• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

モータの制御について その2

モータの制御についてもう1点ご教授願います。 モータを何台か制御する時(モータ10台位、容量が合計30Kw位)、最初に漏電遮断器(ELB)を入れ、その後に数台の配線用遮断器(NFB)を設置して、その後に電磁開閉器を付けてモータを駆動する業者と、最初に配線用遮断器(NFB)を入れ、その後に数台の漏電遮断器(ELB)を設置する業者がいます。 この漏電遮断器と配線遮断器の配置順はどちらでもかまわないのでしょうか。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数600
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率58% (477/816)

御社のシステム(モータ10台位、容量が合計30kW位)の特性次第で、どのような保護システムを採用するのが適切なのかは判断が異なると思います。 モータの1台に漏電や過電流が生じた際にその1台だけを止めても問題ないか、一群を一括して止めた方が被害が少ない(復帰しやすい)かなどの得失判断になろうかと思います。 思考実験をして、どちらの構成でも、モータの1台に漏電や過電流が生じた際の被害(復帰しやすさ)に差異が無ければ、費用の多寡で選択してもよさそうに思います。 個人的な感想ですが、設備の特性としてモータの漏電事故が多く、漏電を起こしたモータをだけを切り離すことでシステムダウンを避けられるなら、漏電ブレーカを沢山使う方法に優位性があるかもしれませんが、そのような条件でなければ、漏電ブレーカを沢山使ってもメリットは少ないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 順送型の金型ではいのですが、ある機械で5から8種類の工程を順番に進めていく装置です。 インターロック仕様にしており、不具合が起きた工程の上流側は停止し、下流側は停止させないようにしています。 その点を盤屋さんが考慮して判断しているのかもしれません。 尚、装置が停止する割合はサーマルトリップの方が多く、漏電はほぼありません。

関連するQ&A

  • モーター保護について

    モーター保護について教えていただきたいのですが。 取り扱い説明書に次のように配線をおこなって下さいとあるのですが、漏電遮断機→電磁開閉器→モーター(定格電流7.5A) 次のような配線では駄目でしょうか? 漏電遮断機→8Aブレーカー(モーター保護兼用と表記あり)モーターは連続運転のため、始動、停止を繰り返すことはないです。

  • OC付きの漏電遮断器の意味

    OC付きの漏電遮断器の意味について、2点お伺いしたいと思います。 1  通常、分電盤の中は、リミッター→漏電遮断器→いくつかの配線用遮断器という構成になっていると思いますが、なぜ、OC付きの漏電遮断器が必要なのでしょうか。  各回路には、配線用遮断器がついており、過電流は保護しているのではないでしょうか。  仮に配線用遮断器が定格20Aであれば、いくつかの任意の回路で、20A以上の電流がながれたとしても、それぞれの回路の配線用遮断器が切れて、その上位のOC付きの漏電遮断器まで波及しないのではないでしょうか。 2  リミッターがあれば、OC付きの漏電遮断器は、必要ないのと思うのですが。(もちろん、OC無しの漏電遮断器は必要)、どうでしょう。 良ければ、ご教授お願いします。

  • 漏電遮断器と配線用遮断器の表示について質問があります。

    漏電遮断器と配線用遮断器の表示について質問があります。 漏電遮断器は真四角(正方形)の中にBEの二文字を入れ、配線用遮断器 は真四角(正方形)の中にBの一文字を書けばよいでしょうか? また良く耳にする、「ブレーカー」もしくは「安全ブレーカー」とい う言葉は漏電遮断器と配線用遮断器のどちらでしょうか? 最後に、玄関入ってすぐの壁際にあるのは、漏電遮断器と配線用遮断 器のどちらになるのでしょうか? 回答のほどよろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

>この漏電遮断器と配線遮断器の配置順はどちらでもかまわない どっちでも構いません 何故ならそれを規定する法令が無いからです ただ、一般的にですが 主幹ELB、分岐NFB -- 主幹の漏電トリップ電流は100mA以上にします 主幹NFB、分岐ELB -- 分岐の漏電トリップ電流は15mAまで下げることが可能になります 食品工場のコンベアライン等でモータその他を水洗いする現場は漏電しやすい そんな現場で主幹ELBにすると、モータ1個の漏電で全ライン停止する なので、主幹NFBにする事例は少なくない 一般的にELBは高価!、NFBは安価!です なので、乾燥した現場では主幹ELBにするのは少なくない 乾燥した現場で分岐ELBにすると なんて贅沢な! コストダウン一辺倒の時勢に逆行してると貶される よーするに、ご予算次第! 予算以外に決める条件は有りません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 どちらでも構わなく、金額で判断をした方が良いということですね。 順送型の金型ではいのですが、ある機械で5から8種類の工程を順番に進めていく装置です。 インターロック仕様にしており、不具合が起きた工程の上流側は停止し、下流側は停止させないようにしています。 装置が停止する割合はサーマルトリップの方が多く、漏電はほぼありません。 分岐をELBにするのは、ちょっともったいない感じですね。

