• ベストアンサー
  • 困ってます

為替先物と原油先物のフォワードカーブの違いについて

こんにちは。  為替先物と原油先物のフォワードカーブの違いについて質問します、為替先物は、ドル円ですと日米金利差に従って、バックワーデーションしていますが、原油先物はたとえば今年の12月まで高くなって、その後低下していくようなフォワードカーブになっています。コンビニエンスイールドという概念があるのはわかりますが、なぜ、単純なコンタンゴやバックワーデーションにならず、12月だけ高くなったようなフォワードカーブになるのでしょうか?  先物の価格には、市況の予想は織り込まれないと聞いています。また需給のゆがみがあってもすぐ解消されると聞いているのですが、原油だけ12月だけたかくなるようなゆがみが解消されないのは、原油の現物の需要が、為替に比べて小さいからでしょうか?それとも他の要因でそうなっているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1300
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#14601

非常に回答の困難な質問ですが・・・ 極論すると、両市場の性質の差が原因だと思います。 為替先物: 取引規模が大きく理論値が両通貨の金利差で計算できる市場です。 従って参加者の全員が長期先物の修練ポイントを理論として共有でき、 世界中の市場で裁定が瞬時に働きます。 原油先物: これに対して、簡単に言うと原油市場は各限月の売り買いの需給 バランスが決定権を握ります。 基準とすべき理論値が存在しないからです。 この市場は、コモディティーとしては巨大ですが、通常の金融市場に 比べると市場参加者が限られており、理論値で計算できる長期先物の 修練ポイントは非常に不透明です。 従来は長期先物の修練ポイントは、非OPECが油田を新規開発する 場合の原油生産コストとされ、WTI原油で20ドル前後のレベル でした。それ以上に原油価格が上昇すれば原油生産者は油田を開発し、 そのコストレベルに油価が修練されるというのは、理論としては成り 立っており、原油価格はこの20ドルを支点として、期近の需給が タイトな場合は期近高=バックワーデーション=、逆の場合は期先高 =コンタンゴ=を形成してきました。 基本的には、98年などの暴落時期を除いては、フォワードカーブは バックワーデーションの期間が長いのですが、この理由は長くなる ので割愛。 ところが、昨今、世界的な石油需要の伸びに、油田開発や精製設備拡張 の投資が間に合わない状況が明らかになってくると、長期的に石油燃料を 購入し続ける必要のある需要家=極端な例は、代替燃料のない航空会社= などが長期的な買いヘッジを行いこれが、期先を期近に近いレベルにまで 引き上げてしまいました。 また、超期先ものが上昇し始めたのを見た、年金ファンドなどの長期資金 運用者たちもこの市場に資金を投入しはじめましたが、彼らの戦略は 「トレンドの買い」であって、一旦購入すると、日々の上下には反応せず 長期保有がメインです。なかなか売りには回りません。 従って、昨今の期先需給は、実需家からも投機家からも、買いニーズは あるが売りニーズは少ないというのが現状です。 60ドルを超える原油価格ってのは、プロの連中でも誰も経験のない 世界なので、このレベルは、バックやコンタンゴというフォワードカーブ を語る状況ではないのですが、それでも、9月物より12月物が高値を つけるのは、一つは9月ものは現物市場では手当てが可能でありパニック 買いをは発生していないこと、もう一つは12月は冬場の真っ盛りであり 北半球の需要地で厳冬になれば需要増加が見込めるためでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 為替の先物についての質問

    為替の先物相場について質問なんですが 先物の相場が通貨間の金利差、期間と一致しない状態(ディスパリティ?) が発生する原因として何が考えられますか? 調べてみたところ需給の影響と裁定取引が行われなくなった事等との記述は 見つけましたが裁定取引はともかく、需給とはそもそも何の需給なのかさっぱろわかりません。 もし宜しければ誰かご教授願います。

  • 為替先物のレート

    為替先物のレートは、現物であるスポットレートに金利差、費用、マージンによって決まるそうですが、ファンダメンタル等による為替の変動予測は反映されないのでしょうか?

  • 日米金利差があると円高になる?円安になる?

