• 締切済み
  • すぐに回答を!

timedatectlコマンドに関して

linux(CentOS7)のtimedatectlコマンドに関して 最初見たときにデフォルトが以下のような感じでした。 timedatectl Local time: Mon 2017-02-17 13:43:53 JST Universal time: Mon 2017-02-17 04:43:53 UTC RTC time: n/a Time zone: UTC (JST, +0900) NTP enabled: n/a NTP synchronized: yes RTC in local TZ: no DST active: n/a 「Local time」だけJST でyum updateした後に、「Local time」もUTCとなり時刻がおかしくなりました。 治す方法を探していると、 timedatectl set-timezone Asia/Tokyo で直せと書いているのですが、 それをすると時刻の刻みは治りますが、元通りでないのが釈然としません。 timedatectl Local time: Fri 2017-02-17 16:04:21 JST Universal time: Fri 2017-02-17 07:04:21 UTC RTC time: n/a Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900) NTP enabled: n/a NTP synchronized: no RTC in local TZ: no DST active: n/a 元通りにする方法はありませんか。 それと、 Time zoneをUTCにしてローカルとしてJSTにするのと、 Time zoneそのものをJSTにするのとでは何が違いますか? 以上、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数211
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

まだ、回答が得られていないご様子なので。 >RTC time: n/a マザーボード上のリアルタイムクロックの値が拾えていませんねぇ。 これは仮想環境上の話になるのでしょうか? >NTP enabled: n/a 双方、ntpデーモンは動いていない感じですか。 >NTP synchronized: yes 操作前のこちらでは、同期を取る設定になってますね。 >NTP synchronized: no 操作後は同期を取っていない様子です。 近場の標準時NTPサーバと同期を取れば、普通にどちらかの(UTC/JST)の標準時を基準に、稼働中のシステム上の時刻調整ができるのですが。 ntpデーモンを使い、継続的に同期を取る方法も有りますし、ntpdateコマンド等で、その時々の必要に応じて同期を取ったりすることもできます。 "ntp同期 centos"で、1年内の情報の検索を行い、こちらを見つけましたので、ご覧ください。 http://web-dev.hatenablog.com/entry/linux/centos/time-jp >Time zone システム上で運用される標準時間の基準を与えるものです。 システム運用の目的によって、それぞれ個別のシステム毎に判断すべきものでしょう。 最近のディストロでは、RTC(リアルタイムクロック)をUTC(協定世界時) に設定し、運用するシステム上でタイムゾーン設定を反映させ、運用するデフォルト設定が多いようです。 ただ、個々の「地域の影響の大きなシステム・OS」を同時に扱う機械の場合、RTCから拾う時間ががUTCで設定してあると、色々不便(デフォルトでRTCをシステム時に選んでしまうことが多い)であるため、そのような場合には、RTCも地域の標準時(日本の場合はJST)に設定しておいたほうが宜しいかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 時計が3分進みます

    パソコン(WinsowsXPProSP2)の時計が約3分進みます。 TClockというフリーソフトを利用しており、これで1時間ごとにNTPサーバー (ntp1.jst.mfeed.ad.jp)を見に行って時計を合わせる設定にしているのです が、毎回約3分進んでいます。 TClockのログはこんな感じで、毎回3分遅らせて正常に戻しています。 03/16 09:00:50 synchronized -03:13.850 (0000) 03/16 10:00:29 synchronized -03:22.398 (0000) 03/16 11:00:11 synchronized -03:19.026 (0000) 03/16 11:59:53 synchronized -03:17.796 (0016) 03/16 12:59:34 synchronized -03:17.889 (0000) 03/16 13:59:15 synchronized -03:21.913 (0000) 03/16 14:58:57 synchronized -03:17.658 (0016) ただ、1時間に3分進むわけではなく、TClockで同期後しばらくは合っていて ふと気がつくと3分進んでいます。また同期を取る設定を外して放っておいて もそれ以上(5分とか10分とか)進むということはありません。 どうも3分進んでいるNTPサーバーを勝手に見に行って同期を取っているよう な気がするのですが、Windowsの日付と時刻のプロパティやコントロールパネ ルなどを見てもそれらしい設定は見つけられません。 会社で私の周りで同じ現象のパソコンが何台かありますが、特にメーカーや機 種や入れているソフトなどでこれがおかしい、と特定できません。 時計が3分進むくらい仕事に支障はないのですが、気づいてしまうと気持ち悪 いので、原因や解決策わかる方いらっしゃいましたらお願いします。

