• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

エンジンがかかっても止まることがある

私は平成11年式三菱パジェロミニAT 30000kmに乗っております。夏の間はなんともなかったんですが、去年と今年、寒いときにたまにエンジンのかかりが悪くて困っております。普通はエンジンをかけるとチョークが働いて一定時間エンジンの回転数が上がったままになって、暖まり始めるとアイドリングが安定するんですが、この症状が出るとエンジンはかかるものの、回転が上がらず、すぐストールしてしまいます。それゆえ、そんなときはアクセルをちょっと踏んでエンジン回転数を上げておいて暖気をしています。ある程度暖まるとストールしなくなるんです。ちょっとめんどくさいです。一度ディーラーに持っていったんですが、「見てみないとわからない、置いていって下さい、」と言われ、結局乗って帰りました。私としてはこの症状は、何々が劣化すると出る症状です、とか原因の推測的なものも欲しかったんですが・・・。まあ、ディーラーとしても適当なことはいえませんから気持ちもわかるんですが、過去の経験上のアドバイス的なものくらいは欲しかったです。と、いうわけでこんな症状の場合はどんな原因が考えられますか。チョークが壊れたんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数13
  • 閲覧数4711
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.11
  • y_t
  • ベストアンサー率100% (1/1)

H56A H7納車 VR-2 113000Km 車検は全てユーザー車検で通ってます。 同様のエンジン始動時回転数上がらずが秋口に発生して TPSを調整して何とか上がる状態にしましたが、最近また 再発したので、無償点検期間が終わりに近づいていることも有り三菱へ持っていきMUT-2で見てもらったところ、 TPSではなくISCサーボユニットの不良と断定されました。 自分で交換しようとしてISCサーボユニットを外して見たところ中身が焼け焦げていてソレノイドコイルが1-2ショート4-5が506オ-ムでNGでした。三菱部品へ購入かけようとしたところ、売ることは出来るが調整を考えると素人では止めた方が良いという事で結局ディーラへお願いすることにしました。 この一連の対応の中で判ったこととして (1)TPSの調整は非常に微妙で危険→素人は手を出さない方が良い (2)ISCサーボユニットは取り外すことは簡単に出来たが 取り付けが非常に困難→ゴムパッキンが容易に嵌らない→サーボが利いてないのでモーターの一調整を誤ると一気に4000回転位で始動してしまうので危険 私は何回か取り付けなおしのとサーボ回転軸の調整をやりやっと走れる状態にしました。→後はディーラでやってもらいます。 別の部品屋に聞いたところTPSが壊れてもISCサーボユニットが壊れてもCPUボードにまで被害がおよぶ。さらにISCサーボについては同じ構造を持つ他社の車も同じように焼ける可能性がある。 結論として早めにディーラーで見てもらったほうが良い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。似た症状として参考になります。やっぱりディーラーに持っていったほうがいいですか。最近寒いのでこの症状の起こる確率が高くなって来ました。暇見て持って行きたいと思います。

その他の回答 (12)

