• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

【著作権】無名(変名)の著作物に係る権利の保全について

著118条についてなのですが、無名(変名)の著作物の著作者のために、著作物の発行者が権利の保全をできるのはわかるのですが、「著作権者」の為にも発行者は同様のことをできることになっています。 なんで、「著作権者」も含まれているんでしょう? 著作権者≠著作者の場合には発行者が権利の保全をする必要性ないのではないかと考えるのですが、如何でしょう。 理由をご存知の方、その理由を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数317
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

#4です。調べてみたらちょっと違ったようです。 どういうことかというと、 著作権者がその権原を示すためには、必然的に誰が著作者かを公にしなければならないので、著作者の誰かを知られたくないという利益が害されるため、 ということのようです。 (田村善之『著作権法概説』p.256) どうも失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>どうも失礼しました。 いえいえ。とんでもありません。 >著作権者がその権原を示すためには、必然的に誰が著作者かを公にしなければならないので、著作者の誰かを知られたくないという利益が害されるため、 なるほど、そういうことでしたか。100%納得です。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 著作物の著作権について

    ホームページなどを発注した会社と請け負ったSOHOについて、SOHO側に著作物の著作権が属すると思いますが、SOHOの著作物の扱いについてどのような権利があるのですか? また発注した会社にはどのような権利があるのですか? (契約書を交わさなかった事でお願いします、というのも、実際現場では付き合いが長いクライアントとは契約書を交わさないで仕事をする場合は多いのではと思いますので) そもそも著作権を買い取る事は法的に可能なのでしょうか? 具体例でお話ししますと、 ・SOHOのWEBサイトに著作物の一部(スクリーンショットも含む)を掲載している。 ・発注者側が著作者の許可なしにホームページに変更を加えている。 ・発注者またはSOHOが著作物の一部を流用して新しい著作物を製作している。 (スタイルシート、レイアウト、テキストなど) ・完成した著作物(ホームページ)のコピーライトは誰なのか。 他に著作物の扱いについてトラブルにならないよう、気をつければならない事がありましたら教えて下さい。

  • 歌手の著作権はいつまで?

    歌手の著作権の期間はいつまでなのでしょうか? 無名または変名で公表されたら、公表後50年です。 そうでないなら、著作者の死後50年です。 では、歌手の名前は、変名と考えるのか、本名と考えるのか、どちらを基準にすべきなのでしょうか? 有名な歌手とそうでない歌手とでは、著作権の起算点がかわるのでしょうか?

  • 著作物に著作権が付与される瞬間

     著作権は、 特許権、実用新案権、商標権、意匠権といった他の知的財産権と異なり、 その権利取得に申請・登録を要さず、著作物に対して自動的に与えられる権利であると認識しています。 ここでいう著作物に自動的に著作権が付与される瞬間は、いつになるのでしょうか?  例えばエッセイの場合、 テレビや本として発表されれば著作物なのでしょうが、 ミクシーなどの閉じられた世界での公表の場合はどうなのか、 個人的なウェブサイトで誰でも閲覧できるサイトにアップした場合にはどうか(リンクが張られているかどうかも関係?)、 それとも、ノートやパソコンに書いた時点で成立するのか、その場合、他人に無断で使用されない権利はどのように担保・判断するのか、 といった疑問があります。  ご存じの方、よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

無名(変名)の著作物は、登録をしない限り、著作者又は著作権者であることの立証が困難であるため、ではないでしょうか。(だから、周知の変名であったり、実名の登録があった場合には、発行者が代位できないのです) 発行者は、その物を見れば明らかですよね。 実名が公表されないメリットというよりは、実名を公表しても著作物とのつながりが証明できないデメリットを解消するため、と考えるとよいのでは。著作権法第14条との関係を考えても面白いかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見有難う御座いました。

質問者からの補足

>無名(変名)の著作物は、登録をしない限り、著作者又は著作権者であることの立証が困難であるため 著作者に関して言えば、明らかにそうですね。 ただ、よく解らないのが、著作権者に関してで、著76条で第一発行年月日の登録を受ける事ができ、著77条で著作権の移転に際して登録することにより、転得者対抗要件を得るし(ただし、著77条の登録時に著作者の実名も著作権登録原簿に記載されてしますとなると、実際上は無名・変名の著作物での移転登録はなされないと言うことになりますが、その辺はどうなんでしょうね。)。 ただこれらの規定は、直接、著作権者の立証となるものではないかもしれませんが、著76条では「著作権者が・・登録を受けることができる」となっていて、著77条では著作権者が著作権を保持しているという立証の一助となり、少なくとも立証責任の転換ぐらいの効果があるのかなと思っています。 それらを考えると、必ずしも著作権者の立証が困難という訳ではないのでは??と思ってしまいます。

  • 回答No.3
  • joy-net
  • ベストアンサー率49% (301/606)

