• 締切済み
  • 困ってます

サーバの時刻設定

ntpdateコマンドで時刻の同期をかけると 2時間くらい時刻がずれてしまいます。 date コマンドで時刻をみると VLAST と表示され、サマータイムになっているものと思われます。 (他サーバでは、JST と表示される) そこで、やってみたことは /etc/sysconfig/clock ファイルの修正 ZONE="Asia/Tokyo"  ← Tokyoになっていなかったので修正 UTC=false ARC=false 設定後、サーバを再起動し読み込ませてみましたが 何も変わりませんでした。 ネットで色々と検索してみましたが 他のどこの設定をいじればいいのか解りません。 申し訳ございませんが助言をいただければと思います。 サーバ環境は、 Redhat Linux ES(Ver3.0) です。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数95
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.1

日本国内のNTPサーバを指定されてはいかがでしょうか。 % man ntpdate で確認をしたうえで、 % ntpdate SERVERNAME とかすればいいような。 国内の公開NTPサーバの一覧がありましたので、適当なところのお世話になればよろしいのではないかとおもいます。

参考URL:
http://www.express.nec.co.jp/linux/tech/knowledge/system/system_time.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。 解決しました。 /usr/sbin/timeconfig コマンドで タイムゾーンの設定をしたら、直りました。 VLAST から JST になりました。 お騒がせしました。

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございます。 すでに日本国内のntpサーバには同期をかけてみましたが直りません。 試しに、教えていただいた日本のntpサーバを指定し natpdate -s ntp.tohoku.ac.jp とコマンドを打ちましたが 時刻が2時間進んでしまいました。

関連するQ&A

  • サーバーのdateをUTCにする方法

    ネット調べてJSTからUTCに変更しましたが、表示はJSTのまま。ほかの設定のところ、又は別の原因、経験お持ちの方、教えてください。 やったこと: (1)rootになって、/rootの位置から/etc/localtimeを削除し、新しいソフトリンクを作る。 ln -s /usr/share/zoneinfo/UTC /etc/localtime (2)/etc/sysconfig/clockをviで開いて、以下の様に設定する。 ZONE="UTC" --> もともとはAsia/Tokyoだった。 UTC=true ARC=false 以上で、成功した場合、dateコマンドでUTCになったことが確認できますよね。 私の場合、表示はJSTのまま。 Wed Nov 27 22:26:03 JST 2013 clockコマンド実行すると、おかしいこと(面白いこと?)起きる。 ようは、 Wed 27 Nov 2013 01:26:57 PM JST -0.751004 seconds のように表示されて、時間表示=「01:26:57 PM」=は合っています。ただし、”UTC”でなく”JST”になっています。

  • ntpdateで時刻同期すると一日ずれます。

    Linuxでntpdateで時刻同期すると一日ずれます。 # date 2010年 11月 11日 木曜日 09:34:21 JST 今日は11月10日です。 # date -s 20101110 2010年 11月 10日 水曜日 00:00:00 JST #ntpdate -b ntp.nict.jp 11 Nov 09:35:24 ntpdate[22948]: the NTP socket is in use, exiting # date 2010年 11月 11日 木曜日 09:35:28 JST なぜか11日にもどされます。 # hwclock --show # 何も表示されません。 # cat /etc/sysconfig/clock ZONE="Asia/Tokyo" UTC=true ARC=false 他のサーバにつないでも同様でした。 # date -s 20101110 2010年 11月 10日 水曜日 00:00:00 JST #ntpdate -b eric.nc.u-tokyo.ac.jp 11 Nov 12:30:03 ntpdate[23329]: step time server 130.69.251.23 offset -86403.273202 sec # ntpdate -b 11 Nov 12:31:01 ntpdate[23331]: no servers can be used, exiting # ntpdate -b ntp.sut.ac.jp 11 Nov 12:31:13 ntpdate[23332]: step time server 133.31.180.6 offset -86403.269931 sec # ntpdate -s ntp.sut.ac.jp # date 2010年 11月 11日 木曜日 12:31:33 ntpはもちろんはいっています。 #rpm -qa ntp ntp-4.2.2p1-9.el5.centos.2.1 よろしければアドバイスをいただけないでしょうか?