  • 回答No.13

こんにちは。 どうやらファーストアイドルがうまくいかないときがあるようですね。貴方がチョークとおっしゃっているのがファーストアイドル(アイドルコントロールバルブ)になります。 キャブレターを使ってる車には貴方がおっしゃってるチョークバルブなどを使ってエンジン回転をあげているのですが、(バイクなんかはそういうものが多いですね)その車はチョークバルブを使わなくても空気の圧力(負圧)でエンジン回転を上げたり下げたりしています。ですので、スロットルバルブは一個しかありません。バイパスを作ってそこを通る空気を電気的に制御してアイドリング時の回転を制御しています。  センサーの不具合が出る場合、電気的に故障が判別できる場合はチェックランプが点灯して貴方に故障を知らせることが出来ますし、記録としてコンピューターが覚えます。しかし、不具合が出ている場合にもかかわらず、故障が判断できないときがあります。機械的に故障している場合や(動きが悪いなど)故障しているが電気は少し流れる(完全にオン、オフでない場合)場合やコンピューター自体が信号を発していないときは、「なんとなく調子が悪いんじゃないかなあ?」「乗ってるときにはあんまり不具合ないんだけど、時々なるときがある」などで、診断するときも非常に知識と技術が必要になってきます。  おそらく、アイドルコントロールバルブがうまく作動しないときが時々ある状態ですね。コンピューターのマッピング(考え)によっては不具合が発生したときは危険を感じてエンジンを最低限のレベルで動かせるように自動的に制御したりします。(フェイルセーフ機構)この特性をうまく使ってアイドルコントロールバルブのカプラーをはずしてワザと「故障」の状態を作って様子をみるということも私は使っています。もし変化があれば、故障を認知してコンピューターが「異常」と判定して固定制御になります。つまりシステムは正常に作動していることになります。でもう一度カプラーを取り付けて元の状態になることを確認します。逆に変化がない場合は電子的にそのセンサーが作動していない状態になりますので、コンピューターが信号を送っていない状態になりますので、コンピューター自体が信号を送れないか、他の情報が入ってこないのでコンピューターが信号を送っていないかの状態になりますので他の原因が予想できます。  アイドルコントロールバルブには「異常」を判断したとき、「固定」制御になる場合とエンジンストップになる場合とありますので、調べる必要があります。この簡易診断は貴方のケースですと不具合時、エンジンストップになるので、よく特性を調べないと誤診する可能性がある可能性がありますね。  しかし、貴方がもし知識があるならばカプラーをわざとはずすことで簡易的に診断ができます。  しかし、やはりパジェロのことは三菱が一番よくご存知だと思いますので、ご面倒でもディーラーに行ってご相談されることをお勧めします。  ちなみに三菱車はスロットルボディが何故かとても汚れますので、エンジンクリーナーで洗浄するとかなり調子が良くなる時があります。(経験ですが・・・)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門的なご説明を詳しくありがとうございました。残念ながらカプラーのところの知識はありません・・。スロットルボディ洗浄に興味があります。やってみようかな。

  • 回答No.12
  • y_t
  • ベストアンサー率100% (1/1)

若干のフォローです。 TPS:スロットルポジションセンサー   中身はロータリー抵抗 ISC:アイドルスピードコントロール   中身はプランジャソレノイドと   ステッピングモータ #98000Kmでタイミングベルトを自分で交換した。 #治具もなかったため3ヶ所のタイミング合わせるのに #正味3日かかった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

暖気運転の際にアイドリングが上がらない・・っとの事。 パジェロミニのアイドリング制御は、モーターとか電気的 な物じゃなく、たしか・・ホンダ車に良く使っているタイプだと思いました。 この部分、長く乗っているとクーラントの腐食により動き が悪くなりがちなんです。それによって、回転数が上がらない 温まっても 回転数が下がらない・・なんて症状がよく 出ます。 スロットルボディー部分が”それ”ですから ご自分で交換”可”のようでしたらスロットルボディーごと中古交換で、よくなる可能性はありますよ。

参考URL:
http://www13.plala.or.jp/max030402/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

スロットルボディー交換ですか、さすがにそれは私の知識ではできなそうなのでディーラー行きになりそうです。あとはお金との相談です・・・ありがとうございました

  • 回答No.9

>エアーフローというのも何かで聞いたような気がするんですがこれはどんなものなんでしょう? エアーフローとは何か?_ ということですか、 これはエアフローメーターと言い 流入空気量計のことです E車において燃料を噴射する際、噴射量を決定するための情報のひとつとしてECUがこれを測定しています ということでよろしいですか? プラグがかぶっているだのバッテリーが悪いだの あてずっぽに言ったところで車は直るものではありません E車においてプラグかぶりの不具合なんて 無いに等しいものです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、ありがとうございます。たまに他の方の質問を見てたときに出てたものですからこれも気になっておりました。

  • 回答No.8

#7です。 プラグは白でしたか。 実は同じ症状で悩まされた事がありました。  次に考えられるのは、バッテリーです。 夏の間、酷使されたバッテリーは気温が下がってくると不調になる場合があります。 始動(ぎりぎりで)~アイドル不安定~アクセルを開けて回転数アップ~ダイナモ発電開始~ある程度いくとバッテリー安定。 もしここ2年ばかりバッテリーを見ていなかったら、怪しいです。 私は次にコネクターを点検しました。 各コネクターを抜いて接点復活剤を散布してみます。 接触不良でアイドリング不良の場合があります。 これで駄目なら、ディーラーに行ってMUTで診断してもらって下さい。ダイアグノーシスに不調の記録か残っていれば、原因がすぐに分かると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そういえばバッテリーは見てませんでした。ここ2年と言うか、たぶん登録されてから5年!は見てないと思います。機会を見てチェックしてみます。

