『数学・算数』に関する質問・疑問一覧

[ 次へ ]
15件中 1~15件目
  • 確率について。

    以下のURLで、最後のf272さんの、計算で、575530でしょうか?教えていただけないでしょうか?すみません。 https://okwave.jp/qa/q9767391.html

    2020/07/11 09:06
  • <!!!至急!!!>待ち行列の問題について

    以下の問題の回答を宜しくお願い致します! ρの値が0.2で計算すると確率が小さくなりすぎてしまって、自分の回答は間違っていると思い皆さんの力をお借りしたく質問させていただくことにしました。 窓口が1つの店があり,客が平均2.5分間隔でポアソン到着する.また,窓口の平均サービス時間は2分の指数分布とする.客は窓口がふさがっているときには,空くまで待ち行列に入るとする.このとき,次の問に答えよ. 1.窓口に1人客がいて,後ろに2人並んでいる確率を求めよ. 2.窓口に1人客がいて,後ろに2人以上並んでいる確率を求めよ. 3.客が店に入ってからサービスを受けて店を出るまでの時間の平均 は何分か. 4.客の滞在時間が90%以上の確率で15分以下であるためには,客のサービス時間は平均何分以下でなければならないか

    2020/07/10 23:37
  • 組み合わせ数学

    任意の正整数n,kに対し, p*(n,k)=p*(n-k,k)+p*(n,k-1) n>kのとき p*(n,k)=1+(n,k-1) n=kのとき p*(n,k)=p*(n,n) n<kのとき が成り立つ 任意の正整数n,kに対し,p*(n,1)=p*(1,k)=1が成り立つ これらの条件でp(8)の値を求めたいのですが、全く分かりません。計算過程も含めて詳しく教えてください。至急です。お願いします。 例えばnは正整数とする 総和がnとなるような正整数の組をnの分割と呼ぶ。また、nの分割の総数をnの分割数といい、p(n)で表すということです そして、nの分割のうち、ちょうどk個の正整数による組をnのk個分割、高々k個の正整数による組をnの高々k個分割と呼ぶこととし、それぞれの総数をp(n,k)およびp*(n,k)で表す。 また、nの分割のうち、最大値がkである組をnの最大値k分割、最大値がk以下である組をnの最大値k以下分割と呼ぶこととし、それぞれの総数をq(n,k)およびq*(n,k)で表す。ということらしいです。長くなってすみませんお願いします。

    2020/07/10 17:17
  • 軌跡とベクトル

    この問題をベクトルを用いて解く方法を教えてください。「放物線C:y=x²-x上に2つの動点P、Qがあり、∠POQ=90°を満たしている。原点Oから直線PQに下ろした垂線の足Hの軌跡を求めよ。」答は円(x-1/2)²+(y-1/2)²=1/2のy≠0の部分です。

    2020/07/10 15:19
  • 大学数学

    4線 l,m,n,o を次のように取る. l: y = 0 m: x = 0 n: x – y + 1 = 0 o: x – y=0 点 P(x,y)から l,m,n,o に向けて垂線 PL,PM,PN,PO を下ろす.このとき PL×PM=2×PN ×PO という関係があるとき,P はどのような軌跡を描くのか、出てきた式と曲線を知りたいです。

    2020/07/09 13:32
  • 経済学(ファイナンス)の問題です。

    学校で次のような問題が出されました 1.ある企業の株価はt=0(現在)800円で、t=1に1000円に上昇(本当の確率55%)、もしくは600円に下落する。t=1に1000円である場合は、t=2において1100円に上昇(本当の確率52%)するか、900円に下落する。一方t=1に600円である場合はt=2において800円に上昇(本当の確率54%)するか、400円に下落する。この株価を原資産価格とする、行使価格600円、期日t=2のヨーロピアンコールオプションの現在の無裁定価格(理論価格)は何円か。当株式の配当支払いは無し、無リスク資産の金利はどの1週間も5%、金融資産はコスト0で任意の単位での取引が可能(端数も可)、取引が出来るのはt=0,1,2の3時点のみ。 2.1と同じ原資産、期日、行使価格のヨーロピアンプットオプションの現在(t=0)の理論価格(無裁定価格)は何円か。(取引コスト等の仮定も1と同じ) 全然分からないので、わかる方教えて頂きたいです。m(*_ _)m

