• ベストアンサー
  • 困ってます

中国語の読み物を読めるようになるための学習順序。

NHKラジオ講座をメインに勉強してきた者です。 中国語では中級の壁を越えられない人々が多いと聞きます。 正確には、中級に行けない万年初級の人(私)か、中級から出られない人かちょっと定かではないのですが、ある意味中国語は学習範囲が英語などに比べとても広い感じがします。 会話というと巷では溢れるくらい旅行会話系本があります。これをある程度できるよう語彙や文法を勉強しても、中国の子供が読むような本を読もうとすると語彙でも全然追いつかず、また、ピンインと漢字の意味を調べていざ音読をしようとしても、お手本となる音声教材がないと、今ひとつ読み方(ピンインだけでなく、センテンス内のブレスの位置、抑揚の付け方など)がきちんとわからず、またそのような状態で独学でピンインを追っていっても、なんとなく文章がなじめない感じがします。 それで結局音声付の読み物を教材として利用するわけですが、NHKなどではそのような読み物を題材とする講座はかなりレベルが高く(次期応用編もそのようです)、あまりに知らない単語が多すぎると、単語調べをしているうちに嫌になってしまいます。 先日も簡単な中国語で書かれた犬の飼い方を扱った本などを入手したのですが、かなり新出単語が多く手をつけられません。以前このような学習を並行して挫折した経緯があるもので・・・。 外国語は「聞いてわかって初めてちゃんと理解」と言います。中国語講座の私の初めての講師、喜多山幸子先生も番組内で常にそうおっしゃっていました。それはわかるのですが、いつも会話ばかり学習するわけにいかず、早く子供向けの童話など読みたいし、いずれは若者向け雑誌や新聞も読めるようになりたいのですが、その入り口さえも見えてこない感じです。 聞いてわかるのが大前提ですが、読めるようになるにはどのような順序で臨めばよいものでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんにちは。 熱心な学習者ではありませんので、お役に立てるかどうかわかりませんが。 NO.2の方がおっしゃっているように、私も基本的に、音読と読解の勉強は別にした方がよいと思います。 読解の方は、日本人は漢字に慣れているせいもあってか、文法を押さえてボキャブラリさえ増えれば、自然に読めるようになっていたような気がします。ただ、慣れないとやっぱり量を読むことはできないので、おもしろそうな内容で、短めのものを少しずつ読んでいくのはどうでしょう。HSKなどの読解問題を集中的に勉強してみるとか。留学生だと、毎日新聞を切抜きして精読している人もいました。日本語で読んでも退屈なものは中国語で読んでもおもしろくありませんから、興味のある内容のものを選んでみては。日本人の作家が書いた短めの本を、中国語で読むのも手です。村上春樹、渡辺淳一など、いろいろありますよ。これだと、特に背景理解の必要もありませんのでかなり楽に読めます。 大体読めるようになると、読解速度や、背景を含めた意味をどれだけ把握できるかが重要になってきます。そのためには、量を読むことと、中国の社会や文化をより広く、深く理解することが大事だと思います。それには、中国関連の本を乱読することをお勧めします。一語一句の意味がわかっても、全体の意味は?ということも多々ありますから。漢字という性質も関係しているのかもしれませんが、中国語は単語または文章が抽象的になりがちなようです。その意味をとるためには、やはり、背景理解が非常に大事だと感じている今日この頃です。 中級までだと、テキストの文を集中的に勉強するのが効果的です。そういえば私が留学した学校では、中級になるまで読解の授業はなかったような気がします。 音読が好き、とのことですので、何かの参考になるかもしれません。私の初級~中級の頃の勉強の仕方をお教えしますね。 1.テープを何度か聴く。・・・ここで聞き惚れるのがポイント(笑)同時に、意味をどの程度まで取れるかを確認。 2.とりあえずテキストを読んでみる。・・・どの程度把握できるか確認。 3.もう一度テープを聴いてみる。・・・テキストを読んでも意味がわからなかったのに、テープを聴くとわかることがよくある。 4.辞書を引いて、完全に意味をつかむ。文面だけではなく、背景への理解が深ければ深いほどよい。その後、中国人の先生から文法・単語の説明のほか、いろんな話を聞けるのがベスト。 5.テープについて音読し、100%暗記することはないけどほぼ暗誦できるくらいにする。・・・1.で聞き惚れていると、歌を覚えるように無理なくできる。覚えにくい単語は抽出して集中的に。4.でつかんだ意味や背景を思い出しながら。 6.テープを聴きながら、全文を紙に書き取っていく(聴写)。 7.練習問題をして添削。文法、単語の再度確認。練習問題になっているものは特に大切な内容なので、完璧に押さえる。(6.と7.は逆になってもよい) 実は、私はこれを高級になっても続けていました。これだと、私のような特に語学センスのない者でもできるようになります。 加油!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をありがとうございます。 かなり勉強を積まれていますね。 日本の作家の作品を中国語で読むなんてすごいですね。 私もそのうちできるようになるんでしょうか。。 今からはちょっと想像できないほど遠い道のりのような気がします。 長期戦で挑まないといけませんね。 教えていただいた勉強方法は、今私が実践しているものとよく似ています! 今は興味のある講師のラジオ講座を録音したものを使用しているのですが(これならテキストもあるし、別売りCDよりは実際の放送だとちゃんと講義のような形で講師の説明があってよりよいと思うのです)、テープを聴きながらノートに書くという方法は、語彙を確実にするためにも、文の作りを体にしみこませるためにもとても有効だと感じています。書くと不思議と覚えるんですよね。 以前は単語を見て意味がわかり、一応漢字が書けて発音できたらよしとしていたのですが、今は習う漢字はとりあえずピンインまでしっかり正確に書けることを目標としています。これだと検定試験で単語の発音問題が出ても、うろ覚えの消去法の回答でなしに、ピンインで正誤がわかりますし、何にせよきちんと発音する基本になるとあらためて思ったからです。 これから出会う単語(もちろん過去のものも出るたびに)一つ一つきちんとものにすることで、長い道のりではあるとは思うけど、いずれしっかりとした結果に繋がると思います。 >私のような特に語学センスのない者でも・・ いえいえ、基礎的な学習と練習を続けることが一番しっかりとした方法だと思います。でもそれを上級になっても続けておられるということに私はとても触発されました。 一冊の練習帳や、3ヶ月のラジオ講座のテキストをしっかりと全部やり終えた後には充実感がありますよね。 教えていただいたような方法で、地道にがんばってみようと思います。 気が付いたときに以前聞いていたところが簡単に感じるようになったとき、また次の意欲がわいてくることを楽しみにしつつ・・・。 お話ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