  • 回答No.7

「ある程度暖まるとストールしなくなる。」 プラグが怪しいですね。プラグがかぶりぎみだと、同様の症状がでます。あるいはカーボンで汚れているとか。 ではなぜプラグがかぶるか? 今の車は電子制御なのでズバリここが悪いとなかなか特定する事が難しいものです。三菱のディーラーにはMUT(マルチ ユース テスター)があり、制御系の診断をしてくれます。(診断料を取られたかな?) その前にプラグの点検をしてみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実は私もそう思ってプラグを交換してみたんですが、変化がありませんでした。はずしたプラグもとくにかぶってる様子もなかったんです。

  • 回答No.6

一般のE車での冷間時は EACVと同じくしてスロットルボディのバイパス通路 を設けておりこれを水温で自動開閉する方式を 取っています 自動開閉は水温に応じて膨張する ワックスが一般的に使われています また空燃比の補正に関しては水温センサーの抵抗値 で冷間と判断しています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございます。ついでにエアーフローというのも何かで聞いたような気がするんですがこれはどんなものなんでしょう?

  • 回答No.5

アイドル回転の制御はスロットルボディのバイパス 通路の開閉にて行います(アイドルポート) AACとかEACVなどと略称で呼ばれています 寒い時期のアイドル不安定は 車ではなく燃料が原因という例も結構あるものです 私が実務で見てきた例でも これらの症状はガソリンが原因という例は数例 ありました レギュラー仕様車でハイオクを給油していた為 その事例に限ってはハイオクを入れたのが 原因という結びになっています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ガソリンはいつもレギュラーでした。でもスタンドを変えてみようかとも思います。寒いときにアイドルアップさせるのはどこかに温度センサーがあって、それが判断してるのでしょうか。

  • 回答No.4

>水温を早く上げるために、サーモスタットが動作して水の循環を止めますが、この動作の異常でオートチョークが正常に動作しないのかも知れません。 水の循環がとまればオーバーヒートを起こします サーモスタットはラジエーターへ行く水をバイパスさせる役目をするものです で、オートチョークなんて今の車にはありません!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

この車はアイドル回転をコンピューター制御しています。おそらく回転制御用のモーターが悪くなっていると思います。(ステッパモーター)交換すれば直ると思います。 ディーラーならすぐ予想できる症状なんですが・・・・ もう1つは、バッテリーが上がったとか 交換ししてからの場合は調整で直ると思います。ディーラーなら10分程度で調整できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回転制御用モーターなるものがあるんですね。これでアイドルアップをまかなってるんでしょうか。なんとなくこの症状が近いような感じがします。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • エンジン不調?教えてください

     はじめまして。教えてください。 GB250に乗っています。最近急にエンジンの調子が悪くなり、原因がわからないので質問させていただきました。    エンジン始動時、素直にかかり、安定したアイドリングをするのですが、回転数を上げようとすると4000回転辺りまで上がった後、回転数が下がってしまいます(エンストすることもある)。また、一気にアクセルを空けると、回転数は上がらず、一瞬でエンストしてしまいます。  いくら暖気をしてもこの症状は改善されないのですが、チョークを引っ張り、強引にレッドゾーン付近まで回転数を上げると、その後は調子よく回るようになるのです。(なんででしょう?)  一度回転数を上げられれば、その後は何の問題もなく走りつづけられます。この症状は、エンジンが完全に冷えているときにだけ発生するようです。  私自身では、  ○スプレーのキャブクリーナーでキャブの清掃          ○プラブ交換 をしてみたのですが、まったく改善されませんでした。    あまり金銭的な余裕がないものですから、自分で出来ることなら自分でしたいと思っています。(あまりバイクに詳しくはないのですが)皆さん原因がわかりましたら、対策などを教えてください。  お願いします。  

