• ベストアンサー
  • 困ってます

YAMAHA RTX1210でのIPoE接続 2

YAMAHA RTX1210でのIPoE接続 https://okbizcs.okwave.jp/nttplala/questiondetail/?qid=9753169 で質問させてもらった者ですが、「OCNバーチャルコネクト」で設定したところ、一見繋がっているみたいに見えましたが、IPv6接続確認を https://test-ipv6.com/index.html.ja_JP で行ったところ、結果が添付となり、「IPv4経由でIPv6を転送」となり、IPv4 over IPv6ができていないように見えます。 そこで、よくよく調べてみると(最初から調べろという話ですが、、、)、 https://www.plala.or.jp/ipv6/ の公式ページには情報が無かったのですが、 https://www.ureshisa.com/9825.html に「ぷらら光ではtransixを提供しています」とあるので、前回ご回答いただいた https://network.yamaha.com/setting/router_firewall/ipv6/ds-lite を参考に設定したのですが、うまくいきませんでした。 ※切り分けが面倒なので、RTX1210は初期化してまっさらな状態で設定しました。 https://www.mfeed.ad.jp/transix/dslite/yamaha.html にあるように、RTX1210は「tunnel endpoint nameコマンドを用いてAFTRの名前を指定をした場合、 IPv4 over IPv6トンネルの接続を確立することができない」とあるので、アドレス直打ちで、 ================ ip route default gateway tunnel 1 ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64 ipv6 lan1 prefix ra-prefix@lan2::/64 ipv6 lan1 rtadv send 1 ipv6 lan2 address auto ipv6 lan2 dhcp service client ir=on tunnel select 1 tunnel encapsulation ipip tunnel endpoint address 2404:8e00::feed:100 tunnel enable 1 dns server dhcp lan2 ============= と設定して、全てエラーなく設定完了したのですが、RTX1210のステータスではリンクは確立しているものの、 IPv4 over IPv6トンネルの接続がうまくいっていないのか、IPv4のサイトにアクセスすることができませんでした。 切り分けするにせよ、次のアクションをどうすれば良いのかご教授いただける方おりませんでしょうか? ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • wormhole
  • ベストアンサー率28% (1608/5613)

>結果が添付となり、「IPv4経由でIPv6を転送」となり、IPv4 over IPv6ができていないように見えます。 そう見えてるだけでIPv4 over IPv6できてたと思いますよ。 [詳細]をクリックすると検出方法が書いてありますが誤検知もありえそうな検知方法でしたし(ちなみにうちでも誤検知されました)。 またRTX1210の接続情報を調べてみてもWAN側に割り当てたポートにIPv4アドレスは割り当てられていないはずです。 https://ipv6-test.com/ の方でも調べてみる事をおすすめします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確かに速度もPPoE接続時に比べ格段に速くなり、夜間も安定しているので問題ないみたいですね。 ただ、気になるのはぷらら光はtransixだと思うのですけど、なぜ「OCNバーチャルコネクト」で繋がっているのだろうかということですね。。。 まぁ今のところ不具合等もないのでこのまま様子を見るとします。

関連するQ&A

  • YAMAHA RTX1210でのIPoE接続

    YAMAHA RTX1210でぷららv6エクスプレスを使いたいのですが、誰か既に試したことのある方とかいますでしょうか? http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/v6plus/ にあるように、RTX1210はIPv4 over IPv6に対応しているので機能的には使えると思うのですがうまく接続できません。 ぷららの「ぷららv6エクスプレス(IPoE方式接続)ご利用状況」では「 開通済み」で「IPoE対象接続先」は「IPv4+IPv6」となっています。 設定は添付の通りです。 ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

