解決済み

『裁判制度の趣旨目的』

  • 困ってます
  • 質問No.9508481
  • 閲覧数56
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 19% (231/1175)

不当提訴について
民事訴訟を提起したものが敗訴の確定判決を受けた場合において,右訴えの提起が相手方に対する違法な行為とされる下記の判示の『裁判制度の趣旨目的』とは,どのような内容ですか?

「訴えの提起が裁判制度の趣旨目的に照らして著しく相当性を付くと認められるときに限るものと解するのが相当である。」

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (7541/17302)

「以下の判示」は合っていますか?

「訴えの提起が裁判制度の趣旨目的に照らして著しく相当性を欠くと認められるときに限られるものと解するのが相当である。」(昭和63年1月26日最高裁判決。判タ671号119頁、判時1281号91頁)の間違いではありませんか?

貴方の質問文では「付く」となっていますが「欠く」が正しいと思います。

どのような内容なのかについては、以下を参照して下さい。
http://milight-partners-law.hatenablog.com/entry/2015/10/29/175609
お礼コメント
mirai1555

お礼率 19% (231/1175)

回答ありがとうございました。
判示は,省略してしまいました。

私も不当提訴され、添付して頂いた事件とよく似ています。
でも,慰謝料50万円ぐらいしか,見つめられないのですよね(>_<)
投稿日時 - 2018-06-15 13:17:14
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