• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

赤紫色の波長

光は電磁波の一種で、波長が 700A 程度なら赤色、400A 程度なら紫色でその中間に橙黄緑青などが有るというのは分かります。 それでは赤紫という色はどうなのでしょうか。赤と紫の中間程度の波長なのでしょうか。それなら緑色になりそうですよね。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5063
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>波長が 700A 程度なら赤色、400A 程度なら紫色 1オングストローム(Å)=0.1nm(ナノメートル)ですので単位の間違いですね(1桁ずれています)。正しくは 波長が 700nm 程度なら赤色、400nm 程度なら紫色 です。 まず光のスペクトルの波長は連続して存在し、そのうち可視光は赤から紫までの350nm連続して存在するということ。 一方、人間の眼の色覚細胞である3種類の色を認識する錐体細胞(S,M,Lの錐体細胞)で色を分担して認識しており、黄色の波長はMとLの錐体細胞の両方で黄色の波長を刺激量を知覚し、両者の差分を脳の中で強調処理して黄色と判断します。 各錐体細胞の波長の刺激の反応する感度のグラフをご覧ください。 →http://www.geocities.jp/aji_0/color.html の最初の図 必ずしも黄色の波長を黄色として知覚する錐体細胞があるわけではありません。また緑から赤のスペクトルを知覚するMとL錐体細胞の感度曲線もほとんど重なり合っています。これが赤緑色盲の人が生まれる原因にもなっています(微妙な感度曲線の差分の処理が弱い遺伝子をもつため)。 赤紫という色はどうなのでしょうか。 赤紫はスペクトル波長としては存在しないのですが、人間の3錐体細胞の紫を受け持つS錐体細胞と赤を受け持つL錐体細胞の刺激の感度の弱い部分の刺激を脳の中で合成して赤紫を作りだします。赤の光と紫の光を混ぜれば<加算して2で割った>黄色の光の波長ができるわけではありません。黄色はM錐体細胞とL錐体細胞が知覚した刺激を脳の中で処理して黄色として認識されています。 こういったことから、光の3原色を適当な割合で混ぜれば大抵の色が作り出せます(3原色のsRGB,テレビのNTSCの色の三角形内)。 →http://www.geocities.jp/aji_0/color.html の2番目の図 しかし、人間が3種類の錐体細胞の刺激を脳内で処理して認識できる光の色(脳内の処理で認識される色)は2番目の図の弓状の図形の内部です。その領域に赤紫いろが含まれています。従来の光の3原色以外の第4、第5の原色を追加しないと自然界のすべての色を表現できない分けです。一部の液晶TVメーカーが深紅(赤紫)を忠実に再現するために第4の深紅の再現ができる原色(発光体)を色三角形の外(下部)に加え色4角形にしています。 以上、光の波長がそのまま認識されるわけなく、2つの波長の光を混合して平均波長の光ができるわけでもないですね。色覚は、光の波長の組み合わせ、3種の錐体細胞(の刺激感度)および脳内処理の結果として認識されているということです。 より詳しい3原色の波長の選び方とその混合による色の見え方と規格についての詳細は下記参考URLをご覧ください。

参考URL:
http://www.watsonkun.com/shujunsha/barrierfree2-6.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 > しかし、人間が3種類の錐体細胞の刺激を脳内で処理して認識できる光の色(脳内の処理で認識される色)は2番目の図の弓状の図形の内部です。その領域に赤紫いろが含まれています。従来の光の3原色以外の第4、第5の原色を追加しないと自然界のすべての色を表現できない分けです。一部の液晶TVメーカーが深紅(赤紫)を忠実に再現するために第4の深紅の再現ができる原色(発光体)を色三角形の外(下部)に加え色4角形にしています。 ここのところがよく理解できなかったのですが。弓状の図形の内部の赤紫は従来の光の3原色で表せるが、その外の赤紫 (深紅) を忠実に再現するには第4の原色が必要だということですか。

関連するQ&A

  • 光の波長

    光は波長の長さによって下記のようにその色が異なると聞きますが, 400~435nm 紫435~480nm 青480~490nm 緑青 490~500nm 青緑500~560nm 緑560~580nm 黄緑 580~595nm 黄595~610nm 橙610~750nm 赤750~800nm 赤紫 なぜ波長の長さが異なると色が変わって見えるのでしょうか. 高校物理の教科書などを読んでも 「光の波長の長さによって見える色が異なる.紫より短ければ紫外線.赤よりも長ければ赤外線.人間の目に見える波長の光なら可視光」としか記載されておらず,その理由が書いていません. どなたかご存知の方は申し訳ないのですがお教えください. お願いします.

  • 「緑色」や「紫色」の恒星がないのは何故?

