回答 受付中

徒歩でソロキャンプ

  • 困ってます
  • 質問No.9489322
  • 閲覧数100
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数9

お礼率 20% (149/710)

30代女です。

昔から良く父とキャンプに行くのが好きでした。
キャンプ用品も好きで、意味もなくポケットナイフを買ったり、ランタンを買ったり…
父が亡くなり、最近ふとソロキャンプをやってみたいな~と思うようになりました。

夜星空を眺めたり、焚き火をしながらぼぅっとしてみたいです。
ですが私は、車にも自転車にも乗れないのです。
最寄りの駅から1時間ほど山道を歩けば、キャンプ場はあるのですが、軽い材質のテントを買ったり、最小限の荷物であっても、徒歩でのソロキャンプは無謀でしょうか?

また、アドバイスなどございましたら、教えていただきたいです。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数9

回答 (全9件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 28% (3750/13254)

他カテゴリのカテゴリマスター
女性一人のキャンプで心配なのは、「治安」です。
キャンプ場の管理がしっかりしているか。防犯は大丈夫か。緊急事態に対応しているか。
女性一人のキャンパーも珍しくはありません。「備えあれば憂いなし」で行きましょう。
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

容姿が良くないので、多分大丈夫だと思いますが、
キャンプを行う場合は、万が一を考えて行いたいと思います!
お気遣いありがとうございます。
投稿日時 - 2018-04-17 08:24:46
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 32% (3640/11296)

こんにちは。

余計なお世話かも知れないですが、キャンプの好きな彼氏を見付けて一緒にキャンプを楽しんだら如何でしょうか。

なお、私は子供の頃から魚釣りを始めとするアウドドアライフが好きで小学生の時に町内の子供会で市内にある陸上自衛隊の駐屯地内でテントを張ってキャンプをしたのが切っ掛けでテントを張るようなキャンプも好きになりましたが、アマチュア無線も趣味で建設省(現在は国土交通省)の利根川上流事務所の許可を得て利根川の河川敷に大きな無線アンテナを建てさせてもらいテント内の無線機で非常通信コンテストなどを楽しむようなキャンプもします。

ちなみに、私と結婚した妻とは山奥の渓流釣りも出来るキャンプ場で知り合いましたが、結婚した妻もアウドドアライフが好きなので気が合うせいか結婚40年を過ぎた今でも仲良しで夫婦円満な家庭を築いています。

恐らく、私のような彼氏を探せば車の運転や自転車の乗り方も丁寧に教えてくれるので車や自転車にも乗れるようになると思います。
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

残念ながら年齢イコールなのです。。
アウトドア好きな人とお付き合いしてみたいですね。。。
きっと楽しいと思います。
投稿日時 - 2018-04-17 08:26:23
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 28% (4107/14342)

無謀だなんて思いませんよ。
登山なら10キロ以上の荷物を担いで縦走(峰を歩いて複数の山を登る)することもありますからね。
※私はしませんけどw

キャンプ場によってはバスが近くまで走っていることもある…らしいです。

キャンプ場までいかなくても、ガス缶のコンロにケトル(所謂ヤカン)やクッカー(小型の鍋にフライパンのセット)とかるくてコンパクトなテーブルを自宅の庭やベランダでソロキャン気分を味わうことから始めてもいいのではないでしょうか?

焚き火に関しては直火禁止のところもあるので「焚き火台」というものがあったほうがいいでしょう。
薪はキャンプ場で売っていることも多いですが、事前に確認しておいたほうがいいでしょうね。

それから、キャンプや登山で使う道具って災害でインフラが不能になったときにも使えるものばかりですよね。
停電のときはランタンにコンロ(オール家電の家の場合)、ガスが止まったらコンロで煮炊きできる。
災害時の非常用としてガス缶をある程度確保しておいたり、お湯で温めるだけのレトルト食品やカップ麺もある程度確保したり…
そして、いちばん重要なのがそれらの道具を普段から使って使い慣れておくこと。




私が使用しているもの
・アルミテーブル
https://amzn.to/2H6z4sM

・ガスコンロ
https://amzn.to/2ESIQge

・ソロクッカーセット
https://amzn.to/2HFFccC

・ルミエールランタン
https://amzn.to/2HCRfar
ガス缶はOD缶と呼ばれている種類のものなら別メーカーのものでも構いません。

・SOTO ガストーチ
https://amzn.to/2HE898B
焚き火の際に便利
ガスの補充が可能

・SOTO スライドライター
https://amzn.to/2EQYYyM
ルミエールランタンの着火に最適。
ガスの補充が可能
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

実家に庭があるので、まずは庭でキャンプしてみようかと思っています!

