• 締切済み
  • 暇なときにでも

backup

ウインドウズ標準のマイクロソフトバックアップについてお尋ねします。 4.10.1397バージョンです。一度OSまで全てクリアにしてから、再度復元する 場合には、最初に設定した設定まで消えてしまうのではありませんか? バックアップのジョブをどこかに保存して、それから上書きするようなカタチ が必要では? バックアップ→OS再インストール→再度、マイクロソフトバックアップを起動 してリストアという手順は可能でしょうか? この手順で、バックアップジョブは消えませんか? OSの入れ替えなしのリストアなら出来るのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数77
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

はい。可能です。バックアップジョブは消えますが、作成したバックアップファイルを読み込むことは可能です。私も、同じバージョンのものを使い、OSを入れなおしてから復元した経験がありますから。次のことを試して、ご自分で確認してみてください。 1.適当にどうでもいいバックアップジョブを作成し、MOなどに保存する。→2.そのとき作成したバックアップジョブを削除する。→3.MOに保存してあるフォルダを開きバックアップファイルをクリックする。そうすると、マイクロソフトバックアップが起動します。→4.復元タグの[復元する項目の場所(R)]から、該当のファイルを選ぶ。→5.[最新の情報に更新(F)]をクリックする。→6.「できる」ということが確認できれば、これ以上何もしないで終了する。 (*ここで実際に[開始]を、クリックしないでください(実際に復元しないでくださいね。)不都合が出るときがありますから)。 これで、バックアップジョブがなくとも、ファイルの復元は可能だということが、確認できると思います。 バックアップジョブは、以前のバックアップから時間が経ち、ファイルの内容などが変更されたとき、以前と同じ仕方でバックアップを再度取り直すのに便利だ、というだけのものでしょう、多分。 ただ、復元しても、リンクが切れてしまうことがあるので、あまりに使えないこともあります。バックアップするとき・復元をするときには、用心深く注意して行ってください。 インターネットからダウンロードしたソフトなどは、圧縮されたままのファイルを、そのままMOなどにコピーしておく方が、楽です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • Backup Execのテープへのバックアップ

    お世話になります。 Backup Exec 2012でテープに対してバックアップを取っていますが、以下のように4本のテープがロボットライブラリ上に存在しています。      残容量   メディアセット   上書き禁止期間   追記期間  1本目  100GB   上書き禁止    無期限-上書きなし  追記なし(メディアがいっぱい)  2本目  2.37TB  スクラッチメディア 上書き可能      追記不可  3本目  1.77TB  スクラッチメディア 上書き可能      追記不可  4本目  2.19TB  スクラッチメディア 上書き可能      追記不可 この状態で500GBほどのデータをバックアップしようとして、ジョブの追記設定で「追記、できない場合はジョブ終了」を選んで実行したのですが、使用できるメディアがないというエラーによってジョブが終了してしまいました。 スクラッチメディアに初回書き込む際は、追記設定を上書きにしないと出来ないという話を聞いたことがあるのですが、上書きにしたときに1本目を上書きしてしまわないかどうかが心配です。 (禁止期間が無期限になっているので、そうはならないと思うのですが) ジョブの追記設定を「上書き」もしくは「追記、できない場合は上書き」で実行すれば、2本目以降のどれかにバックアップすることは可能でしょうか?

  • Backup exec 差分からのリストア

    Backup exec で、週次のフルバックアップと日次の差分バックアップを取得しています。 これまで、私の認識では、 例えば6/20のデータへ戻したければ、リストアの新規ジョブから、「リソース別」から「6/20のスナップショット」から特定のフォルダを選択し、リストアを実行すれば、 フルバックアップ+6/20までの差分バックアップを適応して、6/20の状態にデータを復元してくれると考えていました。 しかし、先ほど実行したところ、6/20の差分バックアップ分のデータ(8MB程度)しか復元されませんでした。 最後のフルバックアップの同じフォルダのデータは60MBあります。 つまり、6/20の状態に戻せば、60MB前後のデータ容量になるはずで、8MBというのはおかしいです。 差分バックアップを取得している場合、自分でルフバックアップからリストアして、その後差分バックアップからリストア。と2段階でリストア作業を実施しなければダメなのでしょうか?

  • Arcserveでのメディアの消去のついて

    ArcServeで行うメディアの消去について教えてください 内容は、Nas上に作成したファイルデバイスを メディア管理からに消去やフォーマット またバックアップジョブの最初に行われるメディアのフォーマットを行っても 以前のバックアップで作成されたセッションファイルが消えない原因について教えて頂きたく書き込みました 現在 バックアップ対象兼バックアップサーバーとなるサーバーが一台と バックアップデータを保存するnasが一台という構成を組んでいます Nasのフォルダをファイルデバイスで登録し バックアップジョブの作成と実行を行いました ジョブ自体はエラーなく完了したのですが バックアップ完了後にバックアップジョブで指定したメディアの消去を実行したところ エラー画面もなく arcserve上の表示もブランクメディアとなったのですが、セッションファイルは削除されていませんでした(ヘッダファイルは更新されました) そこでファイルデバイスの場所をローカルに変更して同様の処理をしたところ、セッションファイルは削除され ヘッダファイルも更新されました そこで更に保存場所がnasのバックアップジョブを何度が実行して見たところ ジョブ毎にメディアフォーマットがされているにも関わらず、セッションファイルが累々とのこされ容量を圧迫する結果となりました(ジョブのオプションでは 上書き 同名のメディア ブランクメディア その他のメディア を選択) ローカルに保存場所があるジョブは上書きされ問題ありませんでした

