• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:乾燥炉の温度)

乾燥炉の温度は?

このQ&Aのポイント
  • 粉体塗装の焼き付け温度は乾燥炉の温度を指します。
  • 焼き付け温度は180℃で、20分間行います。
  • 被塗物は常温から180℃まで温められ、その後20分間焼き付けられます。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率59% (1406/2367)
回答No.3

>常温の乾燥炉に被塗物を入れて被塗物が180℃に達してから20分(所要時間1時間)なのか、乾燥炉をあらかじめ180℃位まで熱してから被塗物をいれ被塗物が180℃になってから20分(所要時間20分弱)なのでしょうか? どちらでも宜しいかと思いますが・・・・・ バッチ炉を使った操業であればどちらを選択することができますが、連続(コンベア)炉であれば後者を選択することになるでしょう。 20分は目安なので、操業方式による適正値を追究したければ、塗膜の硬化状態などで判断することが宜しいかと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • ohkawa3
  • ベストアンサー率59% (1406/2367)
回答No.2

次のURLの説明によれば、被塗物の温度が所定値に達してからの経過時間を表しているようですね。雰囲気温度、炉の温度ではないとのことです。 http://www.paint-kyt.co.jp/tososetumei.html

bostonpro
質問者

補足

質問をやり直します。 常温の乾燥炉に被塗物を入れて被塗物が180℃に達してから20分(所要時間1時間)なのか、乾燥炉をあらかじめ180℃位まで熱してから被塗物をいれ被塗物が180℃になってから20分(所要時間20分弱)なのでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • hiro_1116
  • ベストアンサー率30% (2454/7920)
回答No.1

その仕様書(手順書?)に書いてなければ、指示した人(所)に確認してください。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 粉体塗装の乾燥路の使い方

    粉体塗装の乾燥路の使い方なのですが、 ①ワークに粉体塗装して乾燥路に入れ常温からスタート②乾燥路を設定温度180℃に予熱してから粉体塗装したワークを入れる ③粉体塗装していないワークを乾燥路で180℃まで予熱してから粉体塗装をして180℃の乾燥路に入れる どの方法でやっても問題ないでしょうか? 巣穴からの発泡を抑えたいのが目的です。

  • 乾燥炉に使用する治具の材質の確認

    乾燥炉に入れる治具の素材が知りたいです。 乾燥炉の温度200℃ 治具の材質は膨張係数が低く、炉からでた時に常温で素材の温度が冷めやすい材質。 樹脂などで強度もあり切削性も良い素材は有りませんか?

  • 炉中炉の温度測定

    お世話になっております。  炉中ロウ付けを行っている炉があり、 炉の長約5mで、炉内温度 800℃を30~40分で通過します。 完成品にばらつきがあり、炉の温度を測定したいのですが、 グーグルで検索したところ、データロガーを断熱ケースに入れて 測定する物で、最高500℃で20分が限界でした。  炉の温度を入り口から出口まで測定する方法はありますか?

  • 乾燥機と電気炉

    乾燥減量で105℃、3時間とあったとき、 普通は乾燥機で行うと思いますが、 後輩は電気炉で行っていました。 のちにその乾燥物を強熱残分で炉に入れるからと、 乾燥皿でなく、るつぼに入れて・・・。 「恒量にする温度が違うでしょ」というと、 「105℃で恒量にしてるから、水分は飛んでるし、(恒量なので)のちに強熱で温度が変わってても 問題ないんじゃない?」といいます。 私は、違うと思いますがきちんと説明ができません。 本当のところどうなんでしょうか? 私の場合 1.乾燥減量用の皿を恒量にする。(105℃) 2.乾燥減量測定 3.るつぼを恒量にする。(強熱残分規定温度) 4.乾燥させていない試料を取り、残分試験 5.計算で採取量を換算し、結果を出す。

  • 焼付乾燥炉

    焼付乾燥炉を製作納入しましたが、搬送用チェーンでトラブが発生し難儀しています。炉内雰囲気温度が平均200℃と高いために、チェーンに使用する耐熱オイルが短時間で無くなってしまい、チェーンにきしみ音が発生し、さらに柔軟性が無くなり、部分的に折り曲がらない現象が出ています。注油を1ケ月に1回程度で耐えられる耐熱オイルを探しております。ご存知の方がおられましたら、アドバイスをお願いいたします。