そうなんです。キャンプ用品って見た目もおしゃれでワクワクするし、
災害でライフラインが断たれた時に、アウトドアの知識があれば、
役に立つのでは…?と思ってます。

アイテムの説明まで、ありがとうございます!
投稿日時 - 2018-04-17 08:34:18
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 37% (187/502)

重量物を背負っての長時間歩行は、膝痛や足底筋膜炎を起こしやすいので、ふだんより歩幅を狭くして少しゆっくりめに歩く、疲れを感じていなくても一定時間ごとに休憩をとる、といった歩き方の工夫が必要です。徒歩1時間で行けるなら、歩き方など気にしなくても問題ないかもしれませんが、キャンプをやり始めると、やはり、いろんなところに行ってみたくなるものですから。
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

アドバイスありがとうございます!
キャンプをしだすと、やはり色んなところに行ってみたくなるのでしょうね!私は小川や湖の近くでキャンプをするのが夢です。
投稿日時 - 2018-04-17 23:34:20
  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 34% (684/1967)

何ら問題なくキャンプを楽しめると思います。
ただし、いろいろな条件を付けると、キャンプ地の選択がそれなりに厳しくなると思いますが。
 星空を眺めるとなれば、それなりに街の灯から離れたところになりますし、焚火となれば、ほとんどのキャンプ地が個人でテントサイトで焚火を許しているところはありません。所定の位置あるいは共同炊事場で焚火(炊事用)をするといった程度です。
 それを可能にするには、結構山深いところで野営をするということになり、移動に難が出てくるでしょう。
 誰だかわからない人間と身近にテントを張るという危険か、人気のない生中で獣との接触の危険か、考えるほど行動は限られます。
 ファミリーのテントの近くはお互いに安全でしょうが、子供の声が気になって・・・・と、どこかで妥協をしなければいけませんが、結構しっかり管理されているキャンプ場も多く、選択はそんなにむつかしいことはないと思います。
 またキャンプ用具はほぼ手ぶらで行っても、レンタルできるキャンプ場も多くありますから、大丈夫でしょう。
 どこにお住まいかわかりませんので、とりあえず関東・関西エリアのキャンプサイトのURLを載せておきます。

https://www.nap-camp.com/free_site/kanto/list/
https://www.nap-camp.com/kansai/

 私は後期高齢者。車にテントを積んでドライブし、日暮れが近づいたら直近のキャンプ場にテントを張るといった感じで楽しんでいますが、自分一人のテントだけでも、結構込み合っているサイトでも危険な感じを感じたことは一度もありません。
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

キャンプ場でも焚き火禁止なのですか!調べ不足でした…
YouTubeなどでよく焚き火をしている方の動画を見るので、
てっきりそのへんのキャンプ場かと…
もう少し勉強いたします。
投稿日時 - 2018-04-17 23:26:22
  • 回答No.7
レベル9

ベストアンサー率 41% (30/72)

こんにちは、いよいよ季節ですね~(^o^)v
皆さんがご心配の様に治安だけでは無いのでしょうか・・・
季節が良くなるので小さな子供連れで無い獣は、驚かず静かにしていれば何もせず離れて行きます。

最近ソロで焚き火の出来る施設(勿論施設以外も)が少なく思えます。
残念ですがソロで万一火が燃え移った時に対処できなくなることが多いので控える方が賢明です。

治安を期待して高さには関係なく山小屋のテント場を利用するのがお勧めです。
女子のソロトレッカーはとても多いです。
(体力が不安でしたらトレーニングをして下さい。オリンピックに出る為では無いです、シェープアップの為です)
もしお体が酷く不自由で無ければ山の頂でコーヒーやアルコールを戴きながら亡き父上とお話をしてみたら如何ですか?
テント場から山頂まで少し歩く場合も有ります。
ラジオや音楽プレーヤー、シングルバーナー等身の回りの物と防寒具を持ってピークまで登り眼下の街明かり、振り返れば漆黒の山の上に広がる満天の星。
そこを一瞬によぎる流れ星、目をこらせば人工衛星も見つけられるでしょう。
やがて冬の星座が真上に来たら明日に備えテント場に戻りましょう。