  • タイムゾーンの設定について(CentOs)

    LAMPにてWEBを制作をしています。 linux系はちょこちょこ触ったことはあるのですが深く知らないといったレベルです。 ですので説明下手になり長くなりますが最後まで目を通して頂けたら幸いです。 調査→対応→現状までの流れを説明させていただきます。 --------------------------------------------------------------------- 現在、デバッグを行うためにシステム時間をちょこちょこ変えながらテストをしてるのですが 私の環境のみ 日付がAM8時で日にちが変わるという状態になり、いろいろ調べてるうちに タイムゾーンの問題という事にきづきました。 dateコマンドでタイムゾーンがPDTになっいるのを確認し /etc/sysconfig/clock が/America/Los になっていたので/Asia/Tokyoに修正。 reboot dateコマンド PDTから変わらず。 で、さらに調べて /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo もしくは /Japanのファイルを/etc/locatimeにリンクしました。 reboot dateコマンド PDTから変わらず。 その後、 ・環境変数のTZにJSTをぶち込んだり ・sysconfig/clockをGMTで記述してみたりと とりあえずの処置で対応してたのですが 気持ち悪い&悔しいので再度調査したのですがどこもlocaltimeのリンクを直すような記事しか のってない状態で困っています。 その後私の環境のJapanもしくはAsiaTokyoのファイルそのものがPDTになちゃってるのではと思い、 正常に動いているメンバの環境から同ファイルをコピし環境に入れ込みました。 するとdataコマンドできちんとJSTと表示され、解決したかと思ったのですが rebootするとGMTに戻ってしまいました。 sysconfig/clockがその時、前の対応でGMTで記述してたのでそれが問題かと思い Japanに修正し、rebootしなおした所正常にJSTになりました。 原因はいまいちわからないけどとりあえず当初の目標は達成したかと思ったのですが 日付の変更を行った直後にdataコマンドを投げた所今度はタイムゾーンがEDTになりました… さらにsysconfig/clockの中身も/America/New_York になるという新展開に。。。 もうこうなってくるとさすがに何がなんだかわからなくなってしまいここで質問させて いただいた次第です。 何か原因が分かる方、もしくは対処方法がわかる方いましたら 参考URLだけでもいいので教えて頂けると助かります。 もし何か情報として足りない物があれば指摘していただければと思います。 また、説明下手な上に乱文になってしまい大変申し訳ありませんでした。 最後まで読んでいただいた方には感謝いたします。

  • timedatectlコマンドに関して

    linux(CentOS7)のtimedatectlコマンドに関して 最初見たときにデフォルトが以下のような感じでした。 timedatectl Local time: Mon 2017-02-17 13:43:53 JST Universal time: Mon 2017-02-17 04:43:53 UTC RTC time: n/a Time zone: UTC (JST, +0900) NTP enabled: n/a NTP synchronized: yes RTC in local TZ: no DST active: n/a 「Local time」だけJST でyum updateした後に、「Local time」もUTCとなり時刻がおかしくなりました。 治す方法を探していると、 timedatectl set-timezone Asia/Tokyo で直せと書いているのですが、 それをすると時刻の刻みは治りますが、元通りでないのが釈然としません。 timedatectl Local time: Fri 2017-02-17 16:04:21 JST Universal time: Fri 2017-02-17 07:04:21 UTC RTC time: n/a Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900) NTP enabled: n/a NTP synchronized: no RTC in local TZ: no DST active: n/a 元通りにする方法はありませんか。 それと、 Time zoneをUTCにしてローカルとしてJSTにするのと、 Time zoneそのものをJSTにするのとでは何が違いますか? 以上、よろしくお願いします。

  • ntpdateで時刻調整

    RedHat Linux ESを使用しています。 ntpdate -u -s eric.nc.u-tokyo.ac.jp というように、ntpdateコマンドで時刻調整をしたところ、時刻が2時間進んでしまいました。 ntpサーバの時刻があってないのかと思ったのですが 他のマシン(RedHat Linux 8.0)では、全く問題ありませんでした。 OSのバージョンによるバグなのでしょうか? 何か参考になる情報などありましたら、教えていただきたいと思います。

  • NTP時刻ずれの確認方法について

    Linux(CentOS)に2つのネットワークインタフェース(eth0,eth1)を設けて、eth0では ntpdate -b "NTPサーバAのアドレス"として、とあるネットワーク網のNTPサーバAと時刻同期をさせ、その後に、eth1で別のネットワーク網にあるNTPサーバとの時刻ずれを確認したいと考えています。 その際eth1側で、時刻同期を行わずに、時刻ずれだけを確認できるコマンド(ntpdateのオプション?)というものはあるでしょうか? 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • Linuxの時計のズレ