  • dateコマンドで出てくるDST

    Windows 10 で動く Windows Subsystem for Linux が正式版になったので早速インストールして Ubuntu で動かしています。そこでコマンドラインから date コマンドを実行したところ以下のように出力されました。 Wed Nov 15 18:00:01 DST 2017 この DST とはなんでしょう? 普通なら JST 等のタイムゾーンが出る所ですよね? DST という名称のタイムゾーンがあるんでしょうか? (だとすると Daylight Saving Time と同じで非常に紛らわしいように思いますが)。 一体これはどういうことかと思い、 date '+%Z %z' をやってみたらこう出ます。 DST +0900 どうやら日本と同じようです。環境変数 TZ に Japan 以外の何か知らない国名がセットされているのかなと思って $TZ を出してみましたが空で、env | grep TZ で出力がないので TZ は完全にセットされていないようです。 じゃあ TZ を Japan にセットしたらどうなるのかというと、これは以下のように JST で出ます。(以下は最初の行が date のみ、次の行が date '+%Z %z' の出力) Wed Nov 15 18:04:49 JST 2017 JST +0900

  • ntpdateで時刻同期すると一日ずれます。

    Linuxでntpdateで時刻同期すると一日ずれます。 # date 2010年 11月 11日 木曜日 09:34:21 JST 今日は11月10日です。 # date -s 20101110 2010年 11月 10日 水曜日 00:00:00 JST #ntpdate -b ntp.nict.jp 11 Nov 09:35:24 ntpdate[22948]: the NTP socket is in use, exiting # date 2010年 11月 11日 木曜日 09:35:28 JST なぜか11日にもどされます。 # hwclock --show # 何も表示されません。 # cat /etc/sysconfig/clock ZONE="Asia/Tokyo" UTC=true ARC=false 他のサーバにつないでも同様でした。 # date -s 20101110 2010年 11月 10日 水曜日 00:00:00 JST #ntpdate -b eric.nc.u-tokyo.ac.jp 11 Nov 12:30:03 ntpdate[23329]: step time server 130.69.251.23 offset -86403.273202 sec # ntpdate -b 11 Nov 12:31:01 ntpdate[23331]: no servers can be used, exiting # ntpdate -b ntp.sut.ac.jp 11 Nov 12:31:13 ntpdate[23332]: step time server 133.31.180.6 offset -86403.269931 sec # ntpdate -s ntp.sut.ac.jp # date 2010年 11月 11日 木曜日 12:31:33 ntpはもちろんはいっています。 #rpm -qa ntp ntp-4.2.2p1-9.el5.centos.2.1 よろしければアドバイスをいただけないでしょうか?

  • XWindow画面右下の時計

    サーバの時計あわせで詰まってしまいました。 OSはRHEL3です。 時間あわせはntpデーモンでNTPサーバと同期を取っています。 システム・ハードウェアクロック共に問題無いのですが、 タイムゾーンも東京になっているのにXWindow右下の時計だけ、 時間が2時間遅れてしまいます。 クーロンの実行時間も2時間遅れてしまいます。 原因がわかる方、ご教示お願いします。 #date 2007年 2月25日 日曜日 12時58分26秒 JST #Clock 2008年02月25日 12時58分48秒 -0.616793 秒 #cat /etc/adjtime -4005.406740 1175317286 0.000000 1175317286 LOCAL #diff /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime 差異無し 宜しくお願い致します。

  • C言語のtime_tに関して

    こんにちは。 今現在、C言語にてプログラミングを行っております。time_tを用いましたが、4月などの2桁目が0のは巧く取得できたのですが、日にちの2桁目が0にならず、空白となってしまいます。 一応、ソースを載せておきますが見辛いのが申し訳ないです。 #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <string.h> #include <time.h> time_t timer; struct tm *local; struct tm *utc; extern char today[20]; extern char today2[20]; extern char today_year[10]; extern char today_month[2]; extern char today_day[2]; void day(){ char *ptr; /* 現在時刻を取得 */ timer = time(NULL); local = localtime(&timer); /* 地方時に変換 */ /* 地方時 変換後表示 */ printf("地方時: "); printf("%4d/", local->tm_year + 1900); printf("%2d/", local->tm_mon + 1); printf("%2d ", local->tm_mday); if(local->tm_mday<10) //system("pause"); // printf("%2d:", local->tm_hour); // printf("%2d:", local->tm_min); // printf("%2d", local->tm_sec); // printf(" %d\n", local->tm_isdst); /*****************************/ sprintf(today_year,"%4d", local->tm_year + 1900); sprintf(today_month,"%2d", local->tm_mon + 1); sprintf(today_day,"%2d", local->tm_mday); if((local->tm_mon+1)<=9) today_month[0]='0'; if((local->tm_mday+1)<=9) today_day[0]='0'; sprintf(today, "%s-%s-%s", today_year, today_month, today_day); sprintf(today2, "%s/%s/%s", today_year, today_month, today_day); //printf("%s",today); /*****************************/ // utc = gmtime(&timer); /* 協定世界時(UTC)に変換 */ /* 協定世界時 変換後表示 */ // printf("\n\n\n\n協定世界時: "); // printf("%4d/", utc->tm_year + 1900); // printf("%2d/", utc->tm_mon + 1); // printf("%2d ", utc->tm_mday); // printf("%2d:", utc->tm_hour); // printf("%2d:", utc->tm_min); // printf("%2d", utc->tm_sec); // printf(" %d\n", utc->tm_isdst); return; } どなたかご教示下さい。

