-PR-
解決済み

貴方にとって特別な俳優 ( 女優 )

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9306889
  • 閲覧数542
  • ありがとう数62
  • 気になる数1
  • 回答数19
  • コメント数0

お礼率 100% (1893/1893)

先日俳優の 渡瀬恒彦 さんがお亡くなりになりました・・享年72歳、謹んで御冥福をお祈りしたいと思います。

いまだ私の中には、東映やくざ路線で暴れ回っていた若い頃の恒彦さんしかいません、ほとばしる若者の狂気のようなものを演じさせたら、恐らくピカイチだったろうと思います、これも先日天に召された 松方弘樹 さんと双璧だったでしょうか。

そんなお二人ががっぷり四つに組んだのが 『 実録外伝 大阪電撃作戦 』、そりゃもう面白い映画だった、渡瀬さんの出演作としては他に、 『 仁義なき戦い 』 シリーズ ・ 『 山口組外伝 九州進攻作戦 』  ・ 『 三代目襲名 』 もそうですが・・。

無論 高倉健 さんは特別な俳優・・ 文太 さんも好きだった、ただ彼等主役の輝きの幾分かは、脇を支えた面々に帰せられるものでしょう、そういった意味で 渡瀬恒彦 さんは特別な俳優さんでした。

思えばかつて東映やくざ路線を彩った主要キャストで、いまだ御健在であられるのは梅宮辰夫さんと千葉真一さんの2人だけ、時の移ろいとは言え寂しい限りです。

さて貴方にとって特別な俳優 ( 女優 )、出来れば印象的な作品と併せてお教え下さい。
通報する
  • 回答数19
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 24% (182/738)

私は旧作から新作まで、色々観ますが

特別な女優は、
リリアン・ハーベイ「会議は踊る」
ビビアン・リー  「欲望という名の電車」「風とともに去りぬ」

日本では田中絹代 「サンダ館八番娼館」「西鶴一代女」「雨月物語」「陸軍」
    山田五十鈴「折り鶴?」「あらくれ」・・・etc
         「折り鶴?」の上映会では、会場は涙、涙・・・
無声映画ですが秀作です(画面に字が出ます)


浅丘ルリ子さんは、可愛い
高峰三枝子さんはステキ
高峰秀子さんは、元気で知的で可愛らしい~
吉永小百合さんでは、「ひめゆりの塔」のお別れの舞が美しくてヨカッタ~(涙)
          有名な脚本家さんも言ってましたが、この作品では
          小百合さんが、日本の小百合さんになる前の(どこか肩の力が抜けた
          自然体の)小百合さんがみられます。
司葉子さんは、キレイ
大地喜和子さん、セクシー
京マチ子さんも、色っぽいなぁ
大原麗子さんは、滅茶苦茶カワイイ! 可愛すぎる!

美しいだけではなく、確かな「演技力」や「存在感」が別格でしたね。
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

heriotoro-pu さん、こんばんは。

色々と挙げて頂いた中から、抜粋してお礼を述べさせて頂きたいと存じます。

>ビビアン・リー  「欲望という名の電車」「風とともに去りぬ」

ビビアン・リーは、 『 風と共に去りぬ 』 と 『 哀愁 』 の2作しか観ておりませんが、全く印象が異なる女性像を見事に演じておりまして、さすがは・・との印象です。

>浅丘ルリ子さんは、可愛い

若い頃の彼女は別格ですね、仰る通りでそりゃ可愛い。

>司葉子さんは、キレイ

神が与え賜うた美貌・・、まさにその一言です。

>大原麗子さんは、滅茶苦茶カワイイ! 可愛すぎる!

う~~ん、大好きでした、永遠の憧れです。

それにしても短いながら的確で、異論を挟む余地が無いコメントの数々、恐れ入りました。

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2017-03-19 21:37:54
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全18件)

  • 回答No.13
レベル11

ベストアンサー率 20% (20/99)

isoken さん、こんにちわ(^^)お久しぶりです。 >渡瀬恒彦さんがお亡くなりになりました・・ まだ72才でいらしたんですね、本当にショックです。 好きな俳優さんでした と言えるほど、実はご出演の映画も観てなくて、 邦画、とくにやくざ映画は全く語れないのですが、。(-_-;) なので、私の独断と偏見で‥ 好きな俳優さん というより、好きなタイプでした。^^; 先ずカッコ良かった、男の色気がありまし ...続きを読む
isoken さん、こんにちわ(^^)お久しぶりです。

>渡瀬恒彦さんがお亡くなりになりました・・
まだ72才でいらしたんですね、本当にショックです。
好きな俳優さんでした と言えるほど、実はご出演の映画も観てなくて、
邦画、とくにやくざ映画は全く語れないのですが、。(-_-;)

なので、私の独断と偏見で‥
好きな俳優さん というより、好きなタイプでした。^^;
先ずカッコ良かった、男の色気がありましたね~
isokenさんや亀様が仰るように、若者を狂気を感じさせる‥わかります!
知性に裏打ちされた狂気を感じさせる、そこが男の色気、魅力でした。

残念ながら、お兄さんの渡哲也さんには全く感じません。(-_-;)

任侠映画は殆ど観てないので、皆さまお勧めの映画を少し観てみましたが、
『昭和残侠伝 死んで貰います』でしたっけ‥ 池辺良さん、痺れますね。
昔TVで『雪国』を観て、池辺良さんいいなあ~と思ってましたが、
やはり、男の色気のある役者さんでしたね。

そういえば、先日のexさんのご質問、『追悼 かまやつひろし さん』に
間に合わなかったのですが、興味深く拝読させていただきました。
何しろ、ムッシュかまやつのこと殆ど知らず、全くお見逸れしていました。
>都会でしか生まれようがない稀な人種‥本当に、そう思います。
私が、そういう世界があるんだ‥と知ったのは、10代の頃読んだ、
安井かずみの珠玉のエッセイでした。

渡瀬恒彦さん、大原麗子さんと結婚されてましたよね、。
私当時から無意識にファンだったのか、いいなあ~と思ってました。
男性は逆いいなあ~でしょうけど(笑)
ムッシュも大原麗子さんも、当時のキャンティのお仲間だったのですね。

あ、そういえば、>特別な俳優、女優でしたね。
それは、加賀まりこさん、浅丘ルリ子さんなんか、特別ですね。
他にも沢山いらっしゃいますが、とり急ぎ‥

あ、それと、梅宮さんのisokennさん評、全くもって膝を打ちました。(笑)

話がどんどん飛びますが、先日のisokenさんの『温泉』のご質問も、
回答しようかと思ってましたら、間に合いませんでした。

西の温泉、私九州ですけど、全然詳しくなくて‥(-_-;)
阿蘇、九重、別府などは、子供時代は毎年行く定番でしたが、
湯布院は20代の頃から、『亀の井別荘』の茶房「天井桟敷」が好きで、
日帰りでも通ってましたが、今も変わらずホッとする場所です。
でも、泊まったのはもう30年も昔。
ここ10年前くらいは、近場で佐賀の嬉野、大分の日田くらいで、
あと長崎の雲仙観光ホテルは良かったです。。

