• ベストアンサー
  • 困ってます

外貨購入について、教えてください!

  • 質問No.2642319
  • 閲覧数85
  • ありがとう数4
  • 回答数4

お礼率 21% (31/143)

外貨投資信託(外貨MMF)を考えています。まったくの初心者です。

今って円安ですよね?外貨が以前よりもとても高く感じられます。
ユーロかイギリスポンドでの購入を考えているのですが、
今、外貨を買うのって損でしょうか。

近々にでも円高になる、又はユーロが弱くなる見通しがあるのであれば今すぐの購入は見合わせようと思っております。

初級Levelの質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いします!!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー
基本的には欧州通貨(ユーロ、スイスフラン、英国ポンド)は同じような動きになりやすいです。
一番分かりやすいのは1990年から現在までのチャートを比較して見る事です。
円高、円安が交互に訪れていますね。
現在は欧州通貨は非常に強いですが、だからと言ってこれから下落すると言う意味ではありません。
しかし、この欧州通貨高によって日本株式の一部の銘柄でなんと上場来高値を更新した銘柄もあるのです。
しかも、バブル時の最高値をも軽く株価が抜いてしまったのです。
要はそれだけ円が安く売り叩かれていると言う事です。

外貨MMFは為替差益は非課税ですが金利部分は20%源泉分離課税です。
そこで外貨MMFの他にもBST(ボンド・セレクト・トラスト)も短期金利型商品で、こちらは2013年12月31日よりも前に売却すれば、為替差益だけでは無く金利部分も非課税になるので究極の節税が可能です(参考URL)。
外貨MMFはリアルタイムで買い付けできますが、BSTは1日1回のみの売買です。
又、BSTは通常の投資信託に近く、現金化に少し時間が掛かります。
ですから、外貨MMFで有利なタイミングを見分けて、BSTで究極の節税をするのが良いでしょう。
勿論、外貨MMF→BST、BST→外貨MMFのスイッチングも可能です。
例えば、2013年12月31日が迫ってきたらBST→外貨MMFのスイッチングで出来るだけの節税をします。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 40% (14/35)

こんばんは~
#1さんのおっしゃるようにプロでも為替は分かりません。でも経済は良いときもあれば悪いときもあります。(私は勝手にそう思ってます!)これをふまえて・・・分散投資をするのです。私は外貨MMFの積立てをしてまして、月に3万ほど米ドル・1万ほどポンド。あと20万円分は豪ドルでもうすぐ売る予定です。積立ては早4年ほど経っておりまして、”為替最悪”って思う不安な時期もありましたが、放置していれば益は出てるし、利回りもなんとか・・・。#3さんのご意見のようにボンセレも持ってます。もちろん節税対策に(笑)。ただこれは信託期間が決まっておりますのでご注意を・・・
  • 回答No.2

ベストアンサー率 34% (2491/7233)

確実に予想できたら、かなりの大金持ちになれます。No.1のご回答に賛同します。ただ、上がるか下がるか2つに1つですから、プロが外して素人の予想が当ることはありますよ。

ポンドは値動きが荒いもので、昨日1日で1円以上急落しました。日銀が今月利上げするかどうか、利上げしたら多少の円高もあり得るでしょう。
では、円高になってくると良いのかというと、もっと円高になるのではと思い、結局いつまでも手を出せないです。
参考URLは外貨証拠金取引ですが、外貨MMFよりコストが安いです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 9% (238/2408)

なんとも言えませんね。プロでも当てるの難しいでしょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