単語調べでいやになるとのことですが、最初は教科書自体に新出単語のピンイン・日本語による翻訳、文法の説明が載っている教材を読むべきです。初級では辞書を引くことよりも語彙数を増やすために単語や文法を覚えることが大切です。生教材は、中・上級レベルになるまで経験をつんだあとでしょう。 それと私の考えですが、読解力をつけたいのであれば、音読はしないことです(黙読のみして、文の内容理解を確かめる練習問題を解く)。するにしても、文の内容を理解した後、最後にすべきで、音読は発声の練習として別に考える必要があると思います。読解の勉強では文の内容の理解が第一でしょう。 中級以上の読解の学習では、精読の練習と、速読の練習があります。精読では、単語をいちいち辞書で調べることからはじめて、修飾語と被修飾語の関係、動詞と補語の関係、指示詞の指示内容のチェックなど、こまかく確認しながら読むことです。 速読の練習では、ざっと読んで大まかな内容を把握する技術(スキミング)、文章の中から必要な情報だけを探し出す技術(スキャニング)を身につけることです。分からない語句があっても文脈から推測したり、接続関係から次の内容を予測する練習などがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をありがとうございます。 >最初は教科書自体に新出単語のピンイン・日本語による翻訳、文法の説明が載っている教材を読むべき・・・ 今新出単語を丁寧に繰り返し学習できるNHK講座の録音MDを利用して学習しています。新出の単語を音つきでとにかく一つでもものにしていけるなら、どんなものでも役に立つのではと思います。この講座も3ヶ月で終わり(この講座がいいと気が付いて録音し出したのが2ヶ月目の途中からだったので、正味3ヶ月分はない)ですが、語彙も増えてとりあえず次のステップにはなると思います。中国語にはどうしても古い題材を扱ったものが多く、そういうものだと興味がうせるので、面白いと感じるものをうまく使っていこうと考えています。 >文の内容の理解が第一・・ 理解がないと、音読にしてもリスニングにしても確かに体に入ってこないですね。 私は音読がなぜかとても好きで、英語にしても、もちろん本物には及びませんが、アナウンサーが記事を読むような感じでスラスラと読むことが夢みたいなところがあるのです。大げさに言ってしまうと、私の外国語学習の目的は、その外国語がきれいに聞こえる音でスラスラと流暢に読むためなのかも知れません。 だからどうしても音読にこだわってしまうのです。 でも音読できるということは、同様に、同じものを聞いても全部理解できるということで、それもまた夢です。 特に中国語は、発音のきれいな女性が読むとうっとり聞きほれてしまいます。本当に魅力のある言葉だと思います。 だから、いつかはどんなものを手にしても、だいたい読めてしまうくらいまで頑張って語彙を増やして読めるようになりたいです。 お話参考になります。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#27172
noname#27172