しかし、もう10年来九州の温泉に行ってなくて、何やら、近隣の外国人客の
恐い話(マナーに関して)を耳にしたりするものですから(-_-;)
九州人なのに全くご助言もできず、申し訳ありません。m(__)m

それでは、話があっちこっちで失礼いたしました。
謹んで、渡瀬恒彦さんのご冥福をお祈り申し上げます。
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

adele さん お久し振りです、こんにちは。

お礼が遅くなりまして、申し訳ありません。

>なので、私の独断と偏見で‥
>好きな俳優さん というより、好きなタイプでした。^^;
>先ずカッコ良かった、男の色気がありましたね~

ああ分かります、やんちゃ坊主が時に見せるはにかんだ笑顔・・いいですよね。

ところで adele さんには 『 仁義なき戦い 代理戦争 』 を観て頂きたい、作中の 恒彦さんを見たら、もっと好きになるはずです。

>残念ながら、お兄さんの渡哲也さんには全く感じません。(-_-;)

渡さんはそうですね、私も魅力を感じませんでした、きっといい人なんだろうとは思いますが・・。

>任侠映画は殆ど観てないので、皆さまお勧めの映画を少し観てみましたが、『昭和残侠伝 死んで貰います』でしたっけ‥ 池辺良さん、痺れますね。
>昔TVで『雪国』を観て、池辺良さんいいなあ~と思ってましたが、
やはり、男の色気のある役者さんでしたね。

池辺良 さんは超絶のいい男でした、日本銀幕史で3本の指に入る俳優さんだったんじゃないかと勝手に思っておりましてね、お年を召され 健さん の脇に回られてもそりゃカッコ良かった。

>都会でしか生まれようがない稀な人種‥本当に、そう思います。
>私が、そういう世界があるんだ‥と知ったのは、10代の頃読んだ、
>安井かずみの珠玉のエッセイでした。

或る種の才女・・太く短く生きた女性の典型と言ってもいいでしょう、あの時代のフェリス出身ですから、相当なお嬢様でもあったんだろうと思います。

彼女もそうですが、やっぱり都会でしか生れようがない人種ってあるのでしょう、まあそれは東京で生まれ育った中でもほんの一握り・・、生い立ち・家庭環境と深く関連しておりますから、私が見て来た限りそうはおりませんが・・。

例えばこんな女性がおりました、大学時代の体育は、週1の講義に出席するか10日程度の合宿に参加するかの選択制だったのですが、私が選択した白馬のスキー合宿で親しくなった女性グループの中の一人・・。

女子大生にして既にいっぱしのモデル、うちの親父の年収に相当する額を稼いでいたその一方でミス東京にもなり、その後或る大企業の御曹司に嫁ぎましてね、ああ生きる世界が違うなぁ・・と。

>ムッシュも大原麗子さんも、当時のキャンティのお仲間だったのですね。

六本木ヒルズから徒歩10分ぐらいでしょうかねぇ、キャンティ自体は今でもありますが、あの頃は店に行ける事自体が或る種のステイタス・・既に伝説の存在でありましたから、70年代後半からあの辺りで遊び回っていた私にとっても、正直敷居が高い場所でした。

>それは、加賀まりこさん、浅丘ルリ子さんなんか、特別ですね。
>他にも沢山いらっしゃいますが、とり急ぎ‥

裕次郎 さんと共演していた頃が最高ですよね、あの当時の ルリ子 さんを見る機会が時々ありますが、こう言ってはなんですがものが違う・・、本当にキュートです。

>西の温泉、私九州ですけど、全然詳しくなくて‥(-_-;)
>阿蘇、九重、別府などは、子供時代は毎年行く定番でしたが、
>湯布院は20代の頃から、『亀の井別荘』の茶房「天井桟敷」が好きで、
日帰りでも通ってましたが、今も変わらずホッとする場所です。
>でも、泊まったのはもう30年も昔。
>ここ10年前くらいは、近場で佐賀の嬉野、大分の日田くらいで、
あと長崎の雲仙観光ホテルは良かったです。。

ただ漠然と、高級感漂う湯布院・・庶民的な別府というイメージがありますが、何れも憧れの温泉です。

それにしても 『 亀の井別荘 』 ですか、早速ググってみましたが、大正モダンを感じさせる素敵な造りですねぇ、関東で言えば金谷ホテルみたいな感じでしょうか、いやいや高そうだなぁ。

うちのカミさんには絶対見せないようにしないと・・、「 憧れの『 亀の井別荘 』、連れてって~~ !」 と言い出すに決まってます、金を出すのは私ですから困っちゃう。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-23 19:18:22
  • 回答No.14
レベル13

ベストアンサー率 36% (130/355)

