• 締切済み
  • 困ってます

非常用発電機停止時の処置について

非常用発電機の分解点検を検討しています。 分解点検の場合、10日間程度、発電機が停止することになる と思いますが、この場合、消防署等への届出などが必要となりますでしょうか? 発電機の負荷は、消火栓ポンプ、スプリンクラーなどが含まれています。 アドバイスお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数251
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • tnt
  • ベストアンサー率40% (1358/3355)

その建築物は何でしょうか? 自家発を義務付けられている設備なら 普通は別の仮設を要求されるはずですし 義務が無いなら何も要りません。 10日だと、ガスタービンの工場メンテだと 思いますが、 普通は仮設を必要とします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 非常用発電機が壊れたまま・・・の場合

     先日、職場で話題になったのが・・・  「非常用発電機が壊れたが、財産難のため修理も出来ず、放置しておいた場合どうなるのだろうか?」 です。  そこでご質問させていただきます。  このまま放置した場合、消防署の立ち入り検査等が合った場合、どうなるのでしょうか?  (架空の)前提条件は、10F程度のテナントビルで総面積は1,000m^3以上と仮定します。  また、非常用発電機起動時の負荷供給先は当然、消火用ポンプや避難用照明です。

  • 非常用発電機は計画停電時の一般負荷用に使用できる?

     消防法により設置が義務付けられされてある非常用発電機(防災用:消化ポンプ,スプリンクラー用)ですが,計画停電があった時のため,一般負荷用に使用できるよう電気配線を変えてもいいのでしょうか。また,一般負荷に使用しても良いのでしょうか。実際だめだと思いますが,どのような法律に抵触するのでしょうか?お願いします。

  • 蓄電池と発電機・・・

    いつもお世話になります。 鉛蓄電池や発電機について、法定点検が必要であるような気がしつつも当社では出来ていないような感じがします。その為、いろいろネットで調べたものの良く分かりません。教えて下さい。 何となくですが、消防法や建築基準法で規定されているような感じですが、蓄電池でも発電機でも用途によってはいる、いらないと感じられます。 弊社では、蓄電池や発電機を以下の用途で使用していますが、どれが何に規定されてどの程度の点検が必要なのかを教えて下さい。 尚、発電機については保安規定に基づいて点検しています。 ■蓄電池(鉛)  ・発電機起動用  ・工場内非常照明用 ■予備?非常?用発電機  ・排水ポンプ等の水防設備の停電バックアップ(200~450kVA)  ・消火栓等を含む回路の停電バックアップ(300kVA程度)  ・重要PC及びそれようの空調設備(200kVA程度)  ・工場内非常照明 ■その他  ・建築基準法に基づいて設置?した非常照明(100灯/1工場 くらい) 本来であれば法律カテとも思いましたが恐らくはこちらの方が詳しいと思いましたので・・・ 以上、宜しくお願い致します。

  • 非常用発電停止の原因はパッキンの表と裏を付け間違え

    【青森】非常用発電機の停止の原因はパッキンの表と裏を付け間違えによるものと判明-東北電力・東通原発 東北電力は9日、東通原発1号機(青森県東通村)で非常用ディーゼル発電機の停止につながった油漏れは、 ポンプの隙間を埋めるゴム製のパッキンを表裏を逆に取り付けていたことが原因とみられると発表した。 東北電はパッキンを新品と交換、同日午前中に復旧した。 東北電によると、発電機のポンプを分解したところ、表裏が逆で一部が破損していた。 この発電機は3月中旬に点検を終えたばかりで、東北電はなぜミスを発見できなかったか調べる。 同原発には3台の非常用発電機があるが、7日夜の余震時は2台が定期点検中で、外部電源の途絶で1台が作動。 しかし、外部電源が復旧した後、油漏れが見つかり、停止させた。 経済産業省原子力安全・保安院は9日、2台以上の非常用発電機を動作可能とするよう電力各社に指示したが、 東北電は「2台の発電機の点検終了を前倒しするなど、早急に対応を検討したい」としている。 ソース (共同)パッキン取り付けミスか 東通原発、発電機油漏れ 2011年4月9日 20時17分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011040901000830.html 原発の発電機を一体なんだと思ってるのかな? 趣味で作ってるプラモデルとかじゃないよね?

  • 非常用発電機の設置について質問します

    古いオフィスビル(昭和46年竣工、自社使用)で非常用発電機がありません。 地下にはスペースがなく、屋上は耐荷重に問題がありそうです。 消火設備は消火栓ポンプがあり、排煙装置はありません。 非常灯・誘導灯は内蔵バッテリーで対応できています。 現在の消防法では非常用発電機は必須ですが、永年指摘もなく過ごしていますが、今回の震災 でオーナーが不適合ではないかと不安がっております。 そこで質問ですが、永年放置していた経緯が不明なのですが、法の適用除外等が有ったのでしょうか? また、非常用発電機の義務が生じた場合その対応策は何かあるのでしょうか?(発電機以外で)

  • 常用・非常用兼用発電機の系統連係時の停電について

    高圧の常用・非常用兼用発電機(内燃力)が電力会社と系統連係している場合、電力会社側が停電すると連絡母線盤の遮断器等で常用負荷とは切離れて、非常用負荷(防災用負荷)のみ発電機で電力供給するシステム構成になっていると思います。 このとき、発電機は常用負荷が切離れることにより、一気に負荷が軽くなり、加速度保護装置等の保護装置が働き、発電機が止まってしまう可能性があると思いますが、これは非常用発電機として消防法をクリアできているのか教えてください。 ある、発電機の操作マニュアルに上記のような内容(商用が停電した場合、発電機が止まる可能性云々)が書かれており、疑問に思い質問しました。 拙い文章ですが、よろしくお願いします。

  • 非常用発電機と予備発電機の違いについて

    建物等のバックアップ電源として発電機を設置している 場合に、「非常用発電機」と呼ぶ場合と、「予備用 発電機」と呼ばれる場合があると思います。 この「非常用」と「予備用」には何か明確な区別が あるのでしょうか? 消防法や建築基準法で明記されているのかとも思い ましたが、見つけられなかったもので・・・ ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 発電機のA重油について

    会社の非常用発電機でA重油(特Aでない)を使用していますが、先日久しぶりに確認すると真っ黒く、缶の底にヘドロのようなものが溜まっていました。非常用ですから点検時以外は運転しませんので重油はいつのものか分かりません。そこでこのような状態のものを発電機に使用していてもよいでしょうか?消費期限のようなものはあるのでしょうか。

  • 家庭用発電機

    自宅の井戸ポンプをインバーター発電機で稼働できるように災害対策として 発電機の購入を検討しています。 井戸ポンプは深井戸用タイプ、定格出力400wです。 上記の内容で=ヤマハ発電機ーEF1600isインバーターでポンプは稼働する発電能力は あるでしょうか? 回答のほど宜しくお願いします。

  • 発電機のアイドリング

    不動の小型発電機(5A)を、貰って自分でキャブを分解して清掃して(ジェットやニードルなどはいじらず)動くようになったのですが、無負荷状態で運転するとスロットルが勝手に開閉するので、負荷を掛けた瞬間にもたつく気がします。これは仕方が無いのでしょうか?それとも異常でしょうか?

専門家に質問してみよう