    天気の良い日、夜空を見上げると満天の星が綺麗ですね。 恒星は一見、どれも白く輝いているように見えますが、よく見ると赤味を帯びていたり、 青味が強かったり、黄色っぽかったり。 しかし… 「緑」や「紫」はないようです。 虹の七色は(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)ですよね。 でも、恒星のスペクトル型を見ると、 O(青)、B(青白)、A(白)、F(淡黄)、G(黄)、K(橙)、M(赤) で、やはり緑や紫はありません。 緑色や紫色に光る恒星が存在しない「理由」を教えてください。

  • 緑色の炎を見たことがないのはなぜ?

    お世話になります。好奇心から質問です(Web検索したのですが答えが見つけられませんでした)。 一般に可視光領域の電磁波は、波長の長い順に「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」色に見えます。 一方、発熱体(例えば炎)の色は、そのエネルギー(絶対温度の4乗に比例)が電磁波として放射されたものが見えているという認識です。 そうだとすると、低温の赤い炎と高温の青い炎の中間に、緑色の炎もあってよいのではないかと思うのですが、 見たことがありません。 理由がわかる方、ぜひ教えてください!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>弓状の図形の内部の赤紫は従来の光の3原色で表せるが、その外の赤紫 (深紅) を忠実に再現するには第4の原色が必要だということですか。 色三角形の頂点が3原色になり、その線形結合(係数は正)で表せる色は色三角形の内部だけです。色三角形の外で弓状図形の内部を表そうとすると線形結合の係数を負にしないといけないということです。3原色の光の強度をマイナスにはできませんので3原色の混合では表せないため、色三角形の外部は第4、第5、...の原色の光の波長を持ってこないといけないということですね。 液晶TVメーカーやデジカメメーカー、印画紙メーカー、印刷インキメーカーなどは、自然色を忠実に再現するために、色三角形の外で弓状図形内部の色を忠実に出すためにいろいろな発光材料、物質、蛍光物質、光源、塗料の開発に取り組んでいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。よく分かりました。 新たな疑問が生じましたがこの問題とは別なので、後日新たに質問を投稿することにします。

  • 回答No.2

赤紫のスペクトルというものは存在せず、赤と青とで赤紫に見えるそうです。 面白いのは、赤と青のスペクトルの間にあるのは緑。 緑と赤紫は補色関係、つまり赤と青で赤紫色に見えるようになっているところへ緑を入れると白になるとか。人間の視覚と物理(スペクトル)とは、勝手気ままな対応関係でもないようですね

参考URL:
http://www.saitama-u.ac.jp/koho/intro/keyaki/keyaki_vol_13/8_9/8_9.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 単一の波長の光からなる色もあれば、複数の波長の光からなる色も有るということなのですね。

  • 回答No.1
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

質問者の方は、どうも、物理的な光の色(波長)と感覚器官で受け取る色とを混同しているように見受けられます。 【1】緑色の波長を発する光はプリズムを通しても分光しません。しかも、目に入ったとき、緑色に見えるでしょう。 【2】赤と紫の混じった光はプリズムを通すと、赤と紫に分光します。しかし、2色が混じった光は緑色に見えるでしょう。 同じ緑色でも、人間の目は【1】と【2】を区別できません。人間の視覚神経はそのようにできているのです。これは、物理の問題と言うより、生理学・心理学の問題といえそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 > 【2】赤と紫の混じった光はプリズムを通すと、赤と紫に分光します。しかし、2色が混じった光は緑色に見えるでしょう。 そうなのですか。それでは赤紫色に見える光を分光すると何色になるのでしょうか

関連するQ&A

  • 色と光の波長の関係について。色環と紫外線、赤外線。

    可視光線の波長を調べると赤が一番長くて、以下次第に波長が短くなって青が一番短い、ということだと聞きます。 一方で色相の色環というのがあって、赤と青は一周して隣り合ってます。(もちろん中間に紫はありますが) 可視光線を波長の長い順に並べる、という直線的な並び方と、色環のような、ぐるっと回って元に戻るという感覚とがいまいち結びつきません。どういう関係になっているのでしょうか? 赤と青と混ぜると紫色になりますが、波長の長いものと短いものとの合成で紫色の波長はどうなるのでしょうか?紫外線、というくらいだから波長は短いのでしょうが・・・ 色環は実は赤とすぐ隣の赤紫の間には絶壁のような断絶があるのでしょうか?

  • 光の三原色について

    赤・橙・黄・緑・青・藍・紫と光の波長は短くなります。 つまり、それぞれの色に応じた波長があるということですよね ところが、色はRGB三色の光で表現できるといいます。 光と光を混ぜても波長が変わるわけではありませんよね。 単一波長波は、プリズムで分光されませんよね。 一方RGB混合色は同じ色に見えてもプリズムで分光されますね。 ということは、人間はRGBの強弱で脳内変換して 色を認識しているということなのですか? 分かりやすく解説お願いします。