  • アクリル焼き付け塗装、乾燥炉、電気炉について

    当社では高級インテリア家具などの焼き付け系の塗装をしているのですが、最近極端に仕上がり外観を要求されるオーダーをいただき困ってます。鏡面まで行かなくてもゴミ、ブツは 一切NG!!そのため塗料選定、乾燥炉の再検討を模索しております。 アクリル塗料を10種類ほどサンプル試験いたしましたが、メーカー、種類によりまちまちで、表面乾燥が遅いものから早いもの(焼き付けるまで表面は乾かない)から大きい衣類繊維のつくものから小さなチリのような物のがつくものまで・・ 何か良いアクリル塗料はありませんでしょうか? 乾燥炉(電気炉)内も再検討しており耐熱フィルターを付けたり 付けないパターン、チリ(ごく小さいツブツブ)がでる塗料はなししても出ることが多く悩んでいます 希望では表面乾燥が早く(タレ、大きいゴミ防止)チリのようなブツ(乾燥炉をどんなに掃除しようと出ます)が出ない塗料を探しています。 塗料金額等は良いものであればそれなりに選定する次第でおります 何卒よろしくお願いいたします。

  • 静電粉体塗装と粉体塗装の違い

    静電粉体塗装と粉体塗装との違いがよく分かりません。 色々とインターネット等で調べたのですが,ハッキリしません。 一番端的に書かれているなぁと思ったのが下記の通りの説明です。 静電塗装:霧化された塗料の粒子に静電気を負極(-)帯電電させて、ア-スされた被塗物(+)に効率良く付着させます。    静電紛体塗装:粉体塗料の粒子に静電気(-)や(+)を帯電させて、静電塗装と同様に静電気の力を利用して付着させてから、乾燥炉で加熱溶融します。 この説明から発見出来る異なる点とは静電粉体塗装の場合は「乾燥炉で加熱溶融」との記載があることです。 静電塗装の場合は炉で乾燥させることはないのでしょうか? もしか英語で表現するとすれば; electrostatic coating ・・・ 静電塗装 electrostatic powder coating・・・静電粉体塗装 文字通りにことなります。 この両塗装のことなる点を教えて下さい。 申し訳ありません。 質問のタイトルが間違っています。 「静電紛体塗装と静電塗装の違い」・・・にすべきでした。 

  • UV乾燥炉とIR/UV乾燥炉の違いについて

    いつも勉強させてもらってます。 UV乾燥炉とUV/IR乾燥炉の違いについて調べているのですが、 対象物にかかる熱量(温度)に違いはでるのでしょうか? 以前、使っていたUV乾燥炉では大丈夫だったのですが、UV/IR乾燥炉に変更したところ、製品に強い変形がでてしまい困っています。 材質はPET/PBTです。 まったくの、素人ですので困っています。詳しい方のご教示をいただけたらと思います。また、対策などもわかる方がおられたらお願いします。

  • 溶解炉の温度ってどうやって測っているのですか?

    溶解炉の温度ってどうやって測っているのですか? 溶解炉の中の温度は5500度だそうです。 温度計入れたら溶けて計れない。 どうやって測るのですか?

  • 粉体塗装、パウダーコーティング焼付け温度について!

    たびたびご質問させていただきます。 前回ご回答頂いた文面などで大半はクリアできそうです。 今回は粉体塗装の焼付け釜についてアドバイスいただければと思います。 粉体塗装用の焼付け釜はやはりかなり高額になってしまうようですので 自作にて製作を考えております。 その際同じくご自身で作成した例など参考にさせていただば と思います。 今までの経験上ウレタン塗装の焼付け(50℃~100℃前後)までしか経験 がなく焼きつけに悩んでます・・ 皆様のアドバイスよろしくお願いいたします。

プラーボルトとは?
このQ&Aのポイント
  • プラーボルトは、何か特定の意味を持つ言葉ではありません。この言葉は、そのまま意味を持たない響きの言葉です。
  • プラーボルトは、製品名やブランド名として使用されることがあります。具体的な意味や語源はありませんが、聞いた人に強い印象を与えるために用いられます。
  • プラーボルトは、スポーツカーの特設コースやアクセルモータースポーツなど、高速で走ることに関連するコンテンツやイベントで使用されることがあります。
回答を見る