{-1}(V)はxの開近傍で 任意のx∈Wについて、x∈f^{-1}(U)かつx∈g^{-1}(V)であるから f(x)∈Uかつg(x)∈V ところで、UとVは互いに素であったから上のことは f(x)≠g(x)を意味する。 従ってxは{x∈S:f(x)=g(x)}の要素ではあり得ません。 これは、Wと{x∈S:f(x)=g(x)}が素であることを示します。 >最後の本質的には~からの意味もわかりません f(x)とg(x)の互いに素な開近傍U,Vをとり、それをそれそぞれ f,gで引き戻して議論するという論法の構造が 同じだと言う意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

大変親切な回答ありがとうございました。友達からはそんなこともわからんと?数学辞めたらとかしょっちゅう言われたりしてます。自分は基本的なことがわかってないんでしょう。 上の回答の中のWにおいて、自分は次のように解答しました。どうでしょうか? (解)    任意のa∈(Aの補集合)をとってくる。f(a)≠g(a)より、Rはハウスドルフ空間より、あるf(a),g(a)の開近傍U,Vが存在して、U∧V≠φ。ここで、f(x),g(x)がS→Rへの連続写像よりf^-1(U)、g^-1(V)はxの開近傍。よってf^-1(U)∩g^-1(V)=Wもxの開近傍であり、∃u:u∈B(a)かつu∩A=φ(u∈W)  ∴u⊆(Aの補集合)  よってAは閉集合。

  • 回答No.4
  • naruse
  • ベストアンサー率43% (13/30)

>だからこの問題の途中に「一般の位相空間で{x∈S:f(x)=g(x)}は >閉集合であることを示せ」という問いがあったんですかね? 断る必要もないでしょうが、一般の~といってもf:S→R、g:S→Rは 共に連続で、RはT_2空間という仮定は必要です。 で、この命題の証明ですが一つ前で述べてたことを使えば、等式 {x∈S:f(x)=g(x)}=h^{-1}(Δ) が成り立って右辺が閉だから左辺も閉という論法もありますが、 直接的に示す場合には補集合が開であることを示すことになります。 x∈S-{x∈S:f(x)=g(x)}とします。このとき、 f(x)≠g(x)だから、f(x)とg(x)のそれぞれの開近傍U,Vで 互いに交わらないものが存在する。 W=f^{-1}(U)∩g^{-1}(V)はxの開近傍で W∩{x∈S:f(x)=g(x)}=φ これより、{x∈S:f(x)=g(x)}は閉であることが示された。 以上ですが本質的にはf=gの証明と同じですね。(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>W=f^{-1}(U)∩g^{-1}(V)はxの開近傍で >W∩{x∈S:f(x)=g(x)}=φ いきなり、Wと{x∈S:f=g}の共通部分が空だっていっていいんでしょうか?すこし、納得がいかないです。 あと、最後の本質的には~からの意味もわかりません。

  • 回答No.3
  • naruse
  • ベストアンサー率43% (13/30)

先に直接的な証明を与えましたが、位相空間論的に重要な事実を 組み合わせた証明も紹介します。 位相空間論の基本的な事実として (1) 空間XがHausdorff空間(=T_2空間)であるための必要十分条件は 直積空間X×Xの部分集合Δ={(x,x)|x in X}が閉集合であることである。 (2) f:X→Y,g:X→Zに対しh:X→Y×Zを h(x)=(f(x),g(x)) for all x in X で定義する。このとき、f,gは連続⇔hは連続。 が知られています。 これらを用いれば次のような証明も可能です。 h:X→R×Rをh(x)=(f(x),g(x))で定義するとき、(2)の事実から hは連続である。ところで、fとgはD上で一致することから D⊂h^{-1}(Δ) (Δ={(x,x)|x in R}です。) (1)からΔはR×Rの閉集合であって、hの連続性からh^{-1}(D)はSの 閉集合となる。故に、 X=Cl(D)⊂Cl(h^{-1}(Δ))=h^{-1}(Δ) これは、任意のx in Xについて h(x) in Δ 即ち、f(x)=g(x)が成り立つことを示している。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。なるほど、だからこの問題の途中に「一般の位相空間で{x∈S:f(x)=g(x)}は閉集合であることを示せ」という問いがあったんですかね?しかし、いまいち、このとき方もわかりません。補集合が開集合を示せばいいんでしょうが。いまいち位相空間での開集合の証明の仕方がわかりません。よろしければ解説お願いします。

