• ベストアンサー

ベイトフィネスでのカーブキャストのやり方

渓流のベイトフィネスで、カーブキャストはどうやればいいのですか?調べてみても、コンパクトに振る、フォローをしっかりとるぐらいしか判りませんでした。 あと、スパイラルキャストはカーブをかけやすいという記述を見つけましたが、だとするとそれは左へのカーブ(野球で言えば右ピッチャーのカーブ)だと思うのですが、右へのカーブはどうしたらいいのか?などといったことが判りません。 当方のタックルはFishmanのブランシエラ5.2UL、シマノのアルデバランBFS XG左ハンドル(右利き)です。

  • 釣り
  • 回答数1
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • saltmax
  • ベストアンサー率39% (2997/7596)
回答No.1

キャスティング後にロッドを起こしておいて曲げたい方に倒すと 引いているラインの重さで曲がる。 無風時30m先で曲がっても1m以下。 当然、PEよりナイロンの方が顕著なのは言うまでもない。

rockterry
質問者

お礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ベイトタックルにしたらバレてばかりなのは何故?

    渓流でスピニングタックルの釣りをしてきましたが、今シーズンからベイトタックルに転向しました。ベイトにしたらあまりにもバレてばかりです。キャッチした魚のほとんどは、河原でバレて慌ててネットをかぶせてキャッした魚です。 ベイトロッドはFishmanのブランシエラ5.2ULで、ベイトリールは16アルデバランBFSのXGです。渓流専用ロッドとしてはかなり柔らかいほうですが、以前使用していたスピニングロッドはTaper&ShapeのJapan Trout Grasswayというグラスロッドで同じぐらいの柔らかさで長さは5.3ftでした。条件はほとんど変わらないのに、どうしてベイトにしたらバレる率が異常に高くなったのかがいくら考えても判りません。 フックは自作のシングルフックで餌針を使用しており、返しは潰していますが、これはスピニングの時もそうしていました。ベイトリールのドラグは強めに設定しています。どうしてなのでしょうか?

  • 渓流ベイトフィネスのリーダーの長さについて

    渓流ベイトフィネス初心者です。スピニングは10年の経験があります。 使用しているロッドはFishmanのBeams blancsierra5.2UL、リールはアルデバランBFS XGです。ラインは0.6号のPE、リーダーは5ポンドのフロロです。リーダーはスピニングよりも長いと聞きました。一番長くする人は結節部がリールに巻き込まないギリギリの長さ、つまり私の5.2ftのロッドだと1m60cm弱のリーダーということになります。私はスピニングのリーダーは50~70cmぐらいです。 どうしてベイトのリーダーはこんなに長くするのですか?その理由を教えて下さい。 そして、何故スピニングと同じ長さではいけないのですか?

  • ベイトフィネスにおけるブレーキ設定の変更について

    今シーズンから渓流ベイトフィネスを始めた者です。昨年まではスピニングだったので、戸惑っています。 リールはシマノの16アルデバランBFS XGです。 私は通常、5gのミノーをキャストする際はメカニカルブレーキは、スプールがカタカタ鳴り始めるところに設定し、1~6のメモリがあるダイヤルのメモリは3~4に設定し、この設定でサイドハンドキャスト、バックキャスト、オーバーキャスト、フリップキャストなどをします。つまり、ピッチング以外は5gでは基本この設定です。 そこで、ピッチングをする際、この設定のまま行えばいいのか?、それともダイヤルのブレーキを強めるのか弱めるのか、もしくはメカニカルブレーキを強めるのか弱めるのか、ということが判りません。 また、上記の設定から3.8gのルアー、2.1gのルアーとサイズダウンした場合、どう変えるのか?それとも変えないのか?ということが判りません。 ご教授お願い致します。

  • 渓流ベイトフィネスでのドラグ設定、どうしてますか?

