• 締切済み
  • 暇なときにでも

結婚・出産のリミット

少子化が盛んに言われ、大臣発言での出産を機械化発言の昨今。 男女とわず結婚、子供を望む時期は何歳までなのでしょう。 1:性別 年齢をお願いします。 2:何歳までに結婚したいですか? 3:何人子供が欲しいですか? 4:最後の子供は自分(相手)が何歳の時までに出産したいですか? 5:最後の子供の理由 私は 1:男性34歳 2:そろそろ 相手はいませんが・・・ 3:1人 4:36歳 5:子供が20年後の自分の年齢

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数324
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.5

世の中には産みたくても産めない、結婚したくてもできない人が多いというのに、本当に馬鹿げた発言でしたね。 だったら代理母とか、SFチックな話になりますが人工子宮とか、産めない人のためにもっと法を改善すべきだと思うんですけど…。 という私は産めない・結婚もできない、心に障害を持つ今年33歳独身女性です。服用している薬に妊娠に影響があるものもある、ということもありますが、精神的に結婚・出産は医師に止められるでしょう。親元からの独立でさえ禁じられてるのですから(理由は過去2回ひとり暮らしした時、いずれも半年で過服薬自殺未遂を図ったため)。 1.32歳女性、独身です。 2.40歳くらい。医師にはその歳ぐらいに症状が落ち着くだろうと言われているし、自分でも今は無理、と思っているから。 3.ひとり。40歳頃過ぎて精神が安定しても一般の人よりは弱いだろうから、1人が限界。年齢的な問題もありますし。 4.45歳。それを越したらいろいろな面で無理でしょう。 5.色々な状況の結果。答えにくいですね…。 でも実際は結婚できないと思います。願望はあるのですが、人付き合いに向いてないようで、親は諦めてます。 障害者として低所得で働いているので、きっと政府は私みたいな人のことを「役立たず、世間のゴミ」と呼ぶんでしょう。子供もつくれず、税金も納めないんですから。 なんか答えて死にたくなってきました…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 少子化なんてもう止められないと思いません?

    21世紀に入って、世間が日本は少子化だ少子化だと騒ぎ、政府も少子化担当大臣なんてものを置きましたが、もうここまでくると止めようがないと思いませんか? 少子化の大きな原因の1つに、経済的な問題で結婚できない、子供を持てない人が増えている現実があります。それが2004~07年頃の「戦後最長の景気拡大」とやらで、少しは解消の光明も見えてきていました・・・が・・・ 結局は2009年の大不況です。これで経済的にはますます子供が増える可能性が低くなります。 実際問題として2015年を過ぎると、人口の多い団塊ジュニア世代(実は私もですが)が出産がほぼ不可能な年齢になるので、あとは出産適齢期の人口そのものが減って、少子化、そして日本の人口減はどんどん進行していくだけ・・・と思います。 政府が何か対策を採るなら、今が最後のチャンスだと思っています。何もしないと2012年頃に景気がちょっとくらい回復しても、出生率は上がらないし、そのまま2015年を過ぎて上に書いたような事態になるだけでしょう。 まあ、私も未婚子無しなので、私にも責任があるとかいう声も出てきそうですが。でも客観的に見て、今回の大不況で少子化問題はもう止められないところまで来たと思いませんか?

  • 少子化担当大臣

    少子化担当大臣は、毎日どんな仕事をしているのか?子供を産めなくなったのは、格差社会で子供を産むべき世代に低収入の人が増えたからだと思います。出産費用は国に負担させるとかの提案してますが、金が無いのに先の事を考えずに安易に子供を産めば子供が可哀想だと思います。親のイライラから虐待されたり、子供にお小遣いもやれない。自民党は今秋、消費税の値上げをする。お金持ちには微々たる増税ですが、貧困層には大増税になるので益々産めなくなるのでは?少子化担当大臣は、少子化の原因を把握しているのでしょうか?

  • 結婚と出産・・・

    39才独身女性です。 結婚も出産も諦めていたのですが、父も亡くなり母と二人の生活。 最近母が亡くなったら・・・と思うと、やはり結婚して子供も1人位は ほしいなあ~と思うようになりました。 今は彼もいないので、お見合センターに登録して結婚相手を捜して いるのですが、出産を考えると相手方の年齢は、上限40才代が限界かな? 等と思ってしまいます。 出産を意識せずに、結婚相手を捜すか?出産を意識して相手を捜すか? 結局の所自分が結論を出すのですが、同年代の独身女性はどう考えているのか? また、性別年齢に関係無く皆様の意見を聞かせて下さい。 宜しくお願い致します。m(_ _)m