>以前はお世話になりました。お久しぶりです。 いえ、あの時は生半可な知識で回答してしまってすみません。と、反省しつつ、今回も、しゃしゃりでてしまいましたが(笑) どうも、著作権問題というのは、私にとって気になる話題なので、つい口をはさみたくなってしまうのです。 >全く実名を公表されないメリット 以前、宗教の教えを侮辱する内容の本を匿名で書いた人が、宗教関係者から命を狙われているとかって事件がなかったですか? ああいった場合には、著作者もその方から著作財産権を譲られた人も命を狙われる危険性がある訳で……。 自分から名乗りをあげられないのではないかなぁと思いました。 かと言って、著作権を放棄すれば印税は入ってこないし。 たとえば、この時に、著作者が印税は自分の恩ある人にいくようにと著作権を譲った場合などを考えても、著作者が匿名で通しているのに、譲られた人がしゃしゃりでて行くとお互い困ったことになりそうですしね。 そんな場合には、発行者が矢面に立つのも仕方ないかと。本が出版されている以上、発行者は初めから分かりきっていることですしね。 出版社側は、著作者やその著作権者が危険になることも承知で書かせたんだろうから、それぐらい匿ってあげてもいいかな?という気がします。 もちろん書いた本人だって自覚があったでしょうし自己責任とも言えますが、個人と企業とでは、危険性の度合いがやはり違うような気もするし。 出版会社と、著作者の知り合いたる著作権者だったら、やはり著作権者がバレた場合のほうが、著作者に被害が及ぶ可能性が高いと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>出版会社と、著作者の知り合いたる著作権者だったら、やはり著作権者がバレた場合のほうが、著作者に被害が及ぶ可能性が高いと思われます。 なるほど、そうかもしれませんね。 度々の貴重なご意見有難うございました。

  • 回答No.2
  • joy-net
  • ベストアンサー率49% (301/606)

私も詳しくないので自信がないのですが、 >作家(著作者)は確かに無頓着かも?ですが、著作権者は無頓着ではないですよね? 作家の遺族が著作権者の場合もありますし、そのような場合は、それこそ無頓着な方もいらっしゃるのでは。 無名と思われていて、権利の保護が著作物の公表後50年だったのに、作家が亡くなった後に誰の作品だったのか判明するようなこともあるし……と漠然と考えていました。 ↓無名又は変名で公表した著作物の保護期間の考え方について教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)

参考URL:
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000187

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

joy-netさん以前はお世話になりました。お久しぶりです。 >作家の遺族が著作権者の場合もありますし、そのような場合は、それこそ無頓着な方もいらっしゃるのでは。 そうなんですよね。著作権者が無頓着な場合はある意味、納得なんですけどね。ただ、納得できないのが、著118条で発行者が代位保全できる理由が「無名・変名の著作物の著作者がわざわざ無名・変名とした実益を守る為(つまり、実名を公表しないと損害賠償等を提起できない為)とされているところなんですよ。 その点では著作者=著作権者(あるいは 著作権者=著作者の遺族の場合を含む)の場合は納得なんです。 問題はそれ以外の場合も発行者が権利の保全をできることになっているところなんですよね。 そのような場合って全く実名を公表されないメリットって無いんですよね。著作権者名が割れたら、その人から著作者名が判明するおそれがあるとするなら、それは、発行者名が判明しても同じな訳で・・ ともかく貴重な意見有難うございました。

  • 回答No.1
noname#39234

えてして、すぐれた作家ほど、権利問題に無頓着。 昔は、売れても貯えもなく老後をすごすような 運の悪い作家もいたようです。(いまもいるだろうが) そういった作家の権利を発行者(出版社)が保全し 作家活動の妨げを取り除くことは有益だと言える。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

あ。いえ問題点は作家(著作者)の場合ではなく、「著作権者」の場合なんです。 つまり、作家(著作者)が著作権を他者に譲渡した場合、つまり、著作者≠著作権者の場合の「著作権者」についてなんです。 作家(著作者)は確かに無頓着かも?ですが、著作権者は無頓着ではないですよね? そのような場合にまで、なんで、発行者が代位行使できるの~??というところなんですが・・

関連するQ&A

  • 著作権の目的について

    著作権第一条において 「この法律は、著作物ならびに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」 とありますが、『文化の発展』とは何かいまいちよく分かりません。これに関するHPがある場合教えてもらえますか? 何故、著作権が必要なのか?著作物が保護されていないと他人がすぐに自分の著作物をコピーする。そうすると著作物を創作して世に出しても権利によって保護されるはずの「差異」がすぐにコピーされ解消されるため経済的価値もあまり無く、またその後誰がこの著作物を書いたのかわからなくなってしまう。後者を具体的に述べると、コピーされるため情報の発信者が分からない。そして、合理的精神に基づけば世に出す理由が無くなり文化的つまり、科学的、経済的、文学的にも発展が見込めなくなるということである。 ↑と僕は考えたんですけど、どうでしょうか? 意見orHPのURLお願いします。

  • 答案・解答は著作物?

