• ベストアンサー
  • 困ってます

酸塩基反応と酸化還元反応

よくある酸化還元反応の例に Zn + Cu2+ ⇄ Zn2+ + Cu がありますが、 ルイスの酸塩基の定義で考えると、 Znが塩基、Cu2+が酸と捉えることもできると思いますが、この解釈は合っていますか? また、酸化剤を酸、還元剤を塩基と捉えることもできそうですが、こちらはどうですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • 閲覧数438
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 酸塩基反応と酸化還元反応は全く異なる反応です。  ルイスの酸塩基は”電子対”の授受によって定義されます。これは酸化還元反応とは全く異なるものです。電子対を与えるものというのは非共有電子対(孤立電子対、ローンペア)を持つもの、電子対を受け取るものとは空軌道を持つものです。ルイス塩基の非共有電子対とルイス酸の空軌道による配位結合の形成、またその逆をルイスの定義による酸塩基反応といいます。  一方、酸化還元反応は電子をほかの原子やイオンと授受することです。亜鉛と銅の酸化還元反応について考えると、Znの電子配置は[Ar]4s(2) 3d(10)、Cu^2+の電子配置は[Ar]3d(9)となります。ここで、Znの4s軌道の2個の電子がCu^2+の3d軌道と4s軌道に入ります。  ルイスの酸塩基反応は配位結合の形成または共有結合のヘテロリシス開裂と言い換えられます。酸化還元反応は電子の授受により酸化数が変化します。酸塩基反応では酸化数は変化しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくわかりやすい解説,ありがとうございます.

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

(1)酸化還元反応 酸化反応は物質が電子を失う反応で、還元反応は物質が電子を受け取る反応。酸化還元反応は酸化反応と還元反応が対になって生じる反応。 酸化反応、Zn→Zn2++2e- 還元反応、Cu2++2e-→Cu 酸化還元反応、Cu2++Zn→Cu+Zn2+ (2)ルイス酸、ルイス塩基 酸は他の物質から電子対を受け取るもの、塩基は他の物質へ電子対を与えるもの。酸は電子対受容体、塩基は電子対供与体。酸は電子対供与体の非共有電子対を共有できる空の電子軌道をもち、塩基は電子対受容体と共有できる非共有電子対をもつ。 Cu2++4NH3→[Cu(NH3)4]2+ (3)標準電極電位 Zn2++2e-→Zn,E゜=-0.763V Cu2++2e-→Cu,E゜=+0.377V 標準電極電位が負に大きいほどイオン化傾向が大きい、金属陽イオンになりやすい。 還元剤はCu<Zn,酸化剤はCu2+>Zn2+ (4)アクア酸 金属イオンの正電荷が大きく、イオン半径が小さいほどアクア酸の酸性度は増大する。 イオン半径はCu2+<Zn2+

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます.違いがよくわかりました.

関連するQ&A

  • 酸化還元反応か?

    よく問題文中に酸化剤(還元剤)、酸(塩基)と反応させるとありますが、その時点で酸化還元反応なんですか?それとなんで過マンガン酸カリウムはよく酸化剤として出題されますが、それは単に強力酸化剤だからなんですか?

  • 酸化還元と酸塩基

    ルイスの酸塩基の定義によると、酸は電子対を受け取る物質・塩基は電子対を与える物質と言うことです。 一方で、酸化還元反応は電子の授受で説明できると言うことですが、酸化還元反応と酸塩基反応との本質的な違いはあるんでしょうか? 関わっている電子の数が異なるだけのように思えるのですが・・・

  • 酸塩基反応と酸化還元反応

    受験勉強です。酸塩基反応ではH+を出すほうが酸で受け取るほうが塩基、酸化還元反応では酸化数の増減で決まるというのはわかります。H2SはSの酸化数が下限なので還元反応できないというのも分かりますが酸塩基反応では酸として働くと言うのがわかりません。酸塩基反応と酸化還元反応の違いも分かりづらいです。

  • 「酸化・還元の酸」「酸・塩基[アルカリ]の酸」違い

    以前の質問の中で、「酸化・還元の酸(酸化剤・還元剤での酸)」と「酸・塩基[アルカリ]の酸」とは、全く違うという指摘を受けたことがあるのですが、・・・ 「酸化・還元の酸(酸化剤・還元剤における酸)」と「酸・塩基[アルカリ]の酸」とは、どのように違うのでしょうか?