童話って簡単なようで以外に難しい要素を含んでいます。日本語で考えても「どんぶらこ」とか「すってんころりん」のような広辞苑にも載っていない単語が頻繁に使われるからです。ですから、かなり難しい日本語を読める外国人も童話には少し手こずるらしいです。童話を読む上で大切なのは 意味よりもイメージを掴むことです。ですから、最初のうちは出来るだけ文章が少ない絵本から始めるのがコツです。 ただ、中国語って微妙ですね。極端な話、リスニングはそっちのけでリーディーング力だけを向上させるのは さほど難しくはないんですが、それだと漢文の延長線になってしまいますよね。 NHKの外国語講座は かなりよく出来ているんですが、 それだけで習得するのは難しいですね。ラジオの場合、入門編から応用編に入る場合、開きがあって スムーズに移行しにくいことがあります。 私は中国語のレベルは wowmakotanより低いと思いますので 大したアドバイスはできませんが、↓で紹介するサイトに よさそうな教材が幾つかあります。 http://shop.jcbus.com/product.asp?productSort=207

参考URL:
http://shop.jcbus.com/product.asp?productSort=207

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも回答をありがとうございます。 確かに童話などは文語ですよね。中国語には成語をタイトルとしたお話が数多くありますが、どちらかというと文語体という感じがしてしまいます。もちろん漢字の読みは口語も文語も変わりがないのですが。 教えていただいたサイト参考になります。 語彙を増やしていってだんだんと全体的にバランスよく、もちろん理解もしつつ音読できるようになるプロセスは、一朝一夕ではどうにもならないけど、試行錯誤しながら一つ一つクリアしていくしかないですね。非常に時間のかかる作業です。 私の中国語は本当にたいしたことないです。 音を重視しているcherry77さんの方が上達は確実です。 私もリスニングを怠らないようにがんばって上達させようと思います。 お話とても参考になりました。

関連するQ&A

  • 中国語勉強方法について

    中国語検定3級レベルの者です。(勉強歴は1年半くらいです) 学校で1時間オール中国語(聞くのも話すのも)の授業を取ってしまい、着いていけずとても困っています・・・。 リスニング力・語彙・文法・・・を急いでつけないと、と考えていますが良い教材など皆様ご存知ありませんか? 参考書などのオススメのほかに、BBC learning English(イギリスBBCが非英語圏の英語学習者に向けて作った英語学習サイトで、Podcastに無料でDLして音声教材を聞くことのできる便利なサイトです)の中国語版的なものがあったら良いなぁと思っています。 あまり机に向かう時間がとれないので、通学途中の電車・・・のように細切れの時間を使って勉強することになるので(上記のような)リスニング教材も助かります。 また、語彙の本(単語帳)も中国語で良書のもの・・が中々見つからないので教えていただければ幸いです。

  • 中国語の読み物

    僕は中国語検定3級程度の者なのですが、中国語で書かれた本を読みたいと思っています。中国語検定3級でも楽しく読める小説などの読み物はありますでしょうか? なにかオススメのものがあれば教えてください。

