• ベストアンサー
  • 困ってます

厚生年金(旧共済年金)について

お世話になります。 年齢問わず、受給者の勤務期間(20年以上)や給与実績により65才からは厚生年金(旧共済年金)が支給されますね。ただ、老齢基礎年金と違い、厚生年金(旧共済年金)はある年齢になると減額されるように記憶しているのですが正しいでしょうか?正しいなら、それは何才からでしょうか? また、どの程度の減額割合になるのでしょうか?さらに、支給月額により減額割合が異なるのでしょうか? お教えください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数431
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

> 地方職員共済年金組合から案内が来るのでしょうか? 手続きの詳細についてはわかりません。 おそらく、受給権が発生する2~3か月前に年金の請求書が届くのではないかと思います。 (受給権が発生する月は、誕生月によって異なります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。ここまで教えていただいたのですから、あとはなにを聞けばいいか、共済組合に問いやすくなりました。

関連するQ&A

  • 「在職老齢厚生年金の支給停止と共済年金の違いについて」

    「在職老齢厚生年金の支給停止と共済年金の違いについて」 60~65歳未満で、厚生年金保険の適用事務所に再就職し収入があり、特別支給の老齢厚生年金との合計が月額28万円以上になると、計算式に応じて老齢厚生年金が「支給停止」(カット)されます。 この制度の適用は「共済年金」受給者も同じように適用されるのでしょうか? 60歳まで公務員だった人と話をすると、どうも話の内容が噛み合わないので、違うように思うのですが… 知識として知っておきたいので、お教えください。

  • 退職共済年金について教えてください。

    現在50代正職員の主婦です。今は、厚生年金入っていますが結婚前には、公務員で6年働いていました。 公務員共済年金のお知らせを見ているのですが、63歳から退職共済年金が支給され65歳から公務員共済期間にかかる老齢基礎年金の支給になるようですがこれは両方ともずっといただけるのですか?両方の見込み額を合算させたものととらえてよいのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 老齢厚生年金・老齢共済年金

    初めまして。 現在会社員なのですが、公務員に転職した後の年金について 悩んでいます。 厚生年金・共済年金共に25年以上加入しなければ 老齢厚生年金・老齢共済年金、それぞれ受け取る権利が無いですが、 両方合算して25年間以上加入 (例:厚生年金5年間+共済年金22年間=27年間) した場合、老齢厚生年金もしくは老齢共済年金を 貰える権利は発生するのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

> 1.1階部分、老齢基礎年金は65才から支給され、あくまで現状では、毎月の受給額が死ぬまで続くと考えて良いのでしょうか? そのとおりです。 ただし、繰り上げ受給、繰下げ受給の手続きをすれば、65歳からではなく、60歳~70歳の間で支給開始となる場合もあります。 また、受給額はその時の物価や賃金の変動により微調整されることがあります。 > 2.2階部分、私の場合、厚生年金(旧共済年金)は65才より早く支給されますが、毎月の受給額は1階部分と同様と考えて良いのでしょうか。 65歳前に受給できる制度は経過的な措置(特別支給の老齢厚生年金)で、もう少し若い人たちからは、65歳からの受給に統一されます。(共済年金についても同様) http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html そして、65歳からは、正式な老齢厚生年金が支給されます。これも老齢基礎年金と同様に、その時の物価や賃金の変動により微調整されることがありますが、終身で受給できます。 > 3.3階部分、これを20年とすると、2階部分の支給開始から20年後に減額(消失)されると言うことでしょうか。 3階部分の一部の、終身年金でない部分はそのとおりです。 > 4.なるほど、3階部分が一般企業等の企業年金なんですね。一般企業の知人が言うには、それが60才からもらえると言っていました。知人は、年齢は私と同じです。同じ3階部分なのに私は60才からはもらえません。なぜなのでしょうか? 共済の職域部分についても経過的な措置がありますから、対象になる人は65歳よりも前から受給できているのではないかと思います。 http://www.kkr.or.jp/seidokaikaku/27ichigenka/syokuiki/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。ほぼ、私の年金について理解できました。

質問者からの補足

ごめんなさい。もう一つだけお教え下さい。 3階建て部分を一時金でもらうか、10年間に分けてもらうか、20年間に分けてもらうかについてです。今年度退職する私なら、2階部分が支給される際に、3階建てについてはどれを選びますかと、地方職員共済年金組合から案内が来るのでしょうか?

