• 締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:SPHC-Pへのニッケルめっきについて)

SPHC-Pへのニッケルめっきでコストダウンを実現する方法とは?

このQ&Aのポイント
  • 金物部品の材質をSPHC-Pに変更し、ニッケルめっきを行うことでコストダウンを実現する方法について解説します。
  • SPHCクロカワを酸洗いしてからニッケルめっきする場合、出来上がりの外観はSPCCにニッケルめっきをした場合とほぼ同じです。
  • SPHC-Pへの変更により、部品の耐久性や強度なども向上するため、おすすめの方法です。

みんなの回答

  • ohkawa3
  • ベストアンサー率59% (1406/2369)
回答No.2

回答(1)さんの仰る通りと思いますが、 冷間圧延のスキンパスで表面を平坦にしたSPCCの方が、熱間圧延のSPHCよりも肌荒れが少ないように思います。 厚めっきすれば、ある程度肌荒れを回復できると思いますが、素地の肌荒れをめっきだけで完全に隠すのは難しそうに思います。 同じ仕上がり品位を求めた場合に、SPHCの方がコスト低減できるか、サンプルを試作するなどして確認なさるなどをお勧めしたいと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • kon555
  • ベストアンサー率51% (1787/3446)
回答No.1

 まずはメッキ業者に相談してみる事をオススメします。SPHCはメッキなどね表面処理が必須な部材ですから、当然業者側には知見がありますし、外観サンプルを提供してもらえれば手っ取り早いです。  また母材状態で表面粗さが違いますから、メッキ膜厚によっても外観の影響度合いが変わります。その点には注意が必要ですね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • ニッケルクロムメッキ処理品からニッケル部分を除去

    耐食性を目的で部品にニッケルクロムメッキ処理をしています、部品は水栓部品で温水(60℃)が流れます、飲用にもつながる部品なので不純物浸出試験を受けたところニッケルが基準以上に析出しました 部品表面にはニッケルクロムメッキ処理できていますが部品内部はクロムメッキがつかずニッケルメッキのみ付いています、内部についているニッケルメッキからニッケルが析出したと考えています メッキの特性上内部にニッケルメッキを乗せるのは難しいとのメーカ回答、それならばニッケルのみ除去できる方法があればニッケルは析出しないと考えました ニッケルメッキのみを分解してクロムメッキは侵さない処理を御存知の方アドバイスお願いします 部品の材質は黄銅です

  • 電気ニッケルめっきについて

    内面が電気ニッケルめっきされた鋼パイプに鋼板ブラケットをロー付けし、最後に電気亜鉛メッキをする部品を当社で作ることになったのですが、パイプ内面の電気ニッケルめっきは電気亜鉛メッキをする前の処理(酸洗い等)で剥がれることはないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 銅下ニッケルメッキ

    製品の外観部品にメッキを施しております。 S20Cに銅下ニッケルメッキをしています。 メッキ業者より、銅メッキをやめて良いかとの問い合わせがありました。 昨今の公害問題で減らしていきたいとの事です。 銅下するとニッケルメッキが剥がれ難くなると認識しています。 実際、やめた場合にどの位の差が出るものなのでしょう? 又、銅下の代替メッキと言うのは有るのでしょうか? 製品がとても安価なものなので、 無電解ニッケルメッキやクロームメッキの採用は無理なのです。 亜鉛メッキは美観が悪いので、やはり無理です。

  • ニッケルメッキ板金とニッケルネジの焼付きで困って…

    ニッケルメッキ板金とニッケルネジの焼付きで困っています。 板金にタップを切った物に、ニッケルメッキを施し、そこにニッケルメッキしたネジを、電動ドライバーで締めると、ネジが焼き付いた様な状態になり取れなくなる現象が出ます。材質を真鍮からSPHCに変更してからです。対策を考え、ダブルニッケルから銅メッキ+光沢ニッケルにして、0.2程度のオーバータップを施し、不完全ネジ部を避ける為にサラもみも追加して、低速で締めると、かなり頻度は落ちましたが、未だに解決出来ていません。ニッケルメッキ同士が悪さをしていると指摘された事があるのですが、どなたか詳細を教えて頂けないでしょうか。

  • ニッケルメッキとすずメッキの違いは?