  • 回答No.4
  • spiko14
  • ベストアンサー率21% (237/1099)

1:30歳女 2:昨年結婚しましたが、本当は27くらいまでにはと思ってました。 でも27歳の時には出会いがないのと仕事が多忙なのとで20代での結婚を本気で諦めた時期でもありました。 3:2人 ダンナはひとりと言っていますが、ひとりって家庭に問題があったら一手にのしかかるし、万一何かあったら子供いなくなっちゃうし、自分が4人兄弟で育ったってのもあるし、何となくイヤなんですよね。 30も過ぎて、今から作ったって生むのは31過ぎてからだし、それからまたもうひとりとなると35までに生めるのか・・・ダンナはのんきすぎる!!これだから男は~って思わずにはいられない。 いざ作ろうかなんて言ったってすぐできるかもわかんないのに本当じれったいったらありゃしないです(愚痴になりましたねぇ・・・)。 4:上にも書きましたが35までには絶対!! 5:実は母が37歳で末の弟を生みまして、54歳の現在も高校生を育てている現状です。しかも、母子家庭で。 私は当時小学生でしたが、それでも苦労することは目に見えていました。やめた方がいいと言いましたが母は聞く耳持たずで出産(そして4人目)。 今さら弟の存在を否定したってしょうがないですが、そら見たことかと思っているのも事実。当然ですが父兄の中でも母は最年長らしいです。 父親はろくでもないDVおやじで生まれる前からわかっていたのに、本当にそんな人生で良かったのかと今も釈然としません。 そういう現状もあって、私は高齢では生みたくないと思います。 体力も20代後半からがっくり落ちてきて、自信もありませんし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

1:29歳、女性 2:既に結婚しています。 3:3、4人(既に2人産みました) 4:35歳 5:35歳を越えると、高齢出産となり母子ともにリスクを伴うから。子供が成人するまでの経済的負担を考えると親が働ける年齢のうち子育てを終えていたいから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#65099

1:女性・29歳 2:もう結婚してます。 3:1人 4:35歳くらいまで 5:自分の体力考えるとそれ以上になると産めなそうだし、産んだところで育てる体力に自信がないから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

柳沢厚労相・・・あれは大臣としては大バカな発言ですね。 機械発言にはつっこみたいことが沢山ありますが、女性の出産に関してはリミットがあるのは事実ではあります。 私は結婚・出産経験有りの者ですが、経験者側からの意見として。 1.女・40歳 2.私は26歳で結婚しましたが、最近の傾向からみると早い方になりますね。 結婚のみでいえば何歳でも有りだと思いますが、でも現実を考えると40歳になる前には一度は結婚してみたいです。 3.私は2人の子供がいますが、経済的に許されるのなら3人くらい欲しいです。 4.最後の子供は・・・40歳くらいでも大丈夫です。 実際まわりにも40くらいで第二子・三子を産んでいる人はいますしね。 でも身体の事を考えると、40だとやはり産むのも育てるのもかなりキツイ!女性側に出産リミットがあるのは事実なんです。 最近は晩婚の女性が多く初産も遅い傾向がありますが、経験者からの意見をいえば35歳くらいまでには産み終えたいですね。 女性は35歳を過ぎるとガタっと体力が落ちます。病気もあちらこちら出てきます。 でも子育てに使う労力はハンパではありません。年をとってからの子育ては大変だと思いますよ。 5.最後の理由は・・・やはり体力と経済力。これですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 出産可能率のグラフ(データ)を探しています

    女性の出産可能年齢の統計的なグラフを探しております。 どなたかお心当たりございませんか? 大体18歳から50歳くらいまでの横軸に、 山形の折れ線グラフがあらわれるようなもので。 少子化や高齢出産に関するグラフ(若しくはデータ)は 見つかるのですが、単純に母体の年齢的な出産可能率 がデータ化されたものなのですが・・・

  • 結婚年齢について

    32歳男です。今、とても親しくしている34歳の女性がいます。 まだ正式にお付き合いしていませんが、お互い年齢ももう30を超えているので結婚を前提としたお付き合いをしたいと思っています。 しかし、将来の事を考えると相手の年齢について心配になってしまいます。自分は将来絶対子供が欲しいと思っていますが、相手は今年で34歳。これからお付き合いを始めて順調に結婚し、妊娠したとしても出産する時は36,7歳になってしまいます。 当然相手の事は好きですし、ずっと一緒に居たいと思っていますが、一般的に言われる高齢出産をせざるを得ないとなると、生まれてくる子供が障害を持つリスクが高いのかな・・・と考えるとなかなか結婚前提のお付き合いへの発展に踏み出せないでいます。 ネットで調べるとはやり35歳を過ぎてからの出産はリスクが高く、ダウン症児や奇形児を出産する可能性が高まるそうです。 自分がどうしたいか、自分が決めなければならないと思うので、36,7歳あるいはそれ以降に出産を経験された方、問題なく無事に出産できたエピソードや、実際様々な苦労されたエピソードなど、教えて下さい。