  • 回答No.1

旧共済年金については、1階部分:基礎年金、2階部分:厚生年金に一元化されましたが、3階部分(従来の職域加算)は、積立方式に変わりました。これは一般企業等の企業年金に相当するものです。 http://www.kkr.or.jp/seidokaikaku/27ichigenka/taisyokutoukyufu/gaiyou.html http://www.kkr.or.jp/seidokaikaku/27ichigenka/index.html すなわち、従来であれば、職域加算部分についても終身の年金として受給できましたが、新しい制度では、半分が終身年金に、残りの半分が有期年金に変わりました。ただし、有期といっても、10年か20年、あるいは一時金のいずれかを選択できるようになっています。 掛金率は標準報酬月額の1.5%で、折半(組合員の掛金率は0.75%)することになっています。 http://www.kkr.or.jp/seidokaikaku/27ichigenka/zaiseikeisan/keisansyousai.html 平成27年9月までの組合員期間分については、従来の職域加算年金(全部が終身年金)、平成27年10月以降の分について新しい制度が適用になります。 したがって、10年、20年、一時金のどれを選択するか、新しい制度下での組合員期間がどれくらいか、標準報酬額がいくらだったかによって、何歳からどれくらい減額になるかは人それぞれということになります。いずれにしても、3階部分の半分のみですので、それほど大きな減額にはならないと思われます。 なお、上記のリンク先は、国家公務員共済ですが他の共済についても同様です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。退職説明会でさっぱりわからない説明を受けたわずかな記憶がよみがえりました。個別相談で地方職員共済組合の方は、20年が得とこっそり教えてくれたのはこのことですね。ただ、ご紹介いただいたURLをクリックするとやはりすぐには理解しにくい内容ですね。

質問者からの補足

お手数ですが、続けてお教えください。 1.1階部分、老齢基礎年金は65才から支給され、あくまで現状では、毎月の受給額が死ぬまで続くと考えて良いのでしょうか? 2.2階部分、私の場合、厚生年金(旧共済年金)は65才より早く支給されますが、毎月の受給額は1階部分と同様と考えて良いのでしょうか。 3.3階部分、これを20年とすると、2階部分の支給開始から20年後に減額(消失)されると言うことでしょうか。 4.なるほど、3階部分が一般企業等の企業年金なんですね。一般企業の知人が言うには、それが60才からもらえると言っていました。知人は、年齢は私と同じです。同じ3階部分なのに私は60才からはもらえません。なぜなのでしょうか? よろしくご教示願います。

関連するQ&A

  • 65歳からの老齢基礎年金と遺族共済年金の両方を受け

    老齢基礎年金+老齢厚生年金+遺族共済年金を受け取る ことが出来るでしょうか。 受取額は遺族共済年金が一番多いです。 この場合、厚生年金は受け取れなくても、 65歳から自分の老齢基礎年金と遺族共済年金の両方を、 そのままの額で受け取れるのでしょうか。 65歳からの生活設計をしなくてはいけないので知りたいです。 よろしくお願い致します。        

  • 障害共済年金との併給(65歳~)

    私は現在、40代で、障害共済年金(等級2級)と障害基礎年金を受給しながら国民年金に加入中です。これからもし再就職して厚生年金に加入し(給与月額は18万円くらい)、のちに65歳になった場合、障害共済年金・障害基礎年金・老齢厚生年金の併給という事は可能なのでしょうか。 お詳しい方いらっしゃいましたら、どうぞご回答よろしくお願いいたします。

  • 厚生年金と共済年金の時期をずらした受給

    厚生年金に約2年、残りは共済年金に加入しています。厚生年金と共済年金では受給開始の年齢が異なることに気づきました。厚生年金をそのまま受給するとして、共済年金の方は本来に受給開始年齢より数年後から受給するようにできますか。

  • 共済年金から厚生年金へ

    共済年金に約13年加入後、厚生年金に加入中です。 トータル(共済+厚生年金)し、25年加入すると国民年金と上乗せ部分の年金の受給資格を満たすと思っていたのですが、同じく共済年金加入十数年後、厚生年金へ加入となった方から、共済年金分は退職金で受け取っているため、25年の中には含まれないと言われましたが・・・本当でしょうか? 又、トータルで考えて良い場合、共済+厚生年金ということで、現状で何か手続きは必要なのでしょうか?

