• 締切済み
  • 困ってます

転造タップの内径変化の原因

加工については素人のため、基本的な質問をいたします。亜鉛ダイガスト製品に転造タップにてマシニングを使用して加工しますと内径が下限ギリギリになり、ためしにハンドで加工したら規格の中央値になります。マシニングの回転数をハンドに近い状態にしても加工後の内径が下限ギリギリになります。どこに原因があるのでしょうか?

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数452
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359

ハンドタップの場合は下穴径=メネジ内径と考えてもほぼ間違いではありませんが、転造タップの場合は「転造」すなわち「塑性加工」により ネジを形成しますので、下穴の状態から転造によりネジ山が盛り上がり、 転造加工が完了した状態のネジ山の天=メネジ内径になります。 下穴径が大きすぎると十分にネジ山が上がらずガタガタのネジになり、 小さすぎると加工中に盛り上がった山がタップの谷を埋め尽くし タップが破断してしまいます。昔から転造タップは下穴の管理が重要と言われる理由です。最近では下穴が小さい場合修正しながら転造してくれる 底刃つきの転造タップも販売されています。 当然転造タップ用の下穴径と切削タップ用の下穴は異なります。 先にハンドタップの場合「ほぼ」と書きましたが、転造以外のタップでも 多少は転造効果があるためタップ加工により下穴径より、 メネジ内径の方が小さくなることがあります。 転造で形成されるネジは山の形が切削ネジとは異なる為、設計者によっては 転造不可という指示が付くことも少なくありません。 逆に転造を指定されることもあります。いずれにしても、確認なしに 「図面に何も書いて無いから転造で加工した」では 問題になる事もあり、注意が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。基本的な事が理解できました。

関連するQ&A

  • 転造タップについて

    溶融亜鉛メッキ鋼板t1.0に下穴径3.6でバーリングしているものに、M4x0.7の転造タップ加工をしたいのですが、加工後の内径が3.45~3.5程になってしまいます。内径を3.4以下にしたいのですが、何を変えればできるでしょうか。タップはOSGのHR7-Pを使っています。

  • 転造タップによる雌ねじ内径形状について

    お世話になっております。 プレス品に転造タップにてねじ切りをしておりますが、雌ねじ山形状が悪い為ボルト締め込み時空回りするものが発生しております。 皆様にお聞きしたいのですが、転造タップを交換したとき品物の下穴径を変更しているんでしょうか。また山形状は完全にくっつく状態まで盛り上げてるんでしょうか。 昔聞いたのは完全に山がつながるまで盛り上げると、品物とタップとの隙間が0になりタップが動かなくなる(折れる)と覚えてるんで、現状せり上がった山が離れた形状になってます。そのため内径が不安定なっているみたいです。 お暇なときでもお教えいただくと助かります。 材料 SP622 t1.4にM6のタップ加工 バーリング内径Φ5.54

  • アルミ板材への転造タップのネジバカ

    初めて質問させて頂きます。 現在、アルミ(A5052 t=1~2mm)薄板への転造タップ(M1.4~M3 2級)で散発的なネジバカ(下孔が大きくネジが締めれない)が発生しています。 加工方法は高速タップを使用し、多軸で数十箇所を同時加工しています。加工時には加工油を針先端に毎度吹き付ける構造です。転造タップを立てる箇所はバーリング加工し、高さも問題ありません。またその下孔も異常はありません。 発生箇所は特定では無く、一定の箇所が連続し発生した後、良品に戻るというのをさまざまな箇所で繰り返して発生します。 原因は恐らく、転造時にタップ針にカス(焼きつくのかは不明)が巻きつき、 山の成形を阻害し、下孔が大きくなると推察しています。 対応としては針の種類を変える、油の塗布量を増やす、回転数を上げる、下げるなどの処置をしていますが、根本的な解決に至っていません。 この散発的に起こるカスの巻きつきを解決するにはどのような方法などありますでしょうか?(切削タップへは切り替えはできません) 転造タップの回転数は2000rpmでした。 (これが高速との呼称が正しいのかは不明です)

  • 回答No.1
noname#230359

ハンドの場合は均等に力が入らず、若干 振った状態での加工になっているのではないでしょうか。 MCでの加工は精度良く取付され、回転の精度も良い為に ハンドの場合より小さくなる。 対策はRH精度の大きな物を使う事で改善されると思います。 わざとタップを振らす事も可能ですがタップの寿命が短くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。RH精度の大きな物でトライしてみます。

関連するQ&A

  • 転造タップ加工の下穴径について

    加工の素人ですみませんが転造タップでの加工前の下穴径の一覧などを知りたいのですが教えて下さい。

  • タップ加工:切削と転造

    タップ素人なので教えて下さい。 今、SUS304板厚0.6(図面上は0.6±0.05)に切削タップM1.6x0.2(コーティング有)でタップ加工をしていますがバリに悩まされております。 なので転造に変えたいと思っておりますが、その際の下穴はどれ位が良いのでしょうか? ちなみにブランクはプレスで抜いていますが、プレスで抜く際に面をつけるならどれ位の角度でどれ位の深さにしたら良いのでしょうか? あと、現在はタップ>D/G>バレル>化研>納品をしておりますがタップを転造に変えてタップ>バレル>納品にしてコストダウンをしたいとも思っておりますが考えられる弊害はございますか? アドバイス宜しくお願い致します。