  • クラッチをつなぐとエンジンストールします・・。

    友人がKLX250Eを所有しています。 エンジンをかけてすぐの状態でクラッチを完全につなぐとエンジンストールします。 半クラッチを長めにしてアクセルを開けると加速して行くのですが、 完全につながった時に急にエンジンがストールします。 (まるでガスが流れていってないような感じです。) エンジンストールしていく最中にクラッチを切ってアクセルを開けると 普通に回転数が上がっていきます。 ニュートラル時はアイドリングはあんていしており、ある適度暖気できると 普通に走れます。 今までに経験のない症状でちょっと困っています。 どうもクラッチ系の異常?かなと思うのですが。 友人いわく心当たりとしては 1、最近オイル交換した。(15W-50) 2、クラッチレバーxグリップの距離を調整して近くした。   (ワイヤー調整はしてないとのこと。) どなたか詳しい方、お願いいたします!

  • チョークを引いても回転数が上がらず、エンジンが止まってしまいます・・

    エリミネーター400なのですが、エンジンをかける際、回転数が上がらず、エンジンがすぐ止まってしまいます。チョークをめいっぱい引いてかけても、エンジンはかかるのですが、回転数が全く上がらず、アクセルから手を離した途端に止まってしまいます。 ここ3週間くらいバイクに乗らず、1週間に1回くらいしかエンジンをかけていなかったのですが、最近急になりだしました。 チョークを目いっぱい引いた状態で、アクセルを回しっぱなしで10分くらいすると、もう一段階チョークを戻した状態で、何とかアイドリングが出来るようにはなりますが、完全に戻すとやはり止まってしまいます。 1.これは、何が原因なのでしょうか? 2.どうすれば直りますか? 3.もしバイク屋さんに修理を頼むとなると、大体いくらくらいかかるでしょうか? 4.バイク屋さんに持っていくとき、チョークを引いた状態で、アクセルを回し続けながら運転して行くのは危険ですか?(10分ほどの距離) この4点が知りたいので、是非教えてください。 宜しくお願いいたします!

  • バリオス エンジン始動・アイドリング不調

    タイトルの通り、バリオスのエンジンが安定しません。 先月までは普通に始動し、走行もできていましたが、今朝になって約1ヶ月ぶりにエンジンをかけたら下記のような症状があらわれました。 ・チョークを引いてセルを回すと、いつもならすぐにかかっていたのが、急にかからなくなった。 ・チョークを使わず、アクセルをあおってやるとかかります。 ・アイドリングが安定せず、回転が急に下がった状態(300回転くらい)になるため、アイドルスクリューを高くする方に少し回すといきなり3000回転くらいまで上がり、この状態でほかっておくとまたアイドリングが下がってしまいます。アクセルを少し開けるとまた高い回転数まで上がるのですが、しばらくするとまた止まりそうなくらいまで回転数が落ちるといった具合です。 その後は怖くて走行はしていません。一応キャブは半年くらい前に軽く清掃はしてあります。説明がへたくそで分かりづらいと思いますが、何が原因として考えられるか、バイクに詳しい方よろしくお願いします。

  •  ロードスター エンジン ストール 平成9年式 ユーノスロードスター(

     ロードスター エンジン ストール 平成9年式 ユーノスロードスター(NA8C)エンジン型式BP 5Fマニュアルに乗っています。 走行距離は59000KMぐらいです。冬に入ってから、夜に車を走らせるとエンジンがストールしてしまうことが多々出てきました。  現象としては、暖気をそれなりにし、普通に車を走らせます。次の信号が赤になっているのを確認したので、アクセルを抜き、ニュートラルにギアを入れ、慣性でそのまま車を走らせると、 エンジンの回転が通常のアイドリング回転数(700~800RPM)に留まらず、そのままストールをしてしまいます。秋までこのような現象は起こっておらず、今時期の昼にはこの症状は起こっておりません。  夜、ライト等をつける事から、バッテリーを疑い、電圧をチェックしましたが14.0Vをキープしており、これは昼と変わらない数字です。また、エンジンの回転数が2000RPM以上からニュートラルに入れると、 この症状は起こりやすくなり、徐行運転から(低い回転数)ニュートラルに入れても、この症状は起こりません。 考えられる原因はなんでしょうか?また、疑わしい部品はなんでしょうか? お教えください。宜しくお願いいたします。