    今まで10年以上スピニングタックルで渓流ルアーフィッシングをしてきた者です。 今シーズンから渓流ベイトフィネスを始めました。 まだ4回しか渓流に行けていないのですが、ドラグ設定で迷っています。リールはシマノのアルデバランBFS XG(左巻き)です。ロッドは5.2ftです。今まで釣った渓流魚で最大は50cmのニジマスです。東京近辺の中小渓流なので30cmオーバーは3~4回に1回、40オーバーなんてめったにありません。 はじめは「ドラグはこのぐらいでいいかな?」とスピニングの要領で設定していたら全然弱過ぎることが判りました。そこで、スタードラグを時計に見立てると、フルロック状態で12時の針を示しているところから3時間ほど弱める、つまり90度弱める(この表現で判っていただけますでしょうか)ぐらいの設定がいいか?と思って、その設定でやっていたら、21cmの太ったヤマメが掛かった時、それでもドラグが弱かったので慌ててドラグを締め込みました。 上州屋の店員さんに訊くと「常にフルロックでやっています」とのこと。その店員さんはバスをやっている方なので、バスではそれが定石らしく、渓流でもそのままやっているとのこと。だけど後で考えてみたら、50cmのニジマスが掛かったらどうすんの?と疑問がわきました。ネットで調べると、常にフルロック状態にしておいて 、大物が掛かったらクラッチを切り、親指による指ドラグでラインを出してやればいいのだと判りました。 「常にフルロック」は、始めにフッキングをしっかり決めるためということもあるのでしょうが、私のロッドはFishmanのブランシエラ5.2ULという柔らかめのロッドで、フックは自作のシングルフックで餌針を使用しており、普通のルアーのシングルフックよりも細いのです。こういうタックルですので、ドラグをやや弱めにしておきたいのです。ドラグがやや弱めのほうが、私のタックルでは魚が乗りやすいのです。スピニング時代も柔らか目のグラスロッドを用いていたのでこのやり方でした。スピニング時代のグラスロッドと現在使用している上記ベイトロッドのしなやかさは同程度です。 だから自分はフルロックはしたくないのです。常にフルロックで大物が掛かった時はクラッチを切る、そうでないときはクラッチは切らない、というのも自分には面倒で、掛かったまさにその瞬間には魚の大きさのことなんて考えられないし・・・。 今考えているのは「フルロックより45度弱める(時計で言えば1時間半弱める)ところでドラグを設定し、必ずクラッチを切って親指で指ドラグ」でいいかな?と考えています。いや、「ドラグはその設定で、クラッチは必ず切らないで、必要ならばドラグを締める」ほうがいいのか? 考えれば考えるほど判らなくなります。皆さんはどうしているのでしょうか?

  • ベイトフィネス

    ベイトでスピニングに近い釣りを全般にやろうと思い以下のタックルの購入で悩んでいます。 皆様の知識や経験を参考に検討したいと思いますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。 購入予定ROD:Abu ファンタジスタ マイクロガイドシステム ディーズ FDC-63LS MGS 購入予定REEL:メタニュウムMg その他購入予定:夢屋BFSスプールorZPI BFS ベイトフィネスキット            ZPI 防錆Sic-BB フィネスコンセプト 釣り方としては基本オープンなところでの使用を考えており一番投げにくいものでスモラバ0.8g・ダウンショット0.8gぐらいに2,5~3インチのワームで投げれたらと思います。 またREELについてですがアルデバランMgも考えましたが使い慣れたメタニウムMgで7ではない遅巻きが自分のスタイルには合うかなと思ったからです。 今所有しているものがAbu ファンタジスタ マイクロガイドシステム ディーズ FDC-69L+MGS にメタニュウムMg7改です。 今回は以下を特に悩んでいます。  ・REELのカスタムについてどの製品が良くて必要なのか。(スプール?)  ・どの部分をどのようにすればいいのか。(スプール軸のベアリング交換?)  ・使わないで眠っているスコーピオンXT 1001でもカスタムでどうにかなるのか?  ・記載した購入予定RODとREELよりおすすめがありますか?(Aub LTX?は手に入らないので。。)  ・その他ご意見 以上、よろしくお願いいいまします。

  • 渓流のベイトリールの傷防止対策で

    渓流のベイトリールの傷防止対策で、「プラテープをサイドカップにぐるっと巻いて傷防止に使っています」と言っている人がいるのですが、どういう風にやっているのかが判りません。写真で確認できれば判るのでしょうが。 渓流を遡行しているとき、不意に転んでしまって岩にぶつけてベイトリールが傷つかないための対策なのでしょうが、プラテープをぐるっと巻いたままキャストしているのか?とかいうことも判りません。 自分はシマノのアルデバランBFS XGを使っているのですが、リールの傷防止対策で良い方法をご存知の方、教えて下さい。

