• ベストアンサー
  • 困ってます

燃えない気体について

刺激臭がなく、マッチ炎を一瞬で消してしまう気体にはどのようなものがあるのでしょうか。二酸化炭素や窒素のほかにはどのようなものがあるのですか。 また、炎を消す気体の共通的な性質はどのようなものですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数292
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

一番安価なのは炭酸ガスです。窒素でもいいですが、これはちょっと高い。不活性ガス(ヘリウム、アアルゴン、ネオン等)はべらぼうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#135138
noname#135138

一般的に不活性ガスと言われる物です。   電気溶接にも使われるアルゴンガスもそうですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#69788
noname#69788

ヘリウムなどです。共通的な性質は、燃えないことと安定していることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中1 理科 気体の集め方

    酸素 二酸化炭素 アンモニア 水素 の気体を発生させましょうという実験をしました 酸素は水に『とけにくい』から 水上置換法で集めましょう と 習いました 二酸化炭素は水に『少しとける』だけだから水上置換法でもいいし 空気と比べると密度は大きいから 下方置換法でも可 と習いました 気体を集めるとき まず水にとけるかとけないか を考えてみるのがポイント! と先生がいいました 酸素は水に とけないのですか?とけにくいのですか? とけにくい と言う事は 少しはとけると言う事ですか? テスト勉強をしていて なんかややこしくなりました 酸素の性質は 水に( )です という問題なら 「とけない」や 「少しとける」と書いては間違いですか?確かに教科書では 「とけにくい」という表現がしてありますが でも とけにくいと 少しとける の差がよくわかりません コップに水と何かの粉末をいれて 混ぜ合わせている時に 「これなかなかとけないよ とけにくいねー」 「んーー でも 少しはとけてるよ」 って会話は成り立つ気がするのですが... 酸素の性質は水に「とけにくい」 二酸化炭素の性質は水に「少しとける」 が正解ですが とけにくい=少しとける 少しとける=とけにくい と考えるのは間違いですか??

  • 気体は誘電体??

     タイトルの通りです。 Q1空気や二酸化炭素や窒素などの気体は誘電体なのですか? Q2もし、誘電体なら誘電分極を起こすはずです。 気体の場合の誘電分極とは普通の誘電体(プラスチックなど)とは違うのですか? 以上2つですが、1つでもかまいません。どなたか教えてください。

  • 気体

     水に良く溶ける気体(二酸化炭素など)を水上置換で集めても多少は溶けますがほとんど捕集できますがなぜなんですか?

  • 気体の溶解

    高校化学についてです。 ある圧力の二酸化炭素と ある体積の水を 密閉容器に入れて 一定温度に保ち 平衡状態にしたとき 二酸化炭素が 水に溶解して 気体の物質量が減少するにも かかわらず 気体の圧力が減少しないのは なぜですか? 説明が足りないかも しれませんが よろしくお願いします。

  • 水の表面張力は接触している気体の組成によって変化しないのか?

    水の表面張力を語る時にいつも接触している気体の組成は述べられていませんが気体の性質は表面張力に関係しないのでしょうか? あるいは空気と仮定しているのでしょうか? もし二酸化炭素だったらどうなるのでしょうか? 考えを聞かせてください。

  • 気体の重さについて

    高校生並みの質問が二つ続きますがどうかお力添えをお願いします。 I:日常の生活空間において、気体の質量を量ろうとすればそれは、大気の浮力が働いた分本来より小さくなると考えられますが、本当にこのような解釈は正しいのでしょうか? (ちなみに家で出来る実験として、空気をごみ袋に溜めて質量を量りましたが、上皿天秤の針はごみ袋の重さ分しかありませんでした。) II:そもそも、空気には窒素、二酸化炭素、酸素、and so on・・・といくつもの成分が含まれていますが、言わずもがな、いずれも分子量(或いは原子量)がちがいます。 ヘリウムガスの入った風船は子供の手から飛んでいきますし、下水道工事では二酸化炭素が地下に充満します。 しかしなぜ、私達の周りには「混合気体」が分離せず存在するのでしょうか。空気の見かけの分子量なるものまで存在する程です。対流も考えましたが納得いきませんし、ここはやはりエントロピー云々ということでよいのでしょうか?

  • 気体の重さと拡散の関係について

    二酸化炭素等の重い気体でも大気中では拡散していて特に地表近くに集まったりすることはないと思います。それなのに理科の実験等では重い気体が下に沈み、軽い水素は上に集まるのは何故なのでしょうか?時間をかけて拡散するのだとすると、その時間は気体の重さと何との関係で決まるのでしょうか?大気中でも高高度程重い二酸化炭素の比率は多少減るのでしょうか?

  • 気体を液化や固化させることができたのはいつごろから?

    19世紀末までに水素、酸素と窒素は液化することができました。 20世紀初頭にはヘリウムを液化することができました。 じゃあ、二酸化炭素はいつごろから液化させたり、固化させたりできるようになったんですか? 水素や酸素、窒素に比べると簡単にできるような気がするので、 19世紀半ばくらいにはできるようになっていたんでしょうか? できれば、正確な年数も教えてください。 それから、一番早く液化させたり、固化させたりできるようになった常温状態で気体として存在している物質はなんですか?

  • 気体の圧力がわかりません

    二酸化炭素が入った容積250c㎥のボンベがある。 気体が満タンの時1.04kgで、空のときは0.74kgです。20℃におけるボンベ内の気体の圧力はどれほどなのですか?

  • 植物の呼吸で出入りする気体

    小学生向けの理科の問題集で、 「晴れた日の昼間に、(植物の)気孔から出る気体と入る気体を『すべて』答えなさい。」 という問題があり、解答は「出る気体…酸素・水蒸気」「入る気体…二酸化炭素」となっていました。 昼間は呼吸よりも光合成がはるかにさかんなので、見た目の出入りは解答のようになると思ったのですが、わざわざ「すべて」と記してあるのに、呼吸による二酸化炭素は考えなくても良いのか疑問を持ちました。 光が十分に当たっているときは、呼吸で出された二酸化炭素は気孔から出る前に全部光合成によって使われてしまうのでしょうか? よろしくご教授お願いいたします。