  • YAMAHA RTX1210でのVPN接続

    YAMAHA RTX1210でのIPoE接続 https://okwave.jp/qa/q9753169.html YAMAHA RTX1210でのIPoE接続 2 https://okwave.jp/qa/q9753522.html IPoE接続でのネットボランチDNS https://okwave.jp/qa/q9755167.html で質問させてもらったものですが、プロバイダがぷららで、ブロードバンドルータとしてYAMAHA RTX1210を使い、LAN2インターフェースにIPoEとPPPoEの二つを張り、自宅内からのアクセスはIPoEでIPv6接続し、外からのVPNはPPPoEのIPv4接続で行いたいと思っております。 ※ぷららのサポートに同時にIPoEとPPPoEの二セッション使って良いことは確認済みです。 そのために、プロバイダ接続の優先度として、 1.IPoE 2.PPPoE で設定しています。これでIPv4 over IPv6接続できているところまでは確認できています。 しかしながら、これで外からVPN接続をしようとしてもエラーとなって接続できません。 切り分けとして、IPoE接続を削除してPPPoEだけにした場合は問題なく外からインターネット経由でVPNが張れており、また、プロバイダ接続の優先度を 1.PPPoE 2.IPoE と逆にしても問題なくVPNが張れるところまでは確認しました。 なので、ぷららの回線や端末側の設定に問題はなくて、RTX1210の設定に何か問題があるのだと思います。 これ以上切り分けをするにしても何をすれば良いのか分からず、誰かご存知の方おりませんでしょうか?

  • ヤマハRTX1000(1)配下にRTX1000(2)を接続する。

    ヤマハRTX1000(1)配下にRTX1000(2)を接続する。 RTX1000(1)はVPN TunnelでJniper SSG-140とつながっている。 192.168.XX.XX/24のセグメントがRTX10001(1)につながっている。 200.XX.XX.XX/24のセグメントはRTX1000(2)につながっている。 このときのRTX1000(1)とRTX1000(2)のコンフィグがわかりません。 伝える情報が不十分かもしれません。。。

  • YAMAHA RTXでモバイルVPNのローカルIP

    YAMAHA RTXでモバイルVPNのローカルIPを指定したいです。 可能でしょうか? コマンドあれば教えていただきたいです。 pp select anonymous 上で poolアドレスの指定をしてしまうと接続順にIPを払い出してしまいます。 ip pp remote address pool 192.168.110.101-192.168.110.190 → 接続順の101~払い出してしまう 該当 tunnel 内(例えばtunnel2→192.168.110.102を指定したい)に tunnel endpoint remote address 192.168.110.102 といれてみたのですがうまくいきません・101で払い出してしまいます。 トンネル内のipsec ike pre-shared-key 2 text passspass102 (各トンネル事にナンバリング(101、102のように)をしてモバイル接続時のローカルIPアドレスを指定したIPアドレスで払い出すようにしたいです。) tunnel 1には192.168.110.101 tunnel 2には192.168.110.102としたいです。 不躾な質問で恐縮ですが大至急ご教授いただけると幸いです。

  • IPoE接続でのネットボランチDNS

    ぷららの質問というより、YAMAHAのRTX1210の質問になってしまうと思うのですが、差し支えなければご存知の方いましたら教えていただけますと幸いです。 YAMAHA RTX1210でのIPoE接続 https://okbizcs.okwave.jp/nttplala/questiondetail/?qid=9753169 YAMAHA RTX1210でのIPoE接続 2 https://okbizcs.okwave.jp/nttplala/questiondetail/?qid=9753522 にてRTX1210でのIPoE接続について質問させてもらった者ですが、教えていただいた内容を元に設定したところ、無事にRTX1210でのIPoE接続設定が出来ました。 ※上記のお礼で、「ぷらら光はtransixだと思うのですけど、なぜ「OCNバーチャルコネクト」で繋がっているのだろうか」と疑問を書きましたが、よくよく調べたころ、ぷらら光は「transix」と「OCNバーチャルコネクト」の両タイプがあり契約によってどちらかになるそうで、サポートに確認したところ私の契約は「OCNバーチャルコネクト」とのことで、お騒がせしました。 本題に戻りますが、RTX1210はVPN機能を使えるので外出先からVPN接続できるようにと、ネットボランチDNSを使ってホストアドレス登録をしようとしたのですが、設定画面に「有効なインターフェースが存在しないため、ネットボランチDNSの設定を行うことができません」となっており、設定ができません。 ネットボランチDNSが使えるのはPPインターフェスのみで、IPoEでのトンネルインターフェースでは使えないのでしょうか? ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