今日は。訃報続きは芸能史から言って仕方ない時代なのでしょう。 渡瀬恒彦さんは、近年までTV警部もの主役も多く、 早速に追悼放映されてましたね。~処が、松方さんは放送禁止か? ~追悼では、釣りと料理with梅宮さんと、闘病with目黒さんと…。他には、 地域発ドラマ「今日も地獄でお待ちしてます.」題からヤクザかと思ったら 湯布院温泉ドラマだ、好々爺のお姿は其れなりに面白かったですが… 情け無い!仁義は何処へ ...続きを読む
今日は。訃報続きは芸能史から言って仕方ない時代なのでしょう。
渡瀬恒彦さんは、近年までTV警部もの主役も多く、
早速に追悼放映されてましたね。~処が、松方さんは放送禁止か?
~追悼では、釣りと料理with梅宮さんと、闘病with目黒さんと…。他には、
地域発ドラマ「今日も地獄でお待ちしてます.」題からヤクザかと思ったら
湯布院温泉ドラマだ、好々爺のお姿は其れなりに面白かったですが…
情け無い!仁義は何処へ行った⁈、ああそうか、捨てたのでしたか(^^;
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-92674/
安倍総理は「仁義なき戦い』や‘ゴッドf”のファンだと公言されてるのだから、どうせテレ朝に横槍入れるのなら、仁義映画の解禁で圧力掛けたら如何⁈、CMが付かないと云うなら、ンhkなら良いじゃないか⁈、報道の自由度下がってもいいけど、隣国と同じ順位は嫌!
山波電波戦で巻き返して貰いたい、山口県組じゃなく波の谷間支援で(^^;。任侠を復権させないと日本の防衛意識は変わらんぜよ。さて追悼で、
★強盗放火殺人囚』が唯一観られたのですが、思った以上に快作でした、
顔は恐いけど。~看守の菅貫太郎がヒットラーの扮装で、、明朗な脱獄物。傑作とは言えないが、快活なロードムービーでもある。若富さんも良い役。
さて、渡瀬さん、見識と運動神経とも持ち合わせた俠気の人格者だと想う。空手有段者で、芸能界では,待田京介さんの次に強い位か⁈
松方さんと供に台詞は、高倉,菅原 両先輩より上手と、私も想う。只、スタア俳優は演技より格なんでしょね。~東映は、健さんの後釜として売り出す目論見だった様ですが、本人にその気が無い、恐らく次男さんの御性格かと…目黒さんと御同様
~観たいのは東映時代ですが、私同時代は其の後の、松竹, 東宝時代でした
既に社会派も熟す風格で、キネ旬の主演男優賞を初受賞の野村芳太郎監督作
⚫︎震える舌』十朱幸代共演。医療問題に焦点当てた映画ですが、一種のホラーとして伝説化され、リバイバルで観たら吃驚!怖くはないけど薦めはしない。既に人情派の演技です
其ころ渡哲也はTV「大都会」に移ってた。恒彦さんの方が兄かと思ったわ。渡さんの日活無頼物はチャラいでしょうが、スタアには其れも必要なのね、渡=鈴木清順コンビも特別よ
渡瀬助演で◉セーラー服と機関銃』角川=東映配給⚫︎『道頓堀川』深作欣二
http://tetsu-eiga.at.webry.info/201503/article_10.html 何れも
ヤクザ崩れで。深作の文芸物としては秀逸か、賭けハスラー役だ。
当時女盛りの,松坂慶子と真田広之の濡場が話題でしたが、大阪難波で遊んで来たばかりのアッシには、幇間ヤクザの柄本明とカルセール様のラストシーンが印象で、
青春の乾いた汗と、盛り場の熱気が何とも切なく胸に迫った記憶有ります
真田君と,安部徹の久々の共演、ご存知でした?,千葉ちゃん映画でデヴュ
直後『残俠伝: 死んで貰います』に。アデ姐さんも観たと仰る、。板場の
高倉, 池部さんの回りに子役で出てますね。~多分、真田広之と佐藤浩市のコンビも、日本映画では特別な存在なんでしょ。ひ若い浩市と鶴田さん渡瀬さんの青春の門、今日観ます。
松坂さんは”75年nhk大河「 元禄太平記」の瑤泉院の役は特別美しく
渡瀬さんは非nhk「真田太平記」の信之の役も印象に残ってますぜ。
🌹大原麗子さんは、俳優として私には特別な存在。ドラマ「雑居時代」の気の強さと心からの笑顔 ‼︎~存在自体の表出か、元々反骨、健さんの薫陶…。気風、心意気、正義感、…感応力が違う、其れが演技に出る。泣より笑みの方が綺麗ね!
ハイティーンは、上等なスケ番でしょ⁈、ですから渡瀬さんと馴初めの
★三匹の牝蜂』”70年の初主演。こりゃ是非観たい、DVD化されてら
~近年で感応の良い俳優は、遠藤憲一と宮崎あおい、供にナレーションが上手いので感心しました。つまり小芝居じゃないのね!,飛切り心が無いと無理な職業でしょう。
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

marc さん、こんばんは。

>今日は。訃報続きは芸能史から言って仕方ない時代なのでしょう。
>渡瀬恒彦さんは、近年までTV警部もの主役も多く、
>早速に追悼放映されてましたね。~処が、松方さんは放送禁止か?

諸般の事情・・そりゃ分かりますが、やくざ映画を放送しなきゃ追悼番組にならないでしょう、だって一番輝いていたいい頃ですから、松方弘樹さんにしろ渡瀬恒彦さんにしろ・・、 もっとも marc さんにだからこそ言える愚痴ですが・・。

>安倍総理は「仁義なき戦い』や‘ゴッドf”のファンだと公言されてるのだから、どうせテレ朝に横槍入れるのなら、仁義映画の解禁で圧力掛けたら如何⁈、

繰り返しになりますが、『 網走番外地 』 や 『 唐獅子牡丹 』 、そして 『 仁義なき戦い 』 を放送しないで、何が追悼番組か・・。

>山波電波戦で巻き返して貰いたい、山口県組じゃなく波の谷間支援で(^^;。任侠を復権させないと日本の防衛意識は変わらんぜよ。

話しが横道に逸れますが、 稲田朋美 ・・ありゃ駄目ですね、何とか幼稚園の件そして自衛隊の隠蔽も全然大した事だとは思いませんが、大臣たる者あの程度の追求はさらっと躱さなきゃ、小池百合子都知事の頭の回転と図太さを見習って欲しい。

本職が弁護士だか何だか知らないが何せ頭が悪い、お勉強は出来るが地頭 ( じあたま ) が悪い典型でしょう、総理候補なんて烏滸がましい限りです。

>さて追悼で、
>★強盗放火殺人囚』が唯一観られたのですが、思った以上に快作でした、
顔は恐いけど。~看守の菅貫太郎がヒットラーの扮装で、、明朗な脱獄物。傑作とは言えないが、快活なロードムービーでもある。若富さんも良い役。

おや・・やってましたか、私は何度か観てるはずですが、今急にストーリーを思い出せない、似たようなのが一杯ありましたからねぇ、松方さん主演で・・。

何でしょうかねぇ、昔から若山の富さんは大好きなんです、第一迫力が違う、やってた無茶も凄いですよね。

>さて、渡瀬さん、見識と運動神経とも持ち合わせた俠気の人格者だと想う。空手有段者で、芸能界では,待田京介さんの次に強い位か⁈

『 三代目襲名 』 の時の待田京介さんは良かったなぁ、何故か分かりませんが、晩年は役に恵まれませんでしたねぇ。

>松方さんと供に台詞は、高倉,菅原 両先輩より上手と、私も想う。只、スタア俳優は演技より格なんでしょね。

結局そうなんですよね、スーパーが付くスターに不可欠なものは、演技力やその他諸々じゃなくて、名前で客を呼べるそれ以外の何か・・、高倉健にはそれがあったという事でしょう、だって金払って観に行っちゃうもの。

>当時女盛りの,松坂慶子と真田広之の濡場が話題でしたが、大阪難波で遊んで来たばかりのアッシには、幇間ヤクザの柄本明とカルセール様のラストシーンが印象で、青春の乾いた汗と、盛り場の熱気が何とも切なく胸に迫った記憶有ります

真田広之 って、昔からいい子いい子される役が多いですね、 『 麻雀放浪記 』 もそうだったし。

一方の 松坂慶子 ・・我々にとって美女の代名詞でしたが、やっぱりいい女です、うちのカミさんが学生時代アルバイトしてた、西荻窪のクリーニング屋によく来てたそうですが、そりゃ綺麗だったと・・。

>~近年で感応の良い俳優は、遠藤憲一と宮崎あおい、供にナレーションが上手いので感心しました。つまり小芝居じゃないのね!,飛切り心が無いと無理な職業でしょう。

エンケンはいいですねぇ、昔はVシネで悪役やってましたが、何だかじわっと出て来た、ここまで来れば大丈夫でしょう、ベースがありますから・・。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-23 20:28:46
  • 回答No.15
レベル9

ベストアンサー率 9% (3/31)