  • aue0: watchdog timeoutとなりネットワーク作業が出来なくなります。

    それまで普通にネットワークが繋がっていたのに、急にftpなど出来なくなります。 どうしてか分かりません。ログは下記の通りです。 5.3でaue0です。 Mar 21 14:57:50 local ntpd[385]: kernel time sync enabled 2001 Mar 21 15:49:02 local ntpd[385]: kernel time sync enabled 6001 Mar 21 16:06:06 local ntpd[385]: kernel time sync enabled 2001 Mar 21 16:40:16 local ntpd[385]: kernel time sync enabled 6001 Mar 21 17:02:33 local kernel: aue0: watchdog timeout Mar 21 17:02:33 local kernel: aue0: usb error on tx: IN_PROGRESS Mar 21 17:02:39 local kernel: aue0: usb error on tx: TIMEOUT Mar 21 17:04:11 local dhclient: send_packet: No buffer space available Mar 21 17:04:36 local last message repeated 2 times Mar 21 17:04:53 local dhclient: send_packet: No buffer space available 再起動すれば直るのですが、 いつもサーバの近くにいるわけでないので、 こういう事態が発生しないようにしたいのです。 どのようにしたらいいでしょうか? 教えて下さい。お願いします。

  • ブレードサーバーでの自動時刻設定について

    仕事で使用しているブレードサーバー(HP ProLiant BL460c G1)で、 インターネット時刻サーバーとの同期がうまくいきません。 「time.windows.com と同期中にエラーが発生しました。」 と出ます。 他にも、 ・time.nist.gov ・time-nw.nist.gov ・ntp.jst.mfeed.ad.jp 等を試してみましたが、結果はどれも同じでした。 他にも、コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力しましたが、 やはり結果は変わりませんでした。 -- net time /setsntp:"ntp.nict.jp ntp.jst.mfeed.ad.jp ntp.ring.gr.jp" コマンドは正常に終了しました。 net stop w32time Windows Time サービスを停止中です. Windows Time サービスは正常に停止されました。 net start w32time Windows Time サービスを開始します. Windows Time サービスは正常に開始されました。 w32tm /resync 再同期のコマンドを送信: local computer... 時刻データが利用できなかったため、コンピュータは同期をとり直しませんでした。 -- 問題はサーバーが特殊(ブレードサーバー)だからかと思いますが、 同様の問題が見当たりませんでした。 どなたか対応方法をご存知ないでしょうか?

  • Cent OS上のntpサーバ同期不可について

    【環境】 ・CentOS release 5.8 (Final) ・ntp4.2.2p1-15.el5.centos.1 【事象】 ntpq -p投入後、以下エラー表示されます。 --------------------------- localhost.localdomain: timed out, nothing received ***Request timed out ---------------------------- 【設定済項目】 ◆ntp.conf restrict default ignore restrict 127.0.0.1 restrict 210.173.160.27 nomodify notrap #ntp1.jst.mfeed.ad.jp restrict 210.173.160.57 nomodify notrap #ntp2.jst.mfeed.ad.jp restrict 210.173.160.87 nomodify notrap #ntp3.jst.mfeed.ad.jp server ntp1.jst.mfeed.ad.jp server ntp2.jst.mfeed.ad.jp server ntp3.jst.mfeed.ad.jp server 127.127.1.0 # local clock fudge 127.127.1.0 stratum 10 driftfile /var/lib/ntp/drift keys /etc/ntp/keys ◆hosts.allow ALL: 210.173.160.27 ALL: 210.173.160.57 ALL: 210.173.160.87 ◆iptables Chain INPUT (policy ACCEPT) target prot opt source destination ACCEPT udp -- anywhere anywhere udp dpt:ntp Chain FORWARD (policy ACCEPT) target prot opt source destination Chain OUTPUT (policy ACCEPT) target prot opt source destination ◆/var/log/messages 特にエラー表示なし ◆service ntpd status ntpd (pid 22208) を実行中... ◆netstat udp 0 0 :::123 :::* ----------------------------------------------- ntpdの再起動をしても同現象です。 困っています。 宜しくお願い致します。

