• 締切済み

ベイトフィネのサミングコントロールについて

渓流ルアーの釣りを10年間スピニングタックルだけでやってきた者です。先日、初めてベイトタックルを購入しました。ロッドはFishmanのbeams blancsierra5.2ul、リールはシマノの2016アルデバランBFS XG(左ハンドル・マグネットブレーキ)です。 10時間ほど川でキャスト練習しましたが、戸惑うことばかりです。 http://www.karil.co.jp/baitfinesse/contents_3.html 上記のHPに「飛距離を伸ばすためのサミングコントロール」という記述があります。そこには以下のような記述があります。 ブレーキシステムによってサミングコントロールのタイミングとテンションは異なりますが、飛距離優先の場合はブレーキは低めに設定することが絶対条件です。マグネットブレーキのモデルではキャスト直後のサミングをシッカリ行い、スプールの回転が落ちてくる中盤から徐々にサミングテンションを弱くします。 ブレーキを低めに設定するのは判りますが、どうしてサミングするのかが理解できません。サミングしたら飛距離はその分落ちてしまいますよね? どうしてサミングによって飛距離が伸びるのでしょうか?

  • 釣り
  • 回答数4
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • saltmax
  • ベストアンサー率39% (2997/7596)
回答No.4

>「耳の横をルアーが通る感じ」ですか?スピニングのサークルキャストの ことでしょうか? 自分のベイトロッドは開発者が「垂らしゼロでのでキャスト」を推奨していますし、「耳の横をルアーが通る」というのはまったく判りません。 低く強くというのは ほぼフルキャストで フォームはフェンシングのような形です。 腕は曲げてまっすぐに伸ばす形です。 ロッドは小指と薬指で握ります。 手の甲が上を向くようにロッドを握らないと手首は使えません。 飛距離はロッドのしなり(ベンディング)の性能で決まります。 手元を深く曲げるには徐々に加速しないとティップだけが曲がるので 飛距離がでません。 >えッ!ノーサミングのキャストはないのですか?サミングしないでキャスト練習していました。サミングしないでキャストしても問題ないと思うのですが・・・ ほぼフルキャストですよ。スプールの回転数は一万回転を大きく超えます。 ノーサミングでコントロールなんてできませんよ。 スプールがうなってますからDCでも遠心でも一発で鳥の巣になります。 替えスプールがなければそれでその日は終わります。 ベイトのキャスティング技術ってサミングに尽きると思います。

rockterry
質問者

お礼

再度のご回答ありがとうございました。

回答No.3

サミングをすると飛距離が落ちるのは仕方ないです。しかしバックラッシュしたら飛距離以前の問題になります。だからバックラッシュしないことだけを目的にサミングをします。 飛距離:ブレーキは弱いほど飛ぶ。ブレーキは強いほど飛ばない。 バックラッシュ:ブレーキは弱いほど起きる。ブレーキは強いほど起きない。 このジレンマに悩みモガクのがベイトリールの醍醐味です 笑 設定によってはノーサミングでバックラッシュしないことを謳っているリールもあります。しかしそれは飛距離を犠牲にしているはずです。 スピニングの経験が長いとのことですので飛ばし方にスピニングのクセがあるかもしれません。ベイトリールでは竿の(ティップではなく)ベリーが曲がることを意識します。 同じ質量なら空気抵抗の小さいものほど飛距離面でも対バックラッシュ面でも簡単です。 メタルジグ:簡単 バルサミノー:難しい

rockterry
質問者

お礼

ご回答ありがとうございました。

rockterry
質問者

補足

なるほど、難しいことを克服する愉しみなのですね。

  • saltmax
  • ベストアンサー率39% (2997/7596)
回答No.2

小渓流のルアーフィッシングでは 低く強いキャスティングが基本ですよね。 イメージとしては耳の横をルアーが通る感じです。 そのままにしていればルアーは目標地点を越えるので スピニングリールでは ルアーが飛んでいる間にひとさし指でラインを触って 飛距離調整をしますが、ベイトではそれができないので スプールを軽く触るんです。 どんな場合でもノーサミングのキャスティングはありませんよ。 強弱はあっても必ずさわります。 その強弱は練習でしか体得できません。 スプールが膨れる感触があれば少し強めにしますが それは飛距離の為ではなくトラブル回避の為です。 通常は産毛に触る感触程度で肌に触るような強さではありません。

