• 締切済み
  • すぐに回答を!

Ni表面への金属コーティング法

お世話になります。 現在、金めっきの代替となる金のコーティング法について検討しております。Niの表面に金をコーティングしたいのですが(導電性向上が目的です)、表面処理については初心者のため、なかなかいい方法が見つかりません。 ドライプロセスでのアプローチを検討しているのですが(例えば、Niを金プレートにこすりつければ表面に金がコーティングされる等…)、何かアドバイスいただけると助かります。よろしくお願い致します。 機械的に金属に金属粒子をぶつけて薄膜を形成するメカニカルプレーティング法という方法があるようなのですが、ニッケルに金を形成することは可能なのでしょうか?亜鉛は一般的なようですが・・・

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数130
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359

Ni-Auでは、電解めっきが最も一般的ですが、それでどういう不都合な点があるのでしょうか? 金属膜の形成方法として 電解、無電解(化学)、溶融、溶射、蒸着、そして金属粉投射(メカニカル)・・・ とありますが、それぞれに得手不得手があります。 余り世間一般の常識に囚われすぎると技術革新はできませんが、不都合=ニーズをしっかり押さえないと、新たな方策を探る意味がありません。 メカニカルについて原理を調べてみましたが、制約が多く、とても一般的だとは思いません。 (現手法で困難な組合せを研究している)。亜鉛も電解と溶融が一般的です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • Niへの金コーティング

    お世話になります。 現在ドライプロセスによるNiへの金コーティング(プレーティング)を検討しています。 Φ0.05程のピンの先端部分に導電性向上を目的にめっきにて金を付けているのですが、これをめっきではなくもっと手軽にできる方法を考えています。 製品形態はこのピンを数百本並べたものなのですが、ピン同士のピッチが短いため製品形態でめっきをすると液がはい上がってきてしまい、うまくいきません。 そのため、現在はピンを1本ずつ治具に並べてめっきを行い、めっき後に並べて製品形態にしています。 製品形態で全ピン一気に先端に金を付けることができるとかなりのコストダウンになります。 金ナノペーストについても検討しましたが、これもめっき液を同様はい上がって来てしまい均一に付きませんでした。ただ塗ったような感じなので、もっと工夫すればうまくいくのかもしれませんが... 今考えているのは金箔を使えないかな?ということです。 例えば、金を溶かす王水をNiに塗布しておいてそこに金箔をコンタクトさせる。そうすると、Niの表面の王水が金を溶かし、王水が気化すると金の成分だけが残る...なんてうまい事はいかないでしょうか? 素人的な発言で恥ずかしいですが、真剣に考えております。 どうか、アドバイスをよろしくお願いいたします。

  • Niへの金薄膜形成

    お世話になります。 表面処理についてはかなりの初心者です。 Niへの金めっきを現在、業者に頼んで行っていますが、 コストダウンのため自社で金めっきと同等の機能を果たすような処理ができないかどうかを検討しています。 金めっきを施している箇所を金属に当てて通電させる製品であり、導電性の向上を目的にしております。 簡単な工程でできるような、めっきの代替となるような方法を探しており、 金ナノペーストを塗ってみたりもしましたが、均一につきません…。 金をつけたい箇所は20μm×100μm×50μm程度と狭い領域です。 何かアドバイスいただけると大変助かります。 よろしくお願い致します。

  • 熱処理したニッケル-リンめっき膜の表面状態

    熱処理したニッケル-リンめっき膜の上に、電気めっきを行いたいと思います。表面酸化膜がないことは確認しております。Ni3PやNi5P2の金属間化合物が形成されていた場合、その上のめっき膜の密着性はいかがなものでしょうか。教えてください。

  • 回答No.2
noname#230359

回答(1)さんのように金蒸着装置でできますよ。 マスキングすれば大丈夫です。 ご指摘のように上からの平面蒸着ですので形状にはご注意ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359

自分が知っている限りでは、蒸着等がありますが…。 蒸着とは、真空装置内で金属等を昇華させてターゲットに薄い膜を つける事を言うみたいですよ。 治具を製作して、コーティングしたい所のみ蒸着すれば 恐らく可能だとは思いますが…。 コーティングしたい部品が余りにも立体形状すぎると、場所によっては 厚さにムラがでる可能性があります。 部品の形状次第だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 蒸着について詳しくないので勉強してみます。 金は局所的に(部品の先端部分のみ)付けたいのですが、蒸着では選択的に付けることは可能なのでしょうか? もしわかれば教えていただきたいです。 ありがとうございます。 治具など検討してみます。

関連するQ&A

  • 異種金属の組み合わせについて

    電気接続部品(コネクタ)のオスコンタクトとメスコンタクトの表面処理において、異なったものを接触させて使用することを検討しています。 具体的には、 ?金めっきとニッケルめっきの組み合わせ ?金めっきと銀めっきの組み合わせ 上記組み合わせで使用して問題ないでしょうか? また、もし、初期確認で問題が発生しなくても、長期的にみて問題が発生することはありえますか? 素人で申し訳ございませんが、教えてください。

  • 金属について教えて下さい?

    金属の材質・種類を知りたく、3つの微小な金属を 蛍光X線分析に出したところ以下のような結果が出ました。 今回分析に出した金属?~?は、鉄をクロムニッケルめっきした金属 という可能性はあるでしょうか? 分析に出した金属は微小な為、見た目ではめっきというのはわかりません。 見た目以外で、合金とめっきの区別の仕方などあればご教授お願いします。 金属?       Fe98.6% Mn1.4% 金属?       Fe97.7% Ni0.6% Mn1.7% 金属?(※測定箇所により分析結果が異なりました。) 測定箇所A  Fe89.2% Cr5.3% Ni3.5% Mn2.0% 測定箇所B  Fe94.6% Cr1.8% Ni1.6% Mn2.0% 金属?の分析結果でCrが検出されていないのですが、 クロムニッケルめっきの可能性は考えられるでしょうか?

