• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アルケンの臭素水との反応で・・・

アルカンの臭素水との反応の実験で、 攪拌前の試験管は二層に分かれ下が臭素水の黄色で上が炭化水素の無色となっているときに、攪拌するとアルカンは臭素とは反応しないので下が黄色上が無色のままで変らないと思うのですが、実験結果では下が無色で上が黄色となっていますが、なぜなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数2170
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#62864
noname#62864

常にこうなるというわけではありませんが、ご質問のような実験結果については、以下のような説明が可能です。 すなわち、臭素はアルカンに溶けます。 アルカンが着色したのは、水層の臭素がアルカンの方に溶けたからでしょう。 また、臭素が水に溶けた場合、一部が下記の反応を起こし、臭化水素と次亜臭素酸(HOBr)になり、それらはいずれも無色であるため、水層の臭素濃度が低下すれば、無色になることもあり得ます。 Br2 + H2O → HBr + HOBr ただし、このことは臭素水の濃度にもよるでしょうから、色の変化が常にそのようになると言うわけではないと思います。 ちなみに、Br2が水に溶けるときの反応は、Cl2が水に溶けるときの反応と同じだと考えればわかりやすいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 脂肪族炭化水素の性質の実験について

    脂肪族炭化水素の実験で、アルカン、アルケン、アルキンの性質を調べました。アルカンについてで、水上置換でブタンで満たした試験官に臭素水を加え振った後、1本は光にあて、もう一本はアルミハクで覆いました。2本とも薄黄色、と同じ結果になったのですが、このことからブタンの化学的性質はどのようなものといえるのでしょうか。なぜこうなったのかの考察がレポートで書けずに困ってます。また、臭素水と1-ヘキサンを加え混ぜたものは無色透明になったのですが、このことから臭素水との反応は何がいえるのでしょうか。 また、アルケンの性質では、1-ヘキサンを2,3滴入れた蒸発皿を点火したら一瞬で炎が出て消えた考察がわかりません。  どなたか教えてください。お願いします!

  • 臭素化

    高校化学の教科書等では、不飽和炭化水素気の臭素化反応では、Br2の褐色が脱色し、無色になることでこれを確認できるとあります。ここで疑問なんですが、臭素の脱色が行われなくなった瞬間、つまりBr2を加えて色がついいた瞬間(その手前?)が、完全に臭素化が済んだときと考えていいですか? おながいします

  • 油脂と臭素の反応

    ヤシ油、大豆油、アマニ油のそれぞれに臭素水を加えたときの結果ですが…。 ヤシ油…二層に分離。上層は白い固体。下層は無色透明の液体。 大豆油…二層に分離。上層は黄色い固体。下層は無色透明の液体。 アマニ油…二層に分離。上層は黄色い固体。下層は無色透明の液体。 これは、ヤシ油が臭素と反応し、大豆油・アマニ油は臭素と反応しなかったということでしょうか?でも、ヤシ油の成分はほとんどが飽和脂肪酸で、大豆油とアマニ油は不飽和脂肪酸が大部分だから、ヤシ油と臭素が反応して臭素の色が消失するのは変な気がします。 どうしてこのような結果になったのか、また、この結果から何がわかるのか、どなたか教えて下さい。(><)

  • スチレンと臭素の反応

    スチレンの入った試験管に臭素を加えると臭素の色が脱色しますよね?この反応の反応式を知りたいのですが、いろいろ検索してもわかりません。教えてください。

  • アルケンの検出(不飽和炭化水素と臭素の反応)

    (1)4本の試験管にそれぞれ0.2gの1-オクテン・スチレン・桂皮酸・テトラクロロエチレンをとり、それぞれ5mlの酢酸を加えて溶かす。別の一本の試験管に5mlの酢酸を入れ、これをブランクとする。 (2)これら5本の試験管に駒込ピペットを用いて臭素の酢酸溶液を10滴ずつ滴下し、色調の変化、経時変化を観察する。 以上の実験手順で実験した場合の反応生成物や、反応機構、中間体、4つの化合物の反応性の違いについて教えてください。

  • アセチレンと臭素水の反応について。すげー焦ってます(汗)

    アセチレンと臭素水(赤褐色)を反応させると、テトラブロモエタンになって無色透明になりますよね。 私の班では、透明にはならなかったものの薄くはなりました。 4時間後には透明になっていたと後で先生に聞きました。 今日、図書館に行って本をあさったんですけど…。 文献によって、そのテトラブロモエタンの色が違うんです。 ある本では「黄色」とかかれ、ある本では「無色」と書かれ…。 そこで疑問に思ったんですけど、 テトラブロモエタンって、時間がたつと黄色から透明になったりするんでしょうか? それともただ単に、時間が足りなかっただけでしょうか?

  • 化学問題に関してご教示お願いします

    >  臭素水とヘキサンを混ぜ、臭素をヘキサン層に移した。 ヘキサン層だけを別の試験管に移し、この試験管に塩化カルシウム(1)を加えた後、ヘキサン 層を2つに分ける。  2つにわけた一方に1-ヘキセンを加えた。よく振ると溶液(臭素)の色が消え、無色に なった。 <1> (1)塩化カルシウムを入れた理由とそのはたらきをこたえてください <2>1 1-ヘキセンを加えたあとの臭素の色が消えた反応名を答えて下さい

  • 臭素化に臭化銅を用いた理由について

    先日、大学の有機化学実験で、4’-ニトロアセトフェノンの臭素化の実験を行いました。 この際、アルキル(メチル)基を臭素化するのに、クロロホルムで4’-ニトロアセトフェノンを攪拌溶解させた後に、臭化銅(II)を入れ、3時間加熱攪拌して臭素化を行いました。 ここで、なんで臭素ではなく、臭化銅を用いたのかよくわからないのですが、どなたかわかる方はいらっしゃいますでしょうか? 個人的にはクロロホルムは溶媒として、臭化銅は臭化水素となる臭素と臭素化のための臭素であると思っているのですが、それだったら銅の必要性は。。。? 回答よろしくお願いします。

  • シクロヘキサンのラジカル連鎖反応について

    炭化水素に関する実験のレポートで質問があります。 シクロヘキサン2mLに臭素四塩化炭素溶液2mLを加え、これを日光に当てたとき、臭素四塩化炭素溶液の色が薄くなり、気体発生を伴いました。 このとき、シクロヘキサンのラジカル連鎖反応が起きていると思うのですが、その連鎖開始、連鎖成長、連鎖停止の各段階を示せなくて困っています。

  • 亜鉛と硝酸

    金属と酸の実験を行ったのですが、それについての質問です。 「亜鉛と希硝酸の反応」 試験管に亜鉛粉末を入れ、3mol/l希硝酸約1mlを直接いれると試験管内に黄褐色(黄色?)の気体が発生しました。 その後、試験管を加熱すると激しく反応し無色の気体が発生しました。 この実験で、無色の気体はH2かNO2かだろうなと検討はついたのですが、その前に発生した黄色っぽいガスが何なのか分かりません。 希硝酸との反応でもNO2は発生するのでしょうか? 分からないので、教えて下さい。宜しくお願いします。