• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

かなり昔にTVでみた映画

多分20数年前に「日曜洋画劇場」あたりで見たように思います。 ある屋敷に住んでいるお婆さんが、足が悪くて2階への上り下りのために小さなエレベーターを備え付けてあるんですが、ある日そのエレベーターに乗っている途中で、停電か何かでそれが止まってしまいます。その日に限って使用人も出払っていて、そんな屋敷に泥棒が入ってきます。そこからの展開があまり覚えてないというか、あまり面白くなかったのか、とにかく記憶が定かではないんですが、何かヒステリックな感じで、後味が悪かったような気がします。決して好きな映画というのではなかったのですが、この設定だけは妙に記憶に残っているのに、作品名がずっと思い出せずにいます。ご存知の方いらっしゃいませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数72
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#1806

redhouseさん、しばらくぶりではありませんか? ご質問の作品ですけど、「不意打ち」という映画がありましたが、これじゃないでしょうか。オリヴィア・デ・ハヴィランド主演の'64年作品で、原題は「Lady In A Cage」、つまりエレベーターという「檻=Cage」に閉じ込められた女、ですね。その他にはアン・サザーン、あとジェームズ・カーンも出ていたようです。 オリヴィア・デ・ハヴィランドは腰を痛めており、階段を使えないので、屋敷の1Fと2Fを特別に取り付けたエレベーターで行き来します。ある日、外の電線の故障で、このエレベーターが彼女が使用中、1Fと2Fの間で動かなくなってしまいます。そこに泥棒が入り込んだり、チンピラが乗り込んできたりして、さてどうなるかというサスペンスです。しかしご指摘の通り、このアイデアはともかく、そこからの展開がどうも無理があるというか、私もテレビで1度見ただけですが、あまりハラハラさせてくれなかったような記憶があります。 ちょうどベティ・デイヴィスとジョーン・クロフォードの「何がジェーンに起こったか?」あたりが評判になっていた時期ですから、その線を狙った作品だったんでしょうね。監督のウォルター・E・グローマンという人はTVの方から来た人のようですが、70年代以降は殆どTVの方の仕事しかしてないようです。 参考URLはIMDBのものですが、アメリカではビデオが出てますね。日本版は出ていないと思います。

参考URL:
http://us.imdb.com/Title?0058283

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>redhouseさん、しばらくぶりではありませんか? benjaminさん、お久しぶりです!実は事情があってしばらくPCを使えない日々が続いていたのですが、ようやく復活しました! さてさっそくの御回答ありがとうございます。 「不意打ち」・・・、どうもタイトルはまだピンとこないのですが(笑)、内容からいってこれに間違いないですね。それにしてもあのオバちゃんがオリヴィア・デ・ハヴィランドだったなんて絶句。ビデオは・・・あっても多分見ないと思う(爆)。

関連するQ&A

  • この作品を探しています

    少女漫画だと思うのですが、最初おじいちゃんと孫娘が出てきて「この大きなお屋敷の人と仲良くなるにはどうするの?出てきたら思い切り親切にしてあげるんだよ」というような会話をしていました。その後おじいちゃんが亡くなり女子高生くらいになった孫娘がおじいちゃんの残した何かの肩代わりの為に子供の頃話したお屋敷に連れて行かれる・・という設定だったと思います。お屋敷の男子校生はちょっとひねくれた感じがしたと思います。どうしても続きが読みたいのですが、作者も作品名も覚えていないのです。先月古本屋で見かけたのでいつ頃の作品かわかりません。コミックで10巻位揃っていたように記憶しています。どなたか助けてください。

  • 子どもの頃読んだお話の題名が分かりません・・・

    40年以上前に読んだ童話だと思うのですが、 「まりこちゃん」という小さな女の子がいて 「まりこちゃん、なあに、あそびましょ」という言葉を小さな声でぶつぶつつぶやきながら、いつもひとりで遊んでいます。 ある日、先生がそれに気がついて・・・ と、これくらいしか記憶にありません。 手がかりが少なくて、すみません。 まりこちゃんがそのあとどうなったのか、気になります! 作品名や作者をご存知の方おいででしたら、どうぞ教えてください。 よろしくお願い致します。

