• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ダビスタ04で大逃げする馬

こんにちは。 ダビスタ04を始めてまだ1週間です。 昨日初めてG1を勝ったんですが(菊花賞)、噂に聞いていた大逃げでした。 先行させても、引っ掛かって逃げちゃうんで、もしやと思い逃げさせてみたら、人気薄で誰も追ってこず 結果あっさりと勝ってしまいました。 質問です。 大逃げをする馬は、元々そういう馬だからというのを読んだ事があるのですが、そうなんですか? とすると、この馬は多分気性が悪いか、勝負根性が足りないと思うのですが この先ブリンカーやシャドーロールを付けることになっても、大逃げの特性は失われないのでしょうか?

noname#173609
noname#173609

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数3746
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

基本的には、勝負根性が少ない馬が大逃げをすることになるので、シャドーロールを付けたり、併せ馬調教をすることで大逃げを打たなくなることはあります。 ただ、大逃げをする馬というのは、もともとの勝負根性があまり無いことが多いので、シャドーロールで底上げをしても、併せ馬を連続して行うなどして積極的に上げることをしなければ大抵は大丈夫だったと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >基本的には、勝負根性が少ない馬が大逃げをする なるほど、そうなのですね。 今までに、勝負根性の足りない馬は何頭か出ましたが、 今回は馬込みに入ったときの掛かり方が尋常じゃなかったので、 直感的に「これは(天性の)大逃げ馬だ」と思いました。 それまでのダビスタであまり「逃げる」ことをしなかったので、 今回もほとんど逃げてませんでした。 それで気付くのが遅れたのかもしれませんね。 因みに、次走有馬で人気になり、あっさり逃げ潰れました(笑)。 大逃げをする馬でも、追い込みや差しなどの脚質指示をして、うまく行くこともあるのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

あくまでも経験則ですが、2000Mくらいを境にして有利な戦法が変わるような気がします。長距離ですと、圧倒的に大逃げが有利なのですが、短距離だと大逃げになる前に勝負どころに来てしまうこともあってか、逃げはあまり有利な戦法とは言えないような感じがします。 特に府中のマイルは直線が長いこともあってか、完全に差し馬有利です。勝負根性が無い馬なので、叩き合いになると不利ですけど、そうならないことを祈って差しというのもありだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々の回答ありがとうございます。 お礼が遅くなり申し訳ありません。 色々参考になるご意見感謝いたします。 例の馬はその後、逃げ潰れて二桁着順→人気薄で逃げ切り を繰り返し、 長距離G1を3勝して引退いたしました。 まるでメジロパーマーを彷彿とさせる戦績でした。 なお、ご回答頂いた通りに、差し・追い込みも実践しましたが、 勝負根性の足りなさから、全く通用しませんでした。 これからも色々試してみたいと思います 今後も精進いたします。

関連するQ&A

  • 先行とか逃げって何ですか?

     初歩的な質問でごめんなさい。競馬新聞とかを見ると「先行」「逃げ」とか「差し」とかいろいろあるんですけど、これって馬の走りの特性を指しているというのはわかるんですが、どのくらいの種類があってどう違うんでしょうか?だれかわかりやすく教えてください。

  • 騎手に対する的確な騎乗指示

    ダビスタ3をやっています。 このゲームに限った話でなくて結構ですが、 騎手に対してどのような騎乗を指示するのが適切であるか、アドバイスお願いします(現実の競馬世界の話でも結構です)。 ちなみに、(自慢するわけではないですが)自分が既に了解していることは以下のものです。(それなりには知っているかもしれません。) 1逃げや、先行が多く、ペースが速くなりそうなときは差し、や追い込みを指示する。 2ペースが遅そうな時はその逆をする。 3気性が荒い馬、入れ込んでいる馬には、逃げや追い込みがいい(どちらがよりベスト?)。 4馬場が不良、重い状態のときは、逃げや先行がいい(なんで?) 5性格のおとなしい馬には先行や差し。 6最終直線が長いときには追い込みが有効で、逆のときは逃げが有効。 7距離が短いときは逃げが得策(自信なし) 大体このあたりですが、詳しい方 よろしくおねがいします。

  • 武豊、最近G1では全然きていない気がするんですが・・・

    先週の菊花賞にしても、秋華賞にしても武の乗っていた馬は実力的にもなんら問題のない馬だったと思うのですがまたダメでしたよね・・・なんかG1に限っては私の記憶では今年に入ってから1勝もあげていない気がします。どうしちゃったんでしょう?ベテラン騎手だしプレッシャー??とも考えにくいし・・・。皆さんどう思いますか?