さて、昨日「LEADERS リーダーズ」の再放送(ディレクターズカット)を観ました。 佐藤浩市、まだまだ父親には遠いけどいい役者になってきましたね。 トヨタ自動車の戦後の危機を日銀支援をうけて乗り切る歴史的ドラマ。主人公の 死の15日後に朝鮮戦争がはじまりトヨタのトラックに膨大な注文が入る。 戦後製鉄を国策として伸ばした日銀の政策は景気の浮揚にあまり貢献せず 次なる基幹産業として自動車製造業こそ主役になる ...続きを読む
さて、昨日「LEADERS リーダーズ」の再放送(ディレクターズカット)を観ました。
佐藤浩市、まだまだ父親には遠いけどいい役者になってきましたね。
トヨタ自動車の戦後の危機を日銀支援をうけて乗り切る歴史的ドラマ。主人公の
死の15日後に朝鮮戦争がはじまりトヨタのトラックに膨大な注文が入る。
戦後製鉄を国策として伸ばした日銀の政策は景気の浮揚にあまり貢献せず
次なる基幹産業として自動車製造業こそ主役になるべき存在だと信じて
夢を描いた主人公の男気が胸を打つ物語でした。

戦後史といえば朝鮮戦争から高度経済成長への流ればかりで、昭和20年から
25年の5年間を忘れがちですよね。昨夜のドラマは久しぶりに心があらわれる
ようでした。配役もよかったです。
工場長の緋田 康人、半沢直樹のときの小木曽とは正反対の役柄。すごい役者です。
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

ex さん、こんばんは。

>さて、昨日「LEADERS リーダーズ」の再放送(ディレクターズカット)を観ました。
>佐藤浩市、まだまだ父親には遠いけどいい役者になってきましたね。

親父さんほどストイックではないにしても、それに近い感じはある、2世俳優では出色ではないでしょうか、佐藤浩市・・私は好きです。

>トヨタ自動車の戦後の危機を日銀支援をうけて乗り切る歴史的ドラマ。主人公の死の15日後に朝鮮戦争がはじまりトヨタのトラックに膨大な注文が入る。
>戦後製鉄を国策として伸ばした日銀の政策は景気の浮揚にあまり貢献せず
次なる基幹産業として自動車製造業こそ主役になるべき存在だと信じて
夢を描いた主人公の男気が胸を打つ物語でした。

うちの親父は、当時日本経済のリード・オフマンにして世界最大と言われた製鉄会社に勤め、世紀の合併を目の当たりにし且つ韓国の国策企業の立ち上げに関与した人ですが、 当時から言っておりました、「 もう鉄の時代じゃない 」 ・・と。

>戦後史といえば朝鮮戦争から高度経済成長への流ればかりで、昭和20年から25年の5年間を忘れがちですよね。昨夜のドラマは久しぶりに心があらわれるようでした。配役もよかったです。

過去の経済的な事象を掘り下げて調べる事・・、今更ながら非常に勉強になります。

例えばいつぞや ex さんがおられた山一證券の顛末、その後調べに調べました、真相の7割程度は知っているつもりでいたんですがねぇ、最も大事な3割が欠けておりました。

そもそも巨大企業が倒産する理由が1つや2つである訳はありませんが、山一の旧経営陣が齎せた膨大な簿外債務、あの遠因がMHIの毒饅頭 ( CB ) 事件にあったとは、思いも寄りませんでした。

あの事件で失脚しかけた行平氏を、社長に就ける意図が法人本部 「 握り 」 営業の圧力となり果ては 「 飛ばし 」 に発展して、バブルの絶頂の頃既に山一の屋台骨は傾きかけていたなんて・・。

無論簿外債務の実態は知っておりました、円滑ならざる支援銀行団との関係もそう、但しもう一つインパクトに欠けると思っておりましたが、MOFの意図とも無縁ではなかったようですね。

当時の旧大蔵省は、2年前の住専支援で轟々たる批判を浴び動きを封じられていたが、旧都市銀に対する公的資金導入の口実が欲しかった、その生贄ですね・・これは北海道拓殖銀行もそう三洋証券もそうだったのでしょうが、当時の長野証券局長は何かも知った上で、タイムリミット寸前に山一を突き放した、半沢直樹を上回るストーリー展開だったようです。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-23 23:06:29
  • 回答No.17
レベル12

ベストアンサー率 16% (44/260)

ー女性ですー 吉永小百合さん。 青春時代、憧れのお姉さんでした。彼女の作り出す世界の中に自分を重ねて疑似体験するわけです。演技は今一で特に声を上げて笑う演技は見るに堪えませんでしたが美しさに見とれていました。 主演ではないのですが「若い人」の中のキャラが魅力的で姿もこれが一番きれいに見えました。 「真白き富士の嶺」は原作が太宰治で衝撃的な重い内容が忘れられません。 現実味があって印象深い作品は「愛と死の記 ...続きを読む
ー女性ですー
吉永小百合さん。
青春時代、憧れのお姉さんでした。彼女の作り出す世界の中に自分を重ねて疑似体験するわけです。演技は今一で特に声を上げて笑う演技は見るに堪えませんでしたが美しさに見とれていました。
主演ではないのですが「若い人」の中のキャラが魅力的で姿もこれが一番きれいに見えました。
「真白き富士の嶺」は原作が太宰治で衝撃的な重い内容が忘れられません。
現実味があって印象深い作品は「愛と死の記録」です。
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

1buthi さん、こんばんは。

>吉永小百合さん。
>青春時代、憧れのお姉さんでした。彼女の作り出す世界の中に自分を重ねて疑似体験するわけです。演技は今一で特に声を上げて笑う演技は見るに堪えませんでしたが美しさに見とれていました。

私が子供の頃には既に大スターであられましたが、世間がどうして騒ぐのか不思議でした、ただこっちも歳を経るに従い彼女の魅力が少しづつ分かって行った気がします。

>現実味があって印象深い作品は「愛と死の記録」です。

早速ググりました、『 愛と死をみつめて 』 とはまた違うようですが、渡哲也さんと共演されたとか・・、被爆者ですか・・う~~んどうしようもなく重い作品ですねぇ。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-24 21:07:06
  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 19% (80/417)

こんにちはisoken さん さて、今週はisoken さんの質問もない、なら私がしてみようか❓ 投稿してみれば同じような質問が下にある 私ももう笑うしかない❗アハハハ Isoken さんが質問されるなら私が質問する必要もない取り下げさせていただいた 一昨日ですが別のカテで少し渡瀬さんの質問で回答させていただいたのですが 関連質問と言うのがありまして一番上にある、眺めてみればisoken さんの質問 ...続きを読む
こんにちはisoken さん

さて、今週はisoken さんの質問もない、なら私がしてみようか❓
投稿してみれば同じような質問が下にある
私ももう笑うしかない❗アハハハ
Isoken さんが質問されるなら私が質問する必要もない取り下げさせていただいた

一昨日ですが別のカテで少し渡瀬さんの質問で回答させていただいたのですが
関連質問と言うのがありまして一番上にある、眺めてみればisoken さんの質問
もう四年も前なのですねえ
あんな事を言ってたか?と思えば懐かしいのです
私の回答も長いがisoken さんのお礼も長いアハハハ