  • ニュートンリングの色

    こんにちは。高校物理1のニュートンリングの色に関する質問です。 物理の問題集を見ていたら、問題に 「白色光によるニュートンリングを観察するとき、色づいて見える。中心に近いほうに観察される色は赤色か紫色か?」 という問題があり、解答は 「紫色」でした。 ニュートンリングは白黒線(明暗線)だと思っていたので、色があることについてはよくわかりません。 白色光にはいろいろな振動数(波長、色)からなる光がふくまれており、この光の波長によって屈折率が違うことは参考書に表示してあり、赤色よりも紫色のほうが屈折率が多きい(スペクトルは、赤、だいだい、黄、緑、青、あい、紫の順)ことは表示してありますが、ニュートンリングの場合はどのように影響してくるのでしょうか? 参考書を見ても表示がないので質問します。よろしくお願いします。

  • え・・・・・枝豆の茹で汁が赤紫色になっている・・・・・・・

    さっき枝豆を茹でたら鍋の中で茹で汁が赤紫色になっていました・・・ 枝豆を茹でたのは初めてなので動揺しています たっぷりの煮えたぎった湯に塩を入れて3~4分茹でました ちなみに茹でる前に 板ずりするのがめんどうで 緑色のネットに入ったまま塩でモミモミしてから水で洗いました 枝豆の茹で汁が緑色になるならまだしも 赤紫って・・・・・・ 豆を食べてみましたが味はかなり美味しいです 豆は、台湾産のもので パッケージに農家の方々の写真が載っていました 買ったばかりです 赤紫・・・・きもちわるいです 大丈夫なんでしょうか

  • 何故赤っぽい光ほど波長が長いと言えるのか

    高校物理の教科書には、色別に波長の長さが書いてありますが、 何故赤っぽい光ほど波長が長いのかという説明が一切ありません。 波長の測定原理も書いてありません。 プリズムでの分光から赤っぽい光ほど屈折率が小さいことから 屈折の法則などの式をいろいろ立ててみても、どうも説明が つきません。 プリズム中の光は赤い光ほど屈折率が小さいことから、赤い光ほど プリズム中を進む速さが速いことはホイヘンスの原理によってわかります。 そのあとどう考えればいいのか、教えていただけますでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 高温な恒星の色

    可視光線の色は波長の短い順に、紫・青・緑・黄・橙・赤ですよね。また、高温の恒星は波長の短い可視光線を強く放射しますよね。 それなのにどうして高温恒星は青白く見えるのですか?紫に見えるはずではないのですか? そこがどうしてもわかりません。教えて下さい。

  • 人の知覚にとって「紫色」とは?

    以前、このSiteで教えてもらったのですが、人の視細胞(少なくとも中心は)が、RGBに対応する3種類の錐体からなるそうです。 しかし、もし短波長側に対応した錐体が「青」に対応していると仮定すると、400nm~450nmまでの光は「青」にしか見えず、波長が紫外領域端400nmに近づくにつれてどんどん「暗く」なるだけのように思えました。長波長側も同様です。 しかし、マンセルの色立体や色環図などでお馴染みのように、色相は、赤~赤紫~紫~青紫~青と、切れ目なく連続しています。 あるSiteでは、眼の3錐体を「赤、緑、紫」と説明していましたがこれもよく考えると合理的とは思えません。 ■人の知覚にとって「紫色」とは何なんでしょうか?眼の3錐体モデルで説明してください。 ■レーザのような単色光と、広帯域に広がる連続スペクトラムの場合で各々説明してもらうと助かります。「その辺が鍵かな」とチト思ってますんで...。

  • 波長のイメージ

    波長の長さのイメージが掴めません。赤、黄(340nm)が短くて、青、紫(600nm)が長い。よくわかりません。

  • 色つきセロファンは、何故、波長が変わるのか? 青色ダイオードの意義は?

    ・色は、固有の波長をもっており、光の3原色(赤緑青)を重ね合わせると”白”になることを知っています。その上で、  (1)色つきセロファンは、光の波長を変えているのですか?     例えば、信号機のカバーガラス(?)も、あるいは、     色つき眼鏡(サングラス)も、波長を変えて     いるのでしょうか?     何故、波長を変えることが出来るのですか?  (2) (1)のように、容易に光の波長を変えられるフィルター     が存在するのだとすれば、青色ダイオードの発明の     意義が、よく分かりません。     白色のダイオードと、カラーフィルターを組み合わせれば、     自在に色を作り出せるのですから。    以上の素人質問に対して、ご説明を頂ければと思います。

  • 紫色のきれいな写し方

    デジタルカメラでちょっと青みがかった紫色の陶器を撮影しています。 ところが、何度写しても水色っぽくというのか、紫色の赤い部分が飛んでしまっている色になってしまいます。とりたい紫というのがまた微妙な色で、影になる部分は赤っぽく、光があたる部分は青っぽく見えるような感じの本当に微妙な色です。もしかしたら元々紫色というのは上手く反映されない色なのでしょうか? また、もし紫色がデジタルで表現し辛い色なのであれば、一眼レフのカメラで撮り、それをCDにしてもらおうかと考えています。 ペイントソフトという方向も考えていますが、カメラの特性として紫色に関して経験をお持ちの方、またなにかアドバイスをして頂けるようでしたら宜しくお願いします。