    こんにちは、ちょっと基本的なことを質問させてください。それなりに勉強しているつもりですが、わからなくなってしまいました。 現在、日米金利差が3%ありますよね。こういう状況では、ドルで貯金した方がよいから円安ドル高になりますよね。もちろん他の要因もありますが、ここでは金利の影響のみをとりあげます。 ところが私の上司は、「日米金利差が3%あるから先物は年率3%で円高ドル安になっている。先物は現物の将来価格であるから、将来円高ドル安になる。円高ドル安にならないと、先物を予約したら無条件に儲かるじゃないか?だから裁定が働いて円高ドル安になるんじゃないか」と言います。  そこで私が、ドルの方が需要が高いのだからドル高になると説明したら、「金利差があると需給が均衡するまでドル高になって、それ以後ドル安になる」という意見に変わっていきました。  調べてみると、需給の関係でドル高になる作用と、裁定の関係でドル安になる作用があるようでした。それで市場では短期的に為替はドル高になるとよく言われますが、結局どっちなの?と思いました。上司を説得するにはどう攻略すればこうかてきでしょうか。わたしはそもそも先物は現物将来予想という理解がおかしいと思うのですが。  私が参考にしたWEBページを乗せます。 教えてgoo http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1091144 金融大学 http://www.findai.com/kouza/210fx.html 外為塾 http://www.fxlabo.co.jp/juku/koudou2/kinri.htm

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

No.1のものです、コメント有難うございました。 為替と原油の商品特性の最大の違いは”有限性の有無”です。 為替はほぼ有限性が無い(卑近な譬えをすると、お札はいくらでも刷れる/お札の実印刷数に関わらず電子的な取引はいくらでも起こり得る)のに対し、 原油は、サプライサイドでも有限ですし、デマンドサイドも有限、またここに季節要因やら産油国の思惑やらが重なってくると、市況・需給も織り込んだ先物価格の形成にならざるを得ないかと思います。。。 もしよろしければ、他の商品先物についても調べられたらいかがでしょうか? 産出国に偏りが無いものはそう市況・需給に影響されないかもしれませんが、偏りがあるもので、なおかつ需要サイドで季節要因なども働くものだと、原油と似たような傾向が出るかもしれませんよ。。。 経済学の知識も援用しつつ考えてみると、いろいろな解が考えられ得るように思います。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもご返答有難うございました。 為替の先物は市況を織り込まず、商品の先物は市況を織り込むことが良くわかりました。有難うございます。

  • 回答No.1

下記のレポート(UFJ総研)が正に参考になるのではないでしょうか? もしよければこのバックナンバーなど通読されると、フォワードカーブの時系列的変化とその要因仮説が見えてくるかもしれません。。。

参考URL:
http://www.ufji.co.jp/publication/report/crudeoil/2005/050704.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

原油のレポートですが、大変参考になりました。 レポートでは、原油の先物は、市況と需給を織り込むことが書かれていました。 ですが、一方為替の先物は、需給はともかく、市況は織り込まないと聞いています。この矛盾はどうしたら解決できるでしょうと言うのがこの質問の中心なので、まだ続ける必要があるかと思います。

関連するQ&A

  • 短期のドル円の変動要因について

    相場を見ているとニュースで「米金利とドル/円の連動性がこのところ薄れてきた。10年債利回りが本格的に3%を超えても、ドル/円が85円を抜けていくイメージはない」とのコメントが流れていました。 日米金利差の拡大を主な要因として一時、1ドル80円台だったドル円が1ドル84円台まで変動したが、今後は日米金利差が更に拡大しても円安が進行するとは限らない、との意味だと思います。 ところで購買力平価といった長期的なものではなく、短期的な為替の変動要因として金利差以外にはどのようなものがあるのでしょうか。 また2010年12月において、次の主要な変動要因は何になるのでしょうか。

  • NY時間帯の為替の動きと、翌日日本時間帯の為替との相関関係

     FX初心者です。ただ、現物と日経225先物の経験あり。  日経225先物は為替の変動に合わせて動くことが多いと思います。  そこで質問なんですが、今日のようにニューヨークの時間帯で為替が下げたとします。こうした場合、翌日の日本時間帯で反発するケースはあるのでしょうか? あるとすれば、どういった要因が考えられるのでしょうか?  個人的には、為替で振っておいて、日経平均を振り回す印象が強いので、反発はしにくいと考えてます。

  • 原油の現物相場が上昇した原因は?