  • 回答No.2
  • naruse
  • ベストアンサー率43% (13/30)

>>f^{-1}(U)∩g^{-1}(V)はDと交わります。 >この部分がいまいちわかりません。たしかに、(Dの閉包)=Sですが、、、 Cl(D)=Sは"Sの各点はDの触点である"ことを意味します。 つまり、Sの任意の点に対し、その任意の開近傍はDと交わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • naruse
  • ベストアンサー率43% (13/30)

>写像の一致とはなにをしめせばいいか、 これは前の行で述べてある >fとgはS上全体で一致する(つまり同じ写像)を示せ。 そのものです。 Sが距離空間であるという仮定なしに一般の場合で示しましょう。 xをSの任意の点とし、示すべきことは (*) f(x)=g(x) です。(xがDの点ならばfとgはD上で一致しているという仮定から 仮定から明らかのですが、xがDの点でなくても(*)が成り立つことを 示したいのです。) 背理法で示しましょう。(*)を否定して f(x)≠g(x) と仮定します。Rはハウスドルフ空間なので、 f(x)とg(x)のそれぞれの開近傍U,Vで互いに素なものが存在します。 (Rの距離を用いてもっと明示的に言えば、例えば ε=|f(x)-g(x)|/2として U={p∈R:|p-f(x)|<ε},V={p∈R:|p-g(x)|<ε} とすればU,Vはそれぞれf(x)とg(x)の開近傍で 互いに素、即ち、U∩V=φを満たします。) さて、Uをfで、Vをgで引き戻しましょう。 f,gは連続なので、f^{-1}(U),g^{-1}(V)はともに xの開近傍になります。従って、その共通部分f^{-1}(U)∩g^{-1}(V)も xの開近傍になります。 このとき、仮定:DはSの至るところ稠密な部分集合なので f^{-1}(U)∩g^{-1}(V)はDと交わります。 その共通部分にある点をyとしましょう。 y∈Dなので、f(y)=g(y)ですが、一方 y∈f^{-1}(U)∩g^{-1}(V)なので、f(y)∈U,g(y)∈Vであって UとVは互いに素なので、f(y)≠g(y)でなければなりません。 これは明らかな矛盾なので(*)が示されました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>このとき、仮定:DはSの至るところ稠密な部分集合なので >f^{-1}(U)∩g^{-1}(V)はDと交わります。 この部分がいまいちわかりません。たしかに、(Dの閉包)=Sですが、なぜ任意のSの点xの開近傍がDと交わるんでしょうか?

関連するQ&A

  • 部分空間の証明

    Sを距離空間、Yをノルム空間とし、SからYへの連続写像全体の集合をC(S,Y)で表す。また、Cb(S,Y)=Fb(S,Y)∩C(S,Y)と置く。 ただし、F(S,Y)はSからYへの写像全体の集合で、Fb(S,Y)={u∈F(S,Y)| sup(t∈S)||u(t)||_Y<∞}でとします。 この時Cb(S,Y)はFb(S,Y)の閉部分空間であることを示せ。 定義として Xの部分集合YがXの部分空間である ⇔∀u,v∈Y,∀α,β∈Kに対してαx+βy∈Y まず感覚的にですが、Cb(S,Y)⊂Fb(S,Y)なので部分集合であることはOK 後は∀u,v∈Cb(S,Y)、∀α,β∈Kに対してαx+βy∈Cb(S,Y)を示す。 u,v∈Cb(S,Y)よりx,y∈Fb(S,Y) 任意のt∈Sに対して、 ||(αu+βv)(t)||=||αu(t)+βv(t)|| ≦||αu(t)||+||βv(t)||=|α|*||u(t)||+|β|*||v(t)|| ≦|α|sup(t∈S)||u(t)||+|β|sup(t∈S)||v(t)|| となるので有界であることは示せました。 後は連続性と閉集合であることを示したいのですが、 これはどのように示せばいいのでしょうか? 連続写像の和、スカラー倍は確かに連続写像となることは、 集合と位相あたりの本に書いてあったような気がしましたが…。

  • 写像の問題です。

    写像f:C→C f(z)=c(z+i) (c∈C) この写像が連続であると言いたいのですが、 任意のε>0に対し、ある0<δ<ε/max(1,|c|)がとれて、 任意にz,z'∈Cをとり、|z-z'|<δなら|f(z)-f(z')|=|c(z-z')|<|c|δ<ε となりfは連続である。 と示すだけでいいのですか? 複素平面なので、距離空間と同じ方法で証明してよいのか、開集合を考えて位相空間として証明しないといけないのかが分かりません… よろしくお願いします。