  • チョークを引いてエンジンをかけると回転数が・・・

    先日、超初心者でありながら中古のドカティ モンスターを買ってしまいました。納車翌日、店の人に言われた通り に暖機の為チョークを引いてエンジンをかけたところ、急に回転数が上がっていき、怖くなってイグニッションをオフにしてしまいました。そして再びエンジンをかけようとした所、爆発音が!!片方のマフラーからはわずかながら白煙が!それからはチョークをひかないとアイドリングが安定しなくなってしまいました。 ちなみにエンジン始動の手順は1.チョークをいっぱいに引いてセルを押す 2.アクセルを開けてチョークを半分戻す 3.もう一度アクセルを開けてチョークを完全に戻す です。急に回転数が上がっていったのは二回目にアクセルを開けた時でした。この手順が正しいのかすら今の私には不安です。どうか助けてやってください!!

  • CB400SF  チョークとアイドリングが不調です。

    2ヶ月ぶりにエンジンをかけましたが、始動時にひいたチョークを戻すとエンストします。そこでエンストしないようにアクセルを3千回転くらいに開けながらチョークを戻すと、今度はアイドリングが4千回転くらいに上がったままになります。そこで仕方なくチョークを全開時の3分の1くらい開けたまま走行しています。これだと通常のアイドリングの回転数(千五百回転前後)で安定します。ちなみに、いくらエンジンが温まってもやはりアクセル開けずにチョークをもどすとエンストします。この原因をお分かりの方、教えてください。

  • エンジン始動後しばらく経ってからの回転数の落ち込み

    【車種】 カワサキ ER-4N 新車購入から2年半  距離約1万km エンジン始動後、暖気が終わるまでしばらくはアイドリングが高めですが それを過ぎて暖気が終わってからしばらくすると逆に回転数が落ち込みます。 通常のアイドリングの回転数は1100~1200くらいなのですが (デジタルのタコメータなので細かくは分からないです) 落ち込むときは800~900くらいか或いはそれ以下になることもあります。 その時にアイドル状態だとエンジンストールすることもあります。 がその状態である時間もそんなに長くなくて(数分程度)それを過ぎると 通常のアイドルの回転数に戻り以後安定します。 これって特に異常とかじゃなくても普通に起こることなのでしょうか。 何かのトラブルのサインだったりします? 新車当時は多分そんな事はなかったような。 この症状が出るようになったのは半年くらい前からかもしれません。 ちなみに上記の症状はエンジン始動後、割とすぐ走りだして(なるべく回転数 上げないよう大人しく走って)走行中に起こります。信号待ち停車とかでアイドル状態 になったとき気づくって感じで。エンジンをかけて放置して観察したことは ありません。

  • バイクのエンジンの調子がおかしい

    15年位前の4スト、チョーク付きのヤマハ セローです。 町乗りしかしていません。 チョークを目いっぱい引いてエンジンをかけると始動します。 暖気終わったころに、チョークを戻すとストールしてしまいます。 (アイドリングを保つことさえできません。ストンとストールしてしまいます) チョークを引きっぱなしでアクセルを開けると、エンジン回転は上昇しますが、 燃料が濃いのかマフラーからアフターファイヤーが発生します(マフラーから火がボッと吹きます) 一応、この状態で走行はできました。(試走程度の数十メーターしかしてませんが・・・) 点火系は問題無いと考えています。 エアークリーナーや配管の吸入系 キャブレターではないかと思い、キャブレターのオーバーホール考えてます。 これら以外に考えられる要因はありますか?

  • エンジンはかかるのに走らない

    ヤマハのチャッピー50ccです。 4日間放置して今朝乗ろうとしたら調子が悪くなっていました。 現在の症状です。 *以前はチョークを引かなくてもエンジンがかかったのにここ最近は始動時はチョークを引いていました。 *エンジンはかかるがニュートラルにしておくと回転がどんどん上がる。 *アクセルを開けると回転が落ちエンジンが停止する。 *試しに30分暖気運転しても改善しない。 *チョークをある程度引きながらだとエンジンは停止せずに15km/hほどで走るがいずれエンジン停止する。 考えられる原因はなんでしょうか?またどうすれば良いでしょうか? ちなみにキャブレターのオーバーホールは今からします。 プラグ・バッテリーは最近交換しました。