  • YAMAHA RTX1100のVPNについて

    初心者でもうしわけございませんがYAMAHA RTX1100の設定に関して 四苦八苦しておりますので御教授ください。 現在YAMAHA RTX1100にてVPN接続を運用しており PPTP接続にてクライアントが複数のためanonymousにて運用しているのですが anonymousの中に複数ユーザーを作るまでは大丈夫なんですが ユーザーごとにIPアドレスの振り分けというのは設定としては可能なのでしょうか? ネットで調べても答えが見つからなかったので、もし可能であれば どういったconfigが必要になってくるでしょうか? 現在の使用例です これにtest1には192.168.1.100 これにtest2には192.168.1.101 これにtest3には192.168.1.102 とする場合の記述の仕方をご教授ください。 #PPTP接続を受け入れるための設定 # pp select anonymous pp bind tunnel1 tunnel2 tunnel3 pp auth request mschap pp auth username test1 test1 pp auth username test2 test2 pp auth username test3 test3 ppp ipcp ipaddress on ppp ipcp msext on ppp ccp type mppe-any ip pp remote address pool 192.168.1.100-192.168.1.102 ip pp mtu 1280 pptp service type server pp enable anonymous pptp service on # #使用するトンネルの設定 # tunnel select 1 tunnel encapsulation pptp tunnel enable 1 tunnel select 2 tunnel encapsulation pptp tunnel enable 2 tunnel select 3 tunnel encapsulation pptp tunnel enable 3 #

  • YAMAHA RTX1100 IPSecインターフェイス上でのOSPF設定

    YAMAHA RTX1100 ver8.03.75にてIPSecインターフェイスにてOSPFを動かそうとおもい設定したところ、動きませんでした。 設定内容はすべてバックボーンエリアにて構成するだけの簡単な内容なのですが。。。 もしかして、最新のファームウェアのバージョンでは動かないのでしょうか? (設定内容抜粋) RT1 ip lan1 ospf area backbone passive ip lan1 address 172.16.100.1 ospf use on ospf router id 172.16.100.1 ospf area backbone tunnel select 1 ipsec tunnel 101 ip tunnel ospf area backbone tunnel enable 1 ip tunnel address 172.17.100.1/24 RT2 ip lan1 ospf area backbone passive ip lan1 address 172.16.200.1 ospf use on ospf router id 172.16.200.1 ospf area backbone tunnel select 1 ipsec tunnel 101 ip tunnel ospf area backbone tunnel enable 1 ip tunnel address 172.17.100.2/24 設定内容は抜粋してますが、IPSecトンネルは問題なくはれてます。 トンネルインターフェイスに設定したアドレスへのPingはRT1からRT2 RT2からRT1へは問題なく通ります。 あと、設定後機器のリブート、ospf configure refresh はおこなってます。 いろいろ設定例をみてましたが、トンネルインターフェイスにアドレスを 設定した場合のRTX1100でのOSPFの設定例がなかったので、この設定ができないのかもしれませんが、アドレスを設定しない検証はまだしてません。そのうち検証したいとおもいますが、この状態で問題なくOSPFが動いている方がいましたら、教えてください。あと、なにか足りない設定等がありましたら教えてください。

  • YAMAHA RTX1100の設定

    YAMAHA RTX1100のルーティング・フィルタ設定についてご教授ください。 YAMAHAのRTX1100を使用して2つのセグメントのネットワークを構成しています。 ネットやマニュアルを参考に設定しているつもりなのですがうまくいかず困り果っております。 非常に初歩的な内容で恐縮ですし、質問の仕方もおかしいのかもしれませんが お知恵を拝借できれば大変ありがたいです。 現在 LAN1側に 192.168.100.1/24 LAN3側に 192.168.200.1/24 とIPを振りLAN2をPPPOE接続として使っております。 そこで LAN3の192.168.200.10にサーバーを置きLAN1にあるクライアントPCからアクセスできるようにして なおかつLAN3の192.168.200.0/24にあるクライアントPCからはLAN1の192.168.100.0/24へは アクセスできないようにルーティングとフィルタの設定を行いたいのですがどのように設定を行えばよろしいでしょうか?