    「QNo.2159293 これは著作権違法でしょうか?」を見ていて,ふと疑問に思ったのですが・・・  【1】試験等のの答案とか解答は著作物ですか?  【2】それは「著作権法」をどう解釈して?  【3】判例等があれば教えて下さい。  一応,「著作権法」は読みましたが,「著作物」の定義の『思想又は感情を創作的に表現したもの』に答案とか解答が該当するかどうかで引っ掛かりました。 ************************** (目的) 第1条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。 (定義) 第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。 1.著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。 **************************  なお,「QNo.857890 入試の再現答案と著作権」に類似質問がありますが,こちらの場合は『後で,わざわざ,答案を再現している。』点で,著作物になる様な気はします。  本質問の答案・解答はそういったものではなく,試験会場や通信教育の練習問題の答案・解答といったものを考えています。

  • スパムメールの著作権について。

    以前にスパムメールの著作権についての質問を拝見しましたが、私が納得いく回答がなかったのでここで改めて質問させていただきます。 スパムメールの本文を商用引用可能? にて、『 第二節 著作者 (著作者の推定) 第十四条  著作物の原作品に、又は著作物の公衆への提供若しくは提示の際に、その氏名若しくは名称(以下「実名」という。)又はその雅号、筆名、略称その他実名に代えて用いられるもの(以下「変名」という。)として周知のものが著作者名として通常の方法により表示されている者は、その著作物の著作者と推定する。』 引用 法令データシステムより抜粋。 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html なのですが、スパムメール自体、送信者を特定することが困難又は不能と思われる方法にて送信するメールのため上記に当てはまらないと考えているのですが、ご意見よろしくお願いします。

  • 共同著作物(?)の権利

    素朴な疑問ですが、アニメのアニメーターや漫画家のアシスタント、映画のスタッフは著作者になれるのでしょうか。これがなれるとして、著作者の死後五十年による権利消失は誰の死を基準に扱うのでしょうか。

  • 著作権のうち口述権について

    1 質問事項 口述権について,著作物を公衆に販売した後は,販売した権利がなくなるのか,結論と理由を教えてください。特に,裁判例があればご教示ください。 2 質問の趣旨 先日,このサイトの著作権についての質問において,「著作物である市販物を販売した時点で著作権者は利潤をあげており,それ以上の利潤を認める必要はない。口述権は、狭義の著作権の一部であり,財産権の一種。著作権者が著作物の販売で利潤をあげた後にさらに口述権を保護する必要はない」旨の回答がなされていました。 著作権のうち譲渡権については,26条の2で,いったん公衆に譲渡された著作物について適用されない旨明記されていますから,いわゆる「権利の消尽」がなされるといえます。また,頒布権(26条)については,権利の消尽は明記されていないものの,最高裁平成14年4月25日判決で「頒布権のうち譲渡する権利はその目的を達成したものとして消尽する」と判断されています。 しかし,口述権については,24条で「その言語の著作物を公に口述する権利を専有する。」とされているだけで,「権利の消尽」は明記されていない上,実質的にも,著作物を購入したからといって,その著作物の内容を自由に口述できるとすれば,著作物の内容の社会的価値自体を低下させるおそれもあり,無許諾で行うことには問題があるのではないかと思います。 そこで,正確な結論を再確認したく,質問いたしました。

  • 二次的著作権

    二次的著作権について教えてください。 もし、原著作権者Aが使用を中止させた二次的著作物Bについて、著作権はどのようなあつかいになりますか? つまり・・・原著作者Aの作品をまねて二次的著作物をBが作った。 このときはAはBに許可をした。 しばらくしてAはBをその使用を中止させた。 その後、AはCに二次的著作物を使用する許可を与えた。 BとCは酷似してしまった。 BはCに著作権侵害を主張した。 この場合、CはBの著作権侵害したといえますか?

  • 保護の切れた著作権の取り扱いについて

    著作者の没後50年や公表後50年等で保護期間の切れた著作物の取り扱いについての質問です。 例えば福沢諭吉の「学問のすすめ」は言語の著作物としての保護期間は過ぎていると思うので,利用には許諾は必要ないと思うのです。しかし現在,それを利用(コピーなど)したい場合はどうしても現在存在している出版社が印刷・発行した「本」からでしかできません。仮にA社が出版している「学問のすすめ」という本を購入し,利用する場合には許諾が必要なのでしょうか?(いるとすればどこでしょうか?)「学問のすすめ」の著作権は消滅していても,A社の本として印刷・発行されている場合は著作権の取り扱いはどうなりますか?

  • 二次的著作物の著作権

    アニメのキャラクター等を題材にして、自分で描いたイラストを (恐らく著作者に許可を得ず)公開しているウェブサイトが多くありますよね。 さらに、そのイラストの著作権がサイトの管理者(描いた人)にあると主張し 明記してある例が多いのですが、 原著作者の権利を侵害した二次的著作物でも、 その作者に著作権は存在するものなんでしょうか。 (それとも著作者人格権の事を言っているのでしょうか) 著作権を侵害しながら、著作権を守れと言っているようで、 そういうサイトを見かける度に、何だかマヌケだなと 思ってしまうのですが…

  • 著作物性を有する物とはどういうことでしょう?

    著作権として認められる条件として著作物性を有する物とよく いいますが、いったいどういったものなのでしょうか? 簡単な説明と、よいURLがあれば教えて下さい。 お願いします。

  • 著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

     題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか? ※ここに登場する名前はフィクションです。  あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?