  • ARCserve Backupのプリコマンド実行

    ARCserve Backup r16.5とAgent for Virtual Machinesを利用しています。 バックアップサーバーにインストールしたARCserveにてバックアップジョブを作成して仮想マシンのバックアップを取る場合、仮想マシン内のbatファイルをプリコマンドやポストコマンドで実行させる事は可能でしょうか? (batファイルは、仮想マシンのサービス停止などの処理になります) バックアップサーバー上ではなく、仮想マシン上でbatファイルを実行させたいのですが、どなたか設定の方法を分かる方がいましたら、ご教示をお願いします。

  • ARCServeの設定項目について

    参考URLが見つからなかったので、 ARCServeのWindows版について質問です。 テープのクリーニングって、デバイス設定時に自動にチェックを 入れて、 ジョブ開始時から何時間後にクリーニングをするっていう ようなことができるのは手順は分かってます。 それ以外の方法で、バックアップやリストアみたいにジョブの設定で 定期的に何時に実行するようなことっていうような設定って できませんか??

  • ARCserveのバックアップジョブ設定について

    ARCserveのバックアップジョブの設定方法で悩んでいます。 マニュアル等も目を通したのですが、曖昧な点も多いので、ご存知の方がおられましたら教えてください。 やりたいことは以下の通りです。 ■バックアップは平日のみフルで取得 ■テープは全部で10本あるので、1日1本として2週間1セットとしたい ■テープは毎日手動で入れ替える ■万が一入れるテープを間違えても2週間後までは上書きされないようにしたい(例えば、2/1にバックアップを取ったテープは2/15までは上書きされないようにしたい) ■できれば上記を1ジョブで実現したい(無理であれば複数ジョブでもいいのですが…) 1日のバックアップデータ量はテープ1本の中に収まる範囲です。 マニュアルを読んで、メディアプールを作成し、保存日数を13日にすればよいのかな?と考えたのですが、この場合以下が疑問です。 ・上書き禁止はメディアプールの保存日数の方で行うので、ジョブ側のメディアオプションは「上書き(同名のメディア、ブランクメディアのみ)」でよいのか? ・10本のテープを初回の設定時に一通りテープドライブに入れて、メディアプールに割り当てておかないといけないのか? 長くて申し訳ありませんが、分かる方いましたらお願いします。 情報足りなければ捕捉します。

  • ARCserveの最新ソースでリストアする方法

    現在、顧客への提案でARCserve(r11.5 for Windows)を導入しようとしています。 バックアップ対象のAサーバから、リストア先のBサーバへのリストアするジョブの作成が上手くいかず困っています。 Aサーバ:アプリケーションサーバ、DBサーバ Bサーバ:Aサーバと同一構成 作成したいジョブ (1)毎3:00、Aサーバをバックアップを行います。 (2)毎4:00、バックアップしたAサーバの最新データをBサーバで復元します。 このジョブによって、Bサーバに早朝時点では常にAサーバと同期をとるようにしたいです。 しかし、リストアマネージャで選択できるソースはジョブ作成時点のソースのようで、常に最新データをソースとしたいのですが、その方法がわかりません。 常に最新バックアップをソースとするリストアジョブはどのように作れば良いのでしょうか?

  • Backup&Recovery10で起動ディスクの作り方

    表題の通りです。 先日、このソフトでバックアップを取り、復元も可能でしたが、OSが立ち上がらないときのため、起動ディスクを作っておきたいのですが、英語版のため、手順がわかりません。 どなたか教えていただけませんか? 解説サイトでも結構です。 よろしくお願いします。

  • バックアップデータの復元

    WILLCOM03を使用しているのですが、何かあった時の為に、バックアップをするように心がけています。 やはり、端末に異常があった場合、フォーマットまで行なったあとに、バックアップデータの復元をするのですが・・・ ここで、一つ質問です。どなたかご存知でしたら、教えて頂けないでしょうか? 例えば、(1)1/1~1/31までのデータを基本モードでバックアップし、その後、本体をフォーマットします。 フォーマット後、バックアップした(1)のデータを復元する事なく、使用するとします。新しい受信メールのデータ等が増えてきます。 で、1ヶ月程して、例えば(2)2/1~2/28までのデータを再度、バックアップするとします。 それから、データを復元しようと思いますが。 この場合、(1)か(2)のどちらかのデータしか、リストアできないと思うのですが(例えば、(1)をリストア後、更に(2)をリストアすると、(1)は(2)のデータに上書きされてしまいますので)(1)も(2)も、両方とものデータのリストアする方法ってありますか? PCを使用せずに、WILLCOM03本体のみでの操作方法があれば、教えて頂きたいのですが・・・

  • EASEUS Todo Backupでの復元

    最近PCの調子が悪いので、EASEUS Todo Backupでまるごとバックアップしていたものを復元しようと思い、進めましたが「復元先ディスクの選択」のところで下側に示されているパーティション(青い太枠)が4つに分かれて見えます。前の画面の「ディスクのバックアップ情報」(1)System(2)S3A7764D001(C) (3)DATA(D) (4)HDDRECOVERYになっています。これらを一気に復元しようとしてます。このまま進めて、いままでのように、Cドライブ、Dドライブ2つのパーティションになりますか。 OS Win7 32bitです。すみませんがPC初心者です。復元の手順などアドバイスお願いします。 (Winバックアップもありますが毎週、日曜日にバックアップされるようになってますのでPCが調子悪い状態でバックアップされているのかな?EASEUS Todo Backupでのバックアップは調子の良い状態でバックアップしてそのままの状態です)

専門家に質問してみよう