rockterry
質問者

お礼

ご回答ありがとうございました。

rockterry
質問者

補足

「耳の横をルアーが通る感じ」ですか?スピニングのサークルキャストの ことでしょうか? 自分のベイトロッドは開発者が「垂らしゼロでのでキャスト」を推奨していますし、「耳の横をルアーが通る」というのはまったく判りません。 えッ!ノーサミングのキャストはないのですか?サミングしないでキャスト練習していました。サミングしないでキャストしても問題ないと思うのですが・・・

  • ts0472
  • ベストアンサー率40% (4291/10601)
回答No.1

>サミングしたら飛距離はその分落ちてしまいますよね? そうとは限らないのがプロの技です ラインではなくスプールエッジに指を当る感覚でサミングして下さい スプールの回転数を落すので金属部分に触れる必要がある コツを覚えるまで巻き量を減らす事も必要かも知れません バックラッシュしない スプールからラインが浮かないだけの弱いサミング ラインの出る量を抑えるのではなく スプールの回転をラインが出る量に合わせる技 簡単ではないです メカニカルブレーキの補助を指で行う 私は若い頃に20年近くバスフィッシングをやっていましたが 習得する事はできませんでした スピニングの方が良く飛ぶ 理屈上は同じ飛距離が出るのでしょうが 神業でしかないと思っています

rockterry
質問者

お礼

ご回答ありがとうございました。

rockterry
質問者

補足

シマノに電話で訊いたら「かなり難しいテクニックです」と言われました。 スピニングと同じ飛距離が出るならスピニングは不要なので売りたいと思っていたのですが、同じ飛距離を出すのは難しいようですね。

関連するQ&A

  • ベイトフィネスでのカーブキャストのやり方

    渓流のベイトフィネスで、カーブキャストはどうやればいいのですか?調べてみても、コンパクトに振る、フォローをしっかりとるぐらいしか判りませんでした。 あと、スパイラルキャストはカーブをかけやすいという記述を見つけましたが、だとするとそれは左へのカーブ(野球で言えば右ピッチャーのカーブ)だと思うのですが、右へのカーブはどうしたらいいのか?などといったことが判りません。 当方のタックルはFishmanのブランシエラ5.2UL、シマノのアルデバランBFS XG左ハンドル(右利き)です。

  • 渓流ベイトフィネスのリーダーの長さについて

    渓流ベイトフィネス初心者です。スピニングは10年の経験があります。 使用しているロッドはFishmanのBeams blancsierra5.2UL、リールはアルデバランBFS XGです。ラインは0.6号のPE、リーダーは5ポンドのフロロです。リーダーはスピニングよりも長いと聞きました。一番長くする人は結節部がリールに巻き込まないギリギリの長さ、つまり私の5.2ftのロッドだと1m60cm弱のリーダーということになります。私はスピニングのリーダーは50~70cmぐらいです。 どうしてベイトのリーダーはこんなに長くするのですか?その理由を教えて下さい。 そして、何故スピニングと同じ長さではいけないのですか?