  • すみませんもう1問お願いします

    位相空間の質問です (X,O)を位相空間、A⊂Xを空でないコンパクト集合とする。任意の実数値連続写像 f:A→R^1はA上で最大値と最小値をもつことを 示したいです。教えてください

  • 位相数学の証明問題です。

    位相数学の証明問題です。 以下の証明を,どなたか分かる方,お願いします。 R^2の3つの部分集合A = { (x,y) | (x,y) ≠(0,0) },B = { (x,y) | x^2 + y^2 > 1 },C = { (x,y) | |x| >1 or |y| > 1 } は,いずれも同相(※)であることを示せ。 ※2つの位相空間X,Yが同相であるとは,2つの連続写像 f :X → Y および g :Y → X で g o f = 1x , f o g = 1y となるものが存在することをいう。

  • 位相数学の証明問題です.

    以下の証明を,どなたか分かる方,お願いします. (1)R^2の3つの部分集合A = { (x,y) | (x,y) ≠(0,0) },B = { (x,y) | x^2 + y^2 > 1 },C = { (x,y) | |x| >1 or |y| > 1 } は,いずれも同相(※)であることを示せ. (2)R^2とR^2 - { (0,0) }(原点を除いた平面)は同相(※)でないことを示せ. ※2つの位相空間X,Yが同相であるとは,2つの連続写像 f :X → Y および g :Y → X で g o f = 1x , f o g = 1y となるものが存在することをいう.

  • 有限集合からなる位相空間における写像の連続性

    ある位相空間Xから別の位相空間Yへの写像fが連続であるとは、Yの任意の開集合Oの逆像f^-1(O)が開集合であると定義されていると思いますが、この定義に従うと、有限集合に位相を入れた位相空間Xからの別の位相空間Yへの写像は、位相空間Xの集合が全部開集合となり、必ず連続になるのでしょうか。

  • 位相空間についての質問

    次の集合論・位相空間論の問題が分かりません。教えていただけると嬉しいです。 (X,d)を距離空間f:X→Xを連続写像とする。 {K_n}(n≧1)を空でないコンパクト集合の列で f(K_n)⊃K_(n+1)が全てのn∈Nについて成立するとする。 このとき空でないコンパクト集合Kでf(K)=Kとなるものが存在することを示せ。

  • 「 f を集合 X から 位相空間(Y、U)への全射とするとき、以下を

    「 f を集合 X から 位相空間(Y、U)への全射とするとき、以下を示せ。 1.T={ f^-1(u)|uはUに含まれる}とおくとき、TはX上の位相である。 2.Tは f を(X、T)から(Y、U)への連続写像とするX上の最小の位相である。」 という問題についての質問です。 まず、1番は 位相の三つの条件を一つずつチェックして行けば良いので、大体はわかったのですが、 最も基本的な条件である、「Tが空集合とX自身を含む」というのが示せませんでした。これはどのようにして示すのでしょうか? それから、2番について、連続写像であることは f の定義の仕方から明らかだと思うのですが、 「最小の位相である」という部分はどのようにして示せばよいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 位相の問題です。

    位相の問題です。 X:位相空間 X^2:積空間 A:X^2の部分空間 A= {(x,x)∈X^2 | x∈X}とXは同相である事を示せ。 写像 f:X→A とするとf:x→(x,x) (x∈X) と置けば明らかに全単射なのですが fもf^-1連続写像である事をどう証明するのかわかりません。 分かる方いましたらよろしくお願いいたします <(_ _)>

  • 位相空間と写像について学習している者です。

    位相空間と写像について学習している者です。 位相空間における閉包の概念等の理解に苦しんでいます。。。 では、質問させていただきます。 位相空間(X,Т)の二つの部分集合A,Bについて、 cl(A∩B) ⊂ cl(A)∩cl(B) ※cl(X)で集合Xの閉包(closure)を表すとします。 を証明したいのですが、過程が分かりません。 以下で、証明できていますか? x∈cl(A∩B) ⇒ x∈cl(A) かつ x∈cl(B) ⇒ x∈cl(A)∩cl(B) x∈cl(A) かつ x∈cl(B)にたどり着くまでの過程が足りない気がしています。 ご教授よろしくお願いいたします。