  • 厚生年金

    分からないことがあるので教えてください。 60歳から特別支給の老齢厚生年金を受けていた人が65歳からの老齢基礎年金を受け取るようになった場合、特別支給の老齢厚生年金で受け取っていた年金額(厚生年金)は少なくなってしまうのでしょうか? 何が何んだかHPを見ても分からないので教えてください。

  • 年金制度が来年から厚生年金と共済年金で一元化

    されますが、そこで2点教えてください。現在私(62歳、教員で定年65歳、癌のため現在休職中;傷病年金3級)は共済年金に入っております。そこで質問ですが、共済年金は厚生年金に比し掛金が高いのですが年金の支給額は今まで通り掛金に比した額だけ頂戴できるのでしょうか。次に厚生年金の場合は傷病年金3級で傷病年金の支給があるのですが、共済では3級ではありません。一元化されるとその点は如何なるのでしょうか。

  • 国民年金⇒厚生年金⇒共済年金・・・

    学生時代は国民年金⇒就職して2年半厚生年金⇒半年間未加入⇒アルバイト先で10ヶ月間厚生年金⇒2ヵ月未加入⇒結婚して3年半第三号被保険者として夫の共済年金に加入という経歴を辿っています。このたび夫が転職を考えており、国民年金に再び加入することになりそうなのです。今後国民年金を払い続けて65歳になった場合、支給額に厚生年金加入の3年余りと共済年金加入の3年半は反映されるのでしょうか。それとも基礎年金部分しか考慮されないのでしょうか。されないのだとしたら支払ってきたいわゆる「2階部分」が無駄になってしまうのではと思いまして・・・。複雑すぎて自分でも混乱してます。なぜか旧姓のオレンジの年金手帳が2冊もあり、さらにわけがわからなくなってきています。どなたかご回答お願いします。

  • 老齢基礎年金と共済年金の関係について

    昭和23年生まれの58歳です。 公務員を退職し、そのまま会社勤めをしていますが、先日、社会保険庁から厚生年金の概算が知らされました。 その中に、60歳、64歳と65歳からの3段階があり、65歳から老齢基礎年金という金額がありました。 公務員を退職するときには、60歳以降と64歳以降の2段階の共済年金の概算が知らされていますが、この老齢基礎年金は含まれているのでしょうか?言い換えれば、64歳で受け取る共済年金に65歳からは老齢基礎年金の金額も足しても良いのでしょうか。大分大きな金額ですので気になっています。よろしくお願いします。

  • 厚生年金と共済年金をどちらも納めた場合

    初めての質問で言葉足らずだったらすいません。大学に通っていた時は国民年金を納め、22才からは厚生年金を納めていました。30才から郵便局の社員になり現在33才で3年共済年金を納めています。 中途半端に厚生年金を納めた状態なので定年後どのくらい年金がもらえるのか計算できなくて困っております。定年までずっと厚生年金、あるいはずっと共済年金で納めた方がもらえる年金は上がっていたのかなと不安になってしまいました。 どなたかご存知の方いらしたらご教授 よろしくお願いいたします。

  • 共済年金加入期間と厚生年金加入期間が両方とも支給期間を満たしていない場合の年金支給について

    共済年金加入期間と厚生年金加入期間があり、いずれかひとつの期間では年金支給の支給期間を満たさないが、両方を足した場合に支給期間を満たす場合、どちらかの年金が支給されるということはないのでしょうか。 やはり、共済年金は共済年金、厚生年金は厚生年金での加入期間を満たさないと国民基礎年金しか支給されないのでしょうか?

専門家に質問してみよう