さて質問の回答ですが私も少し初めのほうで回答するには少し迷った
これから回答される方の妨げになってもいけない
ただ、これから今日明日と少し用事もありますのでそうも言っておられない

渡瀬恒彦さん、いい役者さんでした
私も謹んでご冥福を祈らせていただくのです
仰るとうりでしょうね若者の狂気のようなものを演じさせてピカイチ❗
松田優作と言う俳優がおりますね
私はあの人も若者の狂気と言うものを演じさせて見事な俳優と思います
ただ剥き出しの荒々しい狂気のようなものを演じさせては
あの頃の渡瀬さんには少し及ばないか?私はそう思います

松方さんと渡瀬さんが双璧であったと言うことでは私も異論はありません
ただ同じ狂気のようなものを演じるにしても少し質が違う?
表現は難しいのですが、まあisoken さんなら分かると思うのですが

「実録外伝 大阪電撃作戦」、
「仁義なき戦い」の陰に隠れてはおりますがこれはもう傑作なのです❗
ついでに言えば
松方さんでは「北陸代理戦争」と「仁義なき戦い」のこの三本でしょうか?
話を戻しますがisoken さんは「県警対組織暴力」を好きな映画として良く挙げられる
あの中で松方さんが文太さんに自分の女をあてがうのですが
これは「大阪電撃作戦」での渡瀬さんにも同じですね
ああ言った機微を演じさせて松方さんはまことにうまいものなのです
私が先ほど言いました同じ狂気のようなものを演じるにしても
二人の質が少し違うと言うのはそこいらであろうか?そう思いますね

高倉健と言う俳優が特別な存在であった
私も同様なのですが今更改めてisoken さんに言うことでもありません
当時は学園紛争のまことに穏やかならぬ世情の只中でありましたが
私のような人間でも権力と言うものへの鬱積したものを健さんに重ねたのでしょう
思い出しますねえ当時の横尾忠則さんのイラストです、健さん諸肌ぬいで
「止めてくれるなお母っさん背なで銀杏が泣いている」

映画とは脇を固める役者に支えられる❗仰るとうりなのです
健さんの花田秀次郎、池部良さんの風間重吉あってこその「唐獅子牡丹」でしょうし
映画とは主役を張る一人の俳優で作れるものでもないのでしょう

そうですねえ
あの頃の言われる東映ヤクザ映画と言うものを支えた俳優さんは何人も残っておりませんね
梅宮さん千葉さんなどはまだお元気なようですが
成田さん室田さん松方さん渡瀬さんと皆さん鬼籍に入られた
ただねisoken さん私はあの時代の空気のなかにいれた事は嬉しい、今よりはねアハハハ

最後に渡瀬さんに話を戻して終わりにしましょうか?
あの人は学校の先輩なのです
中途退学されたようですが年齢も一回りも違う訳でもありませんし
親近感もあるようです
私は本当に好きな役者さんでした
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

kamejrou さん、こんばんは。

>さて、今週はisoken さんの質問もない、なら私がしてみようか❓
>投稿してみれば同じような質問が下にある
>私ももう笑うしかない❗アハハハ

いやいや・・そうでしたか、気が合うにもほどがありますね。

>一昨日ですが別のカテで少し渡瀬さんの質問で回答させていただいたのですが
>関連質問と言うのがありまして一番上にある、眺めてみればisoken さんの質問
>もう四年も前なのですねえ
>あんな事を言ってたか?と思えば懐かしいのです
>私の回答も長いがisoken さんのお礼も長いアハハハ

下で御回答頂いている thunder さんには、先ほど回答させて頂きました、それにしても若い頃の渡瀬さんの魅力を分かって頂ける方・・、嬉しいですねぇ。

さて4年前のあの質問を読み返してみましたが、やっぱりやくざ映画の分野はプレーヤーが少ないですね、あの時回答賜ったのも kamejrou さんを始めとして、 ex さんそして御同輩では紅一点の 19800923d さんの3人だけ、まあ kamejrou さんからあれだけ力のこもった回答を頂くと、自然にお礼も長くなろうというものでしょう、お互い好きでもありますし・・。

>渡瀬恒彦さん、いい役者さんでした
>私も謹んでご冥福を祈らせていただくのです
>仰るとうりでしょうね若者の狂気のようなものを演じさせてピカイチ❗

ブレークする前の川谷拓三さんと同じで、必死でやってたんだろうと思います、主役を喰ってやろうという熱気が感じられましたから・・。

これは何かのインタビューで読んだのですが、若い頃の 恒彦 さんは 故成田三樹夫 さん並みのギャラを取るのが夢だったらしいですね、御存じの通り 成田 さんは主役を張る俳優じゃありませんでしたが、脇を支える役者さんとしての存在感は抜群の方でした。

>「実録外伝 大阪電撃作戦」、
>「仁義なき戦い」の陰に隠れてはおりますがこれはもう傑作なのです❗

それはもう仰る通り・・、 観る人が観れば『 仁義なき戦い 』 に決して負けてないのは分かると思います。

地道行雄 役を演じた 小林旭 さんも良かったですねぇ、 柳川次郎 に扮した 成田三樹夫 さんもそうでした。

>松方さんでは「北陸代理戦争」と「仁義なき戦い」のこの三本でしょうか?

・・ですね、全く異論ありません。

>話を戻しますがisoken さんは「県警対組織暴力」を好きな映画として良く挙げられる
>あの中で松方さんが文太さんに自分の女をあてがうのですが
>これは「大阪電撃作戦」での渡瀬さんにも同じですね
>ああ言った機微を演じさせて松方さんはまことにうまいものなのです

以前 kamejrou さんが、やくざ者の純な部分を演じさせたら、 松方弘樹 は本当に上手いと言われましたが、全くその通りでしょう。

あの頃の 松方 さんが32~3歳でしかない事を思えば、もう唸るしかないですね、あの上手さは 健さん も 文太さん も真似が出来ない。

>私が先ほど言いました同じ狂気のようなものを演じるにしても
>二人の質が少し違うと言うのはそこいらであろうか?そう思いますね

松方さんは上に立つ者としての狂気、そして恒彦さんは兵隊としての狂気、そこいらでしょうか、お二人の違いは・・。

>映画とは脇を固める役者に支えられる❗仰るとうりなのです
>健さんの花田秀次郎、池部良さんの風間重吉あってこその「唐獅子牡丹」
でしょうし

風間重吉・・痺れます。

>梅宮さん千葉さんなどはまだお元気なようですが
>成田さん室田さん松方さん渡瀬さんと皆さん鬼籍に入られた

御覧になったと思いますが、 松方 さんが亡くなられた時 梅宮辰夫 さんが泣いておられました、例えて言えば戦友を失った気持ち・・、本当に悲しかったんだろうと思います。

私が受ける勝手な印象として 梅宮さん は全く素のままのお人、カメラの前だからといって心にもない演技は出来ない、こう言っては何ですが映画もその流儀で、役柄に伴った工夫というものがあまり無かった役者さん、存在感で勝負というタイプでしたでしょうか。