  • 酸化還元反応・・・

    こんばんは。 早速ですが、酸化剤や還元剤の半反応式中には H^+ やH20がありますよね。酸化還元反応は 酸塩基反応とは違うという認識なんですけど、 どうしてH^+が必要なんですか?? 酸化還元反応の半反応における電子の享受を H^+とH20で便宜的に表しただけでしょうか。 (半反応式を組み合わせたときH20とH^+を両辺から 消すために、反応の相手を統一しただけでしょうか。) でも、過マンガン酸カリウムなどでは、硫酸酸性にしたときと そうでないときとで酸化力が違いますよね。酸性条件下では H^+がしっかり酸化還元反応に関与してきているように思えます。 だとしたら、半反応式中のH^+は形式的にではなく本質的な反応を 表していると思うのですが・・・ 長々書いてしまいましたが、一番の疑問点は、 「酸性条件が酸化還元反応を促進するのはなぜか。」 「半反応式を組み立てるときに、両辺の原子の数合わせで 用いるH^+に本質的な意味はあるか」 です。よろしくお願いします!

  • 酸化還元反応と酸塩基反応

    酸化還元反応と酸塩基反応は1つの化学反応で 一緒に起こるのでしょうか? それと酸塩基反応が起こってる際は 酸化数は変化しないのでしょうか?

  • どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるのでしょうか?

    化学反応は、おおまかに分けて酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである。という話を聴いた事があります。 確かに、化学の教科書で化学反応のページに載っているのは酸・塩基反応と酸化還元反応です。 世の中には、数え切れないほどの化学反応があると思うのですが、どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する、というのはいまいち信じられません。 化学反応の種類というのはそんなに単純に分けられるものなのでしょうか? たとえどんな化学反応が起ころうとも、どんな化学反応式に出くわしたとしても、「酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである」というような態度で化学を勉強しても問題ないのでしょうか? また、有機化学の分野では付加反応とか縮合反応など、いろいろな名前の反応が出てきますが、これもより一般的に考えれば酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する化学反応なのでしょうか?

  • 酸化還元反応について

    どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるのでしょうか? 化学反応は、おおまかに分けて酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである。という話を聴いた事があります。 確かに、化学の教科書で化学反応のページに載っているのは酸・塩基反応と酸化還元反応です。 化学反応の種類というのはそんなに単純に分けられるものなのでしょうか? たとえどんな化学反応が起ころうとも、どんな化学反応式に出くわしたとしても、「酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである」というような態度で化学を勉強しても問題ないのでしょうか? また、有機化学の分野では付加反応とか縮合反応など、いろいろな名前の反応が出てきますが、これもより一般的に考えれば酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する化学反応なのでしょうか?

  • 酸化還元反応について

    酸化還元反応について教えてください。 ●次の酸化還元反応を一つのイオン反応式で示した後、化学反応式にまとめよ。 希硫酸を加えて酸性にした過酸化水素水にヨウ化カリウム水溶液を加えたら、ヨウ素が遊離して、水溶液が褐色になった。 どのように、酸化剤と還元剤を見分けるのですか? あと、解き方を教えてください>< よろしくお願いします!

  • 酸化還元反応と中和反応の違い

    酸化還元反応と中和反応の違いは何でしょうか?反応式は書けるのですが、いまいち違いが分かりません。例えば中和反応なら、対象の物質が水に溶けたと仮定して電離の式を酸と塩基とで個々に立てて作りますよね?対する酸化還元反応は半反応式とイオン化傾向から酸化剤・還元剤どちらになるかを見極め立式して解くというのも理解してます。 ただ本当の意味では理解していないので気持ち悪いです。明確な違いは存在するのでしょうか? しょうがないので私は問題にしている物質が水に溶けイオンに分かれそうなら中和反応、そうでないなら酸化還元反応と考えています。 書きながら頭の悪い文章だなと思いますが、これで精一杯なのでご回答よろしくお願い致します。