関連するQ&A

  • 配線用遮断器の漏電

    漏電遮断器の2時側の任意の配線用遮断器が漏電の可能性があると仮定した場合、絶縁抵抗器でどのように測定するのでしょうか。 漏電遮断器をOFF、任意の配線用遮断器の一次側と二次側に絶縁抵抗器のL端子とE端子をつなげての測定となるのでしょうか。また、その場合の測定電圧は、何Vにすべきでしょうか。 よければご教授お願いします。

  • 分電盤の主幹器具に漏電遮断器ELBをつけるのはなぜでしょうか。配線遮断

    分電盤の主幹器具に漏電遮断器ELBをつけるのはなぜでしょうか。配線遮断器MCCBの場合とは何が違うのでしょうか。

  • 【電気工事】「分電盤」と「配電盤」の違いを教えてく

    【電気工事】「分電盤」と「配電盤」の違いを教えてください。 配電盤には漏電遮断器は入ってないだけの違いですか? 配電盤には配線用遮断器だけ入る? それだけの違いならなぜ配電盤を使う必要がある? どこに配電盤を使う? 制御盤はリモコンリレーが入るボックスですか? OA盤って何が入るんですか? OAの略は何ですか?

  • 【電気】対地電圧が150V以下で乾燥した場所なら漏

    【電気】対地電圧が150V以下で乾燥した場所なら漏電遮断器は不要ということは、一般住宅の一戸建て、一軒家だと100V15Aなのでそもそも玄関の乾燥した場所に分電盤を置けば、漏電遮断器は不要ってことですか? 対地電圧150Vを超える電気機器は住宅ではそもそも使えないですよね。 エアコンとかIHクッキングヒーターだけ分電盤に個別に小型漏電遮断器はを付けても法律上はOKってことですよね? 分電盤に1個漏電遮断器と個別の配線用遮断器にするのと、 分電盤に個別の配線用遮断器+エアコンとか150V超えの機器に個別に小型漏電遮断器を付けるのとではどのくらいの値段の差が出ますか? 対地電圧というのがよく分かってないのですがエアコンの対地電圧って200V用なら対地電圧も200V? 対地電圧150Vを超える機器って何がありますか? どれかの場合、漏電遮断器は省略出来るということは風呂場以外の機器は対地電圧150Vを超えてても漏電遮断器は省略出来るってことは一般住宅は漏電遮断器は付けなくても合法ってことになるのでは?

  • 配線用遮断器へのわたり線接続

    下の写真を見てください。自宅の分電盤の中の一部です(実際は、分電盤は無くて、壁に直付けです。これも問題があると思いますが、今回は、置いといて。)  自宅は、単相二線式で、配線用遮断器は20A(8個)、主幹の漏電遮断器は30Aです。それで、漏電遮断器から配線用遮断器への配線は、わたり線で各配線用遮断器へ配線しています。  わたり線で配線すること自体は問題ないと思うのですが、配線用遮断器の一次側の各端子にそれぞれ、黒2本、白2本ずつ差し込んであります。通常、ソルダーレス端子の配線用遮断器の場合、複数接続の場合は、電線サイズが、Φ1.6とΦ1.6  Φ2.0とΦ2.0以外の複数接続はしないように明記されています。(パナソニック 安全ブレーカHB型) http://dolphin.va.panasonic.co.jp/ideacontout/2012/02/07/2012020700050033.PDF   しかし、漏電遮断器30A 配線用遮断器20A間の接続の場合、IV線3.5sq以上で配線しなければいけないと思います。つまり、この場合、わたり線で接続する場合、最低、IV線3.5sqで配線用遮断器のそれぞれの端子に2本ずつ差し込むの正解だと思うのです。  しかし、この配線用遮断器の端子の場合、Φ2.0同士までの複数接続(Φ2.0は、sqにすると、約3.14sq)までしか許容されていないので、IV線3.5sqを複数接続することができなくなり、わたり線を使っての配線ができなくなると思います。  つまり、この写真の場合、必然的にΦ2.0同士で、配線用遮断器の端子へ複数接続していると思われますが、そうすると、許容電流の点で問題になります。 また、仮に3.5sq同士で、配線用遮断器の端子へ複数接続していたとすると、下記の記述の点と矛盾します。(私個人としては、線の太さから言って、3.5sqを使用していると思うのですが)  複数接続の場合は、電線サイズが、Φ1.6とΦ1.6  Φ2.0とΦ2.0以外の複数接続はしないように明記されています。(パナソニック 安全ブレーカHB型)   皆さんのご意見をお聞かせ頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