  • ベイトフィネスにおけるブレーキ設定の変更について

    今シーズンから渓流ベイトフィネスを始めた者です。昨年まではスピニングだったので、戸惑っています。 リールはシマノの16アルデバランBFS XGです。 私は通常、5gのミノーをキャストする際はメカニカルブレーキは、スプールがカタカタ鳴り始めるところに設定し、1~6のメモリがあるダイヤルのメモリは3~4に設定し、この設定でサイドハンドキャスト、バックキャスト、オーバーキャスト、フリップキャストなどをします。つまり、ピッチング以外は5gでは基本この設定です。 そこで、ピッチングをする際、この設定のまま行えばいいのか?、それともダイヤルのブレーキを強めるのか弱めるのか、もしくはメカニカルブレーキを強めるのか弱めるのか、ということが判りません。 また、上記の設定から3.8gのルアー、2.1gのルアーとサイズダウンした場合、どう変えるのか?それとも変えないのか?ということが判りません。 ご教授お願い致します。

  • 16アルデバランBFS XGのカスタムスプール

    シマノの16アルデバランBFS XGのカスタムスプールについての質問です。私は昨年から渓流ベイトフィネスを始めた者です(その前に11年のスピニングタックル歴があります)。 昨年からKTFフィネススプールを使用してきましたが、正直言って、純正スプールとの違いが全くないと感じます。 そこで、今度はAvailのMicrocast Spool 16ALD15Rを使ってみようか?と考えていますが、KTFと同様に違いを感じない結果になったらお金がもったいないので悩んでいます。 16アルデバランBFS XGにMicrocast Spool 16ALD15Rを搭載して使用されている方に質問したいのです。もちろん、Avai側は「メリットは軽いルアーが投げやすくなる&重いルアーも投げやすくなること。デメリットはない」と回答していますが、キャスティングの店員さんは「バックラッシュしやすくなるというデメリットがある」と言っていました。 一般ユーザーの声が聴きたいのです。ご回答のほど宜しくお願いします。

  • ベイトタックルにしたらバレてばかりなのは何故?

    渓流でスピニングタックルの釣りをしてきましたが、今シーズンからベイトタックルに転向しました。ベイトにしたらあまりにもバレてばかりです。キャッチした魚のほとんどは、河原でバレて慌ててネットをかぶせてキャッした魚です。 ベイトロッドはFishmanのブランシエラ5.2ULで、ベイトリールは16アルデバランBFSのXGです。渓流専用ロッドとしてはかなり柔らかいほうですが、以前使用していたスピニングロッドはTaper&ShapeのJapan Trout Grasswayというグラスロッドで同じぐらいの柔らかさで長さは5.3ftでした。条件はほとんど変わらないのに、どうしてベイトにしたらバレる率が異常に高くなったのかがいくら考えても判りません。 フックは自作のシングルフックで餌針を使用しており、返しは潰していますが、これはスピニングの時もそうしていました。ベイトリールのドラグは強めに設定しています。どうしてなのでしょうか?

  • ベイトフィネスのサミングについて

    スピニングタックルのルアー渓流釣りを10年以上やって来て、今シーズンから渓流ベイトフィネスを始めた者です。 ベイトのサミングには3種類あります。 (1)着水直前のサミング (2)バックラッシュ対策のキャスト中のサミング(浮いてきたラインだけ親指の先端で触るようにすれば、大きなバックラッシュは起こりにくい。親指の腹はクラッチレバーに乗せる) (3)距離感を合わせるサミング(低弾道ライナーのためのサミングもこれ。親指の肉でスプールエッジを押さえる) (1)はもちろん簡単です。現在、(2)のサミングを練習中です。 最も難易度が高いのは(3)です。(2)と(3)は同時に行うことは不可能です。 私は(3)を練習するのは(2)をマスターした後にしようと思っていたのですが、 http://bass-up.com/samingudekiteimasuka/ ↑このページを見て判らなくなってしまいました。このページを書いている方は、 (2)のサミングは誤りで、(3)が正しいのだと書いています。つまり(3)はバックラッシュ対策のサミングの役割も果たしている、ということになります。 これが正しいなら、私は(2)の練習を止めて、(3)の練習だけしていれば良いことになります。これで正しいですか?

