• ベストアンサー

傑作ノンフィクションを教えてください

読書は好きですが今まであまり読まなかったノンフィクションものを読んでみたくなりました。 皆さんが読まれた、これはすごい、面白い、圧倒的だ、というノンフィクションの傑作を教えてください。 その際もしよければ書名だけではなく、回答者様がなぜ傑作と思ったのか、ここが最高、こういう点が面白い、という辺りを語って欲しいです(テーマ・内容は調べればわかりますので)。 私が読んだ数少ないノンフィクションの中ですごいと思ったのは志麻永幸「愛犬家連続殺人(角川文庫)」です(この作品は正確には体験記風なので、本来のノンフィクションの定義からは外れているかもしれませんが・・・)。あまりに凄惨で、電車で読んでいて吐きそうになりました。あんなに読むのが嫌で恐ろしく、しかしやめる事も出来ない本も珍しかったです。 よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.6

講談社文庫の「ドキュメント 戦争広告代理店」は面白かったです。 十年ほど前のボスニア紛争の際に、ムスリム人政府は国際社会の支持を取り付けるため、外務大臣をアメリカに派遣します。しかし、資源があるわけでない、地理的にも特に重要でない国の支援をアメリカ政府の人たちはためらいます。 そこで、ボスニアの外務大臣はアメリカの一企業と契約を結びます。PR会社と呼ばれる職種の企業です。 そしてPR会社の努力により、ボスニアは徐々に国際社会からの支持、支援を受けていくようになります。 当然、対立しているセルビア側も巻き返しをはかってきます。 現実に銃を持っての戦争とは別に、虚と言うか、情報と言うかなんと言ったらよいかわかりませんが、もう一つの戦争を勝利に導いたPR会社の社員達の活躍がわかります。

baritsu
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 なんだか私の全く知らない世界ですね。これは面白そうです。

その他の回答 (8)

  • d-drop
  • ベストアンサー率22% (214/938)
回答No.9

 こんにちは。  「ノンフィクション」の定義を、文字通り「フィクションでないもの」として、ご紹介してみたく思います。 『苦海浄土―わが水俣病』石牟礼道子 講談社文庫。 『天の魚 続・苦海浄土』石牟礼道子 講談社文庫。  もはや古典なのかな。石牟礼氏は詩人。詩人の、瞬時に対象の本質を見透すパワーが遺憾なく発揮された作品。描写も一見静かですが、人間への凄まじいまでの慈しみ、怒り、哀しみがひしひしと伝わってきます。 『忘れられた日本人』宮本常一 岩波文庫。  「民俗学」の本ということになるのでしょうが、私は非常に良質なノンフィクションと考えます。学生時代に読んで、自分の「日本」に対して持っていた既成概念を見事に打ち破り、あわせて、日本人の持つ可能性や多様性について開眼させてくれた本です。なにより、読んでいて面白くて、残りのページがなくなってゆくのが惜しかった本。 『にっぽん部落』きだみのる 岩波新書。  やはり「社会学」の本ということに、一般的にはなるのでしょうが、これも私は、質のよいパワフルなノンフィクションと考えます。上記宮本氏の著作と同時期に読んで、やはり、自分の生きている場所としての「日本」を再発見させてくれた本。ただこちらは、いわゆる“ダークサイド”を、冷たいぐらい明晰に掘り出してくれましたね。なんていうかな「いい気になってるけど、お前は本当はこういう奴なんだよ」と、ズバッといわれた時、その切り口があんまり鋭いんで、かえって爽快だった感じ。やはりこれも、面白くて……。 『エレファント・マン―その信実の記録―』マイカル・ハウエル、ピーター・フォード 本戸淳子訳 角川文庫。  その奇怪な容貌から「エレファント・マン」と呼ばれた人物の生涯の記録。一応主人公は「エレファント.マン」なんだけど、本当の主人公は、彼の生きた19世紀イギリスです(すぐれたノンフィクションがみんなそうであるように)。むかしの映画に「エレファント・マン」というのもありました。題材同じです。でも、映画とくらべたら本に失礼(私見では)。 『生きている小説』長谷川伸 中公文庫。  長谷川伸は大衆小説家ですけど、これは、まあ、そのネタ帳。人から聞いた話、自分の体験、史実などの短い挿話集。短いけど、心に残る話ばかり。「真実は小説より奇なり」を地でいった本。 『定本 犯罪紳士録』小沢信夫 ちくま文庫。  戦後話題をまいた事件を、小沢氏風に語りなおしたもの。うん、やっぱり人って可愛くて哀れないきものだ、と思いました。 『世界を見てしまった男たち』春名徹 ちくま文庫。  江戸時代の漂流民の記録。なんとしても(鎖国の)故郷に帰ることを望む人、諦めて、また積極的に、異郷で生きることを選ぶ人……。春名氏の筆力のさることながら、もの凄い量の史料や文献をもとに書かれているので、人物が非常にリアル。どんな才能のある小説家でも思いつかない面白さ。  古いものばかりになってしまったけど、いいノンフィクションは古びないと思います。そういう意味で、わりと基本かな? と思うものをご紹介しました。楽しめると思います。  あと、自伝や回想録なども面白いです。本当はその辺からも挙げたいのだけど、もうだいぶ長くなってしまいましたしね。  ご参考になれば。  

