• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「FB法による銅板プレスのダレについて」

No. 5717 「プレス抜き銅板の切り口形状の仕様について」から新たに質問させていただきます。銅板t6およびt8のプレス抜きに於いて、ファインブランキング法を用いた場合の質問です。 ・面ダレはどれくらいにできるものでしょうか。客先要求は厚み方向0.5mm以下、面方向2mm以下ですが可能でしょうか。 ・銅板にはC1100タフピッチ銅とC1020無酸素銅があります。各々で差があると思いますが、どちらが適切な材料でしょうか。 ・客先要求を満たすには、パンチ/ダイのクリアランスは何%もしくは何mmに設定すれば良いでしょうか。 ・現行型がストリッパー無しのクリアランス10%のものです。鍛圧はどれくらいあがるものでしょうか。 ・その他、FB法に切り替える時の検討課題を教えてください。(プレス機の必要機能、金型の構造など) 客先/プレスメーカーとの間で苦労しております。納期的にも差し迫っており、早急な対応に迫られています。よろしくご教示ください。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数128
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359

なかなか回答が付かないようですね。期日が迫ったいるとのことでお困りでしょう。 ◎FBについては次を参考にしてください。 http://cloud.prohosting.com/guide2fb/index.htm 国内でも「ファインブランキング加工」で検索していただければたくさんの企業が解説しています。FB加工専用のプレスと高精度の金型が必要です。 FBの類似工法もいくつか発表されています。 http://www.ebway.com/homepage.html など しかし一般的に「ダレ」の大きさは材料の性質と打ち抜き輪郭形状に左右されるためFB加工だけでは満足のいく結果を得る事ができないことが多いです。 ◎ 大根を包丁でスパっと切ったようなダレも破断も無い様な切り口を要求する場合には、通常は後工程も含めて相当な調査と工法の開拓が必要です。その意味では今回の要求と初期の対応にはずいぶん意識のギャップがありましたね。残念ながら現在の金型(ストリッパー無しのクリアランス10%のもの)の改造程度では対応不可能でしょう。 しかし、現在の金型で大きく打ち抜いてその後加工でシェービングすることで対応できるかもしれません。これは輪郭の形状によります。 最初から高精度を狙って金型を設計製作すればダレの無いような部品も一般プレスで加工が可能です。 シェービングについては当方のページに解説してあります。 http://www.clio.ne.jp/home/apt/ 参考になれば幸いです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。お察しの通り苦労しています。ご教示いただいたURLで勉強いたします。ご助言いただいた、大きめに抜いてシェービングする方法が早道のようです。参考になりました。 ご教示いただいたurlで種々勉強させていただいています。そこで質問なのですが、銅板t6もしくはt8でシェービングしていくとき、一回のシェービング代は何mmを目安にすれば良いのでしょうか。 現在残っている課題は抜きダレ4mmを2mmまで小さくせねばなりません。クリアランスを小さくしてダレ4mmをできるだけ小さくしたのち、最小回数のシェービングかと考えていますが、一回のシェービング代が少ないほど、シェービング回数が多くなりますよね。切削の方が早いのかなとも思っています。よろしくご教示ください。

関連するQ&A

  • プレス抜き銅板の切り口形状の仕様について

    プレス加工の知識に乏しい為、みなさまのご教示、ご意見お願いいたします。 t6の銅板打ち抜き品を製作依頼しました。コスト優先で検討してもらって、できあがった製品の切り口形状のダレと破断面、そして材料の反りが大きく問題となっています。 型の構造を聞くと、型コスト優先で単発抜き型のようです。パンチ側の寸法がダイとパンチのクリアランスやストリッパーによる押さえなどで解決できると思うのですが、金型修正、追加仕様について、かかるコストの負担でこまっています。 図面寸法74に対し、ダイ側せん断面寸法は74、パンチ側破断寸法72.9(△1.1)、だれは厚み方向で約1mm、長さ方向で約5.5mmです。 依頼した図面には切り口形状、反りなどの仕様の詳細は書いていませんでしたが、プレス加工部分の許容差として該当寸法は±0.3と指示していました。 製品200個製作指示に対し、見本として数個もらったものが以上の不具合でした。すでに200個は製作されています。 そこで質問です。 ?△1.1mmが問題なので±0.3の図面指示が満たされていない、とプレス屋さんに言い切って良いものでしょうか。プレス屋さんの世界では、ダイ側せん断寸法が入っていれば可、破断寸法は無視、というのが常識ということはありませんか。 ?t6の銅板抜きでは、この程度の破断部寸法マイナス、ダレは適切なのでしょうか。 ?図面仕様のまずさ、仕様打ち合わせのまずさが起因していると反省していますが、みなさまはこの手の仕様決定はどの様にされていますか。 ?型修正費用、プレス品再製作費用にの負担について、みなさまのご意見は如何でしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • SPC材1.4ミリのプレスでの抜きバリについて

