-PR-
解決済み

継続的取引の契約書書式

  • 暇なときにでも
  • 質問No.16341
  • 閲覧数498
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 14% (21/143)

当社は法人向けのサービス業を営むものです。
サービス内容によって同一のお客様に対して
1.売買契約
2.請負契約
3.貸借契約
を結んでいます。
お客さんからは「どれがどれだかわからない!」といわれたり「何個の印鑑をおせばいいの?」といわれてしまいます。こういった煩雑さをさけるため、できれば「基本契約書を1本」にしたいと思います。
ただ、素人的に思うのですが、各々の契約の内容や支払い条件の定めが違うことを基本契約の内容に盛り込むなどということは、契約書締結の観点からおかしくありませんでしょうか。
個別契約で契約の条項をいれれば?というようなご指摘もありますが、取引の関係上、最初に契約を結んでおいたほうが間便です。
基本契約を作る歳の注意事項などありましたら、ご指摘下さい。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル4

ベストアンサー率 100% (2/2)

tatsujinさんの所属する会社では、物品を販売したり、業務を請負ったり、またそれらの行為に基づき物や設備の貸し借りがあると思われますが、これらの契約書を一本化することは可能です。ただその基本契約書なるものの中で個々の条件(支払条件や瑕疵担保期間)が違うのであれば、個々の条件は、個別契約で定めるしかないと思います。
個別契約にたくさんの条項を盛り込むことは、基本契約が何のためにあるかわからなくなる可能性もあることから、一本化すべきかどうか迷うところですが、たかだか3本の契約書面で「何が何だかわからない」とか「印鑑の数が多い」とか言うお客様に対しては、印紙の経費等も含めて諸々の条件を一致させて一本化するのが妥当かと思います。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 54% (6/11)

契約書の最も重要な役割は、トラぶったときに、役に立つかどうかということです。 取引の性質上、やはり、一本化すべきでない場合も当然あることでしょう。 ご質問からすれば、契約書を自分で作成されるみたいですが、お勧めはできません。 契約書の作成こそ専門家に依頼するべきですし、お金を掛ける価値は十分にあります。 契約書の改訂をお考えならば、いままでの内容のチェックも含めて弁護士に法律相談し ...続きを読む
契約書の最も重要な役割は、トラぶったときに、役に立つかどうかということです。

取引の性質上、やはり、一本化すべきでない場合も当然あることでしょう。

ご質問からすれば、契約書を自分で作成されるみたいですが、お勧めはできません。
契約書の作成こそ専門家に依頼するべきですし、お金を掛ける価値は十分にあります。


契約書の改訂をお考えならば、いままでの内容のチェックも含めて弁護士に法律相談してみれば、どうでしょうか。
お礼コメント
tatsujin

お礼率 14% (21/143)

ありがとうございます。
まったくおっしゃる通りですね。

大変ためになりました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