解決済み

自分が書いたという証明

  • 暇なときにでも
  • 質問No.299546
  • 閲覧数29
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 84% (81/96)

何かいい方法があったら教えて下さい。

会社に書類で企画を出そうと思っています。
しかし、上司が信用なら無い人物なので、
仮に横取りされた時の為に、自分が書いたという証明を残したいのです。
書いた期日と自分が書いたという証し、
できれば法的拘束力のあるものがいいのですが。
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 54% (65/120)

その時点で
その書類が存在していたことを証明したいだけなら
自筆で書き(署名でもおそらくOK)
自分宛に封書にして郵送すればよいと思います。

封書が届いたら
封を切らずに保管します。

郵送すれば消印(公的機関の印で日付がある)がつくので発送した日は
ほぼ争われません。
(証明を要する場合にその場で開封します)

あとは合理的判断ということになるのでしょう。

あとに創作された著作権に対抗するために有効といわれている方法です。
お礼コメント
tenlan

お礼率 84% (81/96)

すごい!
これは単純かつ明確!!
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-25 19:07:17
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 31% (77/242)

目的が「企画を自分が書いたものだと第三者に証明したい」ということですよね?
法的な対策ではないので恐縮ですが、一応回答しておきます。
公証人役場を使う方法や郵便を使う方法もあるとは思うのですが、私なら、「内申」で概要書を他の関係者に送付しますね。簡単に言うと、打合せを名目に、直接の担当者が自分であることを知らせるわけです。

ここは法律のカテゴリーですので、主に(法的な)紛争を解決するときの手段として回答されることでしょう。仕事の進め方という意味合いでお尋ねになるのであれば、他のカテゴリーでお尋ねになる方が実り多いかも知れません。
お礼コメント
tenlan

お礼率 84% (81/96)

回答ありがとうございました。
参考になりました。
投稿日時 - 2002-06-26 01:51:20
  • 回答No.2

法的に証明できる方法は、公証人役場で「私署証書(私文書)の認証」をしてもらう方法があります。

これは、企画書を公証人役場へ持参して、公証人の面前でその証書に署名するか、証書の署名(記名押印)が自分のものだと自認した場合などに、公証人が証書にこのことを記載して、間違いなく貴方が作成したものだと、法的に証明するものです。

費用は、価格によって違いますが、価額を算定することができないときは、500万円と見なして算定し、費用は11.000円です。
詳細は、参考urlをご覧ください。

公証人役場の所在地は、下記のページをご覧ください。
http://www.koshonin.gr.jp/address.htm
お礼コメント
tenlan

お礼率 84% (81/96)

回答ありがとうございます。

このような公的な機関があるのを初めて知りました。
今回の件以外の事でも役に立ちそうな情報でした。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-25 18:35:44
  • 回答No.1

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 どうしても信用が出来ない場合には、ワープロなどを使わないで、すべて自筆で書いて署名をしておく方法があります。ワープロを使って自筆の署名をしても、企画そのものを盗用したと疑われる可能性がありますので、すべて自筆で書いて期日・時間・署名をしておけば、良いかと思います。
お礼コメント
tenlan

お礼率 84% (81/96)

回答ありがとうございます。
参考になりました。
投稿日時 - 2002-06-25 18:25:30
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