• 締切済み
  • すぐに回答を!

2つの酸が混合された溶液のpHの求め方

二種類の酸(HA1,HA2)をそれぞれC1,C2[M]溶解した溶液のpHを、各酸解離定数を用いて計算することはできますか?(試験問題に出たときに) それぞれ関係式をたてると、pH=pKa+log([Aa^-]/[HAa])(a=1,2)とたてて、各々の式をたすと、2pH=(pK1+pK2)+log([A1^-][A2^-]/[HA1][HA2])となるかと思います。さらに物質収支式をたてると、Ca=[HAa]+[Aa^-](a=1,2)。電荷収支式より、[H^+]=[OH^-]+[A1^-]+[A2^-]となります。これらの式だけでは、どうにも解ける気がしないのですが。。。 宜しくお願い致します。

  • 化学
  • 回答数2
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)
回答No.2

#1の方は書いておられるように足しては駄目です。書かれている式の中に矛盾があります。pH=pKa+・・・の式は間違っています。 まず pH=-log[H+]です。 これは酸の種類には関係しません。定義です。(薄い酸を前提にしています。0.1mol/l程度以下だとしておいて下さい。濃度は混合後のものです。) この場合の2つの酸に対して次の6つの式が成り立ちます。 Ka=[H+][Aa-]/[HAa](a=1,2)  Ca=[Aa-]+[HAa]    (a=1,2)  [H+]=[OH-]+[A1-]+[A2-] [H+][OH-]=K0 (水の解離平衡)          未知数は[H+]、[OH-]、[HA1]、[A1-]、[HA2]、[A2-]の6つです。定数が与えられているとしたら解くことが出来ます。ただし数値解法になります。他の量を消去して[H+]だけの式にして下さい。その結果が求まれば初めの式に入れてpHを求めます。 滴定曲線のカーブを求める場合でも高次方程式が出てきます。塩酸を水酸化ナトリウムで中和していくときであれば[H+]についての2次方程式です。手計算で可能です。酢酸を水酸化ナトリウムで中和していく場合は3次方程式になります。炭酸を水酸化ナトリウムで中和する場合だったら4次方程式になります。これを私はニュートン法で解いたことがあります。滴定曲線の全体を求めるときは近似解を使うことはできません。

  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1631/3289)
回答No.1

濃度,pKa に具体的数値が与えられなければ近似の立てようがありませんから,これだけの条件からは連立方程式を [H+] について解けばよい,という以上のことはいえないでしょう.一般的には解けないでしょう. >各々の式をたすと 足しても意味がありません.それぞれが連立方程式の構成要素として意味があるのに,無意味に足したのでは台無しです.

関連するQ&A

  • 弱酸と弱塩基を含む混合溶液のpH

    濃度CAの弱酸HAと濃度CBの弱塩基NaAを含む混合溶液のpHが以下のようになることを導け。 (酸解離定数をKaとする)   pH = pKa + log(CB/CA) -------------------- 弱酸のpHは   pH = 1/2(pKa - logCA) 弱塩基のpHは   pH = 7 + 1/2(pKa) + 1/2(logCB) で求められると教わりました。 上記2つの式は導けたのですが、混合溶液になるとうまくいきません。 どなたか回答をお願いします。 m(_ _)m

  • pHの比率について

    大学の化学の練習問題についての質問です。 問題は、以下の通りです。 ある酸(HA)のpKが6であるとき、が4、5、6、7、8での酸(HA)と塩基(A⁻)の比率はいくらか。 そして、答えは、pH=pKa+log[A⁻]/[HA]という公式をつかい、 順に0.01、0.1、1、10、100となるのですが理解できなくて困っています。 ちなみに、4=pK6+(-2)まではわかりますが、そこから0.01に導くまでの過程がわかりません。 それでは、よろしくおねがいします。

  • pH=7.4の緩衝溶液の作り方。

    pH=7.4の緩衝溶液の作り方について考えてみたので、考え方としてあっているか見てください。 Henderson-Hasselbalchの式が適用できる緩衝溶液において、 緩衝能を示すpHの値の範囲は、pka-1<pH<pka+1であるので、 ここで対応するリン酸のpkaはH2PO4-のpkaであるから、 H2PO4-の解離の基準を考えると、 KH2PO4→K+ + H2PO4- H2PO4-←→H+ + HPO4(2-) Na2HPO4→2Na+ + HPO4(2-) HPO4(2-) + H2O←→H2PO4- + OH- (ここで、HPO4(2-)←→H+ +PO4(3-)も起こっている可能性があるが k3=[H+][PO4(3-)]/[HPO4(2-)] pH=pk3+log([PO4(3-)]/[HPO4(2-)] 10^(pH-pk3)=[PO4(3-)]/[HPO4(3-)] ここで、pH=7,4、pk3=12,32を代入すると、 10^(-4,92)=[PO4(3-)]/[HPO4(3-)] したがって、[PO4(3-)]:[HPO4(2-)]=10^(-4,92):1であり、 [HPO4(2-)]>>[PO4(3-)]であるので、HPO4(2-)←→H+ + PO4(3-)の反応は無視する。) 質量収支により、C(KH2PO4)=[K+] C(KH2PO4)=[H2PO4-]+[H+]-[OH-] C(Na2HPO4)=[Na+] 電荷収支により、[K+]+[Na+]+[H+]=[H2PO4-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] 質量作用の法則より、 k2=[H+][HPO4(2-)]/[H2PO4-] pH=pk2+log([HPO4(2-)]/[H2PO4-]) [H2PO4-]=C(KH2PO4)-[H+]+[OH-] C(KH2PO4)+C(Na2HPO4)+[H+]=[H2PO4-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] C(KH2PO4)+C(Na2HPO4)+[H+]=C(KH2PO4)-[H+]+[OH-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] C(Na2HPO4)+2[H+]-2[OH-]=2[HPO4(2-)] 1/2C(Na2HPO4)+[H+]-[OH-]=[HPO4(2-)] したがって、pH=pk2+log(1/2C(Na2HPO4)+[H+]-[OH-])/(C(KH2PO4)-[H+]+[OH-]) pH≒pk2+log(1/2C(Na2HPO4))/(C(KH2PO4)) pH≒pk2+log(C(Na2HPO4))/(2C(KH2PO4))