    一時間おきにNTPサーバへ時刻調整をしています。 以下はntpdateを利用した時のリザルトなのですが、 1.17秒も一時間でズレるものなのでしょうか? ntpdateの後はclock -wも毎回やってます。 ntpdate[21131]: step time server *.*.*.* offset -1.172693 sec

  • サーバー間で時間を合わせたい

    ミラクルLinuxサーバーが3台あります。 うち1台をNTPサーバーとし、他2台をクライアントとしようと 思ってます。 その設定ですが 他クライアント2台にはNTPデーモンが起動している必要は あるのでしょうか?。 色々ネットで調べながら ntpdate -b NTPサーバー clock -w などクライアントマシンのNTPデーモンは停止した状態で コマンドを色々試してます。 最初は時間が合うのですが徐々にクライアント間で 秒間がズレていってしまいます。 できればクライアント2台は時間を限り無く近く合わせ、 差分が出ないよう保持させたいのですが・・ すみませんが設定などありましたらアドバイスお願いします。

  • dateとntpdateによる時間設定

    こんにちわ。 会社で使用している古いUNIXサーバのdateのセットで質問です。 OSは「BSDI BSD/OS 4.0.1」です。 症状はヘルプの例通りにセットしようとした時、 時間を先に進めるのは問題なくできたのですが、 過去の時間をセットしようとすると下記のメッセージが出てきます。 [作業前のセットされている時間 2002/02/04 16:30] % date 0202041640 → 問題ないです。 ----------- % date 0202011200 date: settimeofday: elevated security level: Operation not permitted というメッセージが出て何も変更されない。 rootでログインして実施してるのですが何故でしょうか? 特別なコマンドでもあるのでしょうか? あと社内にあるNTPサーバから時刻同期をしようとしても問題があります。 % ntpdate clock.****.****.co.jp とコマンドを入力するとRedhat7.2なら 4 Feb 16:37:05 ntpdate[22138]: step time server 10.**.**.** offset -179.826032 sec とメッセージが出て同期が取られるのですが BSD/OSの場合、 4 Feb 16:36:24 ntpdate[8573]: adjust time server 10.**.**.** offset -101.622156 sec と出て同期を取ってくれません。 古いOSで申し訳ないですが宜しくお願いします。

  • NTPサーバ時刻同期の設定を教えて下さい

    FreeBSD6.1 にて NTPサーバを作成しています。 server1(FreeBSD6.1) 192.168.100.1 router1 192.168.100.2(server1側) 192.168.200.2(client側) client1(windows2000) 192.168.200.1 ntp.confは server 133.100.9.2 server 127.127.1.0 fudge 127.127.1.0 stratum 10 driftfile /var/db/ntp.drift restrict default ignore restrict 133.100.9.2 nomodify noquery notrap restrict 127.0.0.0 mask 255.0.0.0  restrict 192.168.100.0 mask 255.255.255.0 notrust nomodify noquery restrict 192.168.200.0 mask 255.255.255.0 notrust nomodify noquery rc.confには xntpd_enable="YES" xntpd_program="/usr/sbin/ntpd" xntpd_flags="-p /var/run/ntpd.pid -c /etc/ntp/ntp.conf" ntpdate_enable="YES" ntpdate_program="/usr/sbin/ntpdate" ntpdate_flags="clock.nc.fukuoka-u.ac.jp" 現在server1 を clock.nc.fukuok で時刻同期は ntpq -p にて確認し、 remote refid St *clock.nc.fukuok .GPS. 1 LOCAL(0) LOCAL(0) 10 *印がついているので外部NTPサーバとは同期がとれているように思えます。 ipfilterは使用していません。 client1(windows2000)より net time /setsntp:192.168.200.1 をしてコマンド正常終了を確認。server1とclient1の時刻誤差は12時間以内です。ping 192.168.200.1はOKです。 最初に一回だけ同期を合せようと net time \\192.168.200.1 /set /yes を行うと システムエラー53が発生。 ネットワークパスが見つかりません。と表示されました。 あとは、 client1で w32tm -once を行うと、 sending to server 48byte で止まります。 桜時計などで外部とのNTPサーバとは同期が取れます。 FreeBSDとwindowsを同期させるにはなにかFreeBSD側にソフトをインストールする必要があるのでしょうか?それとも設定がおかしいのでしょうか? すみませんが教えて下さい。