  • 古い連続ドラマだったと思います。

    子供の頃に見たドラマです。 内容は断片的にしか憶えていません。 憶えている場面は、ある家?か蔵?の天井板に描かれていた絵を模写した後に、黒のスプレーで抹消してしまう所です。沢山ある絵です。 主人公は女性?、その絵を自分の作品として発表してしまうんです。 20年以上前の記憶です。 子供ながら物語の展開にハラハラした記憶があります。 このドラマのタイトルと、もし原作があれば作品名と作者を教えて下さい。 これだけでは分からないかもしれませんね。 すみません。宜しくお願いします。

  • 作品名を教えてください。

    作品名を教えてください。 5年以上前だと思いますが、地上波の深夜枠で放映されていたサスペンスです。 非常に印象に残っていてDVDを買いたいのですが、作品名がわからず困っております。 以下その作品の特徴を挙げますので、これを手掛かりに作品名がわかった方がいらっしゃいましたら、是非ご回答を願います。 【あらすじ】 すべてが順調だった金持ちの美男子が、ある日美女を誘って乗り出したドライブで派手なカークラッシュを起こしてしまい、蘇生手術の結果、見るに堪えないような醜い顔に変貌してしまう。 絶望と怒りの感情の中で毎日を酒におぼれ、遂には凍える寒さのなか路上で意識を失ってしまう。目を覚ますそこはビルの屋上のような場所。目の前に現れた謎の男から「世界は滅びた」と聞かされる。 【その他特徴】 洋画。英語圏の作品とは限らない。登場人物がフランス人だった気もする。カークラッシュした際の車は真っ赤なポルシェのような印象。話が二転三転する、デヴィットリンチの作品みたいな映画。造りは結構凝っている印象を受けました。 手掛かりは以上です。記憶のあやしい箇所が満載の情報ですが、宜しくお願いします。

  • この本は何だ?

    なにかの雑誌か、特集か・・・なんだかわすれましたが、 一人娘とお母さんの話で、 お母さんは厳しくて厳しくて、ノート一面に「ごめんなさい、もうしません」とかかされるなどして、一人娘はそだちます。 あるひひょんなことから、娘は母をころします。 (たしか灰皿でぐきっと) それから娘は、死んで腐り逝く母の為に、「あ」の母、「い」の母といったふうに、お話を作っていくんです。 なんか、娘が以上に狂ってて、親戚にする電話もほいほいさーっとしてしまうという、 おそろしいはずなのに面白い話しです。 ちょっとした短編だった記憶があるのですが、 どなたか著者・作品名をしりませんか?

  • 約15年前のエロ漫画ですが…

    約15年前のエロマンガで、「アイドルだって大変なんですぅ」という作品名だった記憶ですが、雑誌名や作者などご存知の方いらっしゃいませんか? ストーリーは、二人組のアイドルの待合室に二人の男が襲いに来るのですが、途中でマネージャーが助けに入ります。その後、アフターケアをしているとヤル気満々のアイドルにマネージャーが脱がされ、3P展開になります。最終的に生本番OKと言われて、1人に出します。もう1人も「私だってOKなのにー」的なことを言っていた記憶です。(アイドルは、網タイツを履いていた気がします。) ご存知の方がいらっしゃれば、どんな情報でもありがたいです。

  • 15年以上前?の松本零士さんの作品

    15年以上前の小学生の頃に図書館で読んだ松本零士さんの作品で もう一度読みたいのですが、作品名が解らないモノがあります。 憶えている内容は、999の鉄郎のような少年(?)ともう一人 眼鏡をかけた少年が主人公で、なんか色々ある中で、ある日街の交差点に 機械の柱が次々建ちます。 そのうちメーテルの様な女性と敵(?)の心臓部に潜入して バリアを破るのに必要なものとしてその女性が 「水とタンパク質と・・・・」等と言うセリフが有り、 「それは人間だ!」と主人公の少年が気が付いた時にはその女性が 自ら飛び込んでバリアを破る・・・ ほんとおぼろげな記憶で解りづらいのですが わかる方いましたら教えて下さい!