    教えて下さい。 コイル材での厚さ1.4ミリの鉄板をプレスにて抜き落としした時に が大きくなってしまいます。 バリの大きさは、触れた時に明らかに引っかかる程です。 社内で検証したクリアランス数値は パンチ径+0.1(片側)、パンチ径+0.12(片側)パンチ径+0.14(片側)。 どの数値もバリの大きさは大差無く、大きいです。 抜きバリゼロまでは求めませんが 限りなく抜きバリを小さく押さえたいのですが、 最適なクリアランス設定はどの位でしょうか? 材質SPC、t=1.4、パンチ径はΦ5、異形状の抜きもあります。 抜きパンチ、抜きダイともに材質はDC53を使用してます。 宜しくお願いします。

  • 樹脂プレートをプレスで抜く

    弊社はプレス金型とプラ型を作っている会社です 客先から、ポリカシートをプレス型で抜きたいと相談を受けました。 今まで鉄板を抜いたことはありますが、樹脂は経験がないのでどう違うのかわかりません。(クリアランスやシャー角の取り方、使用部品の違いなど)また、プレス抜き加工は一般的によくおこなう加工なのか、普通は、プラ型で成形するのか教えてください。 製品の大きさは、400*100 厚さは0.5です。よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359

シェービングの取代についての話です。 ご存知のように取代が少なければその加工された面はきれいになりますが、多ければきれいに仕上げることはできません。 これはシェービングの過程でパンチの下面に堆積するスクラップの抵抗に起因する現象です。 従って被加工材料が厚くなるほど条件の設定は難しくなります。 また加工輪郭によって全く異なります。ギヤのような形状の場合には歯先から出てくるスクラップと、歯底から削りだされるスクラップとでは挙動が異なります。 教科書にあるように板厚の何パーセントというような設定はナンセンスです。 ということで輪郭形状が不明のままではなんとも答えようがありませんが、その形状さらに生産予定数によっては切削の方が良い場合も有ります。  参考にもなりませんが・・ 追伸 先日の回答では急いでいたため文章もミスばかりで申し訳ありません。 これ http://www.ebway.com/homepage.html じゃなくてこのページを御覧ください。 http://www.ebway.com こんな記事もあります。 http://www.metalforming.com/forum/thread.cfm?threadid=1132&messages=6

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々の回答ありがとうございました。形状が分からないと答えようが無いですよね。本件に限らず、簡単な図面が書き込めると良いのですが。図面をもってアプト技研さんに相談させていただこうかと思っています。アプト技研さんのホームページでシェービングはわかりやすかったです。

関連するQ&A

  • 擦れる原因

    抜き型の刃合わせにおいて パンチとダイを パンチがダイに少し入った位置になる様な高さのブロックをかまして クリアランスを調整後 ボルトをしっかり締め その状態でボール盤でリーマをあけてノックピンを入れた後 プレス機にセットしてスライドを下していったら パンチとダイの一部がこすれて刃が死んでいる状態になりました。 ボルトをしっかりしめから、リーマ穴をあけているので、位置がずれる ことが考えにくいのですが、 パンチとダイが プレス機にセットして下した時にこすれる原因として どのような事が考えられるでしょうか? クリアランスは0.08です。

  • プレス金型の組付け

    初めて投稿します。皆さんの意見を教えてください。 金型の説明をします。 1:製品の大きさが700mmx1,000mmでφ5位の穴が多数あるピアス型です。 2:板厚0.5mm、クリアランス0.02mm 3:ダイ、ストリッパーはSKD11,20~30mmx80mmx200mm位の大きさで、各10個くらいあり、熱処理後、平面研磨、ワイヤー加工します。 4:パンチプレートはS50C、20mmx80mmx200mm、10個位、熱処理しないので、平面研磨後マシニング加工します。 ホルダー(ダイ、ストリッパー、パンチプレートを固定するプレート)40~60mmx1,000mmx1,300mmに固定用タップとノック穴をマシニングで加工して、ダイとパンチがスムーズに合うでしょうか? もちろんマシニングセンターは恒温室で加工しません。 XY方向の熱変異補正機能も付いていません。 下のホルダーと上のホルダーのノック位置が0.005mm位の精度で加工しないとダイパンチが合わないと思います。 ちなみにマシニングはMCV-A?2040です。 鉄は1度の温度変化で約0.01mm変化すると聞いています。 恒温室、治具ボーラーで加工しないと無理ですかね? やはり、ダイ基準でストリッパー、パンチプレートは手で合わせ後、ラジアルでノック穴をホルダーに共明けですかね?

  • 薄物プレス部品の積層梱包

    板厚 0.15 材質 銅系 形状 φ12 の部品をプレス加工しようとしています。 (プレスの回転数は250SPMぐらいで) 客先より梱包方法を、 ・カエリ方向をそろえる。 ・塩ビのパイプに1000枚単位に入れる。 という要求があります。 自動化を狙って設計しようとしていますが、方式が見当つきません。 一般的にこういった梱包はどうゆう方法でやっておられるのでしょうか?