  • 結婚するつもりがあるか聞きたいが聞けない・・

    彼36歳、私34歳です。 さすがに私ももういい年齢なので、彼に結婚する気はあるのか?ということがず~~っと聞きたかったのですが、なかなか聞く勇気がありませんでした。 彼はバツイチで前妻の間に子供もいるので、結婚願望なんてないのかなぁと思います。 でもこのままずるずるつきあってもダメだと思うので意を決して、聞いてみようかと思うのですが、みなさんどのようにしてその話題を出すのですか? すでに今週末に聞きたいことがあると言ってしまったので彼は構えているかもしれません。 もし結婚の意志があっても、彼の離婚についての経緯や、今の状況などを聞き、そこからがスタートだと思っております。 彼は今までその話を全くしてくれませんので、気まずくなって別れてしまうかもしれません。 そうなると結婚したいから彼といるのか?と思ってしまいます。 彼が好きだから彼といるのだったら、結婚しなくても別れの道を選ばないで、彼といることだって選べるはずです。 でも私ももう34歳なので出産に影響を及ぼす年齢です。 みなさんは結婚する意志が相手になかった場合別れますか?

  • 【少子化の原因は意外と単純】

    少子化の原因は意外と単純なのかもしれません。 ・気づいたら30歳になっていた。 ・子供を育てるのは大変そうで、面倒である。 ・そもそも結婚しようと思えるほどのお金もないので、子供となるとなおさらである。 ・自分自身が大人になりきれていない。 ・まだまだ遊びたいし、自分の時間が欲しいので、結婚したくない。 ・キャリアが大事なので、現状の状態だと結婚するとなると仕事に支障が出る。 ・子供が欲しいとは思うけど…でもとためらって思いとどまっている。 ・そもそも出会いがない。出会いを求めようとしない。 ・ただ漠然と不安。日本の将来に明るさが見えない。 ・そもそも結婚しようと思わない。一人が好き。 以上のような単純なことが原因であるように感じます。出会い、結婚、出産まで言ったら、後は経済的な問題が過半を占めると思います。また女性の体力的な問題もあると思いますし。でもこの少子化の時代でも子供5人、6人という家族もいらっしゃるので、やはり出産までの道のりが少子化の主な原因だと思いますが、皆さんはどう思われますか。

  • 34歳で初めての結婚、出産。同世代の友達が欲しい。

    初めまして。タイトル通りなのですが、この度34歳で結婚、そのまま妊娠しました。とても嬉しいのですが悩みがあります。私の世代だと、早い友人(早くから結婚する気があった友人達)は20で結婚して子育ても一段落しています。子供さんも大きいです。逆に、まだまだ仕事一筋の友達はもうこの年齢になると責任ある仕事を任され結婚する気はなさそうです。つまり、今はどちらとも話が合わず、時間も合わず、どちらにも属せずとても寂しい思いをしています。結婚までは仕事してる同僚と良く遊んでいましたが。ママ友も、今から初めての出産の人達は20代とかがやはり多くて、話していても年齢の差を感じるし、私のように中途半端な年齢で(と自分では思っています)これから結婚、出産する人はどうやって友達を作ったらいいのでしょうか?やはり同世代と話したいです。また、今まで疎遠だった結婚した同級生(子供さんは幼稚園児二人)と再び仲良くなるにはどうしたら良いでしょうか?つまらない悩みかもしれませんがアドバイスいただけると嬉しいです。

  • 子供の数・結婚数を増加させるためには!?

    今少子高齢化が問題となっていますが、高齢化が進むのは医療が進歩したり豊かな生活が出来るようになったりして私個人としてはいいことだと思います。しかし少子化が進むのは今後の日本にとってよくないと思います。では、なぜ子供が出来ないのでしょうか?出来ないのではなく作らないのでしょうか?また、結婚が晩婚化・しないカップルが増えた事とも関わりがあると思うのですが、こうした問題を解決する為にはどのような解決策があるのでしょうか?今、国をあげて少子化に取り組んでいるので、自分はどのような思い・行動をすればいいのか時々考えるので投稿してみました。

  • 少子化の原因は何ですか?