    2020/07/08 14:08
  • MACD上下限値 FXや株式のテクニカル

    FXや株式のテクニカル分析について MACDの上限下限の平均が時間軸によって大きく変わってきます。 上限1、下限0にしたいのですが、どのようにすれば可能でしょうか? よろしくお願いします。

    2020/07/07 10:24
  • 標準・幾何ブラウン運動の分布の証明

    標準ブラウン運動と幾何ブラウン運動について一つずつ質問させてください。 (1)標準ブラウン運動が正規分布に従うことの証明はどのようにすればいいのでしょうか? (2)幾何ブラウン運動の式dX=aXdt+bXdWがあったとき(Wは標準ブラウン運動)dX/X=adt+bdWとして株価の対数が正規分布に従うというのとシミュレーションを用いるほかにもう少し数学的に証明することはできませんかね?

    2020/07/05 17:51
  • 高2 数学 ベクトル 内積a↑・b↑ 求め方

    △OABがある。辺OA,OBの中点をそれぞれM,Nとし,辺ABを1:2に内分する点をCとする。 また,線分BMと線分CNの交点をPとし,OA↑=a↑,OB↑=b↑する。 直線OPと辺ABの交点をQとするとき,OQ↑をa↑、b↑を用いて表せ。また,|a|=3、|b|=2、|NQ↑|=4分の5(4/5)であるとき、 内積a↑・b↑値を求めよ。 計算したところ、 OQ↑=3/1a↑+3/2b↑になりました 合ってるか不安です(><) 内積a↑・b↑値はわかりません 教えてください、、 図とか汚いんですけど、、 写真に(1)~(3)の問題のせてます。今回(3)がわかりません お願いします┏●

    2020/07/03 15:31
  • 統計 逆確率重み付け解析

    STATAを用いて医学統計を行っています。2群比較を行う際にIPTW (inverse probability of treatment weight)を用いて2群間の補正を行いたいと思っています。逆確率は算出しています。生存期間分析(カプランマイヤー曲線の作成とログランク解析)ではIPTWを用いた重み付けにに成功しましたが、カイ二乗検定やマンホイットニーU検定ではIPTWを用いた重み付けを行うコマンドがなく、行き詰っています。例えば年齢を比較する際には、単純に各症例の年齢に逆確率をかけた数値を出して、それを2群間で比較した場合、PTWを用いて両群間のばらつきを補正したことになるでしょうか?統計に詳しい方がいれば教えてください。

    2020/07/01 17:32
  • 経済学の問題がわかりません

    需要関数Q= -p +12 労働供給関数w/p=L/12 不動産供給関数r=3 このときの均衡における生産物価格と要素価格(p*,r*,w*)、市場における生産量Q*,K*,L*を教えてください

    2020/06/30 16:08
  • 積分の発散のオーダーを求めてください。

    以下に定義される重積分I(b)は、b→∞の極限で収束するか、発散するか判定せよ。 発散する場合、発散のオーダーを求めよ。 I(b)=∫[-1~1]dz∫[a~b]dy∫[a~b]h(x, y, z)dx, a>0, b>0. ただし、h(x, y, z)=(x^2y^2)/(f(x)f(y))(1/g(x)+1/g(y))^2(x^2+y^2+2xyz)/{L(x, y, z)^3(x^2+y^2+2xyz+m^2)}, f(x)=√(x^2+c^2), c>0, g(x)=√(x^2+m^2)-m+f(x), m>0, L(x, y, z)=√(x^2+y^2+2xyz+m^2)-m+f(x)+f(y) である。

    2020/06/29 17:11
  • 至急お願いします!

    問題が クールノーの複占市場の場合、企業A、Bは同質の財を生産、販売しており、企業Aの費用関数はCa=3q、企業Bの費用関数はCb=6q、財の市場需要関数はp=-q+20で企業A、企業Bは同時に生産費を決定する。このときのクールナッシュ均衡を求めよ がわかる方いますか?

    2020/06/28 22:16
  • 代数学,幾何学,解析学

    代数学,幾何学,解析学はそれぞれどんな分野ですか?

    2020/06/28 02:45
  • 流体力学の問題の解き方を教えていただきたいです

    図のような噴口径の家庭用スプリンクラーが、噴出速度vで密度ρの水を噴出しながら定常的に回転している。この時の回転数nを求めよ。また、スプリンクラーを止めるために必要なモーメントはいくらか。なお、摩擦およびvの半径方向がトルクに与える寄与を無視できるとする。

    2020/06/25 14:53
1