>ただねisoken さん私はあの時代の空気のなかにいれた事は嬉しい、今よりはねアハハハ

いい役者さんに恵まれたいい時代でしたねぇ・・本当に、その一方で東映やくざ路線は、ほぼ学生運動と時代を共有していた印象がある、その点遅れて来た私に忸怩たる思いがないと言えば噓になります。

>最後に渡瀬さんに話を戻して終わりにしましょうか?
>あの人は学校の先輩なのです
>中途退学されたようですが年齢も一回りも違う訳でもありませんし
>親近感もあるようです
>私は本当に好きな役者さんでした

恒彦 さんは kamejrou さんの先輩に当たり、 渡哲也 さんは私の先輩に当る・・、不思議な符牒でしょうかねぇ。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-19 23:05:59
  • 回答No.9
レベル9

ベストアンサー率 9% (3/31)

isokenさん。渡瀬恒彦さんで思い出す作品は、「時代屋の女房」です。 これは、村松友視が直木賞を受賞作を映画化。夏目雅子さんと共演しています。 大井町の駅付近の骨董屋に、迷い猫のように現れた若く美しい女。 店と主人(渡瀬)が気に入って居ついてしまう。主人公は作家の分身なのだろうが、実に淡々とことに処す その様子が作家のダンディズムを表していて、その役柄が渡瀬恒彦さんに似合っていました。 夏目雅子さん ...続きを読む
isokenさん。渡瀬恒彦さんで思い出す作品は、「時代屋の女房」です。

これは、村松友視が直木賞を受賞作を映画化。夏目雅子さんと共演しています。

大井町の駅付近の骨董屋に、迷い猫のように現れた若く美しい女。
店と主人(渡瀬)が気に入って居ついてしまう。主人公は作家の分身なのだろうが、実に淡々とことに処す
その様子が作家のダンディズムを表していて、その役柄が渡瀬恒彦さんに似合っていました。
夏目雅子さんは、もちろん特別な女優さんなんですが、惜しむらくは夭折してしまった。
伊集院静さんが、「不運と思うな」というタイトルで大人の流儀の続編を書いていますが、これは夏目雅子さんの思い出を語った本ではなさそう。


さて、私にとって特別な女優さんというと、秋吉久美子さん。
藤田敏也監督の『赤ちょうちん』、『妹』、『バージンブルース』70年代の
作品は、まさに学生時代の思い出そのまま。
なにしろ、私と年齢も近い、郷里も近い。育った土地も私の第二の故郷仙台に近い。
おまけに、いつまでも若い。
何度も自慢してすみませんが、実はあるパーティの席でお会いして15分ほど
お話をさせていただきました。
最初の妊娠で「卵で産みたい」といった生活感のなさは、すこしも変わっていなくて
私のような市井のオジサンと気さくにお話してくれました。
1950年代前半生まれの男たちの共通の「天使」ですね。
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

ex さん、こんにちは。

>isokenさん。渡瀬恒彦さんで思い出す作品は、「時代屋の女房」です。
>これは、村松友視が直木賞を受賞作を映画化。夏目雅子さんと共演しています。

この手の映画は割と苦手なジャンルでありまして、実は当作を観ていない為当然気の利いたコメントが出来ないのですが、 you tube を見ますとね、今更ながら 夏目雅子 という女優さんが相当な美人であったという事に、気付いてしまうのです。

>その様子が作家のダンディズムを表していて、その役柄が渡瀬恒彦さんに似合っていました。

渡瀬さんの魅力の一つは、利かん気の裏側に隠れた邪気の無い笑顔・・、それが本当に良かった。

>夏目雅子さんは、もちろん特別な女優さんなんですが、惜しむらくは夭折してしまった。

高2で見た カネボウ のCM 「 クッキー・フェイス 」 が余りに鮮烈過ぎて、ずっと引き摺って来ました、役者さんというよりはモデルといった印象をです。

>伊集院静さんが、「不運と思うな」というタイトルで大人の流儀の続編を書いていますが、これは夏目雅子さんの思い出を語った本ではなさそう。

彼女のような生れ付いてのお嬢さんは、時として自分を地獄に落としてしまいたい衝動に駆られるのでしょうか、いや魔が差したと言うべきか・・。

まあ伊集院さんとの結婚に際しては、恐らくひと悶着もふた悶着もあったでしょう、ex さんも御承知の通り、 伊集院静 という人は幾重にも折り重なった複雑な過去をお持ちの方です、無頼な匂いを漂わせる作家でもある、それはおモテになったんだろうと思います。

ただですね、この人が幾ら大人の流儀を説いても、私は何の説得力も感じない、不倫という事情はあったにせよ、何せ一人の女性・女優に何度も堕胎を経験させた男ですから・・、そこには大人としての配慮が皆無でありまして、全くロクなもんじゃありません。

或る時 梅宮辰夫 さんが、こんな事を言っておられました。

さる料理屋で 伊集院 さんと出喰わしたんだそうです、現夫人の 篠ひろ子 さんを連れて現れたはいいが、どう見ても男と女の関係・・それも 夏目雅子 さんが天に召された余韻がまだ冷めやらぬ頃・・、「 殴ってやろうかと思った 」 ・・と、まあ当然でしょう。

別に永遠に操を立てろとも喪に服せとも言いませんが、そこには大人の流儀があって然るべきだと思いますね。

>さて、私にとって特別な女優さんというと、秋吉久美子さん。
藤田敏也監督の『赤ちょうちん』、『妹』、『バージンブルース』70年代の作品は、まさに学生時代の思い出そのまま。

『 赤ちょうちん 』 そして 『 妹 』 も、我がコレクションの一角に鎮座しております、名前だけでついDVDを買いたくなる数少ない女優・・、それが 私にとっての秋吉久美子 。

ex さん世代のみならず私の世代に於いても、女優 秋吉久美子 とは特別な存在だったろうと思います、青い性を感じさせる点に於いて 関根恵子 さんと双璧でした、それまでいなかったタイプの女優であったのは間違いない。

チャーミングで存在感も申し分ない、加えて演技力も脱ぎっぷりも良いとなれば、特別な女優さん・・むべなるかなですね。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-21 20:21:14
  • 回答No.8
レベル12

ベストアンサー率 9% (32/321)

>さて貴方にとって特別な俳優 ( 女優 )、出来れば印象的な作品と併せてお教え下さい。 小津作品に「東京物語」という代表作がありましたが、そのリメークで山田洋次の「東京家族」。日本映画にしては飽きずに最後まで観れたと記憶します。 isokenさんは筋書きをよくご存じでしょうが、広島から老夫婦が上京するところから物語がが始まります。初日に泊る長男宅での妻役が夏川結衣でした。 彼女のファン(のつも ...続きを読む
>さて貴方にとって特別な俳優 ( 女優 )、出来れば印象的な作品と併せてお教え下さい。

小津作品に「東京物語」という代表作がありましたが、そのリメークで山田洋次の「東京家族」。日本映画にしては飽きずに最後まで観れたと記憶します。

isokenさんは筋書きをよくご存じでしょうが、広島から老夫婦が上京するところから物語がが始まります。初日に泊る長男宅での妻役が夏川結衣でした。
彼女のファン(のつもり)なんですが、あの容姿にも関わらず終始地味ですね。そうしているうち40うん歳に。そして独身のまゝ。世の男は何をやってるのでしょう。