  • 三相誘導電動機同時始動時の内線規定の解釈について

    2.2Kwの電動機2台が同時に始動する場合で (1つの制御盤で各々が電磁開閉器を設置している) 分岐回路の配線用遮断器容量を選定する時 2.2Kwの電動機2台の合計4.4Kwが 電動機で最大のものとなるのでしょうか? 内線規定3705-4表の備考3で 「電動機中最大のもの」には同時始動する場合を含む。 とあるのですがどう解釈して良いのか判らず 質問しています。 宜しくお願い致します。

  • 分岐回路のブレーカーについて

    動力盤内の遮断器について質問です。 3相3線式200V回路で、 (1)22kWのモータ(定格電流値93A) インバータ駆動 (2)11kWのモータ(定格電流値48A) インバータ駆動 (3)1.5kWのモータ(定格電流値8A) インバータ駆動 (4)10kWの電気ヒータ(定格電流値29A) (1)~(4)を設置します。 主幹ELBの内線規定に従い、250ATを選定しています。 分岐回路には 22kW分岐には125ATのNFB 11kW分岐には75ATのNFB 1.5kW分岐には15ATのNFB 10kWヒータ分岐には40ATのNFB にしようと考えています。 この分岐回路のNFBは省略することはできるのでしょうか? また、NFBではなく電磁開閉器に変更が可能なのでしょうか?

  • 漏電遮断器のDIY取り付け

    漏電遮断器をDIYで取り付けようと考えています。 (第2種電気工事士の資格はあります。実務経験なし) 現在の配電盤の構成は、 まず、単相3線の幹線が開閉器(ナイフスイッチ)(3P、60A) を経由し、その3線が開閉器を取り付けてある板の裏に入っています。 さらにその板の裏から4本の電線が出ていて、それが2本ずつ、 2つの配線用遮断器(ノーフューズブレーカー)(2P、20A)に分岐され、 それぞれ、照明用の回路と、コンセント用の回路になっています。             ? 幹線──[S]──┬──[B]──照明用             │             │             └──[B]──コンセント用 開閉器から2つの配線用遮断器の間の配線は、板の裏になっていて、 よく分からないのですが、恐らく単相3線から100Vを2回路取る結線 をしているのだと思います。 そこで、教えていただきたいのですが、 漏電遮断器は、回路のどの位置に取り付けるのが一番いいでしょうか? 開閉器と配線用遮断器の間でしょうか? それとも、開閉器をOC付き漏電遮断器に交換した方がいいでしょうか? また、交換時の注意事項がありましたら教えて下さい。 宜しくお願いします。 ちなみに、配線器具、配線ともに古く、すこし老朽化しています。 (だいたい30年くらい前)

  • ELBアースとは何ですか?

    普段は住宅配線をメインでやっている工事屋です。 先日手伝いで大きな現場に行った時、アースの配線図を見ると、A、B、C、D種は理解してるのですが、E、ELBと表記されている物が分かりません。 調べてみたところ http://www.denki.or.jp/counseling/details.cgi?id=7 ELBアースというもので、漏電遮断器で保護されている電路に接続されている機器のD種接地のことと理解したのですが間違っていますでしょうか? 住宅配線の場合は全ての接地が当てはまることになりそうですが。 また住宅配線では接地線は必ず緑を使っていますが、大きな現場では黄色や黄地に緑線が入っている物も見かけました。 これは、漏電遮断器で保護されていない電路に施設された機器の接地線は緑色を使い、 漏電遮断器で保護されている電路に施設された機器の接地線は黄色を使うということですか? 黄色線は以前は黄色に緑ストライプの線を使うこともあったが最近は黄色が主流? 漏電遮断器で保護されていない電路に施設された機器とは具体的にどのような物があるのでしょうか? 2オーム以下なら共用も可能ということですが D種で2オーム以下なんて出ることあるのでしょうか? 電気的な回答と現場的な回答を頂ければ非常に助かります。 分かる方よろしくお願いします。

  • 電気工事 分電盤ブレーカーについて

    マンションの共用分電盤で、主幹が漏電遮断器、分岐がすべて安全ブレーカーでした。これを主幹配線用遮断器、分岐をすべて漏電遮断器に交換したところ問題が起きました。 AのブレーカーのみをONにしたときには、大丈夫なのですが、BのブレーカーをONにすると、両方とも切れてしまいます。Bを先にONにしておいて、AをONにしても同じことが起きます。 この2つを安全ブレーカーに交換するとこのような状態にはなりません。 何が原因なのか、わかりません。 お手数をおかけしますが、ご回答くださいますよう、よろしくお願いいたします。