    はんだ付けを前提にして銅板(材質の詳細は不明)にメッキを行なっています。 この際、ニッケルメッキとすずメッキの違いは何でしょうか? それぞれの特徴やコスト、また参考になるHPなど教えてください。 よろしくお願いします。

  • クロメートめっきの代替について

     私は、板金設計をしているものです。 昨日、お客様に納めている板金(表面処理:有色クロメート)に6価クロムが含まれている為、今後クロムフリーに変更してほしいと依頼がありました。  しかし、私は、どのような処理に変更すればいいのか悩んでいる最中です。「ニッケルめっきに変更?、SPCCからSUSに変更?・・」などと、的外れの思いつきでしか分かりません。  あと、その製品に使われている有色クロメートのねじは、どのような材質に変更すればいいでしょうか?  それと、コストがあまり変更せずにはどのような方法があるでしょうか?  このような要求に対応できる処理や、材質が少しでもご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスを宜しく御願いいたします。    後日、お客様より返答があったのですが、クロメートめっきからニッケルめっきに変更されているそうなのですが、ニッケルめっきに6価クロムは、含まれていないのでしょうか? 良く聞く言葉として、ニッケル・クロームめっきなどと聞くので疑問に思っています。どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたら、アドバイスを御願いいたします。

  • 電気ニッケルめっきと無電解ニッケルの違い

    現在、銅下3~5μ電気ニッケル8~10ミクロン指定の製品を 無電解ニッケルに変更すり場合も、銅下めっきが必要でしょうか? 密着性に問題なければ、コスト的にも無電解Niのみで施工したのですが・・・ 材質はハイテン系の材料です。

  • ニッケルメッキとクロムメッキについて(メッキ初心…

    ニッケルメッキとクロムメッキについて(メッキ初心者です) お尋ねしたいのですが、工場内の機械の手動昇降装置の支柱(h=1600d=100 材料S45C)に錆びないようにメッキをしたいのですが何をメッキしてよいのか分かりません。使用年数を約20年と考えるとその間、錆びなくするにはクロム(ハードと普通のでは何が違うのでしょうか?)ですか?ニッケルですか?また、メッキ代などはどのくらい違うのでしょうか? あと材料についてなんですが、表面は研磨しなければダメでしょうか?(コストの関係であまりお金かけられないもので)見た目の違いなども分かりません。是非お教えください。

  • ニッケルの酸化膜

    表面をニッケルメッキした黄銅板にニッケルメッキをするとします. 前処理としてアルカリ脱脂,薄い硫酸で酸洗いをしますが,アルカリにつけた後,硫酸につけた後,表面に黒い膜ができると思います.それらはいったい何なのでしょうか?それぞれ違うものでしょうか? アルカリ→水酸化ニッケルNi(OH)2?? 硫酸→硫化ニッケルNiSO4??

  • 鋼板の変更

    現在、SPCCの上にNiメッキの表面処理を施した板状の部品を使用しています。その部品をNiメッキせずに外観上見劣りないもので加工性があり、多少の耐食性を持っている鋼板を探しております。 製品は分電盤内で使用するもので、探している理由としてコストダウンとメッキ不良を無くすことです。 最初にステンレスを考えたのですが、製品を組み込む際に現在使用しているタッピングビスだと素材が硬くて入らないと推測してます。なので、違う材質で探しているのですが見つかりません。 初心者の質問で大変恐縮ですが、ご教授お願いします。 アルミも検討しているのですが、部品生産工程内で傷が付きやすいので、他の材質で何かありませんでしょうか。

このQ&Aのポイント
  • PCが壊れて買い換えました。新PCと無線ルーターは有線、プリンタとは無線接続しています。接続出来ているようで、PCからの印刷もスキャンも出来ますが、プリンタ本体からのスキャンができません。
  • ドライバはインストールしています。エラーコードE1460-B304が表示されます。OSはWin11です。
  • 旧PCでは問題なし。対応策をご教示願います。
回答を見る