• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

著作権に関する質問なのですが。。。

こんにちは。 著作権に関する質問です。 映画やアダルトビデオのパッケージの画像を、ブログに貼り付けて公開する事は、違法で著作権侵害にあたりますか?。 アダルトビデオの映像をブログやサイトに転載して公開する事も違法でしょうか?。 法律に詳しい方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数144
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>映画やアダルトビデオのパッケージの画像を、ブログに貼り付けて公開する事は、違法で著作権侵害にあたりますか?。 著作権者の了解がないと違法です。著作隣接権の侵害になります。 >アダルトビデオの映像をブログやサイトに転載して公開する事も違法でしょうか?。 同様に違法です。 写真や映像は著作物で、著作権法により著作者はその画像や映像をどこで公開するかを決定できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作権について

    インターネットで少しいいなーと思って画像をブログに使いたいなーと思ったのですけど・・・その画像は著作権、対象と書かれており、無断で転職はだめだそうです。 「よく著作権侵害だ」などと聞きますが、著作権侵害とはどういったことでなるのですか? インターネットで、よくウェブページであるとこから取った画像を張り、~~~参照と書いている人がいますよね・・・そうすれば著作権侵害にならないのでしょうか? 著作権についてください。

  • 著作権について

    著作権についてですが、画像などを取ってきて転載などをするのは駄目だということですが、このgoo様の簡単ホームページのガイドライン「ホームページサービスご利用にあたっての禁止事項」に書かれている著作権では、アニメのキャラクターの似顔絵等を描き、それを転載するのも著作権侵害になるということになるのですが、正直それはおかしいと思うのです。 どうなのですか? 教えてください。 おねがいします。

  • 著作権について疑問があります

    ブログで、他社のサービスを紹介する際に、キャプチャ画像やリンクを張るのは、著作権侵害にあたるのでしょうか? よく見かけるのですが、個人だから放任されているのでしょうか? 企業ブログ=ビジネスブログで同じことをした場合は、著作権侵害になって訴えられたりするのでしょうか? 現在、企業ブログを制作するにあたって、 決まりをつくっており、著作権によっては、大きく方向転換する必要があり、困っております。 どなたか、ご存知でしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

ウェブサイトやブログにパッケージ画像を掲載する行為が、何でもかんでも著作権侵害になるわけではありません(何となくヤバそうというだけで違法だの侵害だの触れて回る人もいますが)。 まず、第一に、そもそも「複製した」といえない程度の使い方であれば、もとより問題となりません。たとえば、部屋の写真を撮ったら机の上にあったビデオのパッケージが写っていた、とかいった場合です。 次に、著作権法32条にいう「引用」としての利用であれば、正々堂々とパッケージ写真を利用しても構いません。 適法な引用といい得るためには、 ・批判、報道、参照など目的が正当であること ・外見上、引用された部分が明らかであること ・質的・量的に自己の著作部分が主、被引用部分が従となる関係にあること ・出典を明記すること(著作権法48条) が必要です。 ただし、引用というためには、その批判、参照等の目的となる対象が、その著作物それ自体でなければなりません。つまり、パッケージ画像を使用するなら、そのパッケージ画像についての批評でなければならず、内容である映画についての批評であってはなりません。 (逆にいえば、映画そのものの内容について批評する際に、映画の1コマをキャプチャーして掲載することは、引用にあたる場合があります。) (なお、蛇足ながら、パッケージ画像の著作権と、中身である映画の著作権は異なる権利です。映画の著作権の問題があるからといって、100%パッケージ画像についても同じ理屈が通るわけではありませんし、その逆も然りです。) というのが法律の話ですが、一般人の感覚でいえば、パッケージの外観がなんとなく分かる程度の小さな画像であり、映画の内容を批評するものであって、ストーリーの核心に触れるようなことがなければ、たぶん大丈夫なんじゃないかなぁ、という感じだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