  • YAMAHA RTX1200でVISTAのネットワーク接続が切れる

    症状はYAMAHA RTX1200ルータを使用している環境で VISTAで稼動しているPCのネットワーク接続が1日に1度だけ切れてしまうのです。 接続が切れたときにVISTA端末にてローカルエリアネットワーク接続のプロパティでTCP/IPのipv4のチェックをはずしてOK→チェックを入れてOKをするとネットワークにつながります。 (ipv6のチェックははずしております) RTX1200の設定は、DHCPを有効にしておりますがこのVISTA端末MACアドレスには192.168.1.5が割り当てられるように設定しています。 === ・ ・ dhcp scope bind 1 192.168.1.5 ethernet 00:5a:40:72:3a:76 ・ ・ === 心当たりなのですが先日リモートアクセスVPNの設定を入れた後に この現象が起こるようになり、何か関係しているのかな~と考えております。 なんとかこのVISTA端末でネットワーク接続が切れないようにしたいです。よろしくお願いします。

  • YAMAHA RTX1200 のVPN接続

    YAMAHA ルータ RTX1200 のVPN接続について質問です。 センターと拠点の、2カ所にそれぞれ YAMAHA の RTX1200 を使用しています。 インターネット接続は、センター、拠点それぞれ、メイン回線とバックアップ回線の2本ずつ用意しています。 メイン回線、バックアップ回線は、それぞれ固定IPです。 メイン回線が何らかの事情で切断されたとき、バックアップ回線に切り替わるようになっています。 センターと拠点は VPN で接続しています。 このような状況で、メイン回線が切断されたときには、VPNもバックアップ回線で接続したいと考えています。 その為のトンネルの設定として書いたのが、以下の物です。 センター  tunnel select 1   ipsec tunnel 101   ipsec sa policy 101 1 esp 3des-cbc md5-hmac   ipsec ike keepalive use 1 on   ipsec ike local address 1 (センターの固定IP(メイン回線))   ipsec ike pre-shared-key 1 text (key)   ipsec ike remote address 1 (拠点の固定IP(メイン回線))   tunnel backup tunnel 2 switch-interface=on   tunnel enable 1  tunnel select 2   ipsec tunnel 102   ipsec sa policy 102 2 esp 3des-cbc md5-hmac   ipsec ike keepalive use 2 on   ipsec ike local address 2 (センターの固定IP(バックアップ回線))   ipsec ike pre-shared-key 2 text (key)   ipsec ike remote address 2 (拠点の固定IP(バックアップ回線))   tunnel enable 2 拠点  tunnel select 1   ipsec tunnel 101   ipsec sa policy 101 1 esp 3des-cbc md5-hmac   ipsec ike keepalive use 1 on   ipsec ike local address 1 (拠点の固定IP(メイン回線))   ipsec ike pre-shared-key 1 text (key)   ipsec ike remote address 1 (センターの固定IP(メイン回線))   tunnel backup tunnel 2 switch-interface=on   tunnel enable 1  tunnel select 2   ipsec tunnel 102   ipsec sa policy 102 2 esp 3des-cbc md5-hmac   ipsec ike keepalive use 2 on   ipsec ike local address 2 (拠点の固定IP(バックアップ回線))   ipsec ike pre-shared-key 2 text (key)   ipsec ike remote address 2 (センターの固定IP(バックアップ回線))   tunnel enable 2 このように記述した場合、センター、あるいは拠点のメイン回線が切断された場合、VPNも切断されてしまうので、その場合はバックアップ回線で VPN 接続される、と考えていますが、この考えで正しいでしょうか。 また、 tunnel 1 はセンター、拠点のメイン回線同士が。 tunnel 2 はセンター、拠点のバックアップ回線同士が繋がるような設定です。 この場合、例えばセンターのメイン回線が切断されて、センターはバックアップ回線、拠点はメイン回線でインターネットに繋がっているとき、tunnel 1 で接続されるのでしょうか、tunnel 2 で接続されるのでしょうか。 それともセンターのバックアップ回線と拠点のメイン回線の間でVPN接続されるのでしょうか? だとすると、例えばセンターのメイン回線と拠点のバックアップ回線が切断され、センターはバックアップ回線で、拠点はメイン回線でインターネットに繋がっているとき、上記 tunnel の設定ではVPN接続されないのでしょうか。 そのあたり理解が曖昧なので、教えていただけると助かります。

    • ベストアンサー
    • VPN