• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

酸性の水溶液と金属

こんにちは。 高1のflankです。 酸の水溶液は、H+(H3O+)を含むため、MgやZnなどの金属と 反応し、H2を発生する。 と教科書に書いてあったのですが、 なぜ、金属を酸性の溶液に入れると水素が発生するのか、 理屈が全くわかりません。 どういうわけで水素が発生するのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数611
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

起こっているのは金属の酸化と、水(というかH^+)の還元です。 マグネシウムや亜鉛が、イオン(Mg^2+, Zn^2+)になるときに、電子を放出します。 この電子をH^+が受け取って、H(水素原子)となります。 といっても水素原子は不安定ですからくっついて水素(H2)となってでていきます。 わかんなかったらまた。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学電池について

    こんにちは、中学3年生です。 学校で、電解質の水溶液に種類の異なる金属を2ついれると電流が取り出せる、と習い、 塩酸に亜鉛板と銅板をいれて実験をしました。 教科書には、Znが、Zn2+になって塩酸に溶け出し、 残った電子は、導線を経て銅板へと流れ出し、塩酸のH+が取り込んで水素分子になる、 また、反応が進むと、亜鉛板は、溶けて小さくなる、とあったのですが、 いくつかの疑問がわきました。 1、金属が溶液に溶けると、必ずイオンになるのですか? 2、イオンは、液体の中でしかならないのですか? 3、単体の物質で、電解質のものってありますか? 4、残った電子は、なぜわざわざ導線のほうに行くのですか?   亜鉛板から直接H+に渡したらダメなんですか? 5、酸性の水溶液に金属を入れると水素が発生しますよね?   銅板も金属なのに、なぜ溶けないんですか? 6、なぜ、塩化亜鉛は、できないんですか?   ひとつでもいいので、ご回答よろしくおねがいします。

  • 化学反応(水溶液の状態、塩)

    こんにちは。 高校化学1の水素H2の製法において、実験室的製法として Zn+H2SO4→ZnSO4+H2↑ という反応がありました。 この反応は、「イオン化傾向がHより大きいZnが酸の水溶液中で水素を発生して溶ける」ということだと思いますが(←イオン化傾向としての説明)そうすると、希硫酸の水溶液中には、Zn+、SO4-、H+、OH-のイオンが存在していると思うのですが、どう考えたらZnSO4という化合物になるのでしょうか? また、確か希硫酸は硫酸の水溶液であったと思いますが、水溶液中で、水の電離[H+][OH-]という現象と、水溶液中における化合物の電離というものがあると思いますが、実際はどのような状態になっているのでしょうか? 水溶液中ではZn+とSO4-というように、イオンに分かれているのではないでしょうか?なぜZnSO4と表示するのでしょうか? 素朴な疑問です。よろしくお願いします。

  • ボルタ電池の電子の流れについて

    イオン化傾向のZn>Cuから, Zn → Zn2+ + 2e-で生じた電子が わざわざ導線を通り,銅の電極まで行って, 水溶液中のH+に電子を渡して水素が発生するという,電子の移動の理屈がわかりません。 銅の表面から,水溶液中の水素イオンに電子を渡して水素が発生するのなら, 亜鉛の表面から,水溶液中の水素イオンに電子を渡して水素が発生することと,何ら変わりがないように思えます。 亜鉛,銅の両極とも,水素イオンを含む溶液に,同じように浸かっているだけなのですが, 銅の方から,水素が多く発生する理由は,何かあるのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#62864

それらの金属は水素よりもイオンになりやすい(イオン化傾向が大きい)からです。 そのため、それらの金属がイオンとなり、水素がイオンではなくなります。 イオンでなくなった水素は単体であるH2になります。 金属はMg^2+やZn^2+のイオンになって溶けてしまいます。 水素よりもイオンになりにくい(イオン化傾向の小さい)金属は、塩酸や希硫酸などの酸化力のない酸には溶けません。 イオン化傾向について調べてみて下さい。教科書や参考書に書かれているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