  • タップの下穴加工及び条件

    PT1/8のタップをマシニング加工で行いたいのですが、下穴径 及び回転数、送り速度がわかりません。宜しくおねがいします。 加工物材質 SS材 使用機械 大隈OSP2000です。 宜しくお願いします。

  • M2のタップの回転数

    NC旋盤でS45CにM2のタップで深さ5mmの加工なのですが、すぐにタップが折れてしまいます。 下穴は1.6mmでスパイラルタップを使用しているのですが、S300の回転数ですが折れてしまいます。 M2のタップの場合の回転数をお教え願います。 折れにくいタップなどあればお教え願います。

  • 食いつき機械 あと手でタップにおける 食いつき加…

    食いつき機械 あと手でタップにおける 食いつき加工時の必要Z深さ タップですが、SKS3や SKDなどの材料の場合は マシニングに付いている タップ工具がその材料で○が入っていないでので、下穴だけマシニングであけ 垂直を確保するため 食いつき部だけ タッピングマシンでやり あとはハンドでやっています。 タッピングマシンも 逆転にした時に ワークが浮き上がってきたりして 暴れたりするのが嫌なので タッピングマシンでタップする深さはちょっとでやめています。 しかし そこで、ちょっとにしている ので、 ハンドでつづきをタップを開けたあと 直角スケールを当てるとタップ工具が傾いていました。つまりタップが垂直にあいていないのです。 タッピングマシンで 食いつき部の加工をする時にZで言うと どれくらい 切り込めば 手でやるときに傾いたりせず垂直を確保できる 最低Z深さを教えて下さい。 M8ピッチ1.25 とM6ピッチ1.0の場合です。 タップの不完全部が2.5山なら M8だと1.25*2.5で3.125となり タッピングマシンでの加工時に 工具があたってから Zー3.125以上は 加工しないと 手でやるときに垂直が保証できないことになりますか?

  • 転造タップ加工について

    アルミ(A5052P)にM3タップを加工したのですが、雌ねじ縮小の為、皿ねじが破損と言う事案が発生し、原因究明に困っております。 工程内検査では、問題なくゲージ(通り)は通っているのはずなのですが、脱脂後の完成品ではゲージがきつく、ゲージにカスが付着してきます。 下穴径2.74?、回転数2500で加工しておりますが過去こういった事例はありませんでした。 どういった原因が考えられるでしょうか? また、組立現場では皿ねじにロックタイトをつけているのですが、オーバーサイズで加工した方が良いのでしょうか?

  • タップ加工について

    はじめまして! よろしくおねがいします。 早速ですが、我が社ではアルミダイカスト品のタップ加工を施しているのですが品質が厳しく当然ですがネジゲージで通り・止まりできない物はすべてNG扱いで処分しています。 もっと効率よく生産性を上げたいと考えていますが上記品質を保証するためにはタップの消耗が激しいように思えます。 やり方が悪いのか?お知恵をお貸し下さい。 使用タップM5*0.8 ハンドタップ  1000~1500タップでゲージアウト 以前 スパイラルタップを使用もハンドタップより生産性が悪い(ゲージNG)ので今も状態に変更した。(タップ面が荒れ切屑の排出不具合と思う) 切屑の除去は水溶性切削油を流動させている。(濃度 1:10) タッピングM/Cの回転数560min タップ加工深さ15mm 通常3000タップできると思うのですが、アドバイスお願いします。

  • タップ加工

    テーパータップの加工はどのように加工すればいいにですか?さっぱり見当がつきません。回転もいくらにしたらいいのか、わかりません。分かっているのは送りの求め方だけです。25.4/山数=送り でいいんですよね? インチねじ加工とテーパータップの加工法と、回転数の求め方のアドバイスをください。よろしくお願いします。

  • OSGタップ工具 HS SFT M8 SKS3に…

    OSGタップ工具 HS SFT M8 SKS3に食いつきだけなら OSGのタップ工具 HS SFT を使っています。 M8なのですが、 した穴はφ6.9であけています。 メーカーの資料にはSKS3には ○が入っていないので、 OSGに聞いたら いいとはいいませんが、 マシニングでタップするのは 指令値でZ-5だけの 食いつき部分だけなのですが、 実際のところ Z-5だけの 食いつきなら ○は入っていなくても 折れたりするのは考えにくいでしょうか? 実際のところを教えてください。 タップ加工は タッパーではなく シンクロで加工しています。 回転数251です。 

  • アルミダイカスト鋳抜き穴へのダイレクトタップ

    現在アルミダイカスト(ADC12)製品にM4、M6、M8のネジ加工を行っているのですが、鋳抜き穴にダイレクトで転造タップで加工しています。鋳抜きピンはストレートピンを使用しているため、鋳造時にカジリが発生しやすく、内径管理に苦労しています。タップ後もネジゲージの検査はOKとなってもネジ内径が大きくNG判定のものが大量に発生していて困っています。 鋳抜き径を変更して切削タップにしたいのですが、以前切粉残りで客先からクレームがあり、その対策として転造タップに変更したため上司の了承が得られません。 どのように上司を説得したらよいでしょうか? もしくは現在の方法で良い管理方法をご存じの方はアドバイスいただけると幸いです。