-PR-
締切済み

サッカーのゾーンディフェンスについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.21762
  • 閲覧数120
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (12/12)

選手生命を長くする為に又テレビで見ていて 組織プレー
を楽しむ為に もっとゾーンディフェンスを多用したほうが良いと思うのですが この考えは間違っていますか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 14% (50/336)

こんにちは、あなたの質問の答えには、サッカーの歴史が関係してきます。1970年代以前は、完全にポジション 毎に、攻撃範囲・守備範囲を決めて行っていました。 つまり、フォワードの人が守備をする事は無く、又、バックの人が、前に出て行って点を入れるという事はありませんでした。この時代までは、それが、サッカーの常識だったのです。 ところが、ワールドカップ2大会連続準優勝のオランダが トータルサッカ ...続きを読む
こんにちは、あなたの質問の答えには、サッカーの歴史が関係してきます。1970年代以前は、完全にポジション
毎に、攻撃範囲・守備範囲を決めて行っていました。

つまり、フォワードの人が守備をする事は無く、又、バックの人が、前に出て行って点を入れるという事はありませんでした。この時代までは、それが、サッカーの常識だったのです。

ところが、ワールドカップ2大会連続準優勝のオランダが
トータルサッカーを生み出しました。これは、現在のスタイルですが、全員で攻撃し全員で守備をするというスタイルです。

当然バックの人も前線に出て行くので、ポジションチェンジの機会も多くなり、急に逆襲されたときなどは、ゾーン
ディフェンスでは、まかなえなくなってきます。

それと、よく「第2列から飛び込んでシュート&ゴール」
というパターンがありますよね。

これはゾーンで守っているとよくやられるパターンで、
マンツーマンでないが為に、ノーマークの選手に飛び込まれてゴールされてしまいます。


<選手生命を長くする為に>

という事ですが、ちょっと意味が判らないので、宜しければ、補足願います。

選手生命を長くするという言葉から思い浮かぶのは、

 ケガをしない

ということですが....
お礼コメント
ito0917

お礼率 100% (12/12)

どうも有り難う御座いました。サッカーの歴史が良く分かりました。私は素人なのですが、ゾーンディフェンスの方がスライディングとかがすくなくて、ケガの減少に結びつくのではないかと思いました。
投稿日時 - 2000-12-25 07:43:33
関連するQ&A


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