もう少し詳しいことを言いますと、映画というのは、複数の著作権の かたまりであることに注意してください。  音楽、カメラマン、出演者、ナレーター、脚本家、アシスタント に至るまで、すべての人たちの共同著作物なのです。ですので、その うち1人から許諾がえられたとしても、他のひとからの許諾が必要です。  かなり注意が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作権

    以下の著作権はどうなっているのかを教えてください。 (1)Aさんがイタリア語の曲を作ったとします。その音楽は100年以上前に作られたもので、著作権はなくなっています。 Bさんはその歌をそのまま歌い、CDをだしました。 Cさんは英語に訳して歌いCDをだしました。 この場合、Bさんが歌ったので、Aさんの曲の著作権はBさんの方に行くのでしょうか。 Cさんは英語に訳したので、Cさんが歌ったものはAさんの作品とは関係なくなるのでしょうか? また、Aさんがまだ死んでいない場合、CさんがAさんの許可なっく英語に訳したものはAさんの著作権侵害になるのでしょうか。 (2)Dさんが作った詩があるとします。その詩は100年以上前のもので著作権はなくなっています。 この詩をE雑誌に掲載したとします。 F小説家さんは自分の作品にDさんの詩を書きました。 FさんはE雑誌のことを知らずに小説に書きました。これはべつになんでもないことですか? もしE雑誌に載っていたことを知っていたとしても、特に罪になるわけでもないですよね? (3)Gという映画が今公開されているとします。 Gという映画はHという作者不明の詩をもとに作られました。 Hの詩を書いた作者が映画公開中にあらわれました。 そのHの詩を書いたという事実ははっきりしています。 そしてその作者はその映画を著作権侵害で訴えました。 Gの映画はどうなってしますでしょうか。 長い文になってしまいました。 分かりやすくしたつもりなのですが。 回答よろしくお願いします。

  • 著作権についてです

    ブログなどにアニメや漫画の画像の無断掲載は著作権を侵害しているので法律違反なのはわかっています。 色々なブログを見ていると画像を無断掲載しているにも関わらずブログの管理者に許可なしでその画像の転載やダウンロードを禁じているのを見かけます。 もしかしてそのブログの管理者って頭がおかしいのでしょうか?

  • 投稿サイトの著作権について

    著作権に詳しい方、ご教授いただけたら幸いです。 投稿サイトに投稿した時の、投稿内容を転載すると著作権侵害になるのでしょうか。 例えば、海外の詩の投稿サイトがあったとします。 そのサイトは、アマチュアの方(何をもってアマチュアとするか、という定義の問題がありますが、いまそれはひとまずおくとして。つまり著名な詩人のサイトではなく、あくまでも詩を投稿したいという人のためのサイト、という意味です)の詩が投稿されているものだと思ってください。 そのサイトに投稿された詩に感銘を受けて、それを自分のブログで日本語に訳して載せた場合、そのサイト運営者もしくは投稿者に訴えられることはあるのでしょうか。 あるいは、例えば価格コムの口コミ掲示板で、レンズやカメラの場合、ユーザーが撮った画像をアップしますよね。その画像自体の著作権というのは誰が有するのでしょうか。そしてその画像を転載した場合侵害行為になるのでしょうか。 上のいずれも、転載したサイト(ブログ)は、あくまでも多くの方に見てもらいたい(読んでもらいたい)という意図で設けられていて、閲覧する方からはお金はいただかないものとします。 質問の意図は、まさに上に書いたとおりなのですが私が個人で持っているブログに、他の方の書いた詩や写真を許可を得ずに載せる行為がどの程度いけないことなのか、モラル的に×だけど法律上はセーフ、とか、モラルも法律上もダメ、とか、あるいは両方ともセーフとか。知人の中には、「投稿サイトに投稿した時点で少なくとも投稿した人は著作権を主張できないはず」と言うものもおります。ただ、それでもその投稿サイトを運営している人や会社から訴えられる可能性があるのであれば、避けなければいけないな、と思いました。 すみません、無知な質問ですし、何か肝心なことが抜け落ちている質問かもしれませんが、ご教授下さい。

  • 著作権について

    ブログをはじめたのですが、映画紹介の際、画像が入れられたら楽しいだろうな、と思います。 goo映画のフォトギャラリーからコピーして、ブログにアップするのは著作権侵害なのでしょうか? カテ違いだったらごめんなさい。お分かりになる方、教えていただけると嬉しいです。

  • 著作権について 

    またまた著作権についてm(__)mサロンパスの公式サイトに載っているサロンパスなどの商品の画像のリンクをブログに貼って、その画像をクリックするとサロンパスの公式サイトにいけるようにしたいです。見た目は広告みたいになる予定です。著作権侵害になるのでしょうか?