  • 渓流ベイトリールの替えスプールについて

    今までスピニングリールを使って渓流ルアー釣りをやってきたのですが、今シーズンからベイトタックルを初めて使います。近所の川で少し練習したのですが、まだ要領がつかめていません。 自分は普段PEラインを使用していますが、ナイロンのほうが投げやすいとシマノのスタッフに言われたので、練習はナイロンでやりました。本番の渓流ではPEを使います。 おそらくナイロンの時よりもライントラブルが頻発することになると思いますが、 そのための「替えスプール(もちろん既にPEラインが巻かれた状態)」は携行して 入渓するのが普通なのでしょうか? リールは16アルデバランBFS XGです。 聞くところによると、シマノ純正のスプールよりも軽いスプールがあり、それを使うと性能が良くなるとのこと。それを使う場合は小さいマグネットを入れる作業があるので面倒になるから、替えスプールは同じスプール(シマノ純正のもの)を使用した方がいいのか?ということも判りません。 これらの点のアドバイスをお願い致します。。

  • スキッピング方法について教えて下さい。

    ベイトタックルでスキッピングをしたいのですが、 どうしても上手くいかず、バックラッシュの毎日です。q(T▽Tq)(pT▽T)p そこで、スキッピングの方法について教えて下さい。 ちなみに使用しているリールはメタニウムmgで、 ルアーは 1/4~1/10OZ のラバージグやテキサスリグを使用しています。 (1)遠心ブレーキの設定は? (2)メカニカルブレーキの設定は? (3)サミングのタイミング、コツは? (4)キャストのコツは? (5)その他良きアドバイスをお聞かせ下さい。

  • 根魚をワームで釣るためにベイトリール一式をそろえて堤防で早朝に投げてみ

    根魚をワームで釣るためにベイトリール一式をそろえて堤防で早朝に投げてみましたが使いこなす自信がなくなってきました。一番の理由は「夜、どうやって着水を把握するのかわからない」ことです。 RYOGA1016HLにはマグネットブレーキとメカニカルブレーキがついておりそれらを最大の効きにして投げました。当然目視ができますので着水の寸前からサミングをしバックラッシュを防ぎました。16lbフロロに20gのオモリで30mは飛んだと思います。着水後は沈みが遅いため手で糸を送り出します。慣れればブレーキをもっと弱くして飛びや沈降をよくすることはできるでしょう。しかし着水が見えない状態でどうやってサミングのタイミングを計ればよいのかわかりません。 実はブレーキ最弱状態で数m先にちょっと沈ませようとしただけなのに起こってしまったバックラッシュも経験しました。解くことの困難さもわかりました。 以上のような経験から暗闇の中で使いこなせる自信がなくなってきたわけです。リール自体は今後は船でも使いますので問題はありませんが、根魚にベイトリールで使うのはちょっと・・といった感じです。スズキ釣りで慣れたスピニングならトラブル無しでできるのにあえてベイトリールを使う利点がわからないわけです。 竿が固くなったせいか底の様子はわかるような気はしました。根がかりを切るのはスピニングの時よりは面倒と思います(スプールを押さえて後ずさりというテクニックが使えないから)。 なにか誤解や使用方法に間違いがあるでしょうか?アドバイスいただけましたら幸いです。

  • バス、トラウト釣り ベイトロッドについて

    はじめまして、ベイトロッドの情報を集めています 現在のタックルは恥ずかしながら、鱒レンジャー(スピニング用)にスピンキャストリールを組み合わせて使用しています 釣りは初心者です 今までの釣果は、ブルーギル15センチ、バス45センチ、ウグイ20センチ、尺アマゴ、ロッドがクニャクニャでまるで大物を釣っている感じ(釣った事ないですが・・・)は満足しています 現在のタックルの不満点は キャスト時にロッドがブレる(腕の問題?) 見た目が玩具ぽい そもそもベイト用ではない ちょっと柔らかすぎる です そこでお尋ねしたいのですが、 ワンピースで柔らかすぎず柔らかいベイトロッド、4フィート前後、安価なものを探しています 何か情報があれば教えて頂けないでしょうか、よろしくお願いします。