回答 受付中

お給料の使い方、生活費、貯金などお金のことで相談さ

  • 困ってます
  • 質問No.9507677
  • 閲覧数134
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数7

お礼率 48% (17/35)

お給料の使い方、生活費、貯金などお金のことで相談させてください。
結婚することになりました。
彼のお給料が月の手取りで60万円~80万円くらいです。
一番少ない時の60万円としてアドバイスをください。

家賃25万円です。
残りの35万円ですが、
みなさんならいくら貯金をしますか?

お恥ずかしながらずっと実家でしたので、生活費がいくらかかるとかも分からず…
25万円のうち、15万円を食費や光熱費にして、
残りの20万円を貯金と考えていますが…。

夫婦二人で15万円でやりくりするのは、相当節約しないと無理でしょうか?
あまり節約などできつきつした生活をしたくないのですが…
この分配は妥当ですか?

彼は全て君に任せると言っています。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数7

回答 (全7件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 32% (193/590)

両者の年齢や彼氏さんの職業を聞かないことには断定できませんが、
おそらく家賃25万円は高すぎます。
もう子供はいらない、生い先短くて遺産も残さないと決めているなら別ですが…。

細かい変動費用をやりくりしてストレスを貯めるのは誤りですよ。
最初に家賃や車関係などの大きな固定費を見直すのが
健全で永続的な家庭生活を送る上で一番大事なことです。
繰り返しになりますが、大きな固定費が出ていってる以上
細かいお金のやり繰りは無意味です。
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
  • 回答No.6

ベストアンサー率 21% (3/14)

結婚おめでとうございます!
退職後、1人当たり三千万の貯蓄が妥当とされてますから、そこから逆算して貯金額を決めてみては?余裕あるようなら、2人の楽しみに使うといいと思います。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 10% (322/3057)

追記、旦那の小遣いで会社へ交通維持費は、出しましょう。その上での小遣い10万です。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 10% (322/3057)

まず、手取りのま1/3、1/4くらいが家賃であるのが
良いです。
60万を手取りにするなら、20のところに
住むべきでしょう。

その上で5万オーバーしてます。
また生活費15万は、自炊していたら全く問題ないです。
けど、自炊していない場合はきつくなります。

家賃25万、小遣い10万、10万貯蓄、15万生活費ではないでしょうか。
60万を超えた収入の場合は、あまり全て貯蓄で
いかがでしょうか。
雑費、光熱費加えても15万でも余裕です。

あなたが自炊出来るなら、その15万から自分の小遣いを算出出来るくらい余裕です。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 44% (257/584)

 夫婦2人なら15万円で遣り繰りするのはそんなに難しくないと思いますが、25万円の家賃というのは、そのあたりでは高い方に入りますか?それが平均的な家賃の場所だと、食材や生活用品を売っている店も高級志向というか、価格帯の高いものを置いている店しか近くにない可能性もあります。そうすると、節約ということではなく、平均的な生活を送るために、まるで節約しているかのように遠くの店に買い出しに行かなくてはいけないかもしれませんし、まずは住む場所の周囲の店を回って、買い物のイメージをつかんだ方が良いと思います。

 光熱費については、実際に使ってみないとわからないですよね。住んでいる場所によって基本料金から違いますから、平均値で予算を立ててもあまり意味がないように思います。生活用品や食費については、まずはどの程度のものが必要かを書き出してみたらどうでしょうか。実家であまり家事をしていなかったのなら、予行練習にもなりますよ。食費については、1か月分の献立を立ててみて、食材として何をどれくらいの量を買わなければいけないのか、集計をしてみます。生活用品も同様に、何が必要なのかを書き出してみて、新居の周囲の店で価格を調べてみます。そうすれば、いくらくらいで遣り繰りができるか、イメージがわくのではないでしょうか。

 結婚当初は色々とそろえるものもあると思えますので、最初からあまり高い貯金の目標を立てるとつらくなると思いますよ。ただ、35万円を全部使い切ってしまうのはさすがに使い過ぎですので、色々と工夫をしながら遣り繰りしていくようにしたら良いのではないでしょうか。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (3698/11550)

こんにちは。

彼の、お小遣いは幾らにする予定でしょうか?

私も、サラリーマンの現役時代は手取り65万円くらいの給料でしたけれど会社関係の付き合いが多いので妻に毎月50万円の生活費を預けて、残った15万円ほどは自分の小遣いにしてましたが、年に2回の賞与は手取り150万円くらい支給されるので、妻に給料の50万円と賞与の50万円を合わせて100万円を預けてましたから、賞与月の小遣いは115万円くらいになりました。

ですから、通勤用の車も自分の小遣いから買えましたし会社関係の付き合い(冠婚葬祭費など)も恥を欠かずに済みましたが、毎月25万円もの家賃を払うならマイホームをローンで買って返済に充てたほうが良いと思います。

ちなみに、私達夫婦は共働きでしたので妻の給料と合わせて毎月70万円くらいで遣り繰りしてましたが、住宅ローンの返済が毎月10万円の他に毎月10万円くらいの預金が出来てましたけれど、3人の子供達を育てながら余裕ある生活が出来てました。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (1406/6835)

何もわからない状態では、節約はできません。

家計簿について、少し勉強しましょう。
そうすれば、どんなお金が必要なのかがわかります。
項目ごとに、わかる範囲で、数字を入れます。

それらの作業をしていけば、少しずつ、わかるようになるでしょう。
  • 回答数7
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