  • 著作権関係です

    著作権関係の質問ですが、ここのほうが 詳しい方がいると思い質問します。 知りたいのは、本のカバーの写真をネットで 公開する場合、どこからが著作権侵害となるか です。多分、公表権というのだと思いますが。 自分が読んだ本の感想をまとめたページを 公開しようと考えています。その際、その本の 表紙をデジカメで写したものを一緒に載せたいと 考えています。許可なくカバーの 写真を使えば、著作権侵害ですね。 しかし、カバーが少しでもが写っていたら、 著作権者の許可を得なければならないとすると、 例えば本棚を背景にした写真、あるいは映画の ワンシーンなど公開困難になると思います。 写っていても、著作権侵害にならない限度、或いは 条件があると思うのですが、どういった基準があるのでしょうか? 文部科学省の、公式見解などがあるのでしょうか? 客観的な、判断基準を御教え下さい。

  • 著作権?

    絵描きさんのホームページを見ていると、無断転載禁止など著作権に関する注意書きがありました。 結構強い調子で書かれていたのですが、イラストを見てみると2次創作がメインだったので、これってそもそも著作権侵害物なのでは? こういった物に対して著作権を主張できるものなのでしょうか? 極端な話、このイラストをステッカーか何かにして売ったとして、この絵描きさんが賠償を求めたりといったことは可能なのでしょうか?

  • 著作権

    著作権 とても初歩的な質問になりますが、良くブログなどでアニメのキャラクターの画像を載せているものが目に付くのですがこれは問題は無いのでしょうか? キャラクターの名前を検索するとたくさん画像がでてきてそれを引用すると著作権侵害になりますか? 会社のホームページで使うと問題になりますが、個人で使う場合は問題にならないということですか? よろしくお願いします。

  • 歌詞の著作権について

    歌詞の著作権についてなのですが、そのままブログなどに歌詞を書くことは、著作権侵害になるということは知っています。 歌詞を方言にして掲載することも、著作権侵害になるのでしょうか?それともグレーゾーンなのでしょうか? 初歩的な質問かもしれませんが、調べてもよくわかりませんでしたので、回答していただけると嬉しいです。

  • 著作権侵害をネットで公言すると名誉毀損?

    著作権侵害の事実、証拠などを、著作権保有者が、ネットで公開すると 著作権侵害をしている法人・個人から、営業妨害や名誉毀損罪で訴えられることがありますか? また、このようなことは過去にあるのでしょうか? ネット上の著作権侵害は、著作権侵害を警察に親告して告訴して有罪にならない限り、 著作権侵害は事実かどうか確かではない、という扱いになり、 著作権侵害の事象を公開した著作権保有者は、名誉毀損とみなされるのでしょうか? 公開の内容は、著作権を侵害している箇所、証拠、著作権を侵害している内容の説明までです。 ウェブ魚拓やサイトの保存画像を使用します。 証拠の説明で、著作権侵害サイトの保存画像(JPEG,GIFなど)を掲載すると、 逆に、著作権侵害サイト側から、サイトの著作権侵害をしていると訴えられる気もするのですが、 この点は、問題無いのでしょうか? そもそも、例が無いのでしょうか? 著作権侵害をしている法人・個人を、犯罪者とは公言しません。 著作権侵害は親告罪なので告訴して有罪とならない限り、犯罪者とはいえませんので。 あたりまえですが、公開で、著作権侵害をしている者を誹謗・中傷はいたしません。 公開するのは、証拠の掲載と説明のみです。