  • 酸解離定数とpHについての質問です よろしくお願いします

    はじめまして☆ 大学1年生の者です。 早速ですが、よろしくお願いします。 濃度0.10mol/lの弱酸(HA)は以下の式で解離し、その酸解離定数は1.8×10^-5である   HA+H2O←→H3O+ + A- (1)この弱酸(HA)の酸解離定数を表す式を書きなさい。 (2)この弱酸(HA)のpHを計算しなさい。 一般教養の化学の問題ですが、文型なのでまったく分かりません。よろしくお願いします。

  • pKaからpHを求める

    タイトルの通りです・・・ ある弱酸AHの濃度がCmol/lの溶液があって酸解離定数pKaは分っています。 この条件でpHは分りますか? pH=Ka-log([A-]/[AH])の式を使うのかと思ったのですが[A-][AH]を銅処理していいのか分らなくなってしまいました。 ヒントでも構わないのでお願いします

  • 物質のpKaとpHとの関係について

    ある物質のpKaが7だとすると pH4の溶媒 pH7の溶媒 pH10の溶媒 に溶かしたとき、どのような状態になるのでしょうか? pKaが7だとすると、 pKa=-logKa=7 → ka=[H+][A-] / [HA] = 10^(-7) とpKaが小さい方が酸を出しやすいというのはわかるのですが、 pHでどのように影響を受けるのかがわかりません よろしくお願いします。

  • アミノ酸に関する問題

    問題をといてて自信が無いので教えてください。 (1)pH7.0におけるヒスチジンの側鎖にあるイミダゾール基が電荷をもつ割合は全体の何パーセントか?イミダゾール基は塩基性官能基である 各pKaは α-cooh 1.82 α-NH2:9.17 側鎖:6.0 である Ka=(A-)(H+)/(HA)を使って pKa=pH-log(A-)/(HA)とし代入して 6=7-log(A-)/(HA) ⇔1=log(A-)/(HA)⇔(A-)/(HA)=10 10%・・?なにか違う気がします。 (2)アミノ酸の溶解度は一般に中性付近よりも酸性・アルカリ性に偏ったpHで増大する。理由を述べよ。 だいたい中性付近は等電点で溶解度が0になるから。 ではだめでしょうか? ご教授おねがいします。  

  • 解離度αをpHとpKで表す

    「ある酸(AH)の解離度αをpHとpKで表す式を導きなさい」 という問題が宿題で出ているのですが、さっぱりです。。。 助けて下さい!!よろしくお願いします!!

  • 緩衝液についての問題

    「酢酸ナトリウムと酢酸を用いて、pH5.22、0.1Mの酢酸緩衝液を1ℓ作る。ただし、酢酸の酸解離定数は1.8^-5、pKa=4.74とする。それぞれの試薬をどのくらい用いればよいか。ただし、酢酸ナトリウムの分子量は82、酢酸溶液は17.4Mとする。また、log3≒0.48である」 という問題なのですが、何となくpH=pKa+log[A-]/[HA]の式を使う、というのはわかり、これとやや形の違う問題なら解けたのですが、どうもこの問題の形になると解き方がわかりません。みなさんにとっては簡単すぎる問題かもしれませんが、教えていただければ幸いです。

  • PKaとPHの関係について

    PKaは、その物質がイオン型と分子型に解離するとき イオン型:分子型=1:1 になるpHだと言うことはわかったのですが、 pHを変化させた場合、分子型もしくはイオン型が何%の存在比になるのかがいまいちわかりません。 例えば安息香酸だったらPKa4,2だから、 pH4,2のときに50%のイオン型が存在するんですよね? そうすると、pHを上げた場合(例えば3,2)は イオン型と分子型は何%ずつになるのかがわかりません。 A- PKa=-log---- + pH AH という式を習ったのでこれを使って計算する方法で 教えていただけると助かるのですが・・・ よろしくお願いします。