  • 中国語。音を記憶に定着させるための学習法。

    中国語を何年も勉強している割りには、なかなか初級の壁を越えられずにいる者です。 最近はレベルアップをはかるべく、少し難しい教材にチャレンジしています。 それにしても過去に再勉強した英語に比べて、本当に中国語は意外にも手ごわいと感じています。 やはりそれは発音に原因があると思います。 印象としては、中国語の単語は「シェ・シェイ・シュ・ジン・・」など、同じような音が多い上に、例えば同じような発音に四声が加わって更に音の区別が複雑になってきているという感じがします。 毎回新しいスキットに入る前に少しでもスキットに馴染むようにあらかじめ新出単語に当たる(漢字とピンインを書く、発音する、意味を把握する)のですが、まだうろ覚えの状態でスキットを聞くと、記憶に定着していない単語だけが面白いように頭の上を流れていってしまいます。 例えばニュースなどを聞いていても、そういった「意味が拾えない単語」が気になって、耳が止まってしまう・・とはよく聞く話です。 このごろは発音(ピンイン)を頼りに記憶を辿る努力をしています。そして、不思議と熟知した単語は音を聞くだけで意味がさっと掴めるので、ピンインと意味がしっかりと体に入れば、聞き取りもぐっと上達するものかと想像し、同時に、似たピンインの多い中国語学習は実に根気のいる作業と腹をくくらないといけないなぁ実感します。 そこで質問ですが、中国語を学習するとき、音と単語をどのように結びつけて学習していますか? 私は音だけでなく、漢字・ピンイン共に絶対に書かないと覚えられないのですが、記憶に定着させるために、どのような学習法を取っていますか? 教えてください。

  • 中国語検定準1級

    現在中国語検定2級の勉強をしていて、将来的には準1級を受験したいと思っています。単語は『中国語基本語3000 HSK漢語水平考試』を使用しています。 単語も、この本と辞書を引きながら語彙を増やして、2級の範囲は語彙力をカバーできると感じてるのですが、準1級の場合は、対策の単語帳が出ていないので困っています。 準1級に合格された方は、どのように語彙力を伸ばしていきましたか?さらに、リスニング教材も少ないので、リスニングの勉強方法も教えていただきたいです。 もう一点、cctvのようなニュースは中国語検定何級ぐらいから聴き取れるでしょうか?cctvは時々意味がわかる程度で、私には難しすぎます。なので、もっと簡単にリスニング学習ができるサイトの情報もよろしくお願いします。

  • 超初心者の中国語学習法について

    http://okwave.jp/qa3308320.html で、skypeの学習法で質問させていただいたものです。 長くなってしまったので(^^;) もうひとつ、スレッドを立てさせていただきました! 超初心者の学習法について、アドバイスいただけませんでしょうか? 独学です! 現在の勉強方は・・・ ・とにかく単語とピンインを同時に覚える ・ピンインをCDに合わせて読む(発音の練習) ・簡単な会話をCDの後に続いて読む ・わからなくてもいいから、耳を慣らせるために、  子供用のアニメ(ドラえもん)をみる。 ・中国語検定準4級を目指す学習をする 語学の勉強は初めてなので・・・ なかなかやり方がわかりません! やはりまずは、ネイティブの先生について、 ピンインからやるのが近道なのでしょうか・・・ 色々、悩んでしまいます・・・orz どんな小さなことでも、アドバイスいただければ幸いです! よろしくお願い申し上げます!

  • 中国語の参考書について教えて下さい。

    こんにちは 私は大学1年で今年の春から中国語を学んでまだ初心者ですが、大学4年間で日常会話に支障がないくらいな会話を身に付けたいと思っています。 しかし今の調子だと例えば中学で英語を3年間文法をやって高校も同じように文法を3年間やって会話も出来ずに終わりそうで、同じことの繰り返しだと思います! 今の学校の教科書の復習も大事だと思いますが、何かおすすめのテキストないですか? 僕が気になったテキストは中国語10000単語という本でとても単語の量が豊富で良いなあと思ったんですけどCDがなくて諦めました なぜならまだピンインが8割くらいしか分からないので、間違えて覚えてはいけないと思い、買うのはやめました。 この本みたいに豊富な単語がのっていてなおかつCDもついてるテキストありますか? 今はやっぱりピンインを完璧にして単語が大事だと思っています。1、2年生で単語は大体把握出来て3年生には文法も、しっかり把握し簡単な文を話せるようになりたいです 値段はこの際いくらでもいいです。 中国語が身に付けばお金に変えられない価値がありますからね 。 ではオススメの教材紹介お願いします。

  • 中国語 単語を学ぶ参考書は?