    私は今、「少子化問題に対する対策」について小論文を書いています。 少子化の原因は「仕事と出産・育児を両立できる環境整備の遅れ」にあると考え、託児所の拡大や育児休業の取得の容易化を対策として挙げました。 しかし、添削をしてくださっている先生に、 「じゃぁどうしたら子供を増やせる?」と聞かれ、 「結婚する人を増やす」と答えると、 「じゃぁどうしたら増やせる?」と聞かれ、 「結婚したいと思うようにする」と答えると、 「じゃぁどうしたら結婚したいと思えるようになる?」と聞かれ 「子供がほしいと思えるような社会にする」と答えると 「じゃぁどうしたら子供がほしいと思える?」と聞かれ 「子育てしたいと思える環境にする」と答えると 「じゃぁどうしたら子育てしたいと思える?」と聞かれ… エンドレスでした。 色々な問題が絡み合って少子化が起きています。 それらの問題の根底にあるものは何でしょうか? 何を解決すれば少子化に歯止めをかけることができるでしょうか? もうわけがわかりません。 先生には「答えはない」と言われました。 私もそう思うからこそ、自分なりに答えをだして 「託児所の拡大や育児休業の取得の容易化」を対策として挙げたのに、 「じゃぁどうしたら…」の繰り返しです。 じゃぁ、じゃぁ…とどんどん考えを深めていけば、解決策が出てくるのですか? 少子化の(一番根っこにある)原因と対策、どなたか教えてください。

  • 結婚は男性に主導権がある!?女性の結婚難民が増加!

    京都市主催のこんかつイベントに男性(平均年齢34歳、300人)、女性(平均年齢33歳、1000人)の応募が有ったとの報道がありました!! 1、女性の結婚願望は以前から強いにも関わらず、結婚は、男性に主導権がある(男性が好き勝手に選べる立場)とみた場合、女性の責任とされてきた晩婚や少子化の原因の大部分は、男性だと考えられますか? 2、男性は、用意された「お見合い」ではなく「恋愛結婚」の末に結婚したい、恋愛でなかったら無理に結婚しなくてよい、と考えている人が多いといえますか? 3、結婚難民は女性の方が多いですか?(自分の職場ではそうです!!) 以上

  • 出産までのリミットとプレッシャー

    現在30代前半で、結婚を前提にお付き合いしている方がいます。 今まで様々なこともありましたが、お互いゆくゆくは結婚するつもりでいます。 現在交際一年半です。 結婚する上でのネックは彼のお母様の体のこと。介護が必要なことから、今結婚しても私の負担があまりにも大きくなるから・・と彼の兄弟間で様々な話をしていますが、まだ結論が出ていない状態です。 私が介護をすることに難色を示しているわけではありませんが、彼と一緒になると、職場への通勤が車で一時間を超す上、家事をこなし、その上介護までは(最初は頑張れたとしても)長く続けていたら私の体がもたない、今後出産や育児を視野に入れるとなおさらだ、ということでまだ踏み切れずにいます。 そんな中、私の母親が私に(直接このような言葉を言った訳ではありませんが)「そんな男にはさっさと見切りをつけて、違う人と結婚して子供を産みなさい」と言った内容のことを言われました。 母としては婚活に出かけて公務員でも見つけ、さっさと結婚すればよいと考えているようです。 母は内心、彼との交際をあまり良くは思っていないようです。職業的なことです。きちんと働いていますし、正社員です。お給料はあまり多くはありませんが、営業成績はなかなかのものらしく、上からの評価も得ています。しかし、母は下等な職業だと思っているようです。 彼もそれを感じており、挨拶に行くにもこのままでは示しがつかないから、誠意だけではなく、今後のビジョンもきちんと説明した上でもらいに行きたいと話しています。 そんな中での上記の発言・・はっきり言ってショックでした。 35歳からは高齢出産になると言う事、妊娠しづらくなる事、重々承知です。 また、職場(医療関係です)でも「あの人はもう歳なのに・・いい歳して妊娠だって。障害のある子が生まれるよ」などと言った会話が繰り広げられ、自分の事を言われているわけではなくとも、内心ものすごく苦しい時もあります。 35までに出産するとなると、今妊娠しなければ間に合いません。 時間に対しての焦りが出てきて、不安です。 あまりのショックとプレッシャーに押しつぶされそうです。 どのように気持ちを切り替えればよいのでしょうか?

  • 給付金と少子化大臣の仕事について

    1.自民党がきらいで、野党を押している方は給付金を受け取りますか   受け取るとしたら矛盾すると思いませんか? 2.少子化担当大臣は何をするのですか   本当にできない夫婦の不妊治療にこそ保健を適用したり、手当てを   支給するべきではないですか?   少子化というのは、現に子供ができないから少子化でしょう  いかがでしょうか

カテゴリ

専門家に質問してみよう