酸化還元ってもう習ってます?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

中学で、酸化や還元をやったぐらいで 高校でしっかり習ってはいません。

関連するQ&A

  • 化学の沈殿についての質問です。

    化学の沈殿についての質問です。 マグネシウムと亜鉛からできている合金がある。この合金1.000gを酸に溶かしてから塩基を加えて溶液を中性にし、硫化水素H2Sを通じたところ、一方の金属の硫化物のみが沈殿した。この沈殿を水洗いし、乾燥したところ0.097gであった。 この合金に含まれるマグネシウムの質量の割合は何パーセントか。 Mgの質量の割合をX[%]として、ZnとZnSの比でやったんですが、 {1.000g×(100-X)/100}:0.097=65:97 解いた後、疑問が残りました。 沈殿について疑問なんですが、Zn2+ + H2S → ZnS + 2H+ この反応は溶液中の全ての亜鉛イオンで起きているのですか?うまく言えないのですが・・・

  • 塩化マグネシウムは何故、酸性?

    塩化マグネシウムは何故、酸性? 塩化マグネシウムの水溶液も硫酸マグネシウムの 水溶液もは酸性を示します。 何故なんでしょう? 水素イオンは持ってないのに。 配位水が電離するのでしょうか?・・H+とOH-に。 電離しても、OH-も同数発生しないんでしょうか。

  • 金属シリコンからの水素ガス発生反応について

    お世話になります。 半金属であるシリコンは,アルカリ性溶液の中で下記反応により水素ガスを発生すると言われています。 Si(s) + 2OH- + H2O → SiO32- + 2H2↑ ところで,Si(s)は酸性の溶液中では水素は発生しないのでしょうか? 亜鉛(Zn)は,希塩酸の中で水素を発生させるという有名な反応がありますが,Siについてはどうなのでしょうか? また,この反応の温度依存性など詳しいサイトをご存知でしたら紹介いただきたくお願いします。 (SiO32-)のギプスエネルギーが分かれば計算できると思うのですが,こういう基礎的な熱力学的な情報もなかなか見あたらりません。これについてもお分かりでしたらお願いします。 いろいろ質問して恐縮です。お答えできる範囲でお願いします。

  • イオン化傾向の基礎教えてください。

     亜鉛の塩の水溶液に(水中にZn2+) Mgを入れると、Mgの方がイオン化傾向が大きいので、Mgが2個の電子を 出してMg2+となって、水溶液中に溶け出してZnは電子を2個もらってZnとなるんですよね、 基本的な事をお尋ねしますが (1)そもそも、Znが2+である事は、どこでわかるんでしょうか たとえば族とか・・覚え方があれば知りたいです (2)金属を塩の水溶液に入れると、何らかの+が発生するのでしょうか? マイナスになる時はどんな時ですか? (3)イオン化傾向の金属=試験に出やすい一般的な金属原子すべてと認識して   いいものなのでしょうか? 専門的知識はまったくないのでわかりやすく説明していただけるとうれしいです。 どうぞよろしくお願いします。

  • 金属の酸化還元反応について

    金属の酸化還元反応について質問させていただきます。 イオン化傾向がH2より大きい金属(K~Pb)にHClなどの酸をかければ、H+が還元されて金属が溶けますよね。 また、イオン化傾向がH2より小さい金属でも、AgまでならHNO3などの酸化剤をかければ同じく金属が酸化されます。 では、初めに述べたK~Pbの金属の単体に酸としても酸化剤としても作用するHNO3をかければどうなりますか? 水素と一酸化窒素、どちらが発生するのでしょうか? 或いはどちらとも発生するのですか?