    5月からHNKラジオで勉強を始め、11月に中検4級に受かったので、3級をめざそうとしています。 また、来年5月から上海に転勤する主人に帯同し、 大学の漢語班で学ぶ予定です。 現在、語彙を増やすために、単語学習用の本を購入しようとしているのですが、 以下の4つで迷っています。 1.中検4級・3級完全攻略 中国語単語2000 2.中国語基本語3000―HSK「漢語水平考試」大綱準拠 3.トレーニングペーパー中国語/単語 4.中国語キーワード1000―中国語単語トレーニングペーパーのハンディー版 長い目で見たら2.が良いと思いますが、ピンイン順に書かれているところが気になります。 1.では、いずれ物足りなくなるかも?と思います。 3.は文や単語が古いと聞きました 4.はCDがついておらず、3と同じ内容だとか。 ちなみに4級は遠藤光暁の「わかる中国語単語1000」を使用したのですが例文が載っていないので、 次の本は例文付にしたいと考えております。 中上級者の方々、 語彙を増やすには、上記のどの本を使用したらよいか、 または、お勧めの参考書があれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • わかりやすい・オススメの中国語文法の本

    中国語を勉強したくて教材を探しています。探してみると中国語会話の本はよくあるのですが、わかりやすく、丁寧に文法を解説している本が見つかりません。 私は、台湾出身の方に中国語を教えていただいたのですが、文法的な説明(品詞含む)は全く苦手なそうなので、本を活用したいと思っています。 最近になってやっと1冊ちょっといいなと思えたものがありました。  ↓↓ 著)杉村博文 「中国語文法教室」 大修館書店 発音の方は特に問題ないのですが、私の中国語(文法、文章など)は多分大学で中国語を選択して1年学習した程度の方と同じくらいだと思います。できれば繁体字、台湾のピンインの方が慣れていますが、簡体字やローマ字ピンインでも大丈夫です。 上記の本以外に文法や単語、熟語、決まった言い方など丁寧に書かれている本等ありましたら教えていただきたいと思います。宜しくお願いたします。

  • 中国語の辞書

    ピンインからひける中日辞書を購入したく思っており 『岩波 中国語辞典』と白帝社の『標準中国語辞典』の どちらにするかで迷っています。 現在初級者レベルで、中国語を学んでいる目的は 友人と日常的に中国語で会話が出来るようになるということです。 最初は定評のある『岩波 中国語辞典』にしようと思っていたのですが 語彙が古いらしいというのと、北京語を中心にしたものということで この辞書を買っても私の目的に合っているのかどうか 迷い始めました。 語彙が古いといっても、基礎的な単語は網羅されてはいるが パソコン用語など近年に新たに生じた語彙が載っていないという事でしょうか、 それとも、現在では日常使わないような語彙ばかりが 載っているという事でしょうか。 また、北京語が中心とのことですが、普通話を学習する上で この辞書では役には立たないでしょうか。 その他、語彙の解説や例文についてなど みなさんが使ってみて、使い勝手が良いと思われるものは 上記どちらの辞書でしょうか。 どんな感想でも良いので、お願いいたします!

  • 中国語の発音に関してアドバイスください。

    NHKのラジオ講座や市販教材などを使い、独学でぼちぼち中国語を数年(・・・も)勉強している者です。 今ラジオ講座の応用編では、講師が生徒に中国語の授業をするような形態のレッスンを行っていて、途中生徒さんがテキストを音読し、講師が逐一発音を直すというのが従来のラジオ講座と違ってとても面白いです。 結構できる生徒さんなのに、曖昧な発音をしていて注意を受けることもあって新鮮な驚きです。 私は音読が好きなので、よくテキストを読むのですが、自分の発音を振り返ってちょっと不安になりました。中国語は漢字だから日本人は音をないがしろにしがちとはよく言われることですが、私自身、四声をちょっと間違えて覚えていたり、読みながらいつの間にか発音が変っていたりしているところがあると思います。 そういうことを念頭に置いて発音を確かめながらテキストを読み直すと、やはり怪しいままの単語がありました。 それで本文の単語全てのピンインを書き出し、確認しなおしました。 ここで疑問なのですが、中国語の場合、どの程度きちんと発音していないといけないものなのでしょうか。やはり新出単語のたびに、全て完全にしておくべきなのか、途中ちょっと四声が違っても会話の流れでわかるからそこまで神経質にならなくてもよいのか。 (でも検定試験を受ける場合には、発音がきちんとピンインで正確に把握できてないと答えられない問題もありますね) 英語で考えると、単語のイントネーションやストレスの位置などが間違っているのはいけないけれど、日本人にとって難しい全ての母音を細かく正確に発音しなくても何とかなってしまうような気がします。 (もちろん正確なのに越したことはありませんが) 中国語の場合は発音においてどのような考えで臨めばよいでしょうか。 まるきり初心者のような質問で申し訳ありませんが、 アドバイスいただけると嬉しいです。