  • ダビスタ3のスピード能力、などについて

    スーファミのダビスタ3をやってます。 ちなみに、攻略本は2冊とも一読しました。 スピード能力について教えてください。 通常、馬が3歳のときに牧場長からスピード能力が高いとか言われますよね。 これは、スピードの潜在能力が高いことを意味しているのでしょうか? それとも、既にスピード能力は完成されているから 余り鍛える必要なしという事ですか? どちらであるかによって調教の仕方は正反対になります。 次に、勝負根性に関してはどうでしょう? これも3歳のときから高いことを意味しているのか、底力の潜在力が高いことを意味しているのかいまいちはっきりしません。 あと、スタミナはほとんど無限に鍛えられるというのは本当でしょうか? よろしくおねがいします。

  • 今年の菊花賞穴馬は?

     夏も終わりになりました。札幌が残ってますが、ローカルも最後で秋に向けた準備に入ります。 最近荒れる事になってしまった菊花賞の穴馬はたいがい夏に走っています。そこで、これは面白いんじゃないかという馬がいたら書き込んで下さい。牝馬のクラッシク関係でもイイです。よろしく!! ちなみに、私の穴は菊花賞→レゴラス(人気かも)秋華賞→ヤマニンスフィアー(最近負けすぎ)です。  

  • 先行策が有利?

    ダビスタやってますが、どうも先行(逃げ含む)策の方が有利な感じがします。 逃げや先行の場合、最後にばてなければ買ってくれるとの期待ができます。 その反面、差す(追い込み含む)場合、馬群に包まれていない、前が壁(馬が横並びになり前に出れない状態)になっていない、先行馬がばてている、直線が長いなど複数の条件が満たされない限り勝てないと思われます。 実際の競馬の世界でも差す馬の方が負けやすいといえるのでしょうか?

  • 2009 菊花賞の軸馬は?

    いよいよ09'菊花賞ですね。今回はロジが抜けて波乱含みですが、 これを予想するには、かなり難解ですね。こうなると優先順位は 血統馬を軸(例えば、フォゲッタブルなど)に、したくなります。 リーチ、アンライなどは当然人気に成りますから・・・ それはさておき、気になる馬が1頭います。ブレイクランアウトです。 5月のNHKマイル までは1番人気で実力はあると思いますが、距離 にかなりの不安があります。前走、古馬戦で2着はいいのですが、 そこは軽ハンデの部分が強いかと思われます。 やっぱり要らないですかね?菊花賞は難しいです。!!

  • 菊花賞で吉川さんが乗ってた馬について

    菊花賞・・・大外れでした(涙) まさか前走で1800mを使ってきた馬が勝ってしまうとは・・・ 新しいG1(Jpn1)ジョッキーも誕生するなんて結末、 全く予想もしておりませんでした・・・。 まあ、馬券のことをいつまでも悔いてたら競馬なんてやってられないので、 天皇賞にさっさと気持をシフトするとして、 質問なんですが、今日の菊花賞で、誘導馬に吉川晃司さんが 騎乗しておられましたよね!? (肩幅の広さが若干アンバランスだったがそれでもカッコよかった!  ただ、通年のイメージキャラクターとして起用した上で・・・  の方が尚よかったのでは!?って思ったりもしましたが・・・) その際乗っていた、アイスバーグって言う馬について知りたいんですが、 某競馬データベースで検索したところ、鹿毛馬で一頭だけ 出てきたんですが、乗ってた馬って芦毛でしたよね!? もともと乗馬用の馬なんでしょうか!? 誘導馬といえば、小倉のメイショウカイドウとか、 (そういえば、グラスボンバーも引退後は、福島競馬場で  誘導馬になる話が持ち上がっているようですが・・・) 重賞ウイナーで、種牡馬になれなかった馬の、第二の馬生っぽい イメージがあるんですが・・・ (まあ、そういう馬ばかりでもないでしょうが・・・) ふと、気になったもので・・・ だれかわかる方がおられたら教えてください・・・

  • レースの展開の読み方について

    レースの展開の読み方について教えてください。  逃げ馬のテンや逃げ馬の数、先行馬の数、人気馬の位置取りなどでどのようなペースになりどのような脚質の馬が、またはどのようなレースをしてきた馬がそのレースで有利なのか、など具体的な事をお教えください。 よろしくお願い致しします。

  • あなたの好きな競走馬

    先日のpokapokatenkiさんのご質問に火が着いちゃいました。 あなたの好きな競走馬は何ですか? ちなみに私の好きな競走馬は…、 ・ステイヤー部門 ・ライスシャワー ・スプリンター部門 ・サクラバクシンオー ・個性派部門 ・アドマイヤコール ・ツインターボ ・メジロパーマー アドマイヤコールはビワハヤヒデかナリタブライアンが菊花賞を勝った時に 一緒に出走した馬で、とんでもない大逃げをした馬なんです。 アドマイヤコールの母親が天皇賞・秋で距離がまだ3200mだった頃、 逃げ勝ったと聞いております(間違っていたらごめんなさい)。 現役馬・引退した馬、どちらでも結構です。 ご返答お待ちしています。