  • 16アルデバランBFS XGのカスタムスプール

    シマノの16アルデバランBFS XGのカスタムスプールについての質問です。私は昨年から渓流ベイトフィネスを始めた者です(その前に11年のスピニングタックル歴があります)。 昨年からKTFフィネススプールを使用してきましたが、正直言って、純正スプールとの違いが全くないと感じます。 そこで、今度はAvailのMicrocast Spool 16ALD15Rを使ってみようか?と考えていますが、KTFと同様に違いを感じない結果になったらお金がもったいないので悩んでいます。 16アルデバランBFS XGにMicrocast Spool 16ALD15Rを搭載して使用されている方に質問したいのです。もちろん、Avai側は「メリットは軽いルアーが投げやすくなる&重いルアーも投げやすくなること。デメリットはない」と回答していますが、キャスティングの店員さんは「バックラッシュしやすくなるというデメリットがある」と言っていました。 一般ユーザーの声が聴きたいのです。ご回答のほど宜しくお願いします。

  • 渓流ベイトフィネスでスキッピングはあるのか?

    今シーズンから渓流ベイトフィネスを始めた者です。自分が使うルアーは2g~8gです。 ブラックバスの釣りでスキッピングというテクニックがありますよね。バスのベイトフィネスでもスキッピングがあるそうですが、渓流ベイトフィネスでスキッピングはあるのですか? 動画を探しても見つかりませんが、バスのベイトフィネスでのスキッピングの動画はありました。また、動画ではないのですが、渓流ベイトフィネスでスキッピングをした記述があるHPがありました。 http://tsuri-kahoku.jp/chokouki/2015/04/107928.html ↑このページの真ん中あたりに、写真付きで「オーバーハングした木やツタの隙間を低弾道のスキッピングで撃ち抜き、魚の奥へキャスト。こういうところこそベイトフィネススタイルの真骨頂を見せるところ!」とあります。 これを読むと渓流ベイトフィネスでのスキッピングが存在することになりますが、どの様に行っているのかが想像できませんし、自分で実際にやってみるにはどうしたらいいのかも判りません。それとも、上記のHPの管理人の方がかなり特殊な釣りをする方で、渓流ベイトフィネスではスキッピングなんて無理というのが常識なのか? とにかく全く判りません。御助言お待ちしております。

  • ベイトフィネのサミングコントロールについて

    渓流ルアーの釣りを10年間スピニングタックルだけでやってきた者です。先日、初めてベイトタックルを購入しました。ロッドはFishmanのbeams blancsierra5.2ul、リールはシマノの2016アルデバランBFS XG(左ハンドル・マグネットブレーキ)です。 10時間ほど川でキャスト練習しましたが、戸惑うことばかりです。 http://www.karil.co.jp/baitfinesse/contents_3.html 上記のHPに「飛距離を伸ばすためのサミングコントロール」という記述があります。そこには以下のような記述があります。 ブレーキシステムによってサミングコントロールのタイミングとテンションは異なりますが、飛距離優先の場合はブレーキは低めに設定することが絶対条件です。マグネットブレーキのモデルではキャスト直後のサミングをシッカリ行い、スプールの回転が落ちてくる中盤から徐々にサミングテンションを弱くします。 ブレーキを低めに設定するのは判りますが、どうしてサミングするのかが理解できません。サミングしたら飛距離はその分落ちてしまいますよね? どうしてサミングによって飛距離が伸びるのでしょうか?

  • バックラッシュを直した後でPEラインを巻くとき

    渓流ベイトフィネス初級者です。ベイトリールは16アルデバランBFS XGでPEライン0.6号を使用しています。バックラッシュの直し方は判っていますが、バックラッシュを直した後(ラインを出した後)でそのラインを巻いている時に頻繁にラインがお祭りに状態になります。ラインを川の中に落とすようにしています(この時自分は移動していません。立っています)。そのラインを巻いているときにまだ巻かれていない部分がお祭り状態になるのです。そうならないようにするには、歩きながらラインを地面に落としていく方法しか思いつきませんが、それだと細かな異物をスプールに巻き込んでしまいます。皆さんはどうしていますか?