  • CentOSのNTP時刻同期エラー

    表題の通りCentOSのNTPサーバーエラーについて質問します。 状況 CentOSでNTPを使用していたのですが、気がついた時には NTPサーバーがエラーで止まっていました。  内容を確認してみると、/etc/ntp.confで設定している同期するサーバーと ntpq -p で確認するサーバーが違っている事に気が付きました。 このntpqコマンドで確認できるサーバーは、昔使っていた古いアドレスの物で 現在は使われていない為に今回のエラーになっていると考え、 設定されている場所を探したのですが、見つからなかった為、 yum erase ntp* で一旦全て削除して、 yum install ntp* で再インストールを 行いましたが、状態が変わりませんでした。 現在のntp.confの内容============================================== # Permit time synchronization with our time source, but do not # permit the source to query or modify the service on this system. #restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery #restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery # Permit all access over the loopback interface. This could# be tightened as well, but to do so would effect some o f# the administrative functions.#restrict 127.0.0.1 #restrict -6 ::1 #ipv6 # Hosts on local network are less restricted. # Use public servers from the pool.ntp.org project. # Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html). #server 0.centos.pool.ntp.org #server 1.centos.pool.ntp.org #server 2.centos.pool.ntp.org server 133.100.9.2 #clock.nc.fukuoka-u.ac.jp server 210.173.160.27 #ntp1.jst.mfeed.ad.jp server 202.224.32.4 #ntp.asahi-net.or.jp #broadcast 192.168.1.255 key 42 # broadcast server #broadcastclient # broadcast client #broadcast 224.0.1.1 key 42 # multicast server #multicastclient 224.0.1.1 # multicast client #manycastserver 239.255.254.254 # manycast server #manycastclient 239.255.254.254 key 42 # manycast client # Undisciplined Local Clock. This is a fake driver intended for backup # and when no outside source of synchronized time is available. #server 127.127.1.0 # local clock #fudge 127.127.1.0 stratum 10 # Drift file. Put this in a directory which the daemon can write to. # No symbolic links allowed, either, since the daemon updates the file # by creating a temporary in the same directory and then rename()'ing # it to the file. driftfile /var/lib/ntp/drift # Key file containing the keys and key identifiers used when operating # with symmetric key cryptography. keys /etc/ntp/keys # Specify the key identifiers which are trusted. #trustedkey 4 8 42 # Specify the key identifier to use with the ntpdc utility. #requestkey 8 # Specify the key identifier to use with the ntpq utility. #controlkey 8 ======================================================== ntpq -p で確認した内容==================================== remote refid st t when poll reach delay offset jitter ============================================================================== clock.nc.fukuok .GPS. 1 u 45 64 1 25.585 22436.7 0.002 ntp1.jst.mfeed. 210.173.176.251 2 u 44 64 1 5.803 22465.5 0.002 orion.asahi-net 133.243.238.244 2 u 43 64 1 5.787 22495.2 0.002 ============================================================================== この時、/var/log/messageには何もログは表示されていません。 また、ntpdate -u -b clock.nc.fukuoka-u.ac.jp で強制的に時刻同期させると 以下のように時刻の同期ができます。 29 Sep 22:17:15 ntpdate[29572]: step time server 133.100.9.2 offset 27.863054 sec 以上の内容から、ntpq -p で表示されている古いサーバー情報がどこかに 残っている為に、今回のエラーになっていると思えるのですが、 自分では、どこに残っているのかがわからない為、 皆様のお知恵をお借りできれば幸いです。 宜しくお願い致します。

  • ntpdate: デバッグモードでしか応答が取れません

    ■1■あるntpサーバに対して下記を実行すると、 % ntpdate 133.xxx.x.xxx Looking for host 133.xxx.x.xxx and service ntp host found : xxx.xxx.co.jp 7 Apr 13:29:46 ntpdate[11129]: no server suitable for synchronization found とエラーとなるのですが、 ■2■デバッグ(?)オプションを付けると、 % ntpdate -d 133.xxx.x.xxx 7 Apr 13:46:25 ntpdate[11146]: ntpdate 4.2.0@1.1161-r Fri Apr 7 11:35:09 JST 2006 (1) Looking for host 133.xxx.x.xxx and service ntp host found : xxx.xxx.co.jp transmit(133.xxx.x.xxx) receive(133.xxx.x.xxx) : delay 0.03502, dispersion 0.00020 offset -525.818942 7 Apr 13:57:03 ntpdate[11149]: step time server 133.xxx.x.xxx offset -525.818942 sec と、応答は返ってくるようです。 デバッグモードではなく、正式にntpサーバの時刻をこのLinuxサーバに 設定したいのですが、上記の状況を回避するには、どのようにすれば良いでしょうか。 よろしくお願いします。 ■補足■ ・Red Hat Linux release 8.0 を使っています。 ・ntpdは登録していないです 以上よろしくお願いします。