  • 亜鉛合金の表面硬化について

     亜鉛合金とステンレスが接触するのですが、当然ですが亜鉛合金が磨耗してしまいます。  亜鉛合金にはニッケルめっきをしていますが、もっと表面を硬くさせる方法はあるのでしょうか?

  • アルミナコーティングについて教えてください

    Aluminum titanium nitride(日本では”アルミナコーティング”と呼ばれているそうです。)のコーティングの特徴を教えて頂きたいです。木材切断用のチップソーのコーティングで硬質クロムメッキやニッケルメッキなどは鋸の表面処理としてよく見られますが上記のアルミナコーティングと呼ばれるコーティングがチップソーのように回転して物を切断するような工具の表面処理として、効果があるものなのか教えてください。

  • 金属材料や表面処理のマグネシウム含有量に関して

    一般的な金属材料の SS材やS○C材、SK、SKH、SUS、アルミ系、銅系、超硬系等に 含まれるマグネシウムの含有量と、めっき等の表面処理に含まれる含有量が、 分かるサイトあるいは資料等を見つける方法を探しています。 ご存知の方が居られましたらご教授お願いします。 目的は、生産工程内でマグネシウムを嫌う部分が有り、 使用を避けるべき金属材や表面処理は何が有るかを見つけるためです。 よろしくお願いします。

  • SUS430へのNiめっきについて

    SUS430(光沢表面)へニッケルめっきを施したいのですが、密着の良いめっきが得られません。(処理品を折り曲げるとめっきが剥がれてしまいます) めっき工程は以下の様に処理しております。 1.脱脂 2.電解脱脂 3.酸活性(50ml/LHCl(35%)_30s_60℃) 4.Niストライク(ウッド浴_3min_RT)*酸活性後の水洗無し 5.Niめっき(ワット浴_光沢剤無し) 上記処理では、SUS430表面の光沢が残っています。 周辺の条件はあれこれ変えて試みているのですが、密着の良いめっきがどうしても得られません。 どなたか、良い方法をご存じでしたらアドバイスの程宜しくお願いいたいします。

  • SUS430へのNiめっきについて

    SUS430(光沢表面)へニッケルめっきを施したいのですが、密着の良いめっきが得られません。(処理品を折り曲げるとめっきが剥がれてしまいます) めっき工程は以下の様に処理しております。 1.脱脂 2.電解脱脂 3.酸活性(50ml/LHCl(35%)_30s_60℃) 4.Niストライク(ウッド浴_3min_RT)*酸活性後の水洗無し 5.Niめっき(ワット浴_光沢剤無し) 上記処理では、SUS430表面の光沢が残っています。 周辺の条件はあれこれ変えて試みているのですが、密着の良いめっきがどうしても得られません。 どなたか、良い方法をご存じでしたらアドバイスの程宜しくお願いいたいします。

  • Niめっきの状態と接着性について

     Znダイカストとある金属部品とをエポキシ接着し製品を組立てようとしています。Znダイカストには耐食性を上げるため、Cu下地のNiめっきをしています。 このNiめっきの状態によって、なぜか接着強度が変わってしまって困っています。  めっき表面が荒れている場合は、比較的接着強度が大きく、光沢のある状態では接着強度が小さくポロッと取れてしまいます。光沢のあるものをサンドペーパなどで荒らすと接着強度が向上したりします(ただ、耐食性は犠牲になってしまいます。)  Niめっきには光沢剤というものが使われているそうですが、めっき表面にはその光沢剤なるものが、表面に析出したりして接着強度を落とすのか?あるいは、表面粗さが接着強度に寄与しているのか? といった点についてご存知の方、お教えいただけませんか?  これによって、ダイキャストの表面を粗した後Niめっきをするべきか、ダイキャストの表面はそのままで、めっきの仕様を変えるべきか、次のアクションを悩んでいます。  

  • 電気的特性に優れている表面処理は?

    お世話になります。 電気装置の筐体の筐体内(エンクロージャ) の表面処理ですが、 EMC性能に優れている表面処理は 一般的に、ニッケルめっき処理だと思っていたのですが。 無電解ニッケルめっき処理の方が適している、みたいな事を聞きました。 言ったその人に聞けば良いのですが、どこの人だかもわかりません。 そこで、 筐体設計において、EMC、電気的特性に優れている、表面処理は何が良いのでしょう? どなたかご存じな方、教えてください。

  • 表面処理を施したアルミ材の静電気について

    アルミに耐食性、防錆を目的として表面処理を施したいのですが、 その部品は電子部品を扱うため、静電気が発生すると問題となります。 アルマイト処理は導電性が悪く、アロジン処理は導電性は良いが環境に悪いとのことでした。 その他、過去ログにある表面処理(Cu皮膜や亜鉛置換方法など)でも良いの ですが、どの程度、表面処理業界で流通しているかがわかりません。 導電性があり、アルマイト処理とコストが同等もしくはそれ以下の、 汎用性のあるアルミの表面処理をどなたかご存知ないでしょうか? またアルミそのものと、アルマイト処理を施したものとで、 静電気量は具体的にどの程度変わるものなのでしょうか? どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授下さい。