baritsu
質問者

お礼

たくさんの本の回答ありがとうございます。 ま、迷う・・・。他の方に色々教えてもらったのにさらに一気に増えて、うれしい悲鳴です。

  • les-min
  • ベストアンサー率41% (269/644)
回答No.8

こんばんは。。  柳田邦男氏が既出なので・・・(←お勧めできます。)  自分は戦記モノも好みなので、少々硬いですが、下記を推します。この手のノンフィクションは案外間延びした単調な文章であることが多く、かえって読むのに難渋するかもしれません。興味ない分野でしたらスルーしていただいて構いません。 ルートヴィック・ケネディ『戦艦ビスマルクの最期』ハヤカワ文庫  第2次大戦当時、連合国側の大西洋の補給路を脅かす存在だったドイツ戦艦「ビスマルク」の追撃戦を描いた作品。緒戦でイギリス艦隊を蹴散らしたビスマルク側ではあったものの、その後は「真実は小説よりも奇なり」という言葉そのままに一方(連合国側)には偶然・幸運の連続、もう一方(ドイツ側)には、災難・不運の連続によって戦況が決まってしまうあたりは、それが事実であるだけに考えさせられます。また、その幸運・不運を呼び込む些細な事柄の積み重なりにも、「おかれた状況下で、考え付く限りの努力を惜しまない」ことがいかに重要であるかを教えてくれます。  その他、どんな時代・どんな国のものでも戦記モノは興味深いものが多いですよ。では。    

baritsu
質問者

お礼

戦記モノですかあ。 手を出していないジャンルですね~。「戦艦武蔵の最期」だかなんだか中学生向きの体裁の本を読んで以来手を出してないんじゃないかな・・・(いつだ、それ)。その意味では読んで読書の幅を広げたいですね。 回答ありがとうございます。

  • K-1
  • ベストアンサー率21% (832/3844)
回答No.7

もひとつ 「メタルカラーの時代」山根一眞 世界最大の超巨大建造物から、世界最小のマイクロマシンまで。 日本発の超技術を生み出した人々へのインタビュー記事です。 NHK「プロジェクトX」は、これが元ネタなんじゃないかという気がしてなりません。

baritsu
質問者

お礼

NHKのプロジェクトXは「感動させよう」という演出が鼻について段々見なくなっていました。 こんな本があるなら、文章で読んだ方が断然良さそうですね。 教えてくださってありがとうございます。

  • yamikuro3
  • ベストアンサー率17% (92/523)
回答No.5

沢木耕太郎「一瞬の夏」 当時、取材の対象にあまりに深く係わり過ぎることが話題にもなりました。 別の言い方をすればノンフィクションの新しい手法の登場でした。 著者自身に手法に対するそう云った気持ちがあったかどうかは判りませんが、著者の戸惑い、希望、絶望がダイレクトに伝わるタイトルにふさわしい熱い一冊(愛蔵版以外は上下に分冊されてますが)です。

baritsu
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 「深夜特急」の人ですね。 「一瞬の夏」は有名なのか聞いたことがあります。きっと面白いんでしょうね。

  • cheesan
  • ベストアンサー率36% (4/11)
回答No.4

『空白の天気図』 柳田邦男 第二次世界大戦後、日本を襲った未曾有の暴風雨―枕崎台風。 あまり知られていない話(現に私はこの本を読むまでこの台風の存在を知りませんでした)だと思いますが興味深い話でした。 この本に限らず、柳田邦男さんのノンフィクションはぜひ読んでほしいです。 (ほかには『マッハの恐怖』、『マリコ』、『犠牲 わが息子・脳死の11日』など)

baritsu
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 早速本屋でチェックしてみます。

  • yasu3021
  • ベストアンサー率33% (6/18)
回答No.3

「いまどきの神様」別冊宝島編集部 文庫版 90年代に出版されたものを文庫版にしたもの。 オカルト、新興宗教にはまる若者を取材、分析した内容、オウム真理教の項目があるが、それは地下鉄サリン事件を起こす前のもので、今から読むとずれている部分もあると思う。しかし、オカルトにはまる心理をよく分析しているところもあります。 一番印象に残ったのは「前世少女と終末ブーム」の取材者と少女の対話で読んでいて頭がクラクラした。よく取材者はツッコミをいれず我慢したな~と感心した。

baritsu
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 宗教系ですね。これ、内容は忘れましたが本屋で手に取ったことがあると思います。