  • どうしても思い出せないアニメ?映画?

    どうしてもタイトルが思い出せない作品があります。たぶん15~20年くらい前だったように思います。 今となってはうっすらとしか覚えていないのですが、わかる限りで説明します。 TVで放送していたのを見た様な記憶があります。ですが、毎週放送しているスタイルではなく、一般的なアニメ映画くらい(本編100分くらい?)の長さだったはずです。つまり一話完結だったと思います。原作があったかどうかも分かりません。 次に内容ですが、時代背景は近未来で、なんと言うか戦闘技術の学校か養成所のような所があり、そこの訓練生である若者たちが中心登場人物となって話が進んでいきます。そこでは、ロボット?と言うよりは、パワードスーツとでも言ったらいいでしょうか、黄色い機体(訓練用なので黄色だった気がします)に乗り込んだ訓練生達が、日々厳しい訓練や演習をしていました。ガン○ムの様に巨大な機体ではなく、あくまで「スーツ」といった方が近い表現だと思います。基本操作も、コックピットでレバー操作といったものではなく、実際にスーツとパイロットが一体となって動かす感じなので、新人の訓練生は、最初は歩く事もままならない・・・といったシーンがあったと思います。実戦形式での訓練では、肩の辺りから発射されるピンク?赤?の模擬弾が印象に残っています。スーツの見た目はボト○ズに近かった気がします。コレは記憶違いかもしれませんが、回転するメインカメラ?がそっくりだった気が。ある日、実戦形式の演習中に謎の生命体(アメーバみたいな奴)の襲撃を受け、訓練生達は実弾を装備していない訓練用機体で実戦に巻き込まれてしまいます。果敢に応戦し、模擬弾で攻撃するのですが、次々とやられていきます。結末は覚えていません。ただなんとなく後味の悪いイメージが残っています。こんな感じの作品です。是非もう一度見たいと思うのですが、誰かわかる方いますか?

  • ・・・こんなストリーの作品って題名・作者は?

    おぼろげな記憶ですが、質素で慎ましく生活している夫婦が、お互いに相手への感謝のプレゼントをしようとしたら、奥さんは長い髪を切り売り彼へのプレゼントの品を買い、ご主人は長い髪を飾るアクセサリーを買う。 そしてお互いが心を込めたプレゼントなのに→現実は無残&すれ違いハプニング。 でも二人のプレゼントに込められた思いやり&愛情が、結局は最高最大の幸せと喜び、心のこもったプレゼントだったというようなストリー展開だと思います。 そんな作品名・作者を、ご存知の方、お教え願えますか?

  • 10年以上前の少年雑誌掲載漫画

    下記の作品を探しています。 内容しか覚えていないため、投稿させて頂きました。 確か10年以上前の作品で、当時「ガンガン」か「ギャグ王」辺りでやっていたと思いますがちょっとうろ覚えです。 内容としては下記のような展開の話だったと記憶しております。 ・主人公はゲームオタ+非モテ+メガネキャラ+成績不振 ・1話でトラックにひかれ、逆行+転生で逆行先は園児。(平成⇒昭和だったような?) ・上記シーンで、落とした1円玉を拾おうとしたのが原因で、「1円に笑うものは1円に泣く」みたいな台詞を言っていた。 ・逆行先がファミコン時代で、現代の知識使ってバグ+裏技利用で、驚かれる。 ・最終話が、小学生位に成長していたような? ・逆行先での成長もの。 作者名、作品名分かる方いらっしゃいましたら、教えてください。 以上、よろしくお願いいたします。