    2008年は原油と穀物の相場が一時急上昇し,これに連られてガソリンやカップ麺の小売価格も上昇しました。その理由として新聞やTVの報道番組の多くは「ヘッジファンドなどの投機マネーが流入したため」と説明していますが,私はどうしても理解できません。 投機マネーが流入(買う)するのは現物ではなく先物取引ではないでしょうか。我々の生活(ガソリンやカップ麺の価格など)に影響を与えているのは先物価格ではなく現物価格です。また先物取引に参加するファンドなどは将来の現物価格を想定し,買う権利(義務)や売る権利(義務)を売買しています。すなわち将来の現物価格を先物が追いかけている状態であり,言い換えれば,(将来の)現物(価格の変動の想定)が原因で先物(価格の変動)が結果だと思います。この逆に,投機マネーの一時的かつ過度な流入により先物価格が極端に上昇しても,これを原因にして現物価格が上昇することはないはずです。現物を買うのは,あくまでもそれを必要してしる(または流通させようとしている)商社などだからです。結局,価格が上昇した原因は次の3つによる需給バランスの変化(需要増,供給減)に集約される気がします。 ・ 正解経済が好調であったことによる需要増 ・ アメリカなどがバイオ燃料にするための需要増 ・ オーストラリアなどの穀物地域の悪天候による供給減 しかし,日経新聞にもNHKの報道番組でも「投機マネーの流入」が最大の原因のうちのひとつと言っています。やはり私の考えは間違っているのでしょうか・・・。 そこで質問ですが, 「2008年の原油と穀物の現物相場が一時急上昇した原因に「投機マネーの(先物取引への)流入」は関係ないのではないでしょうか?」 また,前段の私の記述で間違いがあったらご指摘して頂けると幸いです。

  • 日経平均が為替相場に与える影響

    日経平均株価とドル円相場の動きについて確認させてください 本日10月17日(水曜日)の日経新聞(日刊)、18面の「主要指標」、「外為」欄に 「円相場は反発。終値は前日比九四銭円高・ドル安の一ドル=一一六円七五銭。 日経平均株価が軟調に推移したため、為替取引での投資リスクを回避しようと ヘッジファンドなどが円売りの持ち高を解消する動きが優勢」との表現があります。 普通、日経平均株価が下落した場合は、ドル円相場は円安/ドル高へ振れるものだと思っていました。 なぜなら、(以降要因A)海外の機関投資家が日本株を売って得た円を、外貨と交換して手元に戻すためです。 しかし、この記事では日経平均株価が軟調であるにも関わらず、 (以降要因B)「円売りの持ち高を解消する動きが優勢」だから円高に進んだことになっています。 (1)「円売りの持ち高」とは先物為替のことでしょうか。そうだとしたら、 日経平均株価が下落基調だから、円売りの権利を手放したがることには納得がいくのですが それが現物の為替市場に影響を与えるのですか? (2)日経平均株価か下落した時には、円売りを促す要因(A)と、円買いを促す要因(B)が発生し、  どちらが「優勢」だったかによってドル円相場の進む方向が決まるということでしょうか。 もし質問の仕方が複雑、または初歩的なものが含まれていたら、すいません。 ご回答の程、宜しくお願いいたします。