また「東京家族」には次男の恋人役で蒼井優が出ていました。好きな女優です。清楚系の代表という感じでしたが、その彼女も30過ぎに。ブレーク出来てません。芸能界は難しいですね。

この映画には、居酒屋の女将役で風吹ジュンも出ていました。いつまでも需要がありお呼びが掛るのは良い事です。若い頃の彼女のファンでした。
彼女50過ぎてから別の作品での入浴シーンで全裸前手拭い(タオルではなく)で出演したらしいのですが、絶賛ものですね。

そういえば、菊川怜・佐々木希なども出た時はその圧倒的な美貌で、こりゃぁ頂点まで行くと思いましたが、その後はisokenさんよくご承知の通り。難しですね・・

何か一つの典型にならないとトップは取れないという事でしょうか。
かつての加賀まりこの如く、拗ねた反抗的な雰囲気・・あゝいうのに男は弱いんですね。逆に佐久間良子のように清楚系の極み。その彼女が22歳で鶴田浩二と激しい恋をしていたとは。もう時効と踏んで発表したのでしょうが。

典型というなら、菊池桃子は10代美少女の典型。その後の20代30代に如何に年代に合わせていくかが難しい。うまく波に乗れませんでした。
「プリンセストヨトミ」ではお好み焼き屋のおばさん役。かつてのファンとしてあの姿は見たくなかった。主演の若き国税調査官には綾瀬はるか。ふた昔前ならあれが菊池桃子だったのになぁと。彼女もシングルママで子供を抱えて、来る仕事は引き受けざるを得なかったのかと(単に想像です)。

さて女優を語り(過ぎて)長くなり・・
俳優(男優)の方もお話したいのですが長くなりますので。
主旨とは異なるとは思いますが、岸部一徳の演ずる人生に疲れたおじさんとか、笹野高史の得意とするヘンなオジサン等は無形文化財?の域ではないでしょうか。

最後に、女優ではないのですが
以前少しお話しましたが、日テレのSさん、いい仕事をもらえてませんね。
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

sq さん、こんばんは。

>小津作品に「東京物語」という代表作がありましたが、そのリメークで山田洋次の「東京家族」。日本映画にしては飽きずに最後まで観れたと記憶します。

『 東京物語 』 のDVDは家にあるのですが、残念ながら 『 東京家族 』 の方は未見です。

>彼女のファン(のつもり)なんですが、あの容姿にも関わらず終始地味ですね。そうしているうち40うん歳に。そして独身のまゝ。世の男は何をやってるのでしょう。

若い頃の彼女はそりゃ美人でしたがもう48歳ですか・・驚きですねぇ、今一ブレークしなかったのは余りにプレーン過ぎるせいかも知れません、使う側として脇に置くには綺麗過ぎて、逆に主役を張らせるにはインパクトに欠ける・・、そんな美女って事でしょうか。

>また「東京家族」には次男の恋人役で蒼井優が出ていました。好きな女優です。清楚系の代表という感じでしたが、その彼女も30過ぎに。ブレーク出来てません。芸能界は難しいですね。

何の脈絡もないのですが、個人的印象として宮崎あおいと被ってしまいます。

>この映画には、居酒屋の女将役で風吹ジュンも出ていました。いつまでも需要がありお呼びが掛るのは良い事です。若い頃の彼女のファンでした。

中年に差し掛かった彼女の突然のブレークには驚きました、若い頃は飛び切りキュートそして飛び切り歌が下手なアイドルでしたが・・。

今はどんな役を演じても驚かない、大女優の風格さえありますね。

>そういえば、菊川怜・佐々木希なども出た時はその圧倒的な美貌で、こりゃぁ頂点まで行くと思いましたが、その後はisokenさんよくご承知の通り。難しですね・・

或る意味コーカサス系の典型・・ 佐々木希 の美貌に関しては、疑う余地がありませんが、彼女も何がしかのインパクトにかけるんじゃないでしょうか、ただ綺麗なだけで突き抜けるのが難しいのが芸能界でありましょう。

実は菊川怜 ・・好きでした、ただ高学歴という付加価値・合わせ技に魅かれたのかも知れません、であるから余計に輝いて見えたんじゃないかと・・。

>かつての加賀まりこの如く、拗ねた反抗的な雰囲気・・あゝいうのに男は弱いんですね。

彼女の立ち位置は競合者が少ないですね、如何にもといった都会派の女優さんは稀ですから、そしてそこにはスキャンダルに左右されない逞しさもありますし・・。

>典型というなら、菊池桃子は10代美少女の典型。その後の20代30代に如何に年代に合わせていくかが難しい。うまく波に乗れませんでした。

彼女は変わらなさ過ぎでしょう・・驚きの40代後半ですが今でも可愛らしい、一般女性であればこれほどの誉め言葉はありませんが、女優さんとしては果たしてどうだったか、 風吹ジュン の対極にあるような歩み方ですね。

>主旨とは異なるとは思いますが、岸部一徳の演ずる人生に疲れたおじさんとか、笹野高史の得意とするヘンなオジサン等は無形文化財?の域ではないでしょうか。

岸部一徳 が生き残るとは意外や意外でした、一方の 笹野高史 はいつの世もそれなりにニーズがあるポジション、そこにずっこし嵌った感があります。

>以前少しお話しましたが、日テレのSさん、いい仕事をもらえてませんね。

彼女って普通に美人なんですが、取っ掛かりがあれだと今後も難しいでしょう、 彼女程度の美女なら掃いて捨てるほどいるのが女子アナの世界ですから、・・と同じ理由で、大好きな T中萌 ちゃんの先行きも中々辛いものがありそうです。

慶応や青学・・如何にもといった派手系の女子アナが多い中、明治の校風を彷彿とさせる素朴さで、貴重な存在だったのですが・・。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-20 22:10:30
  • 回答No.10
レベル14

ベストアンサー率 11% (276/2392)

こんにちは(^-^) オードリー・ヘップバーンで 「ローマの休日」ですね。 初めて観たのはテレビで まだ私は小学生でしたが、 「こんなにおもしろい映画があるんだ」と 思ったものです。 何度観てもラスト(ジョーが宮殿を去るシーン)で 涙が流れます。 オードリーの他の映画では 「麗しのサブリナ」「シャレード」「おしゃれ泥棒」などが 好きです。 どの映画も繰り返し観ています。 ...続きを読む
こんにちは(^-^)

