-PR-
解決済み

FAT16からFAT32に変換した場合

  • 困ってます
  • 質問No.95516
  • 閲覧数103
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 68% (68/99)

ハードディスクのシステムドライブ(Cドライブ・WINDOWS98)を
FAT16からFAT32に変換しようと思っているのですが、
変換した場合、空き容量が増えるメリットがありますが、
なにかデメリットってありますか。
知っている方がいれば教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 37% (570/1525)

Windows95以前(というかFAT16)を前提としたソフトウェアで障害が起こる可能性があります。
例えばClaris Impactはハードディスクに2GBを超える空き容量がある場合(FAT16ではありえない)インストールできません。

また、別OS(WindowsNTなど)とのデュアルブート時にFAT16のパーティションを認識しないことがあります。

FAT16を前提としたディスク管理ユーティリティではパーティションテーブルがまともに読み込めずエラーを報告しっぱなしになることがあります。
この手のディスク管理ユーティリティでは強引に修復するとパーティションを破壊する事があります。

一般的なWindows98以降を前提としたアプリケーションのみを使う場合は問題ないと思われます。

ただし、古いノートパソコンなどではサスペンド領域がFAT16であることが強制される場合があります。
この場合はサスペンド機能が使えなくなります。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 34% (15/43)

こん**は。 《メリット》 仮にTシャツが1枚あったとします。 FAT16→押入れにしまう。 FAT32→タンスの引き出しにしまう。 というぐらいの差が生じます(>_<) つまり1つ1つのプログラムやデータ収納の際に 小さな容量であっても大きな器に収納し、次の データはまた他の器に収納してしまうという無駄 をしていました。 せっかく大きなHDDを有効活用するなら、FAT ...続きを読む
こん**は。

《メリット》
仮にTシャツが1枚あったとします。
FAT16→押入れにしまう。
FAT32→タンスの引き出しにしまう。
というぐらいの差が生じます(>_<)
つまり1つ1つのプログラムやデータ収納の際に
小さな容量であっても大きな器に収納し、次の
データはまた他の器に収納してしまうという無駄
をしていました。
せっかく大きなHDDを有効活用するなら、FAT32が
良いと思います。

《デメリット》
1.一度FAT32にしてしまうとFAT16に戻せない。
2.HDDの圧縮が使えなくなる。
※まあ圧縮そのものが現在の大容量HDDでは無用
 な感じもしますが・・・


  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 21% (67/316)

遅くなります
遅くなります
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 46% (643/1383)

Windows95ですとFAT16に最適化されているため、FAT32にすると多少遅くなります。 が、Windows98の場合は、FAT32に最適化されているため、部分的には速度が低下する場合はあるものの、トータルで見ると若干速くなるようですね。 ...続きを読む
Windows95ですとFAT16に最適化されているため、FAT32にすると多少遅くなります。
が、Windows98の場合は、FAT32に最適化されているため、部分的には速度が低下する場合はあるものの、トータルで見ると若干速くなるようですね。
お礼コメント
kangetu

お礼率 68% (68/99)

みなさん、回答ありがとうございます。
参考にさせてもらいます。
投稿日時 - 2001-07-02 23:42:57
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