  • K-1
  • ベストアンサー率21% (832/3844)
回答No.2

「自動車絶望工場」鎌田慧 日本の潜入ルポの古典の一つです。 トヨタの臨時雇いとして実際に働き、その体験を日記形式で書いたノンフィクションルポです。 コンベア作業の過酷さ、使い捨てにされる作業員などのつぶやきが聞こえてきます。

baritsu
質問者

お礼

調べてみたら凄く面白そう・・・。 回答ありがとうございます。

  • neuro
  • ベストアンサー率43% (167/384)
回答No.1

 偽名は使っていますが、殆ど実話ということで、山崎豊子「沈まぬ太陽」。 最近も騒がれている某航空会社の労働組合問題を御巣高山墜落をクライマックスに描かれています。この会社は変わってないのかなぁ・・・と最近のニュースを見ながら考えてしまいます。

baritsu
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 あの会社は変わってなさそうですね。

関連するQ&A

  • 読書感想文にもってこいな本!

    高校生~大人向きのもので読書感想文を書くのにオススメ!という本がありましたら文庫・新書・有名度問わず教えていただけないでしょうか(>_<) 普段本を読む方なのですが、恋愛中心ものなのであまり人に読んでほしくないような内容になりそうなので…(笑) 題名だけでなく、簡単なあらすじやオススメな理由など教えていただけるとありがたいです。 できれば恋愛もの・ノンフィクション・短編集・続き物以外であまり難しすぎず、メッセージ性やテーマが読み手に伝わりやすいものをお願いします_(._.)_

  • おすすめ文庫小説(和書)

    通勤に片道1時間半弱掛かるので、移動中はもっぱら読書に耽っています。 持ち運びに便利な文庫サイズで出ているものが良いのですが、、、 皆様のおすすめの小説を教えて下さい。 好きなジャンルはミステリー・推理小説ですが、これ以外でも構いません。 ちなみに今まで読んで中での気に入りを幾つかあげますと、 ・すべてがFになる(森博嗣) ・秘密(東野圭吾) ・告白(湊かなえ) ・連続殺人鬼カエル男(中山七里) ・殺戮にいたる病(我孫子武丸) よろしくお願いいたします。

  • ノンフィクションのおもしろい本☆

    こんばんは。20代前半の女性です。 私は何故か昔から物語、特に小説とかを読むのが 苦手で、ノンフィクションに興味があります。 本を読むと言い回しが頭に入って、表現力がついたりするし、読書に興味はあるのですが、やっぱり小説苦手は今も変わらなくて・・・。 そこで、おもしろいノンフィクションの本があれば、 教えて欲しいと思います。少し前のものですが、ダヴィンチ・コードを今度読んでみようと思っています。 あと、小説でも、比較的現実的でおもしろく、読みやすいものとかがあれば是非挑戦してみたいです。 アドバイス頂ければと思います。 宜しくお願い致します。

  • 泣けるノンフィクション

    泣けるノンフィクションてありますか? 怖いの以外でお願いします。

  • これはノンフィクションになるのでしょうか?

     夏休みに読書感想文を書く季節になりました。「車輪の下」「羅生門」はフィクション、「運命を拓く」はノンフィクションに入りますが、テレビ番組の報道班が取材したものを出版した本(例えば世界の教育や環境などに関しての本)もこれらの部類に入るのでしょうか。お分かりになる方、教えてください。

  • ノンフィクション

    ノンフィクションの経済関連系の本に興味があります。ベンジャミン・フルフォードの日本がアルゼンチンタンゴを踊る日などは非常に面白かったのですが、このような本はあるでしょか? また経済関連でなくても構いません。 正月休みにゆっくりと読みたいと思いますので・・・