  • 金属の酸化還元反応の所でわからないところが

    こんな問いがあったのですが 次の金属と、化合物(水溶液)との組み合わせで反応するものは変化をイオン反応式で表し、反応しないものは×を示せ (1)Mg(金属),NaCl(水溶液) (2)Zn(金属),(CH3COO)2Pb(水溶液) (3)Hg(金属),AgNO3(水溶液) (4)Al(金属),HCl(水溶液) という問題なのですが、解答では 1番が×で 2番がZn+Pb2(+)→Zn(2+) 3番がHg+2Ag(+)→Hg(2+)+2Ag 4番がAl+H(+)→Al(3+)+H2 となっているのですがなんで1番が×になっていて 他の式もどうやって求めるのかどうやっても全然わからず困っています いったいどうやったら式を求めたり×とわかったりするのでしょうか? お願いします

  • 過マンガン酸カリウム水溶液

    希硫酸に溶けて2価の陽イオンになり、その溶液を硫酸酸性のうすい過マンガン酸カリウム水溶液(赤紫色)に入れると、その色が消える金属は何があるんでしょうか?宜しくお願いします。

  • 電離度と価数について

    こんにちは。 高1のflankです。 酸や塩基の酸性や塩基性の強さは、電離度に関係するが、 価数には関係しない。 と習いました。 酸性や塩基性は要するにH+やOH-の物質量に関係するんですよね?? そうすると、電離度が高いと酸性や塩基性が強くなるというのは 納得がいくんですが、価数が多くてもH+やOH-の物質量が増えて、 酸性や塩基性が強くなると思うのですが・・・。 どちらが正しいのでしょうか。

  • 硫化物の沈殿について教えて下さい。

    金属イオンのイオン化傾向が大きいもの(Al3+やNa+など)は沈殿せず、Ni2+やMn2+などは中性・塩基性で沈殿をつくりNiSやMnSをつくる。イオン化傾向の小さいもの(Ag+やCu2+など)は液性に関係なく沈殿すると習ったのですが、どうしてイオン化傾向が大きいと沈殿をつくらなくて、小さいと沈殿をつくるのですか? どうやら溶解度積が関係あるらしいのですが、資料集には硫化水素は水溶液中でH2S⇔2H+ + S2- と(⇔は平衡のときの矢印です)電離しているので酸性溶液中では[S2-]が小さい、ということと0.1mol/LのCu2+を含む酸性溶液と同量のFe2+を含む酸性溶液とそれぞれに硫化水素を通じたときに【[Fe2+][S2-]が溶解度積Ksp(FeS)に達せず、沈殿は生じない】ということしかかいてなくて…【】のなかのことが詳しく知りたいのですが… うまく説明できなくてごめんなさい…。 あと、陰イオンの検出でS2-の検出につかうのはZn2+、Cd2+、Pb2+と書いてあるのですが、どうして他はだめなんでしょうか…? どうかお返事宜しくお願いします。

  • 電気分解を解いているときに...

    電気分解に関する質問です。これの解き方について, 私の持っている参考書には以下のように書いてありました。 -------------------------------------------------- 陽極  (1) 白金,炭素以外→電極がイオンとなって溶け出す  (2) ハロゲン化物イオンがある→その単体が生成  (3) その他→酸素が発生※1 陰極  (1) Zn よりイオン化傾向が低い→その単体が生成  (2) Al よりイオン化傾向が高い→水素が発生※2 ※1 酸性水溶液以外では,次の反応により電極付近は酸性になる。 2H20 → O2↑ + 4H+ + 4e- (塩基水溶液 4OH- → 02 + 2H20 + 4e-) ※2 酸性水溶液以外では,次の反応により電極付近は塩基性となる。 2H2o + 2e- → H2↑ + 2OH- (酸性水溶液 2H+ +2e- → H2) -------------------------------------------------- 私はこの手順を暗記して解いているのですが,硫酸ナトリウムを電気分解する問題で,良く分からない点がありました。 陽極の反応で(3)を適用し,硫酸ナトリウムは酸性水溶液だと思ったので,手順に従い以下の反応式を書いたら,正解でした。 (2H20 → O2↑ + 4H+ + 4e-) しかし,陰極での反応は酸性水溶液の反応を書いたら間違いでした。 (2H+ +2e- → H2) なぜでしょうか。 また,なぜ※1や※2のようなことが起こるのでしょうか。ここさえなければ電気分解は簡単なのですが…。高校の範囲ではとりあえず暗記しておけ,という項目なのでしょうか。 分からない言葉があれば当方で調べるので,詳しく説明して頂ければ幸いです。