  • 順送型上下抜きについて

    順送型で上下抜きを考えていますが、1工程目と2工程目の パンチとダイのクリアランスとパンチの突っ込み量の設定がよく分かりません。 ご存知の方、アドバイスをお願いいたします。 ちなみに材質は銅、板厚0.8で、できれば2工程目で 抜き落としにて製品回収をしたいです。 

  • カット時の毛

    プラスチック樹脂を成形し抜き型を使いプレスにて成形品をトリミング機で抜き製品化しておりますが製品のせん断面と破断面の中央にヒゲ状の毛が発生しております。現在はダイ側のクリアランス調整でしのいでおりますが発生する理屈が理解できません。ご教授おねがいします。

  • t=8.0 spcc ブランク型をつくります

    みなさんどうぞご教示ください。 t=8.0 SPHC-P □240*130の ブランク型をつくるとします レイアウトは製品を金型の真ん中に配置し抜き落とします 下板の大きさは450*650にします パンチ(SKD11) 厚み 60ミリ ストリッパー(S50C) は固定で厚み20ミリ 材料ガイド(S50C、チッカ処理)の厚みは25ミリ ダイセット、SS400(一番下の板)は厚みを50ミリと考えております。 枕は下板ながて方こうにひきます。 製品はシュータでとりだします 抜き荷重は170トン程と想定しております。 製品240方向に、真ん中で対称にダイに4mmシャー角をつけます。 これで150トンプレスで抜きます。 なにせ4mm以上の板厚の抜きは初めてなので いろいろ考慮して決めたのですがこれでよいのでしょうか? ダイセット下板の板厚がいままで何も考えず決めていたのですが みなさんはどのように選定されていますか? はたして50mmでいいのかどうか、不安になってきました。 また板厚の半分のシャー角をつけると 抜き荷重はどのくらいで想定すればいいのでしょうか?

  • ヒゲバリで困っています

    SUS304,1.2t,直径30、順送型の第一ステージでランス抜きし、第二ステージでストリッパで平打ちされ材料の中に入りますが、その際材料どうしがこすれてヒゲバリが、発生して打痕だらけになってしまいます。なにかよい対策はないでしょうか。パンチ、ダイともにストレートで、下型のダイには強めのバネでノックアウトを入れてあります。シャー角はつけてありません。クリアランスは、8%から12%でためしてみましたが、だめでした。

  • ビニール抜き金型のガイドポスト選定について

    厚さ0.5mmのビニールを抜く型を製作するにあたって、質問させていただきます。 パンチとダイのクリアランスは0.01以下にて製作するのですが、その際のガイドポストについて、プレーンガイドにするかローラーガイドにするかで悩んでいます。剛性の面ではプレーンの方が強いのですが、横方向にかかる荷重が少ない場合に、ローラーガイドなら中に入っているローラーに初めから予圧がかかっているため、プレーンに比べ、変位量が少ないのではないかと考えています。 取り付けられるプレスと上型は固定されておらず、フックのようなものでひっかけて上下する用になっています。 以上のことを考慮して、意見をください。 宜しくお願いします。

  • 金型(プレス)の設計の勉強方法について教えて下さい

    現在仕事で金型の図面のバラしをCADでしてる者です。 しかし、5人ほどの小さい会社の上、PCを使えるのが自分1人のためお客さんから設計関係や専門用語の話や、そういった内容の依頼があったときに理解できず苦しんでおります。 (今までは紙図面で入ってきたが近年データで入ってきて私が雇われた。) そこで金型プレスなどの設計も詳しくなりたいのですが手始めにどうすればいいでしょうか? 参考書、参考サイト、回答者様の提案、何でもいいのでアドバイス下さい。 とっかかりがほしいです。 ちなみにこの業界に入って4ヶ月ほどです。 最近ようやくDP(ノック穴)、パンチ、ダイの存在意義がわかりだした感じです。 今一番困ってるのが、プロフィール(P/F)という言葉の意味です。 形状だとばかりに思ってたのですが、形状とP/Fはまた別物のようなのです。 あとトリムラインもどこのことかわかりません。形状でしょうか。 他にも例えばクリアランス=すきま量?くらいの言葉自体は知ってますが 具体的にクリアランスとはどういった場面で使うかとかすきま量がなんなのかとかはわかりません。 正確に言うと説明をみてもいまいちピンときません。 具体的に説明してあるわかりやすいサイトなど教えていただけると嬉しいです。

  • 精密剪断加工について

    初心者ですので宜しくお願いします。 早速ですが下記条件でのプレス加工のポイントなどを教えてください。 1.総抜き加工のワッシャー製品でダレを極力なくし剪断面を確保(希望は板厚の80~90%) 2.被加工材SK5 板厚3.0 3.製品幅2.5mm 4.ファインブランキングではなく汎用プレス使用 加工できますかね~? あと一つ質問します。 今後精密剪断を手掛けていくのですが、プレス機、周辺設備などラインを導入するときの注意点や経験からのアドバイス、推奨プレス機メーカー等あればご教授ください。 できれば導入した設備でも汎用プレス加工を行いたい。 こんな欲張りはだめですかね?