  • 先物取引の決済

    外務員一種の勉強をしているのですが、先物取引の分野が全く分かりません。 オプション取引はコールとプットそれぞれの権利にプレミアを付けて売買しているということで 何となしに理解しているのですが、先物はまず概念からして理解できていません。 特に反対売買云々の件が1行も分かりません。 買方は転売により先物契約を解消するとのことですが、 民事上の契約を単に消滅させるだけなら金銭の移動は発生しないですよね? 現物が移転していないことは勿論、オプションの様に 何らかの独立した権利が発生しているわけでもない様ですし、 転売とはどこの何を誰に売っているのですか? そもそも金銭の移転はいつ発生するのでしょう? 売方の買い戻しは更に意味不明です。 売建てから入るとはどういうことでしょう? 現物も権利もないものをどこの誰に、そもそも何を売っているのですか? その上買戻しと言われても最早見当も付かないです。 結局、先物の説明は先物の起源の話 (大坂商人が来年収穫される米の値段を先に決めて、現物価格が上がったので利益を得た) 以外何も分かりませんでした。 どこかに分かり易い解説は無いでしょうか?

  • 投機マネーが先物市場に流れ石油が高騰するというのは本当でしょうか

    ニュースで石油高の話になると 「株式市場から資金が先物市場に流れて石油が高騰している」 という説明がよくなされますが本当でしょうか。 資金が先物市場に流入して 必ずしも買いから入らなくてもよいはずですが仮に買い気配が強く短期的に値上りしたとします。しかし、限月には実際の需給による値に収束するのではないでしょうか。限月がなく、消費材(商品)ではない株式なら株価が暫く上がり続けるかもしれませんが。 そもそも差金決済の取引なので資金が流入したとしても実際の需要には影響を与えないと思うのです。先物市場の値動きは、あくまで将来の価格を予測しているだけで それが限月での価格を決めるわけではないと思います。 投機マネーが原油先物市場に流れると原油価格が何故上がると言われるのか教えてください。

  • PCEデフレーター・インフレーターと為替の関係

    どうもはじめまして!28歳の会社員です。 本日PCEデフレーターが発表されますが、この経済指標がどう為替に 影響されるのでしょうか?予想では3.5%と発表されておりますが、これが予想以上に高く4%とかになると、為替(ドル円)はどうなるのでしょうか? また現在アメリカではインフレが懸念されておりますが、インフレ感が強くなるとドル高になっている傾向が見受けられます。私としては、インフレ感が強くなれば政策金利も低くなり、よってドル安の要因になると思うのですが…。 大変分かりにくい文章ですが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • ミクロな概念で、為替相場はなぜ動くのでしょうか。

    ミクロな概念で、為替相場はなぜ動くのでしょうか。 為替相場は、各通貨ごとの人気度、金利、投資・投機目的による売買、そういった要因で動いていることは知っています。 たとえば、株式市場であれば板の概念で上下に変動することは理解できます。 為替市場はインターバンク市場ですが、この場合どのような取引となっているのでしょうか。板の概念でしょうか。それともそれぞれの銀行同士で、価格を提示し合って取引が成立するごとの値がティックとなっているのでしょうか。 また、このティックはどこで管理されているのでしょうか。いくつかの銀行同士が編み目のように取引されている以上、どこかで監視しておかないと価格が分からなくなってしまうと思うのですが。

  • WTI 原油価格と円安・ドル高の逆相関関係について

    1年前より投資の世界に入り相場を勉強しています。 現在はWTI 原油先物の取引を中心に行っております。 まだまだいろいろと勉強している立場では、ございますがご質問させてください。 昨日(2012年11月2日)の為替(ドル円)は、80.50円付近まで円安・ドル高が進みましたが ドル高が進むと見事な程にWTI原油価格は逆相関を描き大幅に下落しました。 雇用統計の良い結果の発表により大きく買いを見せる局面もありましたが、 その後は大きく売られて引けました。 よく「ドル高圧力の為原油は下落」というニュースもよく見ます。 円安・ドル高になるとなぜ高確率でWTI原油価格は下落するのでしょうか? ドル高により原油が売られ価格が下落しますが、その資金はどの銘柄に 流れる事が多いのでしょうか? お手数御かけいたしますが、ご教授いただけましたら幸いでございます。

  • 債券について

    景気上昇は、資金需要が旺盛になり、貸出金利が上昇するため、一般に、債券市況にとってマイナス要因である。←この文章をもう少しかみ砕いて説明して頂きたいのですが・・よろしくお願いします。