オードリー・ヘップバーンで
「ローマの休日」ですね。
初めて観たのはテレビで
まだ私は小学生でしたが、
「こんなにおもしろい映画があるんだ」と
思ったものです。
何度観てもラスト(ジョーが宮殿を去るシーン)で
涙が流れます。
オードリーの他の映画では
「麗しのサブリナ」「シャレード」「おしゃれ泥棒」などが
好きです。
どの映画も繰り返し観ています。
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

coffee-bean さん、こんばんは。

>オードリー・ヘップバーンで
>「ローマの休日」ですね。

不思議な魅力をお持ちですね、この オードリー・ヘップバーン という女優さんは・・。

異性のみならず、同性をも盛大に惹き付けるという点に於いて。

もっとも両手の指を折れば必ず入って来るであろう、世代を超え永遠に語り継がれる名作、 『 ローマの休日 』 こそは永遠に不滅でしょう。

>オードリーの他の映画では
>「麗しのサブリナ」「シャレード」「おしゃれ泥棒」などが
好きです。
>どの映画も繰り返し観ています。

不思議なのですが、女性という生物は、チャーミングな同性が殊の外お好きなようです。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-21 20:35:13
  • 回答No.11
レベル11

ベストアンサー率 19% (31/156)

こんばんは(^-^) 私が特別な存在に感じた女優さんは、 大原麗子さんと、田中裕子さんです。 どこが好きなのか?と問われると、やはり「声」や「話し方」です。 とは言っても私は、大原麗子さんの出演なさっている作品は、 「男はつらいよ」しか見た事がないのです。 こちらは、大人になってからテレビでも何度か見ましたが、 本当に愛らしい女性で、 はにかむような微笑が美しく魅力的でした。 やはり、強く印象に残っ ...続きを読む
こんばんは(^-^)

私が特別な存在に感じた女優さんは、
大原麗子さんと、田中裕子さんです。

どこが好きなのか?と問われると、やはり「声」や「話し方」です。

とは言っても私は、大原麗子さんの出演なさっている作品は、
「男はつらいよ」しか見た事がないのです。
こちらは、大人になってからテレビでも何度か見ましたが、
本当に愛らしい女性で、
はにかむような微笑が美しく魅力的でした。
やはり、強く印象に残っているのは、
お酒のCMでの
「少し愛して、長~く愛して」のあの声です。

調べてみましたら、大原さんは
私の母よりも4つ年上でした。
事情で親元を離れて暮らしていた私には、
母という存在を思わせるような、女性らしく柔らかい
心地よい響きの声だったのかも知れません。

田中裕子さんは、やはり、優しい声をなさっていますね^^
また話し方が実に魅力的で、甘く囁くような話し方をされると、
女性の私でも、何だかとても幸せな気分になってしまいます^^

田中さんの出演なさった作品で、好きな映画もありますが、
私は「恋子の毎日」(だったと思います^^;)というドラマで、
恋子さんを演じておられた田中さんが、
なんとも可愛らしくて魅力的で大好きでした^^
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

19800923d さん、こんばんは。

お礼が遅くなりました、申し訳ありません。

>私が特別な存在に感じた女優さんは、
>大原麗子さんと、田中裕子さんです。

女性に対する理想のルックスを突き詰めれば、私の場合きっと 大原麗子 さんのお顔に行き着いてしまう、濃淡こそありましたが、あれほど長く好きだった女優さんは彼女ただ一人です。

将来女の子を持てれば麗子という名前にしよう・・、中学生の頃本気でそう思ってましてね、それほど昔から特別な存在でした。

一方の田中裕子さんは、正直言ってルックス的に多少劣るものの、女優としての才能はやはり抜けていたんだろうと思います、 特に天下の 高倉健 を喰った感すらある『 夜叉 』 での圧巻の演技を見ると、そう思わざるを得ない女優さんでありましょう。

>やはり、強く印象に残っているのは、
>お酒のCMでの
>「少し愛して、長~く愛して」のあの声です。

表情の豊かさに加えて魅惑のハスキーボイス、惚れた弱みも込みですがその全てが大好き、今でも記憶の襞に焼き付いて離れません。

>田中さんの出演なさった作品で、好きな映画もありますが、
>私は「恋子の毎日」(だったと思います^^;)というドラマで、
>恋子さんを演じておられた田中さんが、
>なんとも可愛らしくて魅力的で大好きでした^^

漫画アクションでしたかねぇ、ジョージ秋山氏の原作の・・、天然というよりも掴みどころのない役柄でした、今考えれば田中裕子さん以外に演じるのは難しかったかも知れません。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-23 17:31:08
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 13% (1900/14025)

アンケート カテゴリマスター
isoken大センセお邪魔します そりゃあ、何と言っても夏目雅子さん それまでは「お嬢様女優」と揶揄されていたのに、鬼龍院花子の生涯では見事な演技でした 今見ても色あせない映画の1本だと思います 他には五社英雄さん繋がりで吉原炎上の名取裕子さん、陽暉楼の池上季実子さんを挙げたいと思います ...続きを読む
isoken大センセお邪魔します

そりゃあ、何と言っても夏目雅子さん

それまでは「お嬢様女優」と揶揄されていたのに、鬼龍院花子の生涯では見事な演技でした

今見ても色あせない映画の1本だと思います

他には五社英雄さん繋がりで吉原炎上の名取裕子さん、陽暉楼の池上季実子さんを挙げたいと思います
お礼コメント
isoken

お礼率 100% (1893/1893)

ミッタン、こんにちは。

>そりゃあ、何と言っても夏目雅子さん
>それまでは「お嬢様女優」と揶揄されていたのに、鬼龍院花子の生涯では見事な演技でした
>今見ても色あせない映画の1本だと思います

本当にそうですねぇ、彼女はあの映画で一皮剝けて以降、27歳で早世して尚日本映画界にとって特別な存在となりました。

因みに彼女の実家小達家は、徳川将軍家の御典医という由緒ある家柄、そしてその母校は、東京を代表するお嬢様学校 東京女学館です。

あの頃の東京女学館は、別名 「 渋谷の白鳥 」 ( 他にも 「 渋谷のゴキブリ 」 と称された K学院高校 なんてのもありましたが ) と言いましてね、その白いセーラー服はそりゃ可愛かった、中学 ~ 大学まで渋谷に通った私には、くらっとするほど眩しい女学校でした。

それにしても 仲代達矢 そして 岩下志麻 のキャスト他、『 鬼龍院花子の生涯 』 はその何もかもが素晴らしい、 ハリウッドで言えば『 風と共に去りぬ 』 や 『 ローマの休日 』 同様、永遠に語り継がれる名作であろうと思います。

>他には五社英雄さん繋がりで吉原炎上の名取裕子さん、陽暉楼の池上季実子さんを挙げたいと思います

『 陽暉楼 』 は仰る通り監督 五社英雄 そして原作 宮尾登美子、『 鬼龍院花子の生涯 』 で大ヒットを放った、所謂ゴールデン・コンビの続作との位置付けですね、今は随分と豊満になられたが、あの頃の 池上季実子 さんはその家柄の良さと相まって、それは魅力的な女性でした。

『 吉原炎上 』 はですね、生唾ゴックンで観た記憶があります、名取裕子さんは学校の先輩でして学食で普通に見てました、 「 あの人が、名取裕子か~ 」 ってそんな感じでね・・。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-03-19 19:59:12
18件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

カテゴリ

一覧 ]
-PR-
ページ先頭へ