私の友人に昔ソロツーリングを楽しんでいた人が居ます。
彼女はトイレが1番困ると言っています。(しかし慣れ! と笑っています)
テント場を利用すれば問題ないし、万一何かが起きても小屋の人にお願いすれば大概の事は対応してくれるはずです。

余り考えずに明日天気が良さそうだから行こうかな、と言う軽い行動の方が天候不順の時に簡単に中止出来ると思います。
是非お一人でも大自然に包まれ現実、妄想の世界を楽しんで下さい。



      大自然を師とするジーさん
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

お恥ずかしながら、登山は興味はあるのですが、あまり経験がないです…学生の頃に自然教室で、ヒイヒイ言って登った時に以来…
だけど女性の登山者ってかっこいいですよね。本当憧れます。
投稿日時 - 2018-04-17 23:22:58
  • 回答No.8
レベル13

ベストアンサー率 29% (324/1106)

うちの地域のキャンプ場はバスで行けます

また、登山コースに向かうバスではテント装備を満載にしたリュックを積んでバスが走っています

というわけでバスも利用されてはいかがでしょう
もう少し暖かくなれば相当荷物を減らせますから無謀ではないですよ
今ですとまだちょっと寒いです。
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

私の住んでいる所では、キャンプ場の近くにバスが通っておらず、電車しかないようです…バスで通えるのは羨ましいです。。
投稿日時 - 2018-04-17 23:16:29
  • 回答No.9
レベル13

ベストアンサー率 32% (410/1278)

他カテゴリのカテゴリマスター
最近放送を終わったばかりのテレビアニメで「ゆるキャン」というタイトルのがありました。
ゆるいキャンプ とでもいう意味かな。
主人公たちは女の子で 少人数で行くキャンプと 一人で行くのが好きな子と
二通りのキャンプの話でした。
ソロキャンの子は原付に荷物を載せていました。
このアニメの中では 季節外れの 人が少ないキャンプ場が多かったようです。
キャンプ場ではないところにテントを張るのもありました。
これを見て ソロキャン好きな女の子が増えたりしたかも。

リアルでは 鍵のかかるバンガローのあるキャンプ場もあります。
テントを使わなくてもキャンプと呼べるかどうかは置いといて テントのぶんだけ 食材の荷を増やせるし いいと思います。

山ガールという言葉ができたのは そんなに昔ではないし 単独行の山ガールもみかけます。
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

原付きに乗れれば良いのですけど…
バンガローやロッジも好きなのですが、やはりテントに憧れます。ゆるキャンというものは見たことがないのですが、今度見てみます。ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-04-17 23:13:58
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 29% (3373/11596)

趣味・娯楽・エンターテイメント カテゴリマスター
高校のワンゲル部では、女子は15kg、男子は20kgの石を積めて低山登山練習をやってました。低山といっても標高差500mはあります。水平500mは楽勝ですが、垂直500mはかなりへばります。
キャンプ場なんてのは、一般人が集まりますので治安も悪いです。自然界で一番危険なのは人間ですから、人間が来ないような山深いところへ入る方がよほど安全です。熊やイノシシは、それなりの対策をしておけばめったに出てくるもんではありません。
ランニングやボッカなど、ちょっと練習すれば10kgなんて楽勝です。
本職のボッカは50kgの荷を富士山頂まで運びます。
お礼コメント
ohagi0915

お礼率 20% (149/710)

街から近いキャンプ場は便利ですけど、やはり騒音だとか、治安だとか、色々問題もあるようですね。
ぐうたら生活を続けていたため、ワンゲル部の方達のようには行きませんが、自分なりに勉強してみます。
投稿日時 - 2018-04-17 23:32:14
  • 回答数9
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