  • ノンフィクション

    ノンフィクション 痴漢ってどこからが痴漢ですか? 被害者が迷惑なことを伝えれば、 納得され、その行為を止めさえすれば 痴漢など存在しないのでは?(普通止める) 満員電車で通勤する時は身なりを気をつければ? やめてと言えば大抵やめるし、被害者も避難と 自己主張が足りないのではないか? 僕の友人が今日痴漢に会いました 14:00辺りから30分間くらい 太もも撫で回されたらしいです。 急行の縦二人席に70代前半の男が 14:00以前から隣に座っていたそうです。 途中で起きて、寝たふり?をしていたら 太ももに手の甲を当て、徐々に鷲掴んで きたそうです。 友人は右の席の窓際に普通にすわり、寝たふりを して触らせておいて、無言でスマホで現場を 動画に録ったらしいです。 男は腕で撮影を妨害し、逃げました。 駅員さんが通りかかったので 指図し、とりあえず男は確保、 男は駅員から事情聴取を車内でされたそうです。 ところがどっこいそいつが乗ってる車両の ドアは開けるわ、駅員が友人に事情聴取すると 言いに行く際、ホームで男から目を離してしまい 逃げられたのです。当たり前でんがな。 ってなことで、友人は無駄な時間を使い 事後報告をして帰りましたとさ。 友人も友人ですよね? 痴漢は嫌なことを執拗にする人であり 女の太ももや胸を触ったからと言って 拒否されたり、注意されてやめれば 罪には問われないはずですよね? 僕は駅員がそんな痴漢かどうか分からない 現行犯逮捕などしても、70代の男が可哀想 だから逃がしたのではないかと思います。 友人は駅員の力不足さに呆れていましたが、 僕から言わせれば、黙って動画を取るより、 窓際だからといっても席を移動すれば良かった のではないかと友人に対して呆れます。 皆様はどう思いますか? 僕の友人は痴漢から慰謝料がもらえるかも! と思いながら触らせてたのですよ?? 一切拒否しなかったらしいです。 (※動画を撮った理由は触った触らないの、いたちごっこになるのを防ぐ為だそうです) 痴女も甚だしいですよね? 頭いってますよね? 友人=僕=投稿者でした 本日ほんとに初めて痴漢にあったけど 犯人目線で話を書いてみました(私情込み) 皆様は痴漢は犯罪だとお考えですか? やめてください、痴漢ですよ! と言えばやめてくれると思うし(止めなければ逮捕) やめた後で謝れば済む話なのかもと わざわざ慰謝料とる必要ある?と思いませんか? 私は慰謝料を盗ろうとした側です。(被害者) が、駅員がやすやすと逃がす(天然かよ) というのを見ると、訴えてその上動画をとった 私があざとい存在なのかも知れません。 また近頃は痴漢の冤罪や美人局のような 手口の痴漢の冤罪もあるそうなので、 そこまで痴漢に対して強く出れないのが現状 なのかも知れないと思いました。 嫌とも言わず動画をとって証拠にするのは どうなんでしょうね。 やはり慰謝料目当てなので仕方ありませんか? 母にもアンタは何がしたかったの? なんでそんなに得意げなの?と言われました。 ホットなニュースに興奮してしまっていたので。 (他人事)

  • これはノンフィクションです。

    私は30代の首都圏出身、在住の男性ですが、こんな人間です。 (1)政令指定都市で関東地方以外は殆ど行った事がない(名古屋は愛・地球博で一度行っただけで、大阪、京都は修学旅行で行ったきり、それ以外は全く足を運んだ事がない、四国、沖縄もしかり) (2)海外は一昔前グアムに行ったきり (3)今後仕事で転勤を含む短期出張もない 大変珍しいですが、他にもこんな方はいらっしゃいますか?

  • ノンフィクション

    私はノンフィクション映画が大好きでよく観ますが・・ ブロウとかアビエイターとかキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンは観ましたが・・ みなさんがお薦めの是非観ておいたらいいと言う作品がありましたら教えて下さい。

  • ノンフィクションもの

    今年の春から専門学校に行きだして電車通学なのですが、電車の中で暇なので小説を読むようになりました。(テスト期間中、休みの日などは読む機会は少ないですが・・・) 最初は、「電車男」 次に、このサイトであった話で「今週、妻が浮気します」 次が、「空の境界 上・下巻」 その次が、「痴漢男」 そして今、読んでいるのが、「恋する車椅子です」 自分でも知らないうちにノンフィクションものがほとんどです。(空の境界は友達のススメで読みました) 自分は、感動ものを探しているんですが、どの本が面白いかぜんぜん分かりません ノンフィクションで感動や、生き方を見直したりできるものを探してます 